クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

子供と自転車ライフ 自転車全般

BMXタイプの子供用自転車TNBのPLUG14を購入

更新日:

BMXタイプの子供用自転車TNBのPLUG14を購入

4歳の子供を自転車デビューさせるために、GIANTをはじめとして、様々な自転車メーカーの子供用自転車を比較検討してきた結果、TNBのPLUG14という自転車を購入しましたのでそのレポートです。

検討編はこちら
参考 → 4歳の子供に自転車デビューをさせるために自転車を選ぶ(検討編)

BMXタイプの子供用自転車TNB PLUG14

子供用自転車TNB PLUG14

TNBについて

自転車のメーカーはDelirium distribution
クロスバイクやロードバイクを乗っている方はあまりご存知ないメーカーかもしれません。僕自身も検討を始めるまでは全く知りませんでした。

自転車メーカーは沢山あり、ロードバイクとマウンテンバイクの両方を製造しているメーカーも多いですが、ロードバイクだけ、あるいはマウンテンバイクだけ製造しているといったメーカーも沢山あります。

そんなわけで、日頃クロスバイクやロードバイクしか関わらない人にとってはマウンテンバイクのメーカーは全く未知の世界というケースも珍しくないのではないでしょうか。

でもってDelirium distributionは元来メーカーではなく、BMXブランド「Stmartin」「Superstar』などの輸入代理店で、自社ブランドTNBというブランドを立ち上げて製造したのがPLUG14ということのようです。(間違ってたら指摘下さい。)

なので、もしかするとロードバイクやクロスバイク乗りに限らず、マウンテンバイクに乗っている方の中でも知名度はそれほど高くないのかもいしれません。

TNB PLUG14

PLUG14。
名前からも想像できると思いますが14インチのBMXタイプの自転車です。

4歳の子供用に自転車を検討しはじめた当初は、16インチの自転車で検討していてHaro BikesのSHREDDER 16にしようと決めていました。

しかし、今まで赤のストライダーに乗っていたこともあり、自転車も同じ赤が良い!という子供のリクエストを受け入れて検討した結果、TNBのPLUG14に決定となりました。

BMXはタイヤが小さいのが普通

16インチで検討していたのは、小学校に上がる前までは買い替えせずに乗らせたいということもあり、なるべく大きめのサイズを・・・と考えていたからです。

なのでタイヤサイズが14インチになってまず最初に気になったのが適応年齢。せっかく買っても5歳までしか乗れないような自転車だとほんの少しの間しか乗れないことになってしまいます。

しかしPLUG14の適応年齢も3歳〜7歳までと幅広く、また一般的な16インチの自転車の適応身長が100cmとか105cmなのに対して、95cmである点もポイントです。

BMXタイプなので元々が小径車ということもあり、タイヤが小さいからと言って幼い子供用とはならないようです。

TNB Plug14を選んだ理由と子供用自転車選びのポイント

TNB Plug14を選んだ理由と子供用自転車選びのポイント

子供にサイズが丁度良い自転車

子供用の自転車を選ぶ際には、なるべく長く乗れるようにと考えて、大きめのタイヤの自転車を選びたくなりますが、子供にとってはタイヤは小さい方が乗りやすいです。まして初めての自転車ですから、なるべく恐怖感が無く自転車に乗ってもらうためには小さめのタイヤの方が良いということになります。

お友達のお父さんとも子供用自転車について話すことがあるのですが、その中の一人にものすごく運動神経の良いお友達が居ます。

運動なら何でも出来る子供で、鉄棒やサッカーなど誰よりも上手で、ストライダーもあっという間にマスターしてしまう運動神経抜群のお子様だったので、迷わず16インチ、もしかしたら一足飛びに18インチ(メーカーによっては4歳児でも乗れる18インチがあります)の自転車を選ぶのだろうな、と勝手に思っていました。

ところが、いざ話を聞いてみると「大きなタイヤの自転車は乗れそうもないから、ストライダーと同じくらいのタイヤの方が良いかと思ってるんだよね」とのこと。

その後、その言葉の通り12インチの自転車を購入し、その期待に応えるかのように1時間ほどの練習で見事補助輪無しで乗れるようになったようです。

やはり、普段乗り馴れたサイズで練習するのが子供にとっても無理なく受け入れられるようで、サイズ選びというのは子供の自転車選びにおいては非常に重要なポイントなのだと思います。

僕の子供も、4歳にはなりますが、身長はまだ100cm足らずなので16インチの自転車を乗ろうと思うと、恐らく足が着かないかギリギリになります。補助輪を付ければその点の問題はクリアできますが、せっかくストライダーで練習してきたこともありますから、なるべく補助輪無しでスタートしたいと考えているため、そのまま足を着くことができるサイズで考えれば14インチくらいからスタートした方が良いのかなと思います。

それを思うとTNBのPLUG14はベストな自転車に思えたのです。

子供用自転車の中でも軽量モデル

日頃、軽量なスポーツバイクに乗っていると麻痺してしまいますが、基本的には自転車は重たいものです。

ママチャリなんぞは20kg近くありますし、電動自転車に至っては30kg近くあります。子供用自転車でも小さいのに10kg程度が標準的な重さで、まだ体重が15kg程度の子供にとってこの重量はかなり重たいと言えるでしょう。

