クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車全般 自転車初心者

クロスバイクを買った後はロードバイクが欲しくなる症状をロードバイク欲しい病と呼ぶ

投稿日:

ロードバイク欲しい病

クロスバイクを買ってしばらくしないうちにロードバイクを買ってしまう人がいます。

しかも一部の人だけではなく、意外と多くの人がクロスバイクを買った後すぐにロードバイクを買ってしまうのです。

クロスバイクも普通の自転車に比べれば驚くほど快適でスピードも出ますし、値段もそれなりにするものなのに、どうして新たにロードバイクを買ってしまうのでしょうか?

それはクロスバイクを買ったあとにはロードバイクが欲しくなるというロードバイク欲しい病のせいなのです。

ロードバイク欲しい病

ロードバイク欲しい病

クロスバイクを買うとロードバイクが欲しくなる

クロスバイクを買うとロードバイクが欲しくなる症状をロードバイク欲しい病と呼んだりします。

その名の通りでロードバイクがどうしても欲しくなってしまうのですが、クロスバイクを購入した人の多くが、クロスバイク購入後数週間〜数ヶ月でこのロードバイク欲しい病にかかってしまうと言います。

では何故、クロスバイクを買うとロードバイクが欲しくなってしまうのでしょうか?

スポーツバイクが何なのかを理解するとロードバイクが欲しくなる

ロードバイクは高過ぎるので妥協してクロスバイクを買った人は要注意

クロスバイクに乗っている人の多くは少なからずロードバイクなどの本格的なスポーツバイクにも興味があると思います。むしろクロスバイクを購入する切っ掛けはロードバイクに興味があったからかもしれません。

僕自身もご多分に漏れずでクロスバイクを購入したのはロードバイクに興味をもったことが切っ掛けでした。

最初は三万円くらいで売られているロードバイクのようなものを購入しようと考えていましたが、いざロードバイクについて調べてみると「そのような価格で売られている自転車はロードバイクのようであってロードバイクと呼べるものではなく、まともなロードバイクに乗るなら最低10万円から」という現実を知り、ロードバイクの購入を一旦は断念してしまいます。

それまでの僕の中での自転車と言えば「量販店で1万円程度で買うモノ」だったので、いくら興味を持ったからと言ってそんな大枚をはたいてまで欲しいと思うものではなかったですし、買うこともできなかったからです。

それでも諦めきれずにスポーツバイクについて調べているとロードバイクと性能のよく似たクロスバイクがあることを知ります。クロスバイクもロードバイクと同様にスピードが出て快適らしいということを知り、気持ちはクロスバイクを購入する方向で固まっていきました。

クロスバイクも最低5万円からという感じなので当時の僕にとっては非常に高価な買い物ではありましたが、その程度であればなんとか出せる金額というわけで、僕にとっての最初のスポーツバイクはクロスバイクになりました。

このように、本来はロードバイクを買いたかったけれど、価格や家庭の事情など何らかの理由でロードバイクの代わりにクロスバイクを購入したような人などはロードバイク欲しい病に冒されやすくなります。

クロスバイクとロードバイクの性能の違いを理解できるようになるのが原因

スポーツバイクに興味を持った人の中にある代表的な素朴な疑問はクロスバイクとロードバイクの違いです。

多くの初心者にとってクロスバイクとロードバイクの違いを理解するのは非常に難しいものです。
「クロスバイクとロードバイクの違い?ハンドルの形が違う」という感じが関の山かと思います。もっと言うのであれば自転車初心者にとってはママチャリとロードバイクの違いすらよく理解できていないと思います。

そして一般的な経済感覚で考えれば、いくらスポーツバイクに興味があるからと言って自転車に数十万円もの大枚をはたこうとは思わないわけです。

「どうせ同じようなモノなんだからプロ仕様の自転車でなくてもスポーツバイクは楽しめるでしょ。だったらクロスバイクで良い。自転車ごときに10万円なんて絶対に出せない」というような気持ちからロードバイクではなくクロスバイクを購入してしまう人もきっと多いと思います。

