*

クロスバイクやロードバイクのフレームサイズで悩んだら小さめを買った方が良い理由

公開日: 感想・考察・レポート, 自転車全般

自転車のフレームサイズの選び方

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクのフレームサイズを選ぶ時、身長を基準にしてフレームサイズを決定するのが普通かと思います。

フレームの対応サイズを調べると、自分の身長が大きなサイズと小さなサイズ両方のフレームサイズに適応していることが万々あります。

そんな時、大きめのフレームを買った方が良いのでしょうか?それとも小さめのフレームを買った方が良いのでしょうか?

僕が初めてGIANTストアにESCAPE Airを買いに行き、最初に悩んだのがこの問題で、結果として間違った認識でフレームサイズを選んでしまったために、後々後悔する原因にもなりました。

結構有りがちな問題だと思うので、フレームサイズの選択の際の参考になればと思いフレームサイズについて調べたことをまとめておきます。

フレームサイズについての店員さんのアドバイスと僕の選択

フレームサイズについての店員さんのアドバイスと僕の選択

クロスバイクのESCAPE Airのサイズと適応身長

便宜的に僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airをベースに話を進めさせていただきまと、GIANTの公式ページによると、ESCAPE Airのフレームサイズが対応している身長は下記のようになります。

370(XXS):145〜160cm
430(XS):155〜170cm
465(S):160〜175cm
500(M):170〜185cm

僕の身長は175cmなので、上記を参考にすると465(S)と、500(M)の二つのサイズから選べることになります。こういった場合、Sサイズを選ぶべきなのか、Mサイズを選ぶべきなのか選択を迫られることになるのです。

店員さんのアドバイスでは小さいフレームサイズが良い

店員さんのアドバイスに依ると「お客様の身長の場合は、SサイズとMサイズどちらのフレームでも乗っていただけると思います。ただロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクの場合は、小さめのフレームにして、その他のパーツで後から調整するのがセオリーですね」とのことでした。

つまり「小さい方のサイズの465(S)を買った方が良いよ」と言ってくれていたのですが、当時の僕には店員さんの言っていることがよく解りませんでした。

僕の選択したクロスバイクのフレームサイズは500(M)でした

せっかくの店員さんの「小さい方のフレームを選んだ方が良いですよ」というアドバイスが理解出来なかった僕は、店員さんのアドバイスを無視して、500(M)のサイズのフレームを買う事に決めました。

どちらのサイズのフレームを買ったとしても間違いではないのですが、何故、店員さんのアドバイスを無視して500(M)サイズのフレームにしたかの理由は下記の通り。

数字上ジャストなサイズが500(M)だった

465(S)と500(M)の二つのサイズで適応してはいましたが、それぞれの適応身長の数値を見る限り、465(S)は160〜175㎝でギリギリ適応サイズなのに対して、500(M)の方は170〜185cmなので適応サイズのど真ん中でした。

小さめを買ってキツキツだとどうしようもないけど、余裕のあるサイズならば間違いないだろうと、大きい方のフレームを選択したのでした。

大きい方が良いだろう的な考えがあった

フレームが大きい方が素材(アルミ)を沢山使っているはずです。
貧乏根性丸出しなんですが、素材の量が増えて値段が同じなら、素材の量が多い方が割安じゃないか!という素人ならではの発想もあり、大きなサイズのフレームを選んでしまいました。

Sサイズ?(服なら)小さいよね?

服のサイズとフレームのサイズを一緒の感覚で判断してはいけませんが、そこは素人ならではの思い込みで「Sサイズ」「Mサイズ」などという言葉を聞くと、どうしても洋服のサイズを思い浮かべてしまうのでした。

そして、僕の普段着ている服のサイズが、LサイズかLLサイズ。

なので日頃のサイズ感覚だと「Mサイズでも小さい」と思ったくらいなので、店員さんから「適応フレームはSサイズかMサイズですね」と説明された時にも「Lサイズはないのか・・・自転車って小さいんだな」と思ってしまったほどでした。

洋服のサイズのSサイズから想像するのは「女性用のサイズ」なので「そんな小さな自転車には乗れない」と思った僕はMサイズを選択したのでした。

しかし全ては無知故の間違いばかりだったのです。

自転車を買う時は小さいフレームを選ぶと良い理由

自転車を買う時は小さいフレームを選ぶと良い

小さなフレームの方が前傾姿勢がとれる

ポジションを調整する際に、ハンドルやサドルの高さを変更したりします。
一般的に、スポーツバイクに乗り馴れてくると、ハンドルは低く、サドルは高くなってきます。

しかしいずれにしても限界があるわけです。
サドルの高さの基本はサドルに跨がった時に、シューズを履かない状態で足を真っすぐに伸ばしてカカトがペダルに着くか着かないかくらいの高さだと言われています。