そこで、なるべく軽い自転車を選んであげたいと思ったのもPLUG14を選んだ理由の一つです。PLUG14は7kg台で子供用自転車としては軽めの自転車になります。

軽いと評判のルイガノのLGS-J16でも8.8kgなので、それよりも1kg以上軽いというのはやはり魅力なのでした。

BMXタイプの子供用自転車TNB PLUG14

全体の印象

子供用自転車TNB PLUG14が届きました

TNB PLUG14の販売店を探したところ、都内にも数店舗取扱のあるお店があることが判りましたが、どのお店も家からは遠い事もあり、最終的にインターネットで購入することにしました。

実際にモノを見ていないこともあり、本当にイメージ通りか不安な部分もありましたが、いざ自転車が届いて厳重な梱包から取り出したその姿は、お部屋にそのまま飾っておいても良いような、オシャレな佇まいでかなり好印象でした。

ペグ

前輪と後輪に取り付けられたペグ

前輪と後輪に取り付けられたペグ。活用できるかどうかは不明ですが、アクセントとしては骨太な印象でカッコ良いです。親の希望としてはこのペグを活用して自在に乗りこなすくらいまで自転車に乗って欲しいと思ったりもしますが、飾りで終わりそうです。

クランクまわり

クランクまわり。

クランクまわりは大人用の自転車と比べるとシャープな感じが全くしですが子供用だとこんなものかもしれません。他の部分はしっかりとした質感で溶接なども丁寧に行なわれている印象でしたが、クランクだけはちょっと安っぽいかも。

タイヤ

子供用自転車タイヤ

タイヤは14インチながらかなり太めです。ストライダーよりも太めのタイヤなので自転車デビューする子供にとって安定感があって良いかもしれません。

反射板

シートポストに反射版

反射板が付属してきたので、シートポストに取り付けました。子供用自転車でも反射板の装備は義務。反射板が無いと公道は走れません。

フロント用反射板

フロント用のホワイトの反射板も付属していたので取り付けました。安全第一です。

子供が小さいうちは夕方〜夜間に乗ることはまず無いでしょうし一人でどこかへ乗って行くことも無いと思いますが、夜間の走行で反射板が無いというのは非常に危険ですからね。

ライトも本体に付属していないのでライトを購入する必要があります。

ペダル

子供用自転車ペダル

子供の足のサイズに丁度良いやや小さめのペダルです。コンパクトなサイズのペダルなので自身のクロスバイクにも取り付けたいと思いました。

ちなみにペダルの軸は大人用のペダルと共通なので、一般的なペダルも取り付けすることができます。

グリップとブレーキ

子供用自転車のブレーキ

幅広のハンドルに小さめのグリップとブレーキレバーが取り付けられています。大人用のツーフィンガータイプと呼ばれる短いタイプのブレーキレバーよりもさらに小さく短いですが、4歳の子供の小さな手を考えればこれくらいコンパクトでもまだ少し大きめですね。

キャリパータイプブレーキ

ブレーキはキャリパーブレーキです。

フレーム

TNBの子供用自転車

ダウンチューブにはTNBのロゴ、シートチューブにはPLUG14のロゴがそれぞれペイントされています。

ステムヘッド

大きな特徴としてはステムヘッドを通るワイヤー。
カスタマイズでジャイロ仕様にすると、ハンドルをクルクル回してもワイヤーが絡まないアクロバットな乗り方ができるようになるというもの。

子供用自転車

一般的な子供用自転車に比べて少しだけお高いだけあって、佇まいはなかなか良い感じです。

自転車のベル

キャットアイのベル

警報機(ベル)が付属していなかったので、僕のクロスバイクのESCAPE Airにも取り付けているコンパクトなベルのCATEYE OH-2400を購入しました。

CAT EYE OH-2400はベルト式なので細いハンドルでもアジャストすることができます。

子供用自転車にベルを装着

ハンドルグリップ横に取り付けました。猫の絵柄も気に入ったようです。

BMXタイプの子供用自転車のTNB PLUG14の感想

子供用自転車のTNB PLUG14の感想

子供が初めて乗る自転車ということで一生の思い出に成る可能性もあり、子供用自転車としては少し高価ではありますが気に入った自転車を購入したいと思いTNB PLUG14に決定しました。

ちょっと高価過ぎるかなぁという思いもありましたが、いざ実物を目にすると、細かい部分までちゃんとこだわった感じがして、値段相応のしっかりとした自転車だなという印象です。

格安量販店で自転車を探せ10,000円程度の自転車も見つかりますが、それなりにカッコ良い自転車になると子供用でも2〜3万円はするので、まぁ許容範囲かなと思います。子供自体も自転車を見て大興奮で大喜びな姿を見ると、買って良かったなぁと思うのでした。

僕自身子供の頃にBMXに憧れた世代でもありますし、憧れただけで買って貰えなかった人でもあるので、ついつい自分の願望も入った選択になってしまいましたが、結果として大満足な買い物になりましたし、どうせ乗るのであれば、しっかりとしたものを選択しておいた方が後悔は少ないよと、これから購入を考えている人にもおすすめできる自転車です。

以上。自転車好きなお父さんが子供のために自転車を選ぶとこんな風になりました的なおはなしでした。自転車の値段を知った奥さんの感想はここに書くまでもありませんね(苦笑)。

あ、子供を自転車に乗せる時にはヘルメットも忘れずに!

-子供と自転車ライフ, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.