しかしクロスバイクに乗ってるうちにスポーツバイクとは何かを少しずつ理解するようになります。もちろんクロスバイクとロードバイクの違いも理解できるようになり、クロスバイクの限界を知るようになるのです。

日々のサイクリングの中で出会うロードバイクの加速の速さに驚かされたり、弾丸のように走り去るロードバイクを見ながらいろいろな疑問を感じるようになります。

「どうしてあんなに速く走れるんだろう?」
「どうして自転車で数百キロも走れるんだろう?」

そんな疑問を感じるようになると「僕が欲しかったのはクロスバイクではなくロードバイクだったんだ」「もっと速くもっと遠くまで走るためにはクロスバイクよりもロードバイクじゃなきゃだめなんだ」というような答えにたどり着くのです。

このようにクロスバイクに乗り始めるとスポーツバイクのことが理解できるようになり、圧倒的なスピードなどを求めるようになると、自分が本当に欲しかったのはクロスバイクではなくロードバイクだったことに気付かされるのです。

「もっと速く走りたい」「もっと遠くまで自転車で行ってみたい」そんなことばかり考えるようになり、明けても暮れてもロードバイクのことばかりを考えて、もうロードバイクを買わずにはいられなくなってしまうのです。

ロードバイク欲しい病になってしまった人の行動

ロードバイク欲しい病になってしまった人の行動

ほとんどの人がロードバイクを購入する

ロードバイク欲しい病にかかってしまうと、四六時中ロードバイクのことばかりを考えるようになります。

いろいろなメーカーのロードバイクを調べたり、自転車仲間に相談してみたり、プロショップで実際にロードバイクを見たりしているうちにどんどん気持ちはロードバイクを購入する方向で固まっていきます。

そして最終的には多くの人が新しくロードバイクを購入することになるのです。

しかもクロスバイクを購入した時点と比べると多くの知識を持っていてコンポーネントのグレードの違いなどについても理解できるようになっていたりするので「フレームはカーボンが良い」「コンポーネントは105以上が良い」などと、欲求はエスカレートしていきます。

そして「どうせ買うなら」という気持ちに後押しされてクロスバイクを購入した当初は絶対に検討もしなかった「ちょっと良いグレード」のロードバイクを購入してしまうのです。

最初に買ったクロスバイクの扱い

ロードバイクほしい病に負けてしまってロードバイクを買ってしまった場合、最初に買ってしまったクロスバイクはどうなってしまうのでしょうか?

売り払う

早々に売り払ってしまう人もいるようです。
普通に考えれば自転車は一台あれば十分ですし、同じような自転車は二台も必要ありませんし、置き場所だって困ります。

そしてあまり走行していない状態であれば、GIANTやBianchiなどの人気メーカーのクロスバイクだと意外と良い価格が付いたりするので、それを新しいロードバイクの資金にすることも出来ます。

ロードバイクとの二台持ちがおすすめ

僕個人の意見としては、たとえロードバイクを買ったとしてもクロスバイクとの二台持ちをオススメします。

何故ならば、クロスバイクとロードバイクでは自転車の性能や用途がはっきりと違うので、二台持ちしたとしてもどちらか一方しか乗らなくなるなんてことはあまりないと言えるからです。もしも乗らなくなることがあるならばクロスバイクもロードバイクも乗らなくなった時くらいでしょう。

例えばクロスバイクはご近所やちょっとしたサイクリングに出かける時には非常に便利ですし本格的にガチな感じで走りたい時にはクロスバイクよりもロードバイクの方が断然良く、用途に応じて乗り分けることができるのです。

また、ロードバイクのパーツ類を交換した際には、余ったパーツをクロスバイクに流用することもできるので、クロスバイクとロードバイクの二台持ちというのは実は非常に理にかなっているのです。

ロードバイクを先に買うのはどうか?

ロードバイクを先に買うのはどうか?

