クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

おすすめ自転車情報 おすすめ自転車情報 カスタマイズ考 自転車メンテ・改造

クロスバイクの改造カスタマイズは何がおすすめ?

更新日:

クロスバイクの改造・カスタマイズ

クロスバイクは改造カスタマイズなどしなくてもママチャリなどと比べる比べ物にならないくらいに快適に乗れる自転車なので十分楽しい乗りです。

しかし、しばらく乗っていると少しずつ物足りなさも感じたりするもので、クロスバイクを改造カスタマイズしてみようかな?などと考え始めたりするようになるのは、ごくごく自然な流れと言えるかもしれません。

しかし実際問題としてクロスバイクを改造カスタマイズしたいと思っても何をどうして良いかもわからない人が殆どでしょうし、自転車を弄るにしても何から改造カスタマイズすれば良いのか悩んだりもすると思います。

そこで、曲がりなりにもクロスバイクを弄り倒してきた僕なりの視点で、初心者がクロスバイクの改造カスタマイズを行なうのに、おすすめの改造カスタマイズについて書いてみようと思います。

メンテナンスの延長線状に改造カスタマイズがある

メンテナンスの延長線状に改造・カスタマイズがある

自転車の構造は意外と単純

クロスバイクの改造カスタマイズと聞くと、難しイメージがあったりして敷居の高いものだと思っている人も多いと思います。

僕自身も最初の頃は難しいものだとおもっていて、どこか調子が悪い箇所があった場合、自分で直したりすることはなく、購入したGIANTストアへ持込んでいました。

しかし、ある時に意を決して自分自身で自転車弄りをしてみようと思い立ち、最初は恐る恐るでしたがメンテナンスブックを参照したりしながらメンテナンスしているうちに、失敗を繰り返しながらも徐々にコツや力加減なども判るようになって、少しずつメンテナンススキルが向上してくるようになります。

実際に自転車のメンテナンス作業を行ってみると理解できるのですが、当初考えていたよりも自転車の構造は単純で、すぐにいろいろと弄れるようになります。

そうして自転車を弄るうちに自転車弄り自体がすごく楽しいと思えるようになってくるのです。

自転車弄りになれるには日頃のメンテナンスから

クロスバイクの改造カスタマイズの敷居を下げるために、まずは自転車に慣れる必要があります。自転車に慣れるのに最も手っ取り早いのは、日頃のメンテナンスをきちんと行なうことだと思います。日常的にお手入れを繰り返している中で自然と自転車に慣れてくるのです。

メンテナンスであれば難しい事はほとんどありませんし、基本的な走行前点検に始まって、空気圧の管理や注油、清掃などの作業、ボルト類の増し締めなどで、全て行なったとしても10分〜30分もあれば出来てしまいます。

その程度のメンテナンスであっても、どこにボルトがあるとか、パーツの動き方など自転車の基本的な構造のようなものがなんとなく理解出来るようになってきます。そして何よりも愛車への愛着も沸いてきますし、自転車のことに詳しくなるにつれ、自転車に興味が湧いてくるようになります。これって非常に大事な要素です。

そんなわけで自転車のメンテナンスが改造カスタマイズの入り口になると思いますので、まずはメンテナンスブックを手に入れて自転車のお手入れから始めてみるのが良いと思います。とにもかくにも何かの行動を起こすことで一気に自転車に対する視野が広がります。その入口の鍵はきっとメンテナンスブックだと思います。少なくとも僕はそうでした。

クロスバイクのおすすめ改造カスタマイズ

クロスバイクの改造・カスタマイズの始め方

交換が簡単で違いが分かりやすいパーツを選ぶ

クロスバイクの改造カスタマイズをおこなうのであれば、まずは交換が簡単で交換後の性能の違いがすぐに実感できるようなパーツから始めるのが良いと思います。

違いが判りやすいパーツを選択することで「自転車はパーツ一つを変えるだけでこんなにも違いが出るんだ」ということが改造カスタマイズする楽しみや喜びにもつながっていくからです。

交換が簡単で違いが判りやすいパーツを下記にリストアップしてみました。

ホイール

クロスバイクやロードバイクのホイールは交換前と交換後で違いが大きく実感できる代表的なパーツです。クロスバイクやロードバイクの場合は、まずはホイールを交換してからその他のパーツの改造カスタマイズを考えた方が良いと言えるほどで、とにもかくにも一番最初の弄るべきパーツです。

