ニュース・話題 自転車の話題

自転車が盗まれたニュースに「持ち主が悪い」の声多数

更新日:

自宅の玄関前に駐輪していた自転車の前輪と後輪を盗まれたというニュースが流れ、話題となりました。

自転車はセミオーダーで25万円、盗まれた車輪は前後で11万円だったのこと。

ニュースでは、防犯カメラに捉えられた犯行の一部始終の映像が紹介されていました。

自転車盗難のニュースへの反応

自転車泥棒なんてとんでもないと思うわけですが、ヤフーニュースのコメント欄、ユーチューブのコメント欄、ツイッターなどの反応を見ていると、意外にも、泥棒を非難する声よりも、被害者である持ち主を非難するような意見が多くて驚きました。

メディアによってコメントをする人の性質も少しずつことなるので、その意見は様々ですが下記に、多かった意見の要約をまとめてみました。

ヤフーニュース

● どっちもどっち。
● 盗まれたくないなら対策すべき。
● 高価な自転車は室内保管が常識。
● 普通は車輪にもワイヤーロックをかけるだろ。
● 玄関の外に高い自転車を置いてる時点でアウト。
● 室内保管できないなら安物自転車で我慢すべき。
● 高級自転車を外に置くのは盗んでくださいと言ってるのと同じ。

Youtube

● 単に無防備。
● 自分の身は自分で守る。
● 持ち主の危機管理が問題。
● よく外で保管していたものだ。
● 高級自転車は室内に保管するものだろ。
● 高級自転車を外で保管とか無防備過ぎる。
● ホイールに鍵をかけていないのは無防蟻すぎる。
● 外に保管しなきゃいけないような人間が持って良いものではなかった。

twitter

● 置き場所が馬鹿
● 普通は玄関に入れるよね。
● 高級自転車を室内保管してる時点で防犯意識ゼロ

自転車の盗難は自衛しないと責められる時代

消防法違反

動画の様子を見ていると、マンションの共用部分に駐輪していたようで、まずは消防法違反という指摘がされていました。

知らない人も多いと思いますが、マンションの共用部分(ベランダや廊下)などは火災や災害時の避難通路になるため、そこに物を置くと通行の妨げになったりするため、物を置くことが禁止されています。

消防庁告示第3号【特定共同受託等の構造類型を定める件】
(第三のみ抜粋)
第三 二方向避難型特定共同住宅等
一省令第二条第八号に規定する二方向避難型特定共同住宅等は、特定共同住宅等の住戸等(住戸、共用室及び管理人室に限る。以下第三及び第四において同じ。)において火災が発生した場合に、当該住戸等が存する階の住戸等に存する者が、当該階の住戸等から、少なくとも一以上の避難経路を利用して階段室等(当該住戸等が避難階に存する場合にあっては地上。以下第三において同じ。)まで安全に避難できるようにするため、次号に定めるところにより、二以上の異なった避難経路(避難上有効なバルコニーを含む。以下同じ。)を確保していると認められるものとする。
二二方向避難型特定共同住宅等は、次に定めるところによるものであること。
(一)廊下型特定共同住宅等の階段室等は、廊下の端部又は廊下の端部に接する住戸等の主たる出入口に面していること。
(二)住戸等の外気に面する部分に、バルコニーその他これに類するもの(以下「バルコニー等」という。)が、避難上有効に設けられていること。
(三)バルコニー等に面する住戸等の外壁に、消防法施行規則(昭和三十六年自治省令第六号)第四条の二の二に規定する避難上有効な開口部が設けられていること。
(四)隣接するバルコニー等が隔板等によって隔てられている場合にあっては、当該隔板等が容易に開放し、除去し、又は破壊することができ、かつ、当該隔板等に次に掲げる事項が表示されていること。
イ当該バルコニー等が避難経路として使用される旨
ロ当該隔板等を開放し、除去し、又は破壊する方法
ハ当該隔板等の近傍に避難上支障となる物品を置くことを禁ずる旨
(五)住戸等において火災が発生した場合に、当該住戸等が存する階の住戸等に存する者が、当該階の住戸等から、少なくとも一以上の避難経路を利用して階段室等まで安全に避難することができること。ただし、バルコニー等に設けられた避難器具(避難器具用ハッチに格納された金属製避難はしご、救助袋等の避難器具に限る。)により当該階の住戸等から避難階まで避難することができる場合は、この限りでない。
https://www.fdma.go.jp/laws/kokuji/post39/

なのでまず、この点については責められて然るべきというところですが、本題とはズレてしまうので、これ以上の言及はしません。

施錠の方法が甘い

施錠に関してはU字ロックなどを使用してフレームと鉄柵とをアースロックしている感じなのでフレームは簡単に盗めなかったようですが、ホイールには施錠がされていなかったようです。

フロントのホイールに関してはナットを外しているような動作なので、スポーツサイクルにありがちなクイックリリースなどではないようなので、持ち主にも油断があったのかもしれません。

いずれにしても、フレーム、ホイールを一緒に鉄柵に施錠していたのであれば、防げたかもしれませんね。

実際問題でスポーツバイクのホイールに施錠がなければ、無施錠と同じようなものですから、責められてもしょうがないところかもしれません。

U字ロックは強固なクリプトナイトを使用してるっぽいんですけど、それでもスキがあると、盗まれてしまうのですね。

日本の治安も悪くなってきた証

自転車の盗難に対して、犯罪を犯した犯人が責められるよりも、被害者である持主の方が責められるような状況から、日本の治安の悪化が感じられる気がします。

例えば、海外で夜中に人気の無い場所を出歩いたり、治安の悪い地区に入ったりして犯罪に巻き込まれると「被害者が悪い」と言われるのと同じで、被害者が責められるというのは、当たり前とされている治安のレベルが下がってきていることの現れなのかなと思います。

そうは思いたくはないのですが、以前に比べて外国人も多いですし、そういう時代になってきたのでしょうね。

自転車盗難対策に関する記事一覧

自転車の鍵・施錠方法に関する記事一覧

自転車の保管方法に関する記事一覧

自転車盗難に関する記事 その他



-ニュース・話題, 自転車の話題

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.