カスタマイズ考 自転車メンテ・改造

クロスバイクの最適な改造とカスタマイズを走行距離で考える

更新日:

クロスバイクの最適な改造とカスタマイズ

自転車は、用途で使い分けるものだなと思います。
例えばロードバイクは長距離を楽に走るのに適していたり、クロスバイクはストップ&ゴーの多い市街地で走るのに適していたりで、それぞれに最適な用途があると思うのです。

クロスバイクを改造、カスタマイズする上においても、この用途を意識するのは大切で、自分がどういう風にその自転車を乗りたいかによて、適した改造、カスタマイズがあり、それを曖昧にしてしまうと、なんだかよく解らない自転車に仕上がってしまうのです。

僕が最近思うのは、僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airを改造、カスタマイズしていくと、どんどんスポーティなルックス&性能になっていくのに比例して、どんどん気軽に乗れる自転車ではなくなってきているな、ということ。

つまり現状の僕のクロスバイクのESCAPE Airはロードバイク寄りに改造、カスタマイズを繰り返されているので、本来のクロスバイクの一番使いやすい用途であるはずの、ご近所への買い物や、少し遠出のサイクリングなどの用途としては使いづらい自転車になってきているというわけです。

そこで、クロスバイクを改造カスタマイズしていく際に、走行距離に適した改造やカスタマイズとは何かを考えてみたいと思います。

最高のクロスバイク改造:5km以内のご近所用

ご近状用のクロスバイクの仕様

ママチャリ代わりならノーマル推奨

ご近所ブラブラ〜5km程度の距離を、ママチャリの代わりに使うという用途を考えると、何も弄らずにノーマルのまま乗り続けるのが一番良いのではないかと思います。もちろんスタンドも装備しておいた方が絶対に便利です。

しかし、5km程度の距離ならスポーツバイクでなくても何ら困らないはずなので、スポーツバイクの性能を楽しめないでしょうし、価格的にも勿体ないので普通の自転車を購入された方が良いと思います。

タイヤを太くしてみよう

ママチャリレベルで少々の段差もガッツンガッツン乗り越えたいなら、クロスバイクで標準的なタイヤの太さである28cだとやや不安かもしれないので700 x32Cなどの太いタイヤにすると安心です。

太いタイヤになると少々の段差でも平気になりますし、パンク自体もしづらくなってきます。少々乱暴な乗り方をしてもタイヤで衝撃を吸収するので乗り心地も良くなるはずです。

最高のクロスバイク改造:ちょっとそこまで5km~10km用

ちょっとそこまで乗るためのクロスバイク

クロスバイクの適正距離? ノーマル推奨

まったくもって個人的な感想ですが、純正で売られているクロスバイクは5km~10kmくらいの距離を日常的に乗ることを想定して作られた自転車のような気がします。

市街地でこれくらいの距離を乗るにはクロスバイクはものすごく走りやすく便利な自転車だと思うのです。

スタンドも付けられて、気軽に乗れて、そこそこ速い。
まさにちょっとそこまでの距離を快適に走るための自転車がクロスバイクではないかと僕は思うのです。

なので、5km~10kmを走るのが基本であれば、改造、カスタマイズをする必要は特になく、ノーマルのママの方が何かと小回りが利いて良いのではと思います。

最高のクロスバイク改造:短距離 10km~30km

最高のクロスバイク改造:短距離

クロスバイクを弄って快適に走りたくなる距離

クロスバイクの場合、15km以上の距離を走るようになると、ちょっとそこまで感覚ではなく、ちゃんと走ろうかなと思うような距離になると思います。

まぁそれでもスポーツバイクの感覚からすると短距離ですが。

10km~30kmを走るとなると、ちょっとそこまでのお気軽サイクリングでは気にならなかったギアの繋がりの悪さによる変速時のショックや、安物のコンポーネントによるシフトチェンジする際のガッチャン、ガッチャンというモッサリした感じは、距離が伸びるに従って気になり始めます。

コンポーネントを換えてしまおう

10km~30km程度の距離であればクロスバイクの標準的なコンポーネントである8速程度でも問題無く走れる距離だとは思いますが、個人的には変速時のショックや、怠い動きをするディレーラーあたりの動作が気になるので、もう少しグレードの高いコンポーネントに換えてしまった方が幸せになれるんじゃないかと思います。

例えばそれは10速化だったり11速化で、Tiagraや105あたりへ換装することが出来れば、クロスバイクも全く違った走りをする自転車に生まれ変わるはずです。

そこまでするなら新しいロードバイクなり買えば良いとい話にもなるコンポーネントの乗せ換えではありますが、常用でクロスバイクで10km~30kmを走るのであれば、コンポーネントのグレードを上げておいて後悔は無いはずです。