ホイールを交換するためには、スプロケット外しなどの専用工具が必要になったり、ホイールにタイヤを入れ込んだりする必要になりますが、それらの作業は初心者にとってはパンク修理の練習にもなりますから一石二鳥です。また難易度的にもホイール交換はそれほど難しくありませんから取っ掛かりとしても良いと思います。

ホイールの正解は奥が深く、性能にこだわれば10万円を越えたあたりからようやく本格的なホイールと呼ばれる世界になりますし、高級なホイールほど用途というか走る目的に応じたものを選択するようになることや、クロスバイクrどの10万円以下のスポーツバイクにはそのようなホイールを履かせても不釣り合いになってしまうと思います。

ホイールはピンキリなので選択に迷うところではありますが、クロスバイクの場合だと20,000〜80,000円くらいを予算で考えておけば十分満足できるホイールが手に入ると思います。

なのでフレームとの価格や性能のバランスを考えれば、Shimano シマノ WH-RS500 / Shimano WH-RS21あたりがベストな選択になると思います。

初心者でも買いやすい価格ですし、性能的にもまずますなので、クロスバイクに装備されている初期のホイールと比べると大きな違いを感じることができると思います。その違いをハッキリと認識するために、買ってからしばらくはノーマルホイールで走り、しばらく乗ってからロード用ホイールに交換するというのも一つの手だと思います。

タイヤ

ホイールと並んで、改造カスタマイズをした際に性能の差の違いがはっきりと分かると言われているのがタイヤです。

まずはタイヤの太さをクロスバイクの標準的な28Cからロードバイクになどの標準である23Cや25Cと呼ばれる細いタイヤに変えるのが定番です。

また、表記的には同じ太さのタイヤでも、メーカーが違えば太さも少しずつ変わりますし、重量やグリップ感も違うので、いろいろ試してみて自分の目的にベストなタイヤを選択するのも良いかもしれません。

性能だけではなくタイヤに色の付いたカラータイヤを履かせて、フレームとのカラーコーディネートを楽しんだりするのもタイヤの換装カスタマイズの楽しみ方の一つだと思います。

高性能タイヤの定番と言えば、コンチネンタルグランプリ4000S2(現行は5000)が有名です。

有無をいわさないくらいの絶対的な評価のを得ているタイヤなので、どのタイヤにしようか悩むようであればコンチネンタルグランプリ4000S2を選んでおけば間違いないでしょう。もちろん僕自身も使用しているタイヤです。

ペダル

ペダルをフラットペダルからビンディングペダルに交換すると、自転車が全く別の乗り物のように思えるほどに乗り心地が変わります。

ビンディングペダルは手軽にそして安価に自転車の世界をさらに広げてくれる改造カスタマイズでもあります。

ロードバイクなど本格的な自転車の世界に向けて新たな一歩を踏み出したいとか、ちょっとだけでもロードバイクの世界を覗いてみたいと思うのであれば、迷わずビンディングペダルへの交換をした方が良いでしょう。

ペダルの交換にはペダルレンチや六角レンチが必要になりますが、自転車をメンテナンスする上では必要不可欠な工具になりますし、ペダルの交換は非常に簡単なのでおすすめの改造カスタマイズの一つです。

ちなみにおすすめのビンディングペダルはPD-A600と呼ばれるシマノの製品で、とりあえずこれさえ買っておけば後悔することは無いと言えると思います。

参考 → クロスバイクのペダルをビンディングペダルに交換する方法

スプロケット

スプロケットの交換には専用工具が必要で交換するスプロケットによってはシフトワイヤーの調整も必要な場合があり、やや難易度が高くなる改造カスタマイズではありますが、交換した際の違いは非常に大きい改造カスタマイズです。

例えば、ESCAPE Airなどのクロスバイクには通常12T-32Tなどトップギアとローギアの歯数の差が大きなスプロケットが採用されています。歯数の差が大きなスプロケットはワイドレシオと呼ばれ、一般的にはロードバイクではなくマウンテンバイクなどで採用されることが多いスプロケットになります。

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの良いとこ取りをした自転車ですが、スプロケットはマウンテンバイクの仕様を採用しています。非常に大きなギアも使用できるのできつい坂道などでもスイスイと登れてしまう快適なギアも備わってはいますが、8速や9速などギアの枚数が少ない中で、幅広い歯数ギアを備えるということは、一段一段のギアの歯数の差も大きくなるということであり、結果としてシフトチェンジした際の繋がりの悪さがデメリットになります。

要するに、スムーズにシフトチェンジをしたいと思っても、もともとのギアの構成がスムーズではないので、どうしてもシフトチェンジの際には急に重くなったり、軽くなったりしてしまうのです。

そこで、11T-23Tなどのクロスレシオと呼ばれるような段トビの少ないスプロケットに交換すると、繋がりがよく快適なシフトチェンジができるようになります。

参考 → クロスバイクの変速時のギアが切り替わった瞬間の衝撃はスプロケット交換で解決できる!

