カスタマイズ 自転車のこといろいろ

クロスバイクのお勧めカスタマイズ:ホイール交換

更新日:

クロスバイクのお勧めカスタマイズで、まず最初に挙げられるのが、ホイールの交換です。

ホイールを交換するだけで、まるで別の自転車のように思えるほど、走行性能が変わります。

クロスバイクのホイールの交換はまず最初にやるべきカスタマイズ

クロスバイクのホイールを交換する

ホイールは最も効果が大きいパーツ

クロスバイクのカスタマイズはいろいろありますが、その中でもホイールは、最も大きく違いが実感できるパーツです。

なので、スペックアップを目的にカスタマイズしたいと思うのであれば、まずはホイールの交換から始めてみるのが、最も手っ取り早く、スペックアップを実現できる方法になります。

ホイール交換の予算は車体価格が目安

ホイールには、いろいろな種類があり、性能も価格もピンキリの世界です。

性能にこだわると、10万円を越えるような価格のホイールがゴロゴロしているのが、ホイールの世界でもあります。

しかし、10万円を超えるような高級なホイールのほとんどは、走行スタイルに専用化した「尖ったスペック」になります。

例えば、ヒルクライム用であったり、タイムアタック用であったり、それぞれの目的に最適化されているため、犠牲にしている部分も当然存在します。

なので、クロスバイクのような、日常使いの自転車に使用するには、逆に使いづらいホイールになってしまう場合もあるわけです。

ここがホイール選びの難しいところでも有り、単純に価格の高いホイールを装備すれば良いというわけではないのです。

そこで、一般用途で選ぶとするならば、全体的なバランスがとれた、オールラウンダーモデルを選択するのがベストということになります。

ホイール交換の予算は車体価格が目安

ロードバイク用のホイールの価格はピンキリで、高いものでは数十万円、安いものだと一万円程度で購入できます。

しかし、前述したように、高価なホイールは、走行スタイルに特化させた仕様になっているため、クロスバイクのような日常用途で乗るような自転車に装備すると、その性能を活かしきれなかったり、却って不便に感じることにもなります。

まして、完成車価格で5〜7万円程度のクロスバイクに10万円を超えるようなホイールだと、価格的にもスペック的にもバランスの悪い組み合わせになってしまいます。

では、クロスバイクのためのホイールには、どのくらいの予算をみておくのが適当なのかというところですが、車体価格と同じくらいを上限として考えるのがベストだと思われます。

つまりは、クロスバイクの場合だと、5〜7万円程度のホイールを予算の上限の目安として考えて探せば、バランスの良いホイールを選択することができるはずです。

Shimano シマノ WH-RS500 あたりが超定番のベストな選択になると思います。

1万円程度のホイールでも純正ホイールよりは遥かにスペックが高い

10万円以下のホイールで考えると、一般的には、価格が高ければ、軽量だったり高スペックになってきます。

なので、予算が許すのであれば、出来る限り価格の高いホイールを選んだ方が後悔が少ないと思いますが、一万円程度で購入できるホイールでも、純正のホイールと比べれば、スペック的には雲泥のさがあり、十分効果の違いを実感できるずです。

クロスバイクのホイールの交換の際の注意事項

クロスバイクのホイールの交換は、多少慣れが必要な部分もありますが、基本的にはホイールの付け外し作業と同じなので、簡単に出来るというのもポイントの一つです。

タイヤの交換について

ホイールに取り付けるタイヤのサイズも基本的に同じなので、元のホイールからタイヤを外して、新しいホイールに移し替えることもできますし、ホイールを交換するついでに、タイヤもグレードの高いタイヤに一新してしまうのも良いかと思います。

タイヤの取り外しや取り付けは、パンク修理の流れと同じ工程でできるので、クロスバイクなどのスポーツバイクに乗るのであれば、身につけておきたいスキルでもありますから、スキルや道具も無駄になることがありません。

700Cx25Cのコンチネンタルグランプリ5000が、オールラウンダーで性能が高い素晴らしいタイヤなのでオススメになります。

パンク修理の方法|クロスバイク・ロードバイク

スプロケットの交換について

クロスバイクのホイール交換で気をつけなくてはいけないのがスプロケットです。

というのも、スプロケットのギアの枚数によっては、取り付けできないホイールもあったりするので、互換性は理解しておく必要があります。

幸い、2022年現在で多く流通しているホイールの殆どは10速対応のホイールになっていて、8速や9速などのスプロケットでもスペーサーを入れることで互換性を持たせることができるので、あまり気にする必要はありません。

