クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車全般 自転車初心者

自転車初心者がサイクルショップで自転車を購入相談する際の心構えについて

投稿日:

自転車を購入相談する際の心構えについて

本格的なクロスバイクやロードバイクはインターネットで購入できないメーカーが多いため、基本的にはサイクルショップに出向いて購入することになります。

その際は、あれこれと相談して自分の乗り方や予算に最適な自転車を選ぶことになります。

しかし、ただ漠然と「クロスバイクください」などと言ってもサイクルショップの店員さんを困らせてしまうだけになってしまいます。

何故ならクロスバイクやロードバイクは用途や目的などによって細分化されているからで、ザックリとしたイメージだけでは何をおすすめするべきなのかが見えてこないからです。

そこで、自転車初心者がサイクルショップで自転車を購入相談をする際に困らないように、最低限決めておいた方が良いことについてまとめてみます。

初めてスポーツバイクを購入するお店選びについて

ロードバイクやクロスバイクを買うお店の選び方

サイクルショップの選び方のポイント

僕がクロスバイクを購入するのにGIANTトストアを選んだ理由は「初心者向きで、乗っててもそこそこ恥ずかしくないレベルの安いクロスバイクとは何か?」をインターネットで調べた結果、GIANT社のESCAPE R3というクロスバイクが超定番ということを知ったからでした。

GIANTの自転車はインターネット通販をしていないため、実機を見たり試乗するためには自転車屋さんに出向かなければいけません。

自転車あさひなどの大型自転車チェーン店などでもGIANT社の自転車の取扱はありましたが、どうせ買うなら直営店舗のGIANTストアが良いだろうということで、自宅から最寄りのGIANTストアに行くことに決めたのです。

要するにお店選びを真剣にしたわけではなく、最寄りのGIANTストアというだけで選んでしまいました。その結果、あまり良い印象を受けなかったこともあり、クロスバイクを購入しただけで疎遠になってしまいました。

しかし、クロスバイクやロードバイクの場合、購入した後もメンテナンスなどでサイクルショップにお世話になることも多いので、本当は相性の良いお店を選ぶのが良いと思います。その方が、細かなことでも相談しやすいからです。

そんなわけでサイクルショップの選ぶ際のポイントとしては下記の二点が大切です。

● 家の近所であること
● 店員との相性が良いこと

この二つの条件にハマっていればサイクルショップがサロン的な憩いの場所になる可能性もありますし、自転車ライフを楽しむ上で非常に力強い相談相手になってくれるはずです。

サイクルショップでは店員さんに積極的に質問しよう

サイクルショップの店員さんは素人にも優しい

ピチピチのサイクリストたちが店員さんと親しげに話している姿はサイクルショップではよく見かける光景の1つですが、きっとそれは商品や新製品について質問や相談しているうちに仲良くなったのだと思います。

自転車用品は本当に沢山の種類があり、何を買うべきなのか検討がつかないこともあります。これだ!と思って購入した物が実は間違っていたなんてことも珍しくはありません。そんな間違いを防ぐためにはちょっとした疑問でも店員さんに質問するのが一番良いのです。

サイクルショップの店員さんは自転車本体やコンポーネントなどはもちろん、その他の用具などにも詳しいですし、その時のその時のトレンドや売れ筋、使い勝手の善し悪しについてもよく理解しているでしょう。

なので初心者の質問に対してもきっと優しく答えてくれるはず・・・です。

優しくない店員もいる

多くの店員さんは初心者に対しても優しく接してくれるものと思いますが、運が悪ければ優しくない店員に当たってしまうこともあります。

店員さんも人間なので疲れている時や体調の悪い時、気分の優れない時やタイミングが悪い時などもあるはずですしそれぞれに性格も違います。

店員さんとの相性は運次第というところもありますから、あまりに不親切にされたり、相性が合わないようであれば別のお店を探してみるのも良いと思います。

というのも、クロスバイクやロードバイクを購入すると、その後の基本的なメンテナンスや調整などはそのお店でやってもらうなどショップに出向く機会が多くなります。そんな時、相性が悪いお店だと毎回ストレスになってしまうからです。

