クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

ロードバイクやクロスバイクをネットで購入して良い?

更新日:

ロードバイクやクロスバイクをネットで購入して良いか?

僕が初めてスポーツバイクに興味を持った時にロードバイクやクロスバイクはインターネットで買おうと思っていました。

しかし、いろいろ調べて検討した結果、最終的にはインターネットで自転車を購入するのをやめ、実店舗であるGIANTストアに出向いてクロスバイクのESCAPE Airを購入しました。

インターネットでロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクの購入をやめた理由と実店舗で購入することのメリットなどについてまとめてみました。

ロードバイクやクロスバイクをインターネットで買うのをやめた理由

僕がロードバイクやクロスバイクをインターネットで買うのをやめた理由

ロードバイクやクロスバイクをAmazonで探した結果

僕は自転車用品だけでなく日用品のほとんどの買い物をAmazonなどのインターネットショップで済ませてしまうので、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車も当然のようにAmazonで買うつもりでいました。

当時はロードバイクもクロスバイクも自転車はハンドルや形が違うくらいで性能は全て同じと思っていましたし、インターネットの方が安くて自分の好みの自転車がすぐに見つけられると思っていたので、インターネットで自転車を購入すること自体に何の迷いもありませんでした。

そんなわけでロードバイクをAmazonで探したところ、安い自転車だと3万円くらい、高い自転車だと20万円を超すものまでいろいろ見つかりました。

その中から僕は4万円程度のロードバイクに絞り込み、あとは「ポチッ」とするだけのところまできていたのですが、結局インターネットでロードバイクやクロスバイクなどの自転車を購入するのはやめてしまいました。

何故、インターネットで自転車を購入するのをやめてしまったのか、その主な理由は下記の3つです。

自転車の防犯登録の問題

インターネットで自転車を購入すると基本的に防犯登録をしてくれないので、購入した自転車を近所の自転車屋さんに持込むなどして自分で登録の手続きを行なう必要があります。

その際には、ネットで購入した証明書や身分証を持参するなどしないといけません。

「面倒くさいなぁ」というのが正直な感想ですが、それらの購入と所有を証明することができなければ、防犯登録を行うお店側からすると一体どこから持って来たか分からない出所不明な自転車を自分の責任でクリーンな自転車に変更させてしまうことになります。

お店側が迂闊に防犯登録手続きをしてしまうと、それが盗難車だった場合に犯罪の片棒を担いでしまうことにもなりかねないわけですから、面倒でもそれらの書類を揃えてからでないと防犯登録ができないのです。

防犯登録について

自転車を所有すると防犯登録は義務とされていますが防犯登録していなくても罰則は無いようです。

しかし、防犯登録されていない自転車に乗っていると誰の自転車であるのかの照会が出来なくなってしまうので、職務質問などで疑われてしまった場合に、ややこしい話となり、無駄に時間を奪われてしまうことにもなりかねません。

もっと困るのは、万が一自転車の盗難に遭った場合に防犯登録がされていないとその時点で自分の自転車だと証明できなくなってしまうのです。防犯登録に未登録の自転車は自転車泥棒に遭ってしまったその時点で即時にその自転車を諦めなくてはいけなくなりますから、多少面倒でも防犯登録はしておくべきなのです。

話が少逸れましたが、インターネットで自転車を購入した場合に、全て自分で盗難届の申込みをしたりしなければいけないことを考えると、面倒臭さが先に立ち、インターネットでロードバイクを購入するのを躊躇してしまったわけです。

もっとも、それは僕がクロスバイクを購入しようとしていた当初のお話で、現在ではインターネットで自転車を購入すると自転車の販売店が発送前に防犯登録をしてくれるところが普通になってきているようです。というわけで今現在ではこの問題はクリアになっていると思います。

自転車の整備の問題

自転車をインターネットで買うと、ほぼ完成車の状態で納品されるようです。実はロードバイクやクロスバイク以外に二台ほどインターネットで自転車を購入したことがありますが、ペダルを取り付けるだけでいずれもすぐに乗れるような状態で納品されてきました。

しかしmロードバイクやクロスバイクの場合、シフト調整の問題やポジションの問題が出てきます。

シフト調整は出荷前にしてくれている場合がほとんどでしょうが、万が一調整されていなかった場合は大変なことになりそうです。自転車の整備に慣れた人であれば、たとえシフト調整が出来ていなくても全く問題ではありませんが、工具も何も持たない素人がいきなりディレーラーの調整をやるのはまず無理でしょう。

ポジション出しにしてもロードバイクやクロスバイクのことが右も左も判らないような素人には難しいお話です。

ポジション出しにしてもディレーラーの調整にしても根気よくやれば出来るとは思いますが、どうしようもなくなって自転車屋さんに泣きつく羽目になり、結局余分な料金を払わなければいけないと考えると、せっかくインターネットで安く自転車を買っても全く意味がなくなってしまいます。

今でこそ僕は自身のクロスバイクでいろいろな改造カスタマイズを繰り返してきたので、ロードバイクやクロスバイクの整備自体に何の抵抗もありませんが、当時の僕では絶対に無理なお話です。

有名メーカーの自転車のほとんどはインターネットで販売されていない

世界的なレースで見かけるような自転車メーカーの自転車は、不思議なほどインターネットで販売されているのを見つけられません。

例えばBMCとかピナレロとかコルナゴとかフェルトとか・・・もちろんスポーツバイクの最大手であるGIANTも例外ではありません。

この件については後で調べて分かったのですが、有名自転車メーカーのほとんどは「対面販売」を基本にしています。つまりは実店舗でないと販売しないというポリシーがあるようです。

例外も勿論ありますが、そんな事情もありインターネットで販売されているロードバイクやクロスバイクのように見えるスポーツバイクの多くは、無名のよく判らないメーカーが販売しているルック車(見た目はよく似ているけれど性能が低い自転車)となります。

簡単に言うとスポーツバイク風の自転車のようで、ちゃんとしたスポーツバイクを乗ってみたいと思っている人にとっては不向きな自転車のようです。

その事実を知った時、ちゃんとしたスポーツバイクを買わないと後悔してまた買い直すことになると思ったので、Amazonで見つけたロードバイク風の自転車を買わない、という選択をしたのでした。

ロードバイクやクロスバイクを買うなら実店舗で買うべき理由とメリット

ロードバイクやクロスバイクを買うなら実店舗で買うべき理由とメリット

初心者にとってロードバイクやクロスバイクを取り扱うサイクルショップ、いわゆるプロショップは少々敷居が高くて近寄りがたい雰囲気があるのも確かですが、ママチャリなどとは違ってロードバイクやクロスバイクの場合は実店舗で購入した方が良いことが多々あります。

いろいろなアドバイスが聞ける

実店舗でロードバイクやクロスバイクを購入する際の最大のメリットは、やはりスタッフの方からのアドバイスを得られることで、素朴な疑問をぶつけていろいろとプロの意見を聞けることは、初心者にとってはかなり有益なはずです。もうそれだけでもお金を払う価値があると僕は思います。

どの自転車を買えば良いか?
自分の用途や目的は何か?
予算はどれくらいか?

人によってそれぞれ条件や用途は違いますから、その条件に応じて適切な自転車を選択してオススメしてくれるものと思います。

また、ロードバイクやクロスバイにも流行りや傾向がありますから、最新の動向や新商品についての情報が聞けるのもメリットですし、ロードバイクやクロスバイクに乗る際のセオリーやマナーなどネットだけではなかなか得られない情報を多く得られるのもメリットです。

インターネットでも新製品レビュー等はありますが、記事風広告の場合もありますから完全に鵜呑みにすることは難しいですが、お店の信用も関わってくる実店舗では正直な感想が聞けるはずです。特にロードバイクやクロスバイクの場合は購入後も深くショップと関わることになりますから、目先の利益に左右されていい加減なアドバイスをすることは少ないと考えられると思います。

サイクルショップに行く時の心構え(準備)について

サイクルショップに行く時の心構えについては下記の記事にまとめてありますので参考にしてください。簡単に言えば、いろいろと明確にして出向いた方が具体的かつ適切なアドバイスを受けられるでしょう、ということです。

参考 → 初心者がサイクルショップに行く心構えや服装について

実物が見れる乗れる

ロードバイクやクロスバイクはインターネットで見た印象と実際に見た印象では全く違うことが多々あります。

インターネットで見て微妙に思えたカラーリングでも実際に展示されている自転車を見ると「カッコいい!」と思ってしまうことも珍しくありません。

実際に試乗したりすることもできるでしょうし、乗ってみた後で印象が変わることももちろんあります。実物を見られて、実際に乗ることが出来るというのはやはり実店舗の最大のメリットだと思います。

購入後もいろいろとお世話になる

ロードバイクやクロスバイクを購入した後も、ホイールやサドルなどを交換したり、メンテナンスしたりで購入したショップには継続的にお世話になることになります。

自分で一通りメンテナンス出来るようになると、それほどショップに出向くことは無くなりますが、それでも懇意にするお店があった方が絶対に良いです。

それを考えた時に、購入前から相談し、実際に自転車本体を購入したショップだと、いろいろと気安く相談しやすいはずです。

ロードバイクやクロスバイクをインターネットで購入して良いの?のまとめ

ロードバイクやクロスバイクをネットで購入ってどう

インターネットで販売されているロードバイクやクロスバイクのほとんどは、いわゆるルック車ではありますが、一部の自転車メーカーではインターネットでの販売も許可しているようなので、きちんとスペックを読み取ることができれば、ちゃんとしたスペックのロードバイクやクロスバイクを購入できます。

なので一概にインターネットでロードバイクやクロスバイクを購入しては駄目でロードバイクやクロスバイクを買うなら実店舗に限る!なんてことは言えないと思います。

自転車の整備なども出来てある程度詳しい人であれば、間違った選択もしないでしょうし、インターネットで買うのも特に問題はないと思いますが、ロードバイクやクロスバイクに関してほとんど知識が無い初心者の場合はインターネットでロードバイクやクロスバイクを買うと失敗してしまう可能性も大きく、せっかくスポーツバイクに興味を持ったのに、大切な第一歩でつまづいてしまうことにもなりかねません。

そう言う意味では、初心者ほど実店舗のサイクルショップでロードバイクやクロスバイクを購入するのが良いのではと思います。

そうは言ってもサイクルショップなどのプロショップは敷居が高く入りづらいというの確かにもあります。そんな人にはY'sロードや自転車あさひなどの量販店になれば、グッと敷居が低くなりますし、店員さんも多いので質問などもしやすい雰囲気ですので近くに店舗がある人は、大手自転車ショップにまずは行ってみるというのが良いでしょう。

サイクルショップの雰囲気に慣れてくれば、家の近所でサイクルショップを見つけて、懇意になるのが良いと思います。

僕の場合は、パーツ類はインターネットトで購入した方が安い場合がほとんどなので、ほぼインターネットの(Amazon)で購入していますが、すぐに欲しい自転車用品やパーツなどに関しては近所のサイクルショップでなるべく購入するようにしています。

以上、結論としましては、クロスバイクやロードバイクを購入するのであれば、インターネットではなく実店舗で購入するのがおすすめです。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.