グリップはコンフォートタイプへ換えてしまおう

少々距離が長くなっても快適に乗るためにはハンドル周りをカスタマイズするのが手っ取り早いと思います。

快適に走るためにはグリップをコンフォートタイプのエルゴングリップにするだけでも長距離を走る際には疲れづらくなります。

コンフォートタイプだと幅広なので、しっかりとグリップを握っていなくても安定して走ることができますし、持ち方を変えるなどの多少のアレンジも効かせられます。

最高のクロスバイク改造:中距離 30km~50km

最高のクロスバイク改造:中距離

クロスバイクかロードバイクかで悩むような距離

30km~50kmになってくると、純正のクロスバイクのままだと少々しんどい感じるような距離になります。

実際問題で、のんびりブラブラ走るよりも、キビキビ走った方が楽に感じる距離だと思うので、コンポーネントやホイール等はロードバイク仕様にしていくのが正しい改造、カスタマイズだと思います。

逆に言えば、30km~50kmくらいの距離を頻繁に走るようであれば、クロスバイクよりも、長距離向きなロードバイクを買ってしまった方が快適に走れる距離とも言えるでしょう。

ホイールを換えてしまおう

コンポーネントやグリップを変更するのに加えて、ホイールも交換した方がより快適に走れるようになります。

僕自身、ホイールでそんなに変わるの?と当初は半信半疑でしたが、その効果の大きさにかなり驚きました。

ホイールは上を見れば数十万円のモノもありますが、クロスバイク用であれば3万円〜10万円以下のホイールを選んだ方がフレームの性能とのバランスも良いと思います。

代表的なホイールはULTEGRAグレードのWH-6800かFulcrum Racing5、またはカンパニョーロのZondaあたりが同価格帯で定番だと思います。


ハンドルを換えてしまおう
ブルホーンなり、ドロップハンドルなりで、持ち手の位置を変更できるハンドルの方が圧倒的に楽になります。

僕自身、中距離を走る際、フラットバーの時にはしんどいなと感じていましたが、ブルホーンバーに換えると快適に走れるようになりました。

ただ、ハンドルをブルホーン化したりドロップハンドル化したりするのは、ある意味、邪道な改造、カスタマイズとも言えますし、ややハードルが高いので、もっとお気軽なバーエンドバーであれば簡単に持ち手を増やすことができます。

最高のクロスバイク改造:長距離 50km〜

最高のクロスバイク改造:長距離

ロードバイクに乗っている人からすると長距離は100kmからぢゃい!とツッコミを入れられるかとは思いますが、クロスバイクの場合は50km以上から長距離扱いしても良いのではと思います。

クロスバイクでも100km程度であれば走ってしまう人も居るには居ますが、50km以上の距離になればクロスバイクとロードバイクがあるならば、ロードバイクを選択する人がきっと多くなるのではないでしょうか。

なのでカスタマイズに関しても、よりロードバイク寄り、そして長距離仕様へ改造、カスタマイズしていくことになります。

ビンディングペダルへ換えてしまおう

コンポーネント、ハンドル、ホイールあたりをより快適に換装してしまうのに加えて、ペダルをビンディングペダルに換えてしまうのが良いでしょう。

ビンディングペダルであれば引き足が使えるので、足への負担が分散できるため、長距離でも快適に走れるようになると思います。

クロスバイクの場合はSPD-SLなどロードバイクで一般的なビンディングペダルにしてしまうと大仰な感じになるので、普通のSPDペダルで、片面SPDタイプのモノが普通の靴でも乗れて調子よく使えるのではと思います。

最高のクロスバイクへの改造まとめ

最高のクロスバイクへの改造まとめ

自分にとっての最高のクロスバイクを目指す

クロスバイクの改造、カスタマイズの最大のポイントは、自分が日頃どのようにクロスバイクに乗るかになってきます。

乗り方や用途によって最適化するためのカスタマイズが違ってくるのです。つまりゴールは1つではなく、人それぞれの乗り方や用途の数だけあるというわけですね。

例えば、僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airはブルホーン化したおかげで、かなり快適に走ることができるようになりましたが、もしもご近所をブラブラするためにクロスバイクに乗っている人が同様の改造、カスタマイズをしてしまうと、大変不便な自転車になってしまうのです。

このあたりを間違うと、折角改造、カスタマイズをしても、快適にならず結果的に自転車がつまらなくなり、自転車から離れてしまうんなんてことにもなりかねません。

クロスバイクの改造、カスタマイズには見た目のカッコ良さを追求するセンスも必要ですが、用途に適した改造ができるというところもセンスの1つなのでしょう。

今回は距離別での用途を基準に考えてみましたが、速度メインのカスタマイズや軽量化を目的としたカスタマイズ、通勤通学で全天候に対応できるようなカスタマイズなど、いろいろな用途でまた最適な改造、カスタマイズは違っててくるかと思います。

いろいろなサイトやブログでクロスバイクの改造情報を参考にしたりする際にも、改造主がが日頃どのような用途で自転車に乗っているかに注目してみるのも、自分がやるべき改造として正しいのか間違っているのかの一つの判断基準になるのかもしれません。

以上、最適なクロスバイクの改造カスタマイズを距離別に考えてみました。これから改造、カスタマイズを行なう人の参考になれば幸いです。

-カスタマイズ考, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.