*

4歳の子供に自転車デビューをさせるためにTNBのPLUG14を購入

公開日: 子供, 自転車全般

4歳の子供に自転車デビュー

4歳の子供に自転車デビューさせるために、GIANTをはじめとして、様々な自転車メーカーの子供用自転車で比較検討をしてきた結果、TNBというブランドのPLUG14という自転車を購入しましたのでそのレポートです。

検討編はこちら
4歳の子供に自転車デビューをさせるために自転車を選ぶ(検討編)

TNB PLUG14

TNBについて

自転車のメーカーはDelirium distribution
クロスバイクやロードバイクを乗っている方はあまりご存知ないメーカーかもしれません。僕自身も検討を始めるまでは全く知りませんでした。

自転車メーカーは沢山あり、ロードバイクとマウンテンバイクの両方を製造しているメーカーも多いですが、ロードバイクだけ、あるいはマウンテンバイクだけ製造しているといったメーカーも沢山あります。

そんなわけで、日頃クロスバイクやロードバイクしか関わらない人にとってはマウンテンバイクのメーカーは全く未知の世界というケースも珍しくないのではないでしょうか。

でもってDelirium distributionは元来メーカーではなく、BMXブランド「Stmartin」「Superstar』輸入代理店で、自社ブランドTNBというブランドを立ち上げて製造したのがPLUG14ということのようです。(間違ってたら指摘下さい。)

なので、もしかするとロードバイクやクロスバイク乗りに限らず、マウンテンバイクに乗っている方の中でも認知度はそれほど高くないのかもいしれません。

PLUG14

4歳の子供に自転車デビューBMX
PLUG14。
名前からも想像できると思いますが14インチのBMXタイプの自転車です。

当初の予定では、子供用自転車で最も普及しているのが16インチのようだったので、16インチの自転車で検討していてHaro BikesのSHREDDER 16でほぼ決定していたのですが、今まで赤のストライダーに乗っていたこともあり、自転車も同じ赤が良い!という子供のリクエストを受け入れて検討した結果、TNBのPLUG14に決定しました。

元々16インチで検討していたのは、小学校に上がる前までは買い替えせずに乗らせたいということもあり、なるべく大きめのサイズを・・・と考えていたからです。なのでタイヤサイズが14インチになってまず最初に気になったのが適応年齢。せっかく買っても5歳までしか乗れないような自転車だとほんの少しの間しか乗れないことになってしまいます。

しかしPLUG14の適応年齢も3歳〜7歳までと幅広く、また一般的な16インチの自転車の適応身長が100cmとか105cmなのに対して、95cmである点もポイントです。

BMXタイプなので元々が小径車ということもあり、タイヤが小さいからと言って幼い子供用とはならないようです。

大き過ぎない自転車が良いかもしれない

なるべく長く乗れるようにと、大きめのタイヤの自転車を選びたくなりますが、子供にとっては小さい方が良いようです。

というのも、ご近所のお友達にとても運動神経の良い子供が居て、自転車をどうするかというお話をお父さんとしていてたのです。

運動なら鉄棒でもサッカーでも何でも簡単にこなしてしまい、ストライダーもあっという間にマスターしてしまう運動神経抜群のお子様だったので、迷わず16インチ、もしかしたら一足飛びに18インチ(メーカーによっては4歳児でも乗れる18インチがあります)の自転車を選ぶのだろうな、と勝手に思っていました。

ところが、いざ話を聞いてみると「大きなタイヤの自転車は乗れそうもないから、ストライダーと同じくらいのタイヤの方が良いかと思ってるんだよね」とのこと。

その後、その言葉の通り12インチの自転車を購入し、その期待に応えるかのように1時間ほどの練習で見事補助輪無しで乗れるようになったようです。

やはり、乗り馴れたサイズで練習するのが子供にとっても無理なく受け入れられるようで、サイズ選びというのは非常に重要なポイントなのかもしれません。

僕の子供も、4歳にはなりますが、身長はまだ100cm足らずなので16インチの自転車を乗ろうと思うと、恐らく足が着かないかギリギリになります。補助輪を付ければその点の問題はクリアできますが、せっかくストライダーで練習してきたこともありますから、なるべく補助輪無しでスタートしたいと考えています。
それを思うと、そのまま足を着くことができるサイズである14インチは、大きすぎずで丁度良いサイズだなと思ったわけです。