なのでサドルの高さはフレームサイズではなく、足の長さによって決まるのでフレームサイズが違っても調整される位置は同じ高さになります。

さて、より深い前傾姿勢を取りたいと思った時には、サドルの高さとハンドルの高さの高低差を出せば良いわけですが、ここでフレームサイズの違いが出てきます。

トップチューブの長さ

フレームサイズが小さいと、上のイラストの赤丸で囲んだ部分、トップチューブの長さが変わってきます。
GIANT ESCAPE Airの場合、トップチューブの長さはSサイズとMサイズとではSサイズの方が25mmも短いのです。

自転車を買う時は小さいフレームを選ぶと良い

ハンドルの高さを低くしようとした場合はこのトップチューブの長さが影響しますから、トップチューブが短小さなフレームの方がハンドルをより低い位置に調整できるのです。

上のイラストを見て頂くと分かると思いますが、青い線で描かれた小さなフレームの方が、赤い線で描かれた大きなフレームよりもハンドル位置が低くなるのです。

つまり、より深い前傾姿勢を取ろうと思うと、小さなフレームの方がハンドルとサドルの高低差を出しやすいというわけでより深い前傾姿勢をとりたい場合は、小さいフレームを選んだ方が良いということになります。

小さなフレームの方が重量が軽い

フレームサイズが大きくなると、材料も多くなるので大きなフレームの方が小さなフレームよりも重くなってしまいます。

クロスバイクやロードバイクの場合は「軽量」であることが非常に重要だったりすることもあり1g単位で軽量化に挑戦する人も居るくらいです。

なので、重量重視の視点から考えると、僕の考えていた「素材の量が多いからお得!」というのは、ものすごくトンチンカンな視点であり、本来ならば「素材が少ないから重量が軽くなる!」という発想をした方が良かったのです。

軽量化命!な人は軽くする為なら1g数千円もかかるコストを惜しまなかったりするくらいですから、最初から軽いフレームを選択しておいた方が断然お得と言えるでしょう。

スポーツバイクのフレームは小さいフレームを選ぶのがセオリーな理由とまとめ

スポーツバイクのフレームは小さいフレームを選ぶのがセオリーな理由とまとめ
購入当初は理解できなかった店員さんのアドバイスも、スポーツバイクに乗り続けているうちに、その意味がなんとなく理解できるようになるとともに、小さめのフレームの方を買っておけば良かったと、後悔してしまうこともしばしばでした。

それほど大きな後悔ではありませんが、今の時点で僕が改めてクロスバイクを買うのであれば、間違いなくSサイズを購入するはずです。

自転車の場合は小は大を兼ねるというわけで、細かな部分はステムやサドルでポジションや位置の調整をしてあげれば良いのです。まさしくGIANTストアの店員さんが説明してくれた通りになるのです。

小さめのフレームにすると、ペダリングがし易くなったりするという話もありますし、近年のプロの自転車選手は小さめのフレームを選択している人が多いというのも、小さめのフレームを選択した方が良い、という理由に挙げられるかもしれません。

いろいろと調べているうちに、同じ問題に言及した記事があったので一部引用させていただきます。

カタログなどを見ると対応身長表が載っているので、それを参考にすればよいのだが、Sサイズが身長170cmまで、Mサイズが同165cmからだった場合、身長が165~170cmの人はどちらにすべきか悩むことになる。

(中略)

また、使い方によってもフレームサイズは多少変わってくる。例えばフレームサイズが大きくなると、シートチューブばかりでなくトップチューブなども長くなるので、バイク全体が大きくなる。ゆったり、あるいは飛ばして走りたい人にはちょっと大きめが向いている。逆に機敏に走りたい人はちょっと小さめ、というチョイスになるわけだ。(正しいポジションで自転車をこぐ ――サドルとハンドルの基本の高さ

ふむふむ。

こういう記事を読んだりすると、店員さんが小さめのフレームを選ぶのがセオリーと言っていたのは、前傾姿勢に慣れてゆくゆくはもっと深い前傾姿勢を取りたくなる、というところまでを見越していたのだろうと思います。