ロードバイクを先に買っても結果は同じ

ロードバイク欲しい病になるのが先に判っていればクロスバイクを買わずに最初からロードバイクを買ってしまえば良い、かと言えばそうでもありません。

自転車の価値が分ってくると30万円を超えるようなロードバイクも高いとは思わなくなりますが、初めてのスポーツバイクの場合はなかなかそこまで思い切った選択をすることができません。

なので最低限のスペックを備えたロードバイクの一つの目安である10万円程度のモデルを選ぶのがよくあるパターンです。

しかしそのレベルのロードバイクに搭載されているパーツ類は廉価モデルのSORAあたりですし、フレームもアルミフレームなので、本格的にロードバイクに乗りたいと思った時には物足りないスペックに感じてしまうようになります。

つまり最初にロードバイクを買っても、結局はもっと良いスペックのロードバイクが欲しくなってしまうのです。

しかし用途の被るロードバイクを二台持っていても持て余してしまいますから、古いロードバイクは売り払って処分してしまうか練習用などにするしかありません。

そんなことになるくらいであれば、最初にクロスバイクを購入したほうが良いと思います。

自転車のことを知ればこそ

クロスバイクではなくてロードバイクを先に買ったとしても同じ結果になってしまうのは、初めてスポーツバイクを買う場合は自分自身がどんな自転車の乗り方をするのかということをきちんと理解できていないことに原因があると思います。

そのため、いざクロスバイクやロードバイクに乗り始めると、徐々に自転車のことや、自分自身がどのような自転車を求めているのかが解るようになり、もっと上のグレードの自転車が欲しくなってしまうのです。

だったら最初からハイエンドモデルを購入してみれば良さそうにも思えますが、実際問題でスポーツバイクがどんなものか知らない状態でいきなり数十万円もする自転車を買うのは非常に勇気が必要ですし、仮に買ったとしても今度はもっと気軽に乗れる自転車が欲しくなるクロスバイク欲しい病になってしまうことも十分考えられます。

結局のところ必要な自転車やスペックは用途や乗り方によって変わってくるものなので、そこを自分自身で理解できていないうちは正しい選択ができないのです。

誰もが通るサイクリストへの階段

誰もが通るサイクリストへの階段

ロードバイク欲しい病は誰もが通る道

クロスバイクを買ったあとにロードバイクが欲しくなり、ロードバイクを買ってしまうのは、誰もが通る立派なサイクリストへになるための階段とも言えるでしょう。

それはけして無駄なことではなく、まずはクロスバイクで自分がどのように自転車と付き合っていくかを知り、自分が本当に欲しい自転車というものが何なのかが明確に理解できるようになるために必要なステップなのです。

ロードバイクが買えないなら、改造すればいいじゃない

とは言いつつも、クロスバイクを買ったあとにすぐロードバイクを買えるような人ばかりであはりません。

ロードバイクに憧れながらも金銭的な事情や家庭の事情など様々な理由でクロスバイクを乗り続ける人も少なからずいるでしょう。

そんな方々にオススメしたいのがクロスバイクの改造カスタマイズになります。クロスバイクにもロードバイク用のコンポーネントやホイールを装備できグレードアップさせていくことができます。

もちろんクロスバイクがロードバイクになることはありませんが、ロードバイクのような走行性能に近づけていくことはできますし、少なからずロードバイクが欲しいという欲求を満たしてくれる一つの解決策にもなると思います。

改造カスタマイズをすることでより自転車について詳しくもなりますし、そこまで本格的な改造カスタマイズをしなくても性能の違いを実感できるようなパーツはいくつもありますからまずはそういったパーツからスタートするのが良いでしょう。

代表的なところではホイールやペダルなどは簡単に交換でき、効果も実感しやすいパーツです。

ペダルはビンディングペダルにするだけで大きな差が出ますし、ボイールはクロスバイクの価格と同じくらいのホイールを基準に検討すればフレーム等々のスペックとバランスがとれたホイールが選択できると思います。シマノのRS-500かRS700あたりがクロスバイクのホイールとしては定番ですね。


以上、クロスバイクを買ったあとにすぐロードバイクが欲しくなってしまう現象、ロードバイク欲しい病についての記事でした。

-自転車全般, 自転車初心者

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.