子供用自転車でも意外と重い

日頃スポーツバイクに乗っていると麻痺してしまいますが、自転車は重たいものです。

ママチャリなんぞは20kg近くありますし、電動自転車に至っては30kg近くあります。子供用自転車でも小さいのに10kg程度が標準的な重さで、まだ体重が15kg程度の子供にとってこの重量はかなり重たいと言えると思います。

そこで、なるべく軽い自転車を選んであげたいと思ったのもPLUG14を選んだ理由の一つです。PLUG14は7kg台で子供用自転車としてはかなり軽めの自転車になります。

軽いと評判のルイガノのLGS-J16でも8.8kgなので、それよりも1kg以上軽いというのはやはり魅力なのでした。

TNB PLUG14が届きました

4歳の子供に自転車デビュー TNB PLUG14

販売店を探したところ、都内にも数店舗取扱のあるお店があることがわかりましたが、どのお店も家からは遠い事もあり、インターネットで購入することにしました。

実際にモノを見ていないこともあり、本当にイメージ通りか不安な部分もありましたが、いざ自転車が届いて、厳重な梱包から取り出したその姿は、お部屋にそのまま飾っておいても良いような、オシャレな佇まいでかなり好印象でした。

4歳の子供に自転車デビュー ペグ
前輪と後輪に取り付けられたペグ。
活用する事があるかどうかは不明ですが、アクセントとしては骨太な印象でカッコ良いです。

4歳の子供に自転車クランクまわり
クランクまわり。
大人用の自転車と比べると鋭利な感じが全くしないですが子供用だとこんなものかもしれません。他の部分はしっかりとした質感で溶接なども丁寧に行なわれている印象でしたが、クランクだけはちょっと安っぽいかも。

4歳自転車デビュー14インチ
タイヤは14インチながらかなり太め。
ストライダーよりも太めのタイヤなので自転車が初めての子供にとって安定感があって良いかもしれません。

4歳自転車デビューシートポスト
反射板が付属してきたので、シートポストに取り付けました。子供用自転車でも反射板の装備は義務。コレが無いと公道は走れません。

4歳自転車デビュー反射板
フロント用のホワイトの反射板も付属していたので取り付けました。
安全第一です。

4歳自転車デビューペダル
ペダル。子供の足サイズのやや小さめのペダルです。大きさ的には大人用として理想の大きさだったので、思わず取り外して自分のクロスバイクのescape airに取り付けてやろうかと思ってしまいました。

4歳自転車デビューハンドル
幅広のハンドルに小さめのグリップとブレーキレバー。
大人用のツーフィンガータイプよりもさらに小さいです。

4歳自転車デビューチューブ
ダウンチューブにはTNBのロゴ、シートチューブにはPLUG14のロゴがそれぞれペイントされています。

4歳自転車デビュー ブレーキ
ブレーキはキャリパータイプ。

4歳自転車デビュー ステムヘッド
大きな特徴としてはステムヘッドを通るワイヤー。
カスタマイズでジャイロ仕様にすると、ハンドルをクルクル回してもワイヤーが絡まないアクロバットな乗り方ができるようになるというもの。

4歳自転車
一般的な子供用自転車に比べて少しだけお高いだけあって、佇まいはなかなか良い感じです。

付属品

メーカーの付属品なのか、ショップがサービスで付属してくれたのかは不明ですが反射板などが付属品として同梱されていました。
4歳自転車 夕方

夕方〜夜間に乗ることはまず無いでしょうし、一人でどこかへ乗って行くことも無いと思うので、専用のライトはとりあえず無しで、お父さんの使っているライトを共有しようと思います。