改造カスタマイズが簡単なパーツ

簡単に改造カスタマイズ出来るパーツもあります。

グリップ・バーエンドバー

グリップは自転車にとって意外と目立つパーツでもあるので、改造カスタマイズすることで、自転車の見た目の印象を大きく変えられます。またグリップの素材や形状により乗り心地も大きく変わります。

よく行われるのがバーエンドバーと呼ばれるグリップにするものです。バーエンドバー付きのコンフォートグリップはブルホーンバーのように前方に突き出たパーツで、ハンドルの持ち方にバリエーションを持たせられるようになります。

ハンドルの持ち方や持つ位置のち外による乗り心地の変化を実感でき、改造カスタマイズの楽しさに目覚める切っ掛けになるかもしれません。

コンフォートグリップと言えばエルゴングリップと呼ばれる製品が有名で、持ち手が太く手のひらをグリップに乗せるようにして楽な姿勢で乗ることができるため快適さが向上します。

僕もかつてはバーエンドバーを使用していましたが、今はフラットバーにドロップハンドルで使われるようなバーテープを巻いています

クロスバイクのフラットバーにバーテープ?と思うかもしれませんが、握りやすいのは勿論ですが、種類の少ないグリップに比べてバーテープは素材やデザインが豊富なのがメリットです。

参考 → クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法と作業のポイント
参考 → クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

ハンドルのカット・切り詰め

購入時のクロスバイクのハンドル幅は55cm程度あるかと思います。
ハンドルの幅はヤジロベーと同じ原理なので、ハンドル幅が広いほど安定性が増します。安定性が増すと運転はしやすいのですが、その分、腕を開いて乗る必要があります。

腕を開いた状態で自転車に乗ると、正面から見た時に風を受ける面積が広くなるため空気抵抗が大きくなり、速度を出すことを考えるとあまり良い格好ではありません。

そこでハンドル幅を切り詰めることで、脇を閉じた状態で乗車できるようになり、よりスポーティなルックスと乗り心地が手に入ります。

ただし、あまり切り詰める過ぎると乗り心地は悪くなるのと、パーツ類の取り付けスペースにも余裕がなくなるので左右それぞれ2cmくらいカットするくらいが丁度良いかもしれません。たとえ2cmで乗り心地は大きく変化しますから、改造カスタマイズの際には1cm単位でカットするのが良いでしょう。

ハンドル幅を切り詰めるにはパイプカッターだけで十分というのもお手軽で良いです。

参考 → クロスバイクのハンドルをカットする方法と作業のポイント

サドル・シートポスト

サドルやシートポストも比較的改造カスタマイズが簡単に行なえるパーツです。

シートポストは、ハンドルやステムとセットとして考えてメーカーを統一すると全体的にまとまった印象にすることができますから、交換する際は、なるべくハンドルやステムと同じメーカーから選択するのが良いと思います。

サドルはサドル沼と呼ばれるくらいに、自分に合ったサドルを探すのに苦労するパーツです。一般的に価格の高いパーツはその分性能も高くて乗り心地も向上するものがほとんどですが、サドルの場合はおしりとの相性なので、高価なサドルだから良いとは一概に言えないところがあります。

なので、少々面倒なパーツではありますが、交換は難しくありませんし、乗り心地も変わるので考慮してみても良いパーツだと思います。サドルはメーカーはフィジークFIZIKと呼ばれるメーカーが有名です。

初心者が避けた方が良い改造カスタマイズ

シフトレバー・ブレーキ周り

シフトレバー・ブレーキ周りなどのワイヤー部分の調整は初心者はひとまず避けておいた方が良い部分だと思います。もちろんチャレンジしても良いとは思いますが最初は注油と清掃で弄る程度にして、構造や動作をなんとなく理解してからの方が良いでしょう。メンテナンスブックを見ても難しい部分だからです。