無理に小さめのフレームを選択する必要は無いでしょうが、僕のようにどちらのサイズでも適応できる場合は、後々のことを考えると「小さめのフレームを選択した方が良いかもしれませんよ」というおはなしでした。なかなか奥が深いですね。

Comment

  1. 神彪 より:

    初めまして
    毎日、貴方様のブログ読ませてもらってます。
    私はルイガノのTR1を持っています。
    私は身長が170㎝でフレームサイズ520㎜を買いました。
    サイズ的には少し大きいですが普通に乗れるから大した後悔はしてません(笑)
    別に速さを求めたりレースをする訳ではないので私的には特に問題なく乗ってます。(笑)
    確かにフレームサイズが小さい方が色々調整が出来ますが私はレースや遠出(30㎞位は走ったりしますが)をしないので目的によりけりだと思います。
    貴方様のブログ更新楽しみにしています。

    • escape air より:

      神彪様
      コメント有り難うございます。
      そうですね、僕の場合も、ショップの方があまり強く小さい方が良いとは言わなかったのは、きっと同じような理由があるのだと思います。
      乗り方や用途によって様々だと思いますので、それに応じて調整していくのが最も正しいのだと思います。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. zaza より:

    ありがとうございます。

    過去の記事ですが、今まさに悩んでいる事でして。
    それとは別に、自分のちょっと疑問に思ったり、知りたいことがたくさん記事になっており、非常にありがたいです。

    通勤用や片道10km以下に使用している自転車が壊れてしまって。
    壊れたのはホイールなのですが、コンポーネントもそろそろ寿命で。
    最低価格のホイールを導入しても、同じグレードにコンポも一式交換すると最低6.5万はかかるということで、新車と代わらないですし。

    それで、通勤だけと割り切って、なんとか5万、最高で6万の価格を考えました。
    そうなってくると、どうしても型落ちが候補になって。

    Escape RX3のSサイズの型落ちがあったのですが、異様にハンドルが近く感じ。
    ロードとMTBしか乗った事がないので、違和感はそのせいかと思ったのですが。

    RXのあった店の方は、SとMどちらでも適合範囲に入っていますが、そのことはお伝えしましたが、「お客様はSで良いと思います」という話でした。
    購入しようかと思ったのですが、閉店間際でお金を下ろしに行くと間に合わず、一応保留にして帰りました。

    翌日、系列の他店にいき(最初いった系列店は希望の商品がまったくなくて、系列のA店とB店と紹介いただき、その日は時間の関係で先ほどの1店舗だけの訪問になりました)、系列の店での話をすると、ロードに何を乗っているか、壊れた自転車に何を乗っているか尋ねられ「RX3 Sは、絶対それは小さいです、Mです」と言われて。

    その店ではルイガノのティラールの420、470、520と、TR Lite Eの520に乗車させて頂いたのですが、420は少し小さい、470はぴったり、520は2車種とも少し大きい。
    くだんのRX3は、乗車したときの感じが、ルイガノの420よりも窮屈に感じたので、否定された方の意見の方が正しいのではと思いました。
    (14cmのステムをつければいけるかもしれないが、ハンドル操作の点で、お勧めできない)。

    サイズを除けば色んな条件に適合するのはRX3で、他はサイズがない、かなり妥協すればという感じで、その日も何も購入せず、一旦帰りました(もう2店舗系列を紹介いただき、来店しましたが)。

    困って、一番最初に訪れた店に行って、その事を話すと、「私は、そのRX3でいけるという考えです。」と伺いました。

    最終的には、その在庫をこちらに移して、13cmステムに交換し乗車してみて決めるということになりました
    (系列A、Bで、正反対なので、どちらの店にも言いにくかったので。
    どちらも理由は説得力がありましたし。
    14cmのステムというもの自体がかなり珍しい商品らしく、13cmで。
    これだと計算上はMサイズに1cm足りないくらいなので、それで試してみてはと言うことでした。)

    • escape air より:

      zaza様 コメントありがとうございます。
      メーカーによってもサイズが違って統一規格でもないようですので、難しいところですよね。また個人個人で手足の長さも違いますから、最終的には乗ってみるか、有料でもポジションを計測してもらうのが一番良いのかもしれません。

      個人的にはステムで13cmまで来るようだった、1つ上のサイズの方が無難かと思います。というのも一時期ステムを伸ばす事を考えていた時期がありいろいろ調べたのですが書かれている通りにステムで14cmになると選択肢がほとんどありません。