実際問題で僕自身、初めてサイクルショップへ訪問した時に嫌な扱いをされたので、購入後は調整の為に数回訪問した程度で、後は別のショップを利用するようにしました。

初心者がサイクルショップに行く前に決めておくべき事

初心者がサイクルショップに行く前に決めておくべき事

サイクルショップ訪問前に最低限決めておきたいこと

クロスバイクやロードバイクに関する知識がないままお店に行っても、店員さんに相談することはできます。

しかし、初心者は何をどのように相談すれば良いのかよくわからないので、煮え切らない質問をした結果、適当に無難なものを言われるがままに購入してしまい、後々後悔してしまうことにもなりかねません。

クロスバイクやロードバイクをどのように乗って何をしたいのか?それが明確になっていないとトンチンカンな問答になってしまうので「これだから素人は面倒なんだ」と思われることにもなります。

何の知識もなく下調べもして来ない人に対していくら説明しても、基本的な用語すらも理解できないような状態だと、一生懸命説明しても無駄だと思われても仕方がありません。

その点がシティサイクルを販売しているお店と、あくまで競技用の自転車であるロードバイクやクロスバイクを販売するプロショップとの違いで素人さんお断り的な感じになってしまうのです。

なので、最低限の基本的な知識を身に付けて、スポーツバイクにどのように乗りたいのか、どうなりたいのかを明確にしてからサイクルショップに行くとうのがとても重要なポイントになると思います。

● スポーツバイクを買う予算
● スポーツバイクに乗る用途
● スポーツバイクの好み

スポーツバイクを買う予算を決める

予算によって車種も性能も大きく変わります。

価格の目安としてはクロスバイクは60,000円〜
ロードバイクは100,000円〜くらいが入門機の完成車の値段です。

初めてスポーツバイクを購入する場合には自転車本体の他に空気入れやライトなどの備品で20,000円〜30,000円くらいは余分に必要になるので、そのあたりも予算として含めておく必要があります。

最初に必要な費用の目安は自転車本体と備品までを含めると

● クロスバイク 90,000~140,000円
● ロードバイク 150,000円〜

あたりの予算を見込んでおけば常識を踏まえた金額として相談出来ると思います。

参考までに、クロスバイクやロードバイクに乗り始めてハマってしまうと更に上のグレードの自転車が欲しくなります。

なので最初はそれを見極めるために、最初から奮発するのではなく、最低限のスペックの自転車を購入するのが良いと思います。

思い切りハマる頃には自分がどんな自転車が欲しいのかがより明確になっているはずですし、自転車に対する価値観も全く変わっているはずなので、初めて自転車を購入する時よりも思い切った選択ができるようになるからです。

インターネットで買える格安自転車について

インターネットでロードバイクやクロスバイクを探すと数万円で買えるような激安ロードバイクを見つけることが出来ます。

しかしそれらの自転車の多くは見た目がロードバイクでも中身はシティサイクルなどとと同じでスポーツバイクと呼べるものではありません。

いわゆるルック車と呼ばれる類の自転車で、サイクルショップで売られている本格的なスポーツバイクとは性能が全く違う別のモノと考えた方が良いでしょう。

これを知らずに「30,000円で買えるロードバイクを・・・」「ネットでは30,000円で売られてたんだけど・・・」などと相談すると、お店の人は苦笑いしながら別のお店を紹介してくれることになると思います。

一部のメーカーを除いてクロスバイクやロードバイクのメーカーの自転車はインターネットでは販売しておらず、基本的には対面販売でしか購入できません。

逆に言えばインターネットで販売されている5万円以下の自転車はスポーツバイクではないとも言えるので注意しておきましょう。

スポーツバイクに乗る用途や目的を決める

自転車に乗る用途は人それぞれです。そして自転車も用途に応じて細分化されています。

自転車はロードバイクやクロスバイクの他にマウンテンバイク、シクロクロス、ミニベロ、シングルギアなどいろいろな種類の自転車があり、それぞれに適した用途で分類されています。

