改造・カスタム論 自転車メンテナンス・カスタム

クロスバイクのカスタマイズを相談すると反対される理由とそれでもカスタムする理由

更新日:

クロスバイクの改造やカスタマイズを人に相談すると反対される理由

クロスバイクで「もっと速く走りたい」「もっと快適に走れるようにしたい」と考えた時に思い浮かぶのは、クロスバイクのパーツを交換してチューンナップする方法です。

きっと、このブログに辿り着く人の多くはクロスバイクの改造カスタマイズに興味のある人かもしれません。

しかし、いざ「クロスバイクを改造カスタマイズをしよう」と考えて、自転車に詳しい人や自転車屋さんに相談すると、かなりの確率で「そんな無駄なことはやめて素直にロードバイクを買った方が良い」というようなアドバイスを頂くことになります。

もしも僕に同じような相談が来ても、きっと多くの方々と同じように「ロードバイクのように速く走りたい」とか「ロードバイクのように改造したい」というのが目的なら「素直にロードバイクを買えば良い」と答えてしまうかもしれません(笑)。

何故、クロスバイクを改造カスタマイズしようとすると「改造カスタマイズは無駄だからロードバイクを買った方が良い」などと反対されてしまうのでしょうか?

その理由などについて考えみたいと思います。

クロスバイクをカスタマイズしてもロードバイクにはならない

クロスバイクとロードバイクの違い

クロスバイクとロードバイクは違う

クロスバイクを「ロードバイク寄りに改造カスタマイズしたい」と考える人の多くは、よりスポーティーな走りを追求したいと考えるからだと思います。

かく言う僕もその中の一人で、クロスバイクに最初から付いていた安物パーツを1つ1つ交換してロードバイク寄りの性能になるように改造カスタマイズを繰り返してきました。

しかし、最初に言っておきたいのは、クロスバイクをいくら改造カスタマイズして弄り倒してもロードバイクにはならないということ。

クロスバイクを改造カスタマイズするのであれば、まずはそれを十分理解した上で作業を進めるべきなのです。

クロスバイクとロードバイクは同じスポーツバイクではありますが、根本的に全く違う乗り物だからです。

クロスバイクをどんなにカスタマイズしてもロードバイクにはならない

なので、クロスバイクにロードバイク用のパーツを組み込んでいけば、最終的にはロードバイクのようなクロスバイクは出来上がりますが、ロードバイクにすることはできません。

クロスバイクはどれだけ弄ってもクロスバイクでしかないのです

クロスバイクにロードバイクのような性能を求めて「ロードバイクのように軽快に走る自転車にしたいと」いう理由でクロスバイクにお金を注ぎ込むくらいなら「さっさとロードバイクを買った方が良い」というアドバイスはごくごく当たり前のことなのです。

クロスバイクはクロスバイクの魅力がある

クロスバイクをいくら弄ってもロードバイクにならないからと言って、クロスバイクがロードバイクよりも劣っているというわけではありません。

確かに、速く走るという点を考えればクロスバイクはロードバイクより劣っていると言えるかもしれませんがクロスバイクにはクロスバイクの魅力があります。

気軽に乗れたり、ゆっくりとサイクリングを楽しむポタリング用の自転車などの視点で考えれば、ロードバイクよりもクロスバイクの方が優れていると僕は思います。

クロスバイクをロードバイク風に改造カスタマイズしていくことも一つの自転車ライフの在り方だと思いますが、クロスバイクやロードバイクの用途の違いやそれぞれの魅力を理解して、用途に応じて乗り分けるというのも、自転車ライフには大切な考え方です。

逆に言うならば、クロスバイクをロードバイク寄りに改造カスタマイズするということは、気軽に乗れるなどのクロスバイク本来の長所を無くしてしまうということでもあります。

その点は、改造カスタマイズに手を付ける前に知っておいた方が良い部分でもあります。

クロスバイクのカスタマイズにはお金が掛かる

クロスバイクを改造カスタマイズする費用で新しいロードバイクが買える

クロスバイクを改造・カスタマイズする費用で新しいロードバイクが買える

クロスバイクの改造カスタマイズにはお金がかかります。

改造カスタマイズの取っ掛かりとしては、グリップやペダルあたりが難易度が低くて良いと思いますし、パーツ自体もそれほど高くはないですから比較的お手軽にできる改造カスタマイズです。

