*

自転車の通行場所を示すドする青い矢羽根マークの走り方

公開日: 自転車事情, 自転車全般, 道路交通法・ルール

自転車の通行場所をガイドする青い矢羽根マークの走り方

車道を自転車で走っていると時々見かける青い矢羽根マーク。
自転車レーンを示すものなのか、それとも単なる自転車の通行場所をガイドする模様なのか、青い矢羽根マークの意味が自分の中でハッキリしない部分もあったので、青い矢羽根マークの意味について調べてみました。

青い矢羽根マークとは

青い矢羽根マークとは

自転車の走れる道路の区別は「自転車道」「自転車専用通行帯」「車道混在」の3形態があり、青い矢羽根マークはそのうちの車道混在と呼ばれる形態の道路に表示されるもの。

自転車道

自転車だけが走れる道路で、縁石などにより自動車やバイクなどが入れないように物理的に分離されている。いわゆるサイクルロードなども自転車道に分類される。

道路構造令第2条第1項第2号に規定される、専ら自転車の通行の用に供するために、縁石線又は柵その他これに類する工作物により区画して設けられる道路の部分をいう。
なお道路交通法上も自転車道として扱われる(第2条第1項第3号の3)。

自転車専用通行帯

車道定められた自転車専用の通行領域。路面に「自転車専用」の文字が表示されていたり、青く塗装されているのが特徴で、自動車やバイクなどの車両は通行出来ない場所。自転車レーンとも呼ばれる。

道路交通法第20条第2項の道路標識により、車両通行帯の設けられた道路において、自転車が通行しなければならない車両通行帯として指定された車両通行帯をいう。

車道混在

自転車の通行領域を青い矢羽根などで明示しながらも、自動車やバイクなども走行出来るような道路。矢羽根などで通行部分を示したところを自転車走行指導帯と呼ぶ。

自転車走行指導帯とは道路交通法上、自転車が通行すべき「車道の左側端」を路面表示等により明示した部分をいう。

参考リンク

安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン
パシフィックコンサルタント
安全な自転車通行空間の確保について
自転車通行空間の種類と通行ルール

自転車の通行域を示す青い矢羽根

青い矢羽根マークは自転車通行域

青い矢羽根(ブルーウイング)の表示で期待できる効果

● 自転車やドライバーが自転車の通行する場所を認識しやすくなる
● 幅寄せなどの軽減
● 自転車を歩道から車道へ誘導できる

矢羽根の表示が無い場合に有りがちな交通情況

青い矢羽根マークが無いと自転車の通行域が分からない

● 自動車の幅寄せ
● 通行域が不明になる
● 自転車の逆走

矢羽根がない車道混在の道路では、自転車が自動車に幅寄せされたり、交差点でどこを走行すべきなのかが判りづらかったりで危険な場面が多くなります。また、車道を逆走してもおかしいと思わない自転車乗りも多く居ます。

矢羽根の表示が有ることで安全性が高まる

青い矢羽根マークがあると自転車の通行域が分かりやすい

● 自転車の通行域が明確になり幅寄せが減る
● 通行域がはっきりするため予想外の場所を走らなくなる
● 矢印形にすることで逆走していることを意識させられる

矢羽根があると、自転車の走るべき通行域が明確になるので、自動車が幅寄せし過ぎることも少なくなることや、自転車が交差点へ侵入する際にも矢羽根の→に従えばよく迷いづらくなります。また、逆走自転車に関しても、矢印を見て直感的に反対方向を走っていると意識ができるなどの効果が期待できるというわけです。

全国各地で検証実験中

青い矢羽根マークの効果や表示方法・マークの大きさ等を含めた検証が全国各地で行なわれているようです。

札幌都心部の西5丁目線で自転車通行空間の社会実験を実施
自転車の車道左端通行が倍増 札幌、路面表示塗装で
自転車走行空間路面表示設置実験結果について(新潟)
宇都宮で実証! 自転車の車道通行には路面表示が効果的

青い矢羽根マークの導入に関する私の意見

青い矢羽根の導入に関する私の意見

青い矢羽根マークは既に導入が始まっている自治体などもいくつかあるようです。しかし色や大きさなどが全く統一されていない状態なのに加えて、そもそも矢羽根マークが一体何のマークなのかを、自転車、自動車ともによく理解していないなどの問題もあるようです。

実際問題で僕自身もこうして調べてみるまで青い矢羽根マークの意味を勘違いしていた部分もありました。

なので、全国的に導入され、全体に浸透するまでにはまだまだ時間が必要と思われますが、青い矢羽根マークや自転車マークがあるだけで、自動車の風圧を感じるくらいの幅寄せや追い抜きに遭遇することもかなり少なくなりそうです。

未だに自転車は歩道を走れと思っている一部のドライバーに対しても、青い矢羽根マークがあれば自転車も車道を走る権利が有るんだぞ!と主張するような表示になるので、ドライバーの自転車に対する意識も変わるでしょう。

そんなわけで、自転車にとって快適で安全な環境が整っていくのであれば反対する理由もなく、自転車マークなどと同じようにどんどん広がって、自転車の走るスペースがあることがむしろ普通な状態にまでなっていけば良いのになと思います。

参考 安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