*

クロスバイクのVブレーキの調整方法

Publication date: ブレーキ, 自転車メンテ・改造

クロスバイクのVブレーキの調整方法

クロスバイクの標準的ブレーキと言えばVブレーキ。
Vブレーキの調整方法について解説しています。

sponsored link

クロスバイクのブレーキはVブレーキ

シマノ BR-T4000 ブラック リア用 BR-T4000SET

自転車用のブレーキには幾つか種類かがあり、ロードバイク等で標準的なキャリパーブレーキ、カンチブレーキ、シクロクロスなどで多いディスクブレーキがあり、クロスバイクに装備されているブレーキのタイプは例外を除いてVブレーキと呼ばれるブレーキになります。

クロスバイクをロードバイク寄りに改造・カスタムするのであれば、コンポーネントに留まらず、ブレーキもロードバイクなどで一般的に使用されているキャリパーブレーキを取り付けたいところですが、クロスバイクのフレームには構造上の問題でキャリパーブレーキは取りけられません。取り付けられるのはカンチブレーキかVブレーキかのいずれかになります。

ブレーキ調整は出来るようになっておくべし

さて、ブレーキは安全に走行する上で必要不可欠なモノなので、万が一の時にもしっかりとブレーキングできるように走行前点検などを欠かさずに行なうべきものの1つです。また仮にブレーキに不具合があった場合にもすぐに直せるようにブレーキの調整方法は知っておいた方が良いでしょう。

自転車のメンテナンスにおいて、ワイヤー系のメンテナンスはブレーキにせよシフターにせよ調整が必要な部分についてはイメージ的に「なんだか面倒そう」「調整が狂ったら戻せなさそう」と弄るのを敬遠したくなる部分ですが、意外と単純な構造なので、一度覚えてしまえば誰