ただし、元のホイールに取り付けられてあるスプロケットを新しいホイールに流用したり、同じギア数のスプロケットを使用する場合は問題がほとんど起きませんが、異なるギアの枚数(例えば8速のクロスバイクに10速のスプロケットを取り付けようと考える場合など)のスプロケットを取り付ける場合には、クランクセットやチェーンもそのギアの枚数に対応させる必要があります。

逆もまた同じで、クランクセットを10速対応のものに取り替えたいと考えた場合には、スプロケットも10速用のスプロケットを使用する必要があります。

また、スプロケットが変わる場合には、ワイヤーの張り具合も変わってしまうので、調整が必要になることも留意しておいた方が良いでしょう。

スプロケット交換でギア変速時の衝撃を軽減してスムーズなシフトチェンジを実現する|クロスバイク・ロードバイク

ホイール交換のための工具

ホイールを交換するだけであれば、特に工具は必要ありませんが、タイヤやスプロケットを交換する、流用するなどであれば、専用の工具を使用することになります。

タイヤの取り外しと取り付け

タイヤの取り外し、取り付けには「タイヤレバー」を使用します。

パンク修理やタイヤの交換などでも必須になる工具なので、必ず必要になる工具なので入手しておきましょう。

パナレーサー(Panaracer) 用品 タイヤレバー 3本セット PTL

パナレーサー(Panaracer) 用品 タイヤレバー 3本セット PTL

440円(05/24 06:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

スプロケットの取り外しと取り付け

スプロケットの取り外しと取り付けには、「スプロケット外し(フリーホイールリムーバー)」と「ロックリング工具」が必要になります。

2つとも全く異なる工具ですが、スプロケットを外す際に必要になる工具のため、セットで販売されていることも多いです。

おすすめのホイール

クロスバイク用のホイールのおすすめは、上記にも書きましたが、車体価格と同じくらいの価格のホイールから選択するのがベストなホイールになります。

つまりは、前後セットで5〜7万円程度のホイールということになります。

5〜7万円程度のホイール

● fulcrum Racing 3
● Campagnolo ZONDA
● Campagnolo SCIROCCO
● Shimano WH-RS500


カンパニョーロ SCIROCCO C17 WO F/R HG 700C

カンパニョーロ SCIROCCO C17 WO F/R HG 700C

50,320円(05/24 05:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

10万円以下の、おすすめホイールについては下記の記事で詳しく紹介しています。

10万円以下のおすすめロード用ホイール|ロードバイク・クロスバイク

軽量化や見た目のインパクトならカーボンホイールも

軽量化や見た目のインパクトを求めるなら、カーボンホイールも選択肢として考えるのが良いと思います。

カーボンホイールは、一昔前なら前後セットで20万円を超える価格も珍しくなく、高嶺の花ということもあり、クロスバイクに装備するような人は皆無でした。

しかし、現在ではICANなどに代表される、中華カーボンメーカーが台頭してきて、格安で高性能なカーボンホイールが手に入るようになっています。

中華カーボンの先駆けICAN(アイカン)|フレーム・ホイール

2万円程度のホイールでもスペックの違いは明らか

ホイールの価格は、自転車のパーツの中でも高価な部類になるため、その値段に慣れるまでは、なかなか手を出しづらいかもしれません。

実際のところだと、5万円程度のホイールだと練習用、普段遣い用のホイールという感じではありますが、クロスバイク乗りとしては、理解しづらい価格でもあると思います。

そんな人は、まずお試しとして2万円前後の、買いやすい価格のホイールを試してみるのも一つの方法だと思います。

2万円前後のホイールでも、クロスバイクにもとから装備されているホイールと比べれば、そのスペックは雲泥の差があるので、すぐにその違いに気がつくことができると思います。

SHIMANO WH-RS300なんかは、小心者にも購入しやすい価格で、おすすめのホイールになります。

関連記事

ロードバイク用ホイールに関する情報|クロスバイク・ロードバイク



-カスタマイズ, 自転車のこといろいろ

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.