クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車全般 自転車初心者

クロスバイク購入した後すぐにロードバイクが欲しくなる!そうだロードバイクを購入しよう

更新日:

クロスバイク購入した後にロードバイクを購入する

クロスバイクを購入したばかりなのにロードバイクが欲しくなってロードバイクを購入してしまう人がいます。

一部の特別な人だけではなく、意外と多くの人がクロスバイクを購入したすぐア後にロードバイクを購入してしまうのです。

クロスバイクかロードバイクのどちらかを購入しようかと検討した結果、クロスバイクを購入してみたものの、本当に欲しかったのはクロスバイクではなくロードバイクだったということに気がついて、我慢しきれずにロードバイクを購入するというわけです。

クロスバイクも普通の自転車に比べれば、驚くほど軽快でスピードも出ます。クロスバイクの値段もシティサイクルなどと比較すれば数倍の価格ですから、けして安いとは言えないものであるはずなのに、どうしてクロスバイクを購入したすぐ後に新たにロードバイクを購入する人が多いのでしょうか?

それはクロスバイクを購入した後すぐにロードバイクが欲しくなるというロードバイク欲しい病のせいなのです。

クロスバイクを購入した後すぐにロードバイクが欲しくなる

ロードバイク欲しい病

ロードバイク欲しい病

クロスバイクを購入した後すぐにロードバイクが欲しくなる症状をロードバイク欲しい病と呼んだりします。

その名の通りでロードバイクがどうしても欲しくなってしまう症状を伴うのですが、クロスバイクを購入した人の多くが、クロスバイク購入後数週間〜数ヶ月でこのロードバイク欲しい病にかかってしまうと言われます。

ロードバイク欲しい病にかかってしまうと、クロスバイクを購入した自分の選択を後悔するようになるとともに、四六時中ロードバイクのことばかりを考えるようになってしまいます。

なんとか我慢しようと思ってもクロスバイクに乗るたびに症状はどんどん悪化してしまい、気がつくと新しくロードバイクを購入する計画を立てていたり、ロードバイク目当てにサイクルショップに足を運んだりするようになり、最中的にはロードバイクを購入してしまうという恐ろしい症状です。

何故、クロスバイクを購入するとロードバイクが欲しくなってしまうのでしょうか?

スポーツ自転車が何なのかを理解するとロードバイクが欲しくなる

ロードバイクを諦めてクロスバイクを買った人は要注意

クロスバイクに乗っている人の多くは少なからずロードバイクなどの本格的なスポーツバイクにも興味があると思います。むしろクロスバイクを購入する切っ掛けはロードバイクに興味があったからかもしれません。

僕自身もロードバイクに興味を持ったことがクロスバイクを購入した切っ掛けでした。

最初は予算を三万円くらいで考えていてAmazonなどのネットショップで販売されている一見ロードバイクのように見える自転車を購入しようと考えていました。

ところがいざロードバイクについて調べてみると「数万円という価格で売られている自転車はロードバイクのようにドロップハンドルで見た目はロードバイクのように見える自転車でもロードバイクと呼べるようなスペックは備わっていない」ということを知りました。

要するに、インターネットで販売されているような数万円で購入できるロードバイクのような自転車はロードバイクとは似て非なる自転車なのです。

ロードバイクとして必要最低限の性能が備わった自転車を購入しようと思うと、最低10万円からというのが相場です。その現実を知り、Amazonなどで販売されているロードバイクのように見える自転車を購入するのは諦めました。

それまでの僕の中での自転車と言えば「量販店で1万円程度で買うモノ」だったので、いくらロードバイクに興味を持ったからと言ってそんな大枚をはたいてまで欲しいと思うものではなかったですし、買うこともできませんでした。「自転車に10万円?バカらしい」というのが一般的な感覚です。

それでもスポーツ自転車を諦めきれずにいた僕はロードバイクと性能のよく似たクロスバイクの存在を知ります。クロスバイクもロードバイクと同様にスピードが出て軽快に走れるにも関わらず、価格はかなり下がって5万円程度からでも購入できるのです。僕の気持ちはクロスバイクを購入する方向で固まっていきました。

クロスバイクも最低5万円からという感じなので、自転車で考えれば、けして安いとは言えない価格ではありますが、なんとか出せる金額というわけで、僕にとっての最初のスポーツ自転車はクロスバイクになりました。

このように、本来はロードバイクを買いたかったけれど、価格や家庭の事情など何らかの理由でロードバイクを諦めてクロスバイクを購入したような人などはロードバイク欲しい病に冒されやすくなります。

ロードバイク欲しい病はクロスバイクとロードバイクの性能の違いを理解できるようになるのが原因

スポーツ自転車に興味を持った人が抱く素朴な疑問はクロスバイクとロードバイクの違いです。多くの初心者にとってクロスバイクとロードバイクの違いを理解するのは非常に難しいものです。