失敗してもワイヤーを再調整すれば良いだけの話ではありますが、上手に調整しないとシフトチェンジしても狙ったギアへ変速できなかったりしてドツボにハマってしまうこともあります。お店に泣きつき結局は高くついたなんてことにもなりかねません。

シフトレバー・ブレーキ周りの調整は、将来的には出来るようになっておいた方が良いのは間違いないですが、とりあえずはなんとなく自転車弄りにも慣れてくるまでは後回しにした方が良いでしょう。

チャレンジ精神が必要な改造カスタマイズ

10速・11速化

コンポーネントごと載せ替えるのは多段化を考えて10速や11速化するタイミングだったりすると思いますが、自転車のメインのパーツでもあるコンポーネントを交換すると、新しい自転車を買ったかのように全く別の自転車することができます。

変化が大きい分、交換作業は大掛かりになりますし、工具類も多数必要になります。意外と長丁場の作業にもなりますし、難易度の高い作業が続く部分もあるため、失敗も含めて勉強だ!くらいのチャレンジ精神がなければ、コンポーネントの換装はお店に任せた方が良いと思います。

しかしコンポーネントの交換まで自分自身やり切ってしまえば、自転車の改造カスタマイズに対する知識は一気に増えるはずです。何らかのトラブルに見舞われたとしてもなんとか対処できてしまう程度にはスキルが向上すると思われるので、ちょっとしたトラブルでは動じなくなるくらいの自信が付きます。

かなりハードルが高いですし、費用もそれなりに掛かるので、誰にでもおすすめできるものであはりませんが、自転車に詳しくなりたいと思うのであれば10速や11速化は是非チャレンジして欲しい改造カスタマイズになります。

ブルホーン化・ドロップハンドル化

クロスバイクの改造カスタマイズも進行すると、最終的にはハンドルをブルホーンやドロップハンドルにしてしまうケースも多いです。しかしコンポーネントの交換と同じく、ハンドルの形状の交換はそれなりの知識が必要とされる難しい改造カスタマイズだと思います。

このあたりの改造カスタマイズになるとメンテナンスブックにも書かれていない分野になります。また詳しく解説してくれているサイトやブログもなかなか見つからないので、自分自身で試行錯誤しながら作業することになります。今までの経験などが大切になるのではと思います。

なので上記の改造カスタマイズについては、簡単な改造カスタマイズから始めて、いろいろな知識やテクニックが身に付いてからにした方が絶対に良いでしょう。

クロスバイクの改造・カスタマイズの始め方まとめ

クロスバイクの改造・カスタマイズの始め方まとめ

クロスバイクの改造カスタマイズを始めるには、メンテナンスブックなどを参考にして、まずはメンテナンスブックなどの科書通りにいろいろと自転車を弄ってみるということろからスタートするの良いかと思います。

というのも、自転車弄りにも向き不向きがあり、いざ改造カスタマイズに手を出してみたものの、その作業を楽しいと思えないのであれば、今後も続けて改造カスタマイズをしてくのは難しいはずですし、時間の無駄になってしまいます。

改造カスタマイズにハマらないようであれば、工具類を買うのも勿体ないですし、もっぱら乗る専門で、メンテナンスの類も全てショップ任せるのが良いのではと思います。

自転車弄りが楽しいと思えるようであれば、改造カスタマイズへの道を突き進むことができるでしょから、段階を踏んで徐々に難易度の高い改造カスタマイズに挑戦していけば良いでしょう。自転車弄りだって立派な自転車趣味の一つの在り方です。

向き不向きは人それぞれなので改造カスタマイズの道を突き進むかどうかは人それぞれで良いと思いますが、せっかくクロスバイクやロードバイクに乗るのであればシフトワイヤーやブレーキワイヤーを自分で交換できるようになるくらいのスキルは身につけて置いたほうがよいのではと思います。

ワイヤー系が弄れるようになれば、出先で何かトラブルがあった場合でも大抵のことは対処できるくらいのスキルが身に付いていると思うので、出先での不安感が全く違ってきます。

ちなみに、改造カスタマイズには自転車用の工具は必須です。工具はセットでも売られていますしカッコよく思えますが、セットで買っても使わない工具も多いので、必要に応じてバラで買いそろえていくのがおすすめです。

まぁシマノのプロツールなどは工具を揃えていても欲しくなるほどカッコ良いですが・・・

-おすすめ自転車情報, おすすめ自転車情報, カスタマイズ考, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.