グリップやペダル程度の改造カスタマイズでも乗り心地の快適さは変わりますし、自分だけのオリジナル自転車という感じが出ますから、自転車弄りの楽しさを知るには十分だったりします。

なので、僕自身もクロスバイクの改造カスタマイズに興味がある人に対しては「グリップやペダルの交換から初めてみては?」とアドバイスしたりしています。

問題なのは、その楽しさにハマってしまうと「もっともっと改造カスタマイズしたい」という欲求が出てきます。そうすると、なかなか引き返すタイミングが見つからなくなり、どこまでも改造カスタマイズを繰り返すことになっていくのです。

僕はその典型でもあるわけですが、それほど高級なパーツを選んでいない場合でも、今までにクロスバイクの改造カスタマイズに掛けた費用は、クロスバイク本体の値段の数倍は費やしていると思います。

実際問題で、僕の場合、愛車であるクロスバイクの改造カスタマイズに注ぎ込んだお金の総額を思うと、40万円クラスの完成車くらいは買えてしまうんじゃないかと思います。

パーツだけならまだ大した出費ではないかもしれませんが、改造カスタマイズには、パーツだけでなく工具なども必要になってきますから、トータルで考えると金額は必然的に大きくなるのです。

例えば、僕のクロスバイクにはシマノのロード用コンポーネントである105グレードのパーツをインストールしていますが、実際問題で25万円も出せば、105を装備したカーボンフレームのロードバイクが手に入ります。

つまり、クロスバイクを改造カスタマイズをする費用でロードバイクも購入できるので、単純にロードバイクの性能を求めるのであれば、ロードバイクを買ってしまった方が近道なのです。

クロスバイクの改造カスタマイズ費用をロードバイクに充てたほうが有益

クロスバイクのESCAPEシリーズなどは完成車価格で10万円以下のクロスバイクですから、純正パーツは全て安物パーツです。

なので、改造カスタマイズをして取り外した純正パーツを別の何かに流用したいと思えるほどのパーツはありません。オークションで売り捌いたとしても1,000円ていどにもならないようなパーツなので、取り外してしまえば全てゴミと化します。

このあたりは考え方ですが、クロスバイクは純正パーツのままの状態をキープしておいて、改造カスタマイズに費やす予定のお金をロードバイクを買う資金として考えた方が無駄が少ないのです。

そんなわけで「ロードバイクのような性能が欲しい」という理由でクロスバイクを改造カスタマイズしたいのであれば、余計な事はせずにロードバイクを買いなさいという答えになってくるのです。

クロスバイクとロードバイクは二台持ちして乗り分けできる

クロスバイクとロードバイクの二台持ちが出来る

クロスバイクを改造カスタムするつもりのお金があるなら「ロードバイクを購入する予算にまわした方が良い」というアドバイスを聞いても、新しいロードバイクを買ってしまうと「せっかく買ったクロスバイクが無駄になってしまう」と感じるかもしれません。

なので「せっかく買ったクロスバイクを無駄にはしたくない、だけどロードバイクには興味がある」「だったらクロスバイクを改造してロードバイクのようにしてしまえばいいじゃないか!そうすればクロスバイクを無駄にしなくて済む」という考え方が合理的なように思えます。

しかし、クロスバイクを買った後にロードバイクを買ってもクロスバイクが無駄になるということは実はあまりありません。何故ならば、クロスバイクとロードバイクは全く用途の違う乗り物だからです。

10万円程度の入門機と呼ばれるレベルのロードバイクだとクロスバイクとの性能や用途の差は少ないかもしれませんが、20万円クラスのそこそこグレードのロードバイクになると、クロスバイクとの差をハッキリと感じられるはずです。

クロスバイクは日常使いで街乗りやちょっとそこまでの気軽なサイクリングで使用するのに最適な自転車ですが、本格的なロードバイクになればなるほどサイクルジャージを着込んでストイックに走り続けるような用途に適した自転車になり、自転車としてのそもそもの用途もスペックも異なるのです。