「クロスバイクとロードバイクの違い?ハンドルの形が違うからに決まってるじゃん」という感じが関の山かと思います。もっと言うのであれば自転車初心者にとってはシティサイクルとロードバイクの違いすらよく理解できていないと思います。

そして一般的な経済感覚で考えれば、いくらスポーツ自転車に興味があるからと言って自転車に数十万円も使おうとは思えません。

「所詮は自転車なんだからプロ仕様の自転車でなくてもスポーツ自転車は楽しめるでしょ。だったらクロスバイクで良い。自転車ごときに10万円なんて絶対に出せない」というような気持ちからロードバイクではなくクロスバイクを購入してしまう人もきっと多いと思います。

しかしクロスバイクに乗ってるうちにスポーツ自転車とは何か?を少しずつ理解するようになります。普通の自転車とは全く違う乗り物であることに気がつくのです。もちろんクロスバイクとロードバイクの違いも理解できるようになり、クロスバイクの限界を知るようになるのです。

日々のサイクリングの中で出会うロードバイクの加速の速さに驚かされたり、弾丸のように走り去るロードバイクを見ながらいろいろな疑問を感じるようになります。

「どうしてあんなに速く走れるんだろう?」
「どうして自転車で数百kmの長距離を走れるんだろう?」

そんな疑問を感じるようになると「僕が欲しかったのはクロスバイクではなくロードバイクだったんだ」「もっと速くもっと遠くまで走るためにはクロスバイクよりもロードバイクじゃなきゃだめなんだ」というような答えにたどり着くのです。

このようにクロスバイクに乗り始めるとスポーツ自転車のことが理解できるようになり、「もっと速く、もっと遠くへ」と欲が出るようになります。そうして自分が本当に欲しかったのは「クロスバイクではなくロードバイクだった」ことに気付かされるのです。

「もっと速く走りたい」「もっと遠くまで自転車で行ってみたい」そんなことばかり考えるようになり、明けても暮れてもロードバイクのことばかりを考えるようになります、もうロードバイクを購入せずにはいられなくなってしまうのです。

ロードバイク欲しい病になってしまった人の行動

ロードバイク欲しい病になってしまった人の行動

ほとんどの人がロードバイクを購入する

ロードバイク欲しい病にかかってしまうと、四六時中ロードバイクのことばかりを考えるようになります。

いろいろなメーカーのロードバイクを調べたり、自転車仲間に相談してみたり、プロショップで実際にロードバイクを見たりしているうちにどんどん気持ちはロードバイクを購入する方向で固まっていきます。

そして最終的には多くの人が新しくロードバイクを購入することになるのです。

しかもクロスバイクを購入した時点と比べるとスポーツ自転車に関する知識も増えていて、コンポーネントのグレードの違いなどについても理解できるようになっていたりするので「フレームはカーボンが良い」「コンポーネントは105以上が良い」などと、欲求はエスカレートしていきます。

そして「どうせ買うなら」という気持ちに後押しされてクロスバイクを購入した当初は絶対に検討もしなかった「ちょっと良いグレード」のロードバイクを購入してしまうのです。結果、20万円〜30万円ものロードバイクを選択することになります。

最初に買ったクロスバイクの扱い

ロードバイク欲しい病との闘いに負けてしまってロードバイクを購入してしまった場合、最初に購入したクロスバイクはどうなってしまうのでしょうか?

売り払う

ロードバイクを購入して早々にクロスバイクを売り払ってしまう人もいるようです。

普通に考えれば自転車は一台あれば十分ですし、同じような自転車は二台も必要ありませんし、置き場所だって困りますから売り払ってしまうというのは理にかなった行動です。

そしてあまり走行していない新しい状態であれば、GIANT(ジャイアント)やBianchi(ビアンキ)、TREK(トレック)などの人気メーカーのクロスバイクだと意外と良い価格が付いたりするので、それを新しいロードバイクの購入資金にすることも出来ます。

ロードバイクとクロスバイクの二台持ち

僕個人の意見としては、たとえロードバイクを買ったとしてもクロスバイクとの二台持ちがおすすめです。

何故ならば、クロスバイクとロードバイクでは自転車の性能や用途がはっきりと違うので、二台持ちしたとしてもどちらか一方しか乗らなくなるなんてことはあまりないと言えるからです。もしも乗らなくなることがあるならばクロスバイクもロードバイクも乗らなくなった時くらいでしょう。

クロスバイクはご近所やちょっとしたサイクリングに出かける時には非常に便利ですし本格的にガチな感じで走りたい時にはクロスバイクよりもロードバイクの方が断然良いのです。実際にロードバイクに乗ってみると気が付きますが、本格的になればなるほど乗る前の準備(服装などの事前準備)が多くなり気軽な乗り物ではなくなります。