あと気が付いたのが警報機(ベル)が付属していなかったので、僕のクロスバイクのescape airにも取り付けているコンパクトなベルのCATEYE OH-2400を購入しました。

4歳自転車 パイプ

子供用の自転車なのでパイプが細く、一般的なロードバイク用のベルだと取り付かない可能性がありますが、CAT EYE OH-2400はベルト式なので細いパイプでもアジャストすることができます。

4歳自転車 ハンドグリップ
ハンドルグリップ横に取り付けました。
猫の絵柄も気に入ったようです。

TNB PLUG14の感想

子供が初めて乗る自転車、ということで大切にしたいという思いもあり、少し高めの自転車を購入してみました。

ちょっと高いかなぁという思いもありましたが、いざ実物を目にすると、細かい部分までちゃんと行き届いた感じがして、値段相応のしっかりとした自転車だなという印象です。

まだ外では乗れていませんが、子供自体も大興奮で大喜びな姿を見ると、買って良かったなぁと思うのでした。

僕自身子供の頃にBMXに憧れた世代でもありますし、憧れただけで買って貰えなかった人でもあるので、ついつい自分の願望も入った選択になってしまいましたが、どうせ乗るのであれば、しっかりとしたものを選択しておいた方が後悔は少ないと思います。

ちなみにロードバイク仕様の子供用自転車も考えたのですが、何故だかロード仕様の子供用自転車って無いのですよね。

クロスバイクやロードバイクの話題とは少しズレましたが、自転車好きなお父さんが子供のために自転車を選ぶとこんな風になりました的なおはなしでした。自転車の値段を知った奥さんの感想はここに書くまでもありませんね(苦笑)。

あ、ヘルメットも忘れずに!

Comment

  1. きゅう より:

    こんにちは!自分も子供用の自転車を探しており、PLUG 14にたどり着き、購入を家族に内緒で検討中です。
    その後お子さんの上達はいかがですか?
    すごく気になります!

    • escape air より:

      きゅうさま コメントありがとうございます。
      PLUG 14 カッコ良いですよ。恐らく他の子供用自転車とは全く印象が違うと思います。
      で、肝心の息子の上達具合ですが、ウチの子供は少々運動神経が鈍いので、正直なところまだまだです・・・。同じ月齢のお友達で運動神経が抜群の子が居て、その子は1時間ほどの練習ですぐに乗れたそうですし、その弟は3歳になったばかりですぐに補助無しで乗れたようなので、かなり個人差が出そうで、補助輪は買ってあげた方が良かったなと思います。
      ただまぁ、自転車自体は息子も気に入ってますし、良い買い物をしたと思っています(笑)

      • きゅう より:

        ありがとうございます〜
        うちの子供も運動神経はいいとは言えないので、参考になります!
        本人が気に入ってるなら一番ですね笑
        また記事にしてくださるのを楽しみにしています。

        • escape air より:

          きゅうさま
          補助輪付けようかどうか悩みどころですが、頑張って補助輪無しで練習中です。
          カッコいい自転車に乗せたいという親のエゴもありますが、まぁ本人が気に入って、想い出に残る自転車になればと思います。
          子供の自転車の練習方法等に付いてもいつかまとめてみたいと思います。
          コメント有り難うございました。

  2. うーみん より:

    カッコいいですね。
    うちは6歳の息子ですが、いろいろ悩んだ結果、trekスーパーフライ20を購入しました。
    いままでは、トイザらスの19,800の自転車でしたが、重さが全然違います。
    とはいえ半分親の自己満足では、と思うことも・・・

    • escape air より:

      うーみん様。
      PLUG14はカッコ良いんですが、意外と重いのです。
      カタログ値では僕のESCAPEより軽いはずですが、小さいわりにズッシリ感があります。まぁ一般的なものよりは軽いですけども。
      我が家か完全に親の自己満足です。残念ながら子供は自転車に全く興味が無く、購入して一年以上経つ今でも乗れません(苦笑)
      20インチのタイヤになれば乗る時間も長くなるので素晴らしいチョイスではないでしょうか!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