実際問題でロードバイクにきちんと乗ろうと思うと実は気軽な乗り物ではありません。

服装はサイクルジャージの方が快適になりますし、ヘルメットやグローブ、ビンディングシューズなど、より快適に走るためにいろいろと準備が必要になり、どんどん気軽な乗り物ではなくなってくるのです。

クロスバイクとロードバイクは全く正確の違う乗り物

自転車にハマればハマるほど、ジーンズにサンダル履き、みたいな気軽な服装で自転車に乗るなんてことは考えられなくなってくるわけです。

それに対してクロスバイクは気軽に乗り回せます。シティサイクルの延長で乗ることが出来るのでジーンズにサンダルでも違和感はありません。コンビ二にだって気軽に立ち寄れます。クロスバイクであれば近所をフラフラ散歩するノリでサイクリングを楽しめるのです。

ところが、クロスバイクの改造カスタマイズを重ねていくと、クロスバイクの最大のメリットである気軽さがなくなってきます。クロスバイクであっても、乗ろうと思うとそれなりの服装と装備が必要になってくるのです。

結果として改造カスタマイズしたクロスバイクはロードバイクとの用途の差別化がしづらくなってしまういます。かと言ってロードバイクにはならないので、自転車としてとても中途半端なポジションになってしまいます。

クロスバイクの改造カスタマイズをしているような人が、ロードバイクを購入した後にクロスバイクを元の仕様に戻すというようなケースが多いのも、クロスバイクとロードバイクの用途を明確に分けたいからだと思われます。

なので、クロスバイクを買ったにも関わらず、ロードバイクが欲しくなった場合は、クロスバイクを改造カスタマイズしてロードバイク寄りにしようとするのではなく、素直にロードバイクを購入した方が、いろいろと無駄が少なく合理的になるというわけです。

最初にクロスバイクを買ってみて「やっぱりロードバイクが欲しい」と思っても、クロスバイクは処分せずにロードバイクを追加で購入するのがベストな選択です。

クロスバイクとロードバイクの二台持ちにになるわけですが、用途も正確も異なる乗り物なのでそれで良いのです。

本格的に自転車で遠出したい場合はロードバイク、ちょっとお気軽ポタリングにはクロスバイクなどと、用途に応じて乗り分けられるので、けして無駄になることはありません。

実際問題でクロスバイクとロードバイクの二台持ちをしている方は沢山居ます。

要するに、それぞれの自転車の特徴や得手不得手を理解すれば、しっかりと乗り分けができるのです。

自転車屋を理解する人ほど反対する

例えば、クロスバイクをロードバイクのようにしたくて、DURA-ACEやULTEGRAなどの高級なコンポーネントをクロスバイクにインストールしてみようかなどと考えたとします。

そこで自転車屋さんに相談すると「無駄だからやめておいた方が良い」などと言われて反対されてしまいます。

「俺の金なんだから好きに遣わせろや」と腹立たしく思ってしまうかもしれませんが、クロスバイクをロードバイクのようにしたくてお金を注ぎ込むなんてことは愚の骨頂なのです。だからこそ自転車屋さんは反対するのです。

繰り返しますが、クロスバイクはクロスバイクなのです。

自転車のことをよく理解した人の視点からクロスバイクをロードバイク寄りに改造カスタマイズしていくのはどういうことかを考えると、クロスバイクを改造カスタマイズする度に、クロスバイクの最大の利点でもある気軽さを削ぎ落としているようなものなのです。

つまり、クロスバイクらしさを消しているのです。

そうすると「あぁ!何て勿体ない!クロスバイクの良い部分が台無しじゃないか!」などと思ったりもするわけです。

クロスバイクの改造カスタマイズはロードバイクのお下がりパーツでやるのが良い

スポーツバイクの改造カスタマイズと言えば、クロスバイクをイメージする人が多いと思いますが、ロードバイクでも勿論できます。

しかしながらロードバイクの場合は、吊るしの完成車を買わない限りは、普通は自分の好きなパーツを組み合わせて購入することが多いので、クロスバイクほど改造カスタマイズを行なうことはあまりないと思われます。