      何はともあれ長い付き合いになるフレームですから後悔の無い選択が出来れば良いですね。

      • zaza より:

        結局購入いたしまして、これから取りに行きます。

        その在庫があったお店での試乗の時、多分転倒を考慮してだと思うのですが、
        サドルの高さを脚がべったり付く位まで下げられ、試乗しました。

        「そのせいで違和感があったのかも」と翌日訪問したお店(お客様には絶対小さいですといったお店)にもそのことは伝えたのですが、
        「それはトップチューブの長さには全然関係ないですよ」と言われ、
        13cmのステムでいけるかもと言ったお店では言わなかったのですが、

        こちらに投稿後、
        ばっちりサイズの合うティラールの470とRX3 Sのホリゾンタル換算がほぼ同じで、
        やはりあの試乗の仕方が影響あったのではと心配で(サドルの高さアップで、絶対少しは距離に影響ありますよね)、
        13cmステムを試す店に、「ひょっとしたらそのせいで12cm以下で済むとかがあったら申し訳ない」とお店を訪れました。

        そのことを話し、適切なサドル高さで試すと、解消はされていないものの、以前乗車した時よりは違和感がかなり改善されました。

        万が一13cmステムが長すぎるという結果になったらどうしようと言うと、
        「各店舗の在庫を探したけれど12cmを超えるステムはなかったので、注文した。
        さすがに、短くても12cm、11cmとつけかえてお試しいただくことは出来ない。
        こちらも、万が一ご購入いただけない場合は、その商品が在庫になるので、そのリスクは負うつもりで注文しましたが、
        正直、やーめたと(合っていたとしても)購入いただけない不安を持っています。」
        と言われました。

        怒りはしませんでしたが、正直物凄く悲しかったです。
        13cmのステムの話は、自分から持ち出したわけではないし、
        RX3がサイズを除けば、価格、乗り心地も含めて良かったんですがという話をした時、
        その前に訪れた系列店の○○さんは「14cm以上でも無理です」とおっしゃったんですが、
        それも伝えて、どちらが正しいのか、どっちも合っているのかもということも話し、
        「私はいけるのではという方です。14cmステムという商品自体は多分手に入らないと思いますが、13cmだったら計算上Mより1cm小さいだけなのでいけるかも」という話だったので、

        「もし合った場合は必ず購入しますので、万が一合わなかった場合でも自転車が必要なので、このお店で100%とはいいませんが、系列内では何かは購入しますので。
        Sが適合サイズですと言った在庫がある系列店も、Mでないと無理ですといったお店にはその事は頼みにくいので」とお願いしたのに。

        確かに購入するといって、購入しない人もいるのでしょうが、
        系列全6店舗を購入のために回って、いける、いけないの2店舗はバツが悪くていきませんでしたが、
        相談してくれた系列他店の店員さんに、こういう結果になり、ステム交換で試してみますとお礼と報告にも言ってきたといってるのに。

        まあ、13cmステムの準備が出来て、試乗に言った時、その店員さんはいなかったのですが、
        それ聞いていらしたんでしょう、かなり神経使ってくださって、「ご満足いただけなければ、購入しなくていいですよ。」と
        何度も言っていただきましたが。

        結局、13cmステムでもまだ短くて、スペーサの入れ替えでハンドルを下げるとかなり改善し、
        ノーマルの状態ではこれ以上下げられませんが、5mmのスペーサーにすれば、あと5mm下げられるということ、
        費用0ではないが、まだ微調整できる方法があること、
        ままちゃりより早く移動できるということで、飛ばすつもりはない、また往復20km以上の行程は、ロードか自転車で移動するので、
        4割引で、サイズ以外はすべて条件がそろっているということで、
        正直、その店員さんの話がまったく影響なかったということはないのですが、
        納得して、購入しました。

        あと、クロスバイクは初めてなので、乗っているうちに感覚が変わる可能性もあると思ったので。

        ステムの逆の取り付けは、前に重心がかかりすぎるのもあまりよくないということで、やらないほうがいいのではという話でした。

        それと31.7では別ですが、25.4のハンドル径では、13cmのステムでも特殊になり、7000円とびっくりしました。

        • escape air より:

          zaza様 お疲れさまでした。何はともあれクロスバイクを購入されたようでおめでとうございます。あれじゃないこれじゃないと試行錯誤するのもスポーツバイクの醍醐味のひとつといことで思いっきり楽しんじゃってください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