要するにロードバイクとクロスバイクとでは用途が異なる自転車なので、ロードバイクとクロスバイクを荷台持ちすると、用途に応じて乗り分けることができるのです。

また、ロードバイクのパーツ類を交換した際には、余ったパーツをクロスバイクにお下がりで流用することもできるので、クロスバイクとロードバイクの二台持ちというのは実は非常に理にかなった選択なのです。

なので自転車の保管場所の問題さえなければロードバイクとクロスバイクの二台持ちが断然おすすめです。

ロードバイクを選択する際の重要なポイントはクロスバイクを購入すること

ロードバイクを選択する際の重要なポイントはクロスバイクを購入すること

ロードバイクの購入を失敗しない購入のポイントはクロスバイクを先に購入すること

ロードバイクはクロスバイク以上に高級な自転車になりますし、実は仕様によって用途も専門化されています。もともとロードレース用の自転車なので、必要な性能を強化するために、不必要な性能は犠牲にしていたりするわけです。

例えば、坂道を登るヒルクライム仕様と、長距離を走るエンデューロ仕様やトライアスロン仕様などでは少しずつ仕様がことなります。もちろん趣味で乗るのであれば、好きな見た目だけで選ぶのも良いとは思いますが、とにもかくにもロードバイクはクロスバイクに比べて価格も高く、選択肢も細分化されています。

そうすると、スポーツ自転車に詳しくない人がいきなりロードバイクを購入しようと思っても、自分にとってどのようなロードバイクが相応しいのかの判断ができませんから自転車屋さんにもそれを伝えられないので、自転車屋さんは「初心者に無難なロードバイク」をおすすめしてくることになります。

しかし、最初にクロスバイクを購入しておくと、スポーツ自転車に関する知識も増え、自分がスポーツ自転車に乗って何をしたいのかが明確になった上でロードバイクが欲しいと思っているので、用途や目的を自転車屋さんにも明確に伝えられるようになるのです。

要するに、ロードバイクを失敗なく購入するための最も重要なポイントは、スポーツ自転車に関する知識を増やし、自分がどのようにロードバイクに乗りたいのかを明確にすることなのです。

そのために最も近道なのが、実はクロスバイクをロードバイクよりも先に購入することなのです。

ロードバイクを先に購入しても結果は同じ

もしもロードバイク欲しい病になるのが先に判っていればクロスバイクを買わずに最初からロードバイクを購入してしまった方が良かったと思うかもしれませんが、クロスバイクを先に購入するのが正解だと僕は思います。

スポーツ自転車の価値が分ってくると30万円を超えるようなロードバイクでも高いとは思わなくなります。いや、けして安くはないですがスペック相応の価格だと思えるようになります。しかし、初めてのスポーツ自転車を購入する段階ではスポーツ自転車の性能について理解するのは難しいため、そこまで思い切った買い物を出来る人は少ないのです。

なので最初にロードバイクを購入する場合は、多くの人が最低限のスペックを備えたロードバイクの一つの目安である10万円程度のロードバイクを購入するのです。

しかし10万円レベルのロードバイクに搭載されているコンポーネントは廉価エントリーモデルのSORAあたりですし、フレームもカーボンフレームではなくアルミフレームだったりします。そうすると、本格的にロードバイクに乗りたいと思った時には物足りない性能に感じてしまうようになります。

つまり、最初にクロスバイクではなくロードバイクを購入したとしても、結局はもっと良い性能のロードバイクが欲しくなってしまうのです。

しかも最初にロードバイクを購入してしまうと、用途の被るロードバイクを二台持っていても持て余してしまいますから、古いロードバイクは売り払って処分してしまうか練習用などにするしかありません。

最初にクロスバイクを購入しても、ロードバイクを購入しても、いずれにしても(もっと性能の高い)ロードバイク欲しい病になってしまうのですから、最初にクロスバイクを購入したほうが出費も抑えられますし、新たにロードバイクを購入しても二台持ちで使い分けることができ、無駄が少ないです。

スポーツ自転車のことを理解すればこそもっと性能の高いロードバイクが欲しくなる

クロスバイクではなくてロードバイクを先に買ったとしても同じようにロードバイク欲しい病になってしまうのは、初めてスポーツ自転車を購入する時には自転車の性能についての知識が乏しいだけでなく、自分自身がどんな自転車の乗り方をするのかをきちんと理解できていないことに原因があります

自転車の乗り方や利用方法はひとそれぞれに違うものですし、実際にスポーツ自転車に乗り始めてから判ることも沢山あります。なのでクロスバイクやロードバイクに乗り始めると、徐々に自転車の性能ことや、自分自身がどのような自転車を求めているのかが理解できるようになり、用途に適したもっと上のグレードの自転車が欲しくなってしまうのです。

最初からハイエンドモデルのロードバイクを購入すれば良さそうにも思えますが、実際問題でスポーツ自転車がどんなものか知らない状態でいきなり数十万円もする自転車を購入するのは非常に勇気が必要ですし冒険になります。

仮に思い切って購入したしても本格的なハイスペックなロードバイクに乗るにはそれなりの服装や装備が必要になってきますから、自転車に没頭できる反面、乗り始めまでの準備が増えて気軽な乗り物ではなくなってきます。そうすると「はもっと気軽に乗れる自転車が欲しい」と考えるようになり、結局はクロスバイク欲しい病になってしまうのです。

必要な自転車やスペックは用途や乗り方によって変わってくるものなので、そこを自分自身で理解できていないうちは正しい選択ができないのです。そしてそれを理解するための最適解は入門用のクロスバイクを購入してしばらく乗ってみることだと思います。

自分の用途に適した最高のロードバイクを手に入れるために必要なステップ

自分の用途に適した最高のロードバイクを手に入れるために必要なステップ

クロスバイク購入→ロードバイク購入の流れは正しい

クロスバイクを購入したすぐ後にロードバイクが欲しくなり、ロードバイクを購入してしまうという行動パターンは、誰もが通る立派なサイクリストへになるための階段とも言えるでしょう。

自転車メーカーの立場で考えれば高単価のロードバイクへ誘導するための撒き餌的な存在としてクロスバイクのポジションがあるわけですから、クロスバイクを購入してロードバイクへステップアップしていくというのは正当なステップを踏んでいるとも言えるかと思います。

まずはクロスバイクで自分がどのようにスポーツ自転車と付き合っていくかを知り、自分が本当に欲しいスポーツ自転車が一体何なのかを明確に理解できるようになるために必要なステップなのです。

新しいロードバイクが買えないならクロスバイクを改造すれば良い

クロスバイクを購入した後に、正しく自分が欲しいと思うスポーツ自転車とは何なのかを理解した後にロードバイクが欲しいと思うのであれば、あれこれ考えるよりも、さっさとロードバイクを購入してしまった方が確実に幸せになれると思います。

とは言いつつも、クロスバイクを購入した後にすぐロードバイクを購入し直せるような人ばかりであはりません。

ロードバイクに憧れながらも金銭的な事情や家庭の事情など様々な理由で新しくロードバイクを購入するのを諦めてクロスバイクを乗り続ける人も少なくないでしょう。

そんな方々におすすめしたいのがクロスバイクの改造カスタマイズです。クロスバイクも改造カスタマイズすることでロードバイク用のコンポーネントやホイールを装備できロードバイクと比べても遜色のない性能の自転車にアップグレードさせていくことができます。

もちろんどんなに改造カスタマイズをしたとしてもクロスバイクがロードバイクになることはありませんが、ロードバイクのような走行性能に近づけていくことはできますし、少なからずロードバイクが欲しいという欲求を満たしてくれる一つの解決策にもなると思います。

クロスバイクを改造カスタマイズをすることでよりスポーツ自転車についての理解も深くなりますから個人的にはクロスバイクの改造カスタマイズはとてもおすすめです。ホイールやペダルなどは簡単に交換でき、改造カスタマイズした効果も実感しやすいパーツなので気になる人はまずホイールやペダルから始めてみるのが良いかもしれません。

クロスバイクの価格と同じくらいのホイールを基準に検討すればフレーム等々のスペックとバランスがとれたホイールが選択できると思いますし、純正おホイールと比べるとまるで別の自転車になったかのうように走行性能が変わります。

クロスバイク用のホイールを検討するのであればシマノのRS-500かRS700あたりが定番になるので検討してみると良いでしょう。

クロスバイクの購入はロードバイクの購入で失敗しない唯一の方法

クロスバイクからロードバイクへのステップアップは、自分の用途に最適なロードバイクを購入するための最適解であり、ロードバイク選びを失敗しないための唯一の方法と言っても過言ではありません。

ロードバイクの購入に失敗しないガイドなどはインターネットでも多くの情報が見つかりますが、結局の所は人それぞれにロードバイクに乗るシチュエーションや求めている性能も異なるので、特定の車種を挙げて「おすすめ!」などと紹介するのは無理があるのです。

百聞は一見にしかずのように、沢山の情報を集めるよりも、まずは入門モデルでも良いのでスポーツ自転車として最低限の性能をもったクロスバイクに乗ってみて、方向性を探るというのが、ロードバイク選びでの一番正しい方法だと思います。

なので、最初にクロスバイクを購入してロードバイクが欲しくなってしまった人は正しいサイクリストへの階段を登っていると思って、安心して次のステップに進んでいけば良いと思います。

-自転車全般, 自転車初心者

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.