要するに最初から欲しいパーツで組み上げるので、その時点で一つの理想形でもあるので、クロスバイクほど改造カスタマイズする必要がないのです。

とは言いつつも何か新しいパーツの新製品が出たりするとパーツをグレードアップさせたりして自分好みの自転車に改造カスタマイズしたくなることもあります。

そして、新しいパーツに交換するとそれまで使用していたパーツが余ることになります。

そこで、不要になったパーツを再利用するためにクロスバイクへインストールする、というのが、おそらく一般的で最も無駄が無いと思われます。

例えば、最初に購入したロードバイクのコンポーネントがTiagraだったのを、DURA-ACEなどに交換して、余ったTiagraのパーツをクロスバイクへ移植、などというのはよくあるお話です。

クロスバイクとロードバイクの二台持ちをしていると、大抵の場合、ロードバイクの方がメイン機になり、装備しているパーツ類もロードバイクの方が高級だったり性能が高いことが殆どですから、ロードバイクの余ったパーツはクロスバイクで再利用するというのはごく当たり前の流れなのです。

なので、ロードバイクが欲しければ、クロスバイクをひたすら改造カスタマイズしていくのではなく、さっさとロードバイクを購入して二台持ちにして、余ったパーツでクロスバイクを改造カスタマイズしていけば良いのです。

クロスバイクの改造カスタマイズの是非のまとめ

クロスバイクの改造・カスタマイズの是非

クロスバイクを入門用として購入し、次第にスポーツバイクの楽しさが理解出来るようになると、もっと速く走りたい、もっと快適に乗りたいと考えるようになります。

速く走るためにはクロスバイクよりもロードバイクの方が適していますから必然的にロードバイクが欲しくなります。

クロスバイクを購入したあとにロードバイクが欲しくなるというのは多くの人が経験することで、俗にロードバイク欲しい病などとも言われたりしますが、せっかく買ったクロスバイクもまともに乗らないうちにすぐにロードバイクを買うなどということはなかなか出来ることではありません。

そこでクロスバイクの改造カスタマイズをして「少しでもロードバイクのように速く快適に走りたい」と考えたりするわけです。

僕自身の自転車ライフはクロスバイクの改造カスタマイズ無しでは語れませんが、さんざんクロスバイクの改造カスタマイズをしてきた僕自身も「ロードバイク的な性能をクロスバイクに求めて改造カスタマイズするのであれば、さっさとロードバイクを買った方が良い」と思います。

ロードバイクに乗りたいのであれば、ロードバイクを手に入れるしか目的は叶えられません。

それだけじゃない自転車ライフ

最初からベストな選択はできない

クロスバイクの改造・カスタマイズの是非

クロスバイクを改造カスタマイズしようと誰かに相談すると「やめておきなさい」「素直にロードバイクを買いなさい」と言われる理由についてまとめてみましたが、僕がこの結論に辿り着いたのは、クロスバイクにある程度の期間乗ってみて分かったことがあるからでそれが全ての答えというわけではありません。

例えば、僕がクロスバイクを購入した後にロードバイクが欲しくなって、誰かの忠告に従ってクロスバイク改造カスタマイズをせずにロードバイクを買ったとします。しかし、その時点で僕が出せるロードバイクの予算は15万円あたりが上限だと思います。

要するに、まだ自転車の理解が浅い段階ですから自転車に対して大きなお金を出せるほどの価値観を持てないのです。

そしてその15万円の予算でロードバイクを選んでるうちに予算をオーバーして20万円前後のロードバイクを手に入れることになると思います。

その価格帯で考えられるスペックはカーボンフレームで105とTiagraの混合コンポーネントになるでしょう。ホイールはロード用ホイールの最低ラインのWH-RS100あたりになると思います。


初心者にしてはかなり頑張ったロードバイクになると思いますが、いろいろとロードバイクのことを理解できるようになってくると、コンポーネントをULTEGRAやDURA-ACEにしたくなったり、もっと良いホイールやフレームにしたくなったりで、結局アップグレードするために改造カスタマイズしてしまうことになることが予想できます。

つまり、クロスバイクやロードバイクに関しての理解が浅いうちや、自分がどのような自転車の乗り方をするのかがハッキリとしないうちは、どの道「完璧な判断をするのは無理な話」で、改造カスタマイズの次元が違うだけで、結局は改造カスタマイズがしたくなってしまいクロスバイクと同じ道を辿ることになるのです。

今でこそ、コンポーネントの種類や自分の乗り方や求める走りに適した装備が何であるかを、ある程度判断できるようになっていると自負していますが、クロスバイクに乗り始めて間もない人がそんな選択や判断ができるわけがないのです。

それを考えれば、本気のロードバイク選びで失敗しないための下地作りとして、クロスバイクの改造カスタマイズして得た知識や経験は確実に役に立つものと思いますし、それはそれで価値があることだと思います。

改造カスタマイズも自転車の楽しみ方のひとつ

クロスバイクの改造・カスタマイズのすすめ

僕は自転車の改造カスタマイズやメンテナンスなどの自転車弄りが好きです。自転車に乗る時間よりも自転車を弄る時間の方が長かったりもします。

自転車に乗る時間よりも、自転車弄りの方がメインになってきたりすると、その状態を揶揄して「盆栽」などと言ったりしますし、人によっては「自転車は乗ってナンボ!」という考え方の方もいて、自転車が盆栽状態になっていると厳しい意見をいただくこともあります。

しかし、自転車に乗ることが自転車の楽しみであるのと同じように、自転車弄りもまた自転車の楽しみ方の一つですし自転車ライフの在り方として一つの正解だと個人的には思っています。

例えば、プロのロードレーサーの方々は乗ってナンボ!の世界の頂点に位置する人達だと思いますが、その方々が乗っている自転車をメンテナンスしたりしている方々は弄ってナンボ!の世界の頂点に位置する人達だと思うのです。

要するに、走る部門でプロがいれば、メンテナンスやカスタムする部門でもプロがいるわけです。ましてや趣味の世界ですから「走ってナンボ!」の狭い枠の中に限定されないで、いろんな楽しみ方があって然るべきでしょう。

そんなわけで、人に何と言われようと「クロスバイクの改造カスタマイズをしたい」と思うのであればやってみれば良いと思います。

自転車を弄ることでいろいろと自転車について知る事も増えてきますし、知れば知るほど楽しいものになってきます。けして答えは一つではないのです。

その辺りの楽しさを考えれば、改造カスタマイズすること事態は無駄ではないどころか、その楽しみはプライスレスなわけですから、いくらクロスバイクの改造カスタマイズでロードバイクが買えるくらいの費用がかかろうと安いものだと思います。

まとめのまとめ

クロスバイクの改造・カスタマイズ

クロスバイクの改造カスタマイズに対して否定的な考えをもっている方々も沢山いらっしゃいますし、すごくもっともな意見だったりします。

分かりやすい価値観で考えれば、素人が弄った自転車は危ない、という意見もあります。確かにそうかもしれません。実際に僕自身が初めてブレーキ回りを弄った際には自分の自転車に自分で乗るのが怖かったものです(苦笑)。

しかし、その自転車に乗るのは自分自身なわけですから、改造カスタマイズする前には念入りに調べたり、勉強するので、必然的に自転車にも詳しくなってきます。

自分で自転車をメンテナンスしたりするようになると、安全に関する意識も自然と高くなるのです。

だからやっぱり人に何と言われようとクロスバイクの改造カスタマイズは一通りやっておいて良かったなと感じることが多いです。

人にはいろいろな考え方がありますし目的としていることも異なります。

「無駄が無いから正しい」だとか「遠回りだから間違っている」などと決められるものではないので、人の意見は大切にしつつ、最終的には「自分が一体何をしたいのか?」というところにこだわった判断をするのが良いのではないかと思います。

● 楽しむこと
● 安全に気をつけること
● ルールを守ること

この3つを忘れない自転車ライフであれば、それで良しじゃないでしょうか。と僕は思います。

クロスバイクのメンテナンス事典

クロスバイクのメンテナンス事典

4,850円(04/18 13:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

360度カメラ リコーシータ

自転車保険

ICAN ホイール・フレーム クーポン

Amazonタイムセール

自転車・自転車用品

Amazon 自転車用品

-改造・カスタム論, 自転車メンテナンス・カスタム

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.