なので自転車を購入する前には自分がどのように自転車に乗る予定なのか、スポーツバイクを買って何がしたいのかの用途や目的をある程度決めておくというのも大切なポイントです。

例えば日頃の通勤や通学に使うとか、雨の日でも乗るとか、または本格的に乗り込んで将来的にはレース出場やヒルクライムに出かけたいなど、目的が具体的になればなるほど自分に相応しい自転車の選択がしやすくなります。

決めておくべき事項例

● 自転車の種類(ロード/クロス/マウンテン/シクロ/その他)など
● 諸々含めた予算(本体+3万円)
● 目的(通勤通学/運動と日常使い/レースなども考える)など
● どのように乗りたいか(ファッション/街乗り/ヒルクライムしたい/スピード重視)など

スポーツバイクの好みを伝える

個人的にはスポーツバイクの入り口としてクロスバイクは非常におすすめではありますが、初心者でもロードバイクが欲しければロードバイクにこだわるべきだと思います。

たとえ本格的に乗るつもりがなくても、ロードバイクの見た目に惚れたらなロードバイクを選ぶのが間違いのない選択になるはずです。

ロードバイクに憧れているにも関わらず「初めてで予算も無いならクロスバイクが良いですよ。」などと言われてクロスバイクを購入したりすると、必ず後からロードバイクを買いたくなって「最初からロードバイクを買っておけば良かった」」と後悔することにもなりかねません。むしろその可能性が高いと思います。

速度や乗り心地などの自転車の性能を考えるのも大切ですが、自分が何に乗りたいのか?というところにこだわるのも大切なことだと思います。

当然、用途が違う自転車を選んでしまうのは後悔の元にもなりますが、本来乗りたかった自転車を購入してしまえばほぼ確実に新しく自転車を購入し直すということにもなってしまいます。

なので店員さんの意見を参考にしつつも、自分が乗りたい自転車た明確にあるのであれば、それを優先した方が後悔は少なくなるはずです。

自転車初心者がサイクルショップで自転車を購入相談する際の心構えについてのまとめ

初心者にとっては敷居が高く感じるサイクルショップも一度勇気を出して足を踏み入れれば、意外と居心地の良いスペースだったりもします。

プロショップは比較的小さな店舗が多いのでなおさら敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、そのような場合はサイクルあさひのスポーツバイク専門店やワイズロードなどの大型で慣らすというのも一つの方法だと思います。

いずれのお店でも相談すれば適切なアドバイスをしてくれるでしょうし、それほど怖がる必要はないはずです。

ただし、人に何かを相談したり訪ねたりする前には、基本的な知識は最低限身につけてからというのが礼儀だと思いますので、まずは下調べというところから始めるのが良いでしょう。

ちなみに「アラフォーからのロードバイク 初心者以上マニア未満の<マル秘>自転車講座 」という本は、自転車屋さんのスタッフの方が書かれた本で、およそ初心者がサイクルショップで聞くであろう質問や知識などが凝縮されています。

これを読んでおくと、ド素人扱いされることがなくなる程度の知識が身に付けられるんじゃないかと思うのでロードバイクやクロスバイクに興味のある入門者にはとってもおすすめの一冊です。

アラフォーからのロードバイク 初心者以上マニア未満の<マル秘>自転車講座 (SB新書)
アラフォーからのロードバイク 初心者以上マニア未満の<マル秘>自転車講座 (SB新書)
  • 著者 : 野澤 伸吾
  • 価格 : ¥ 788
  • 新書:184 ページ
  • 出版日 : 2013/06/15
  • 出版社 : SBクリエイティブ

-自転車全般, 自転車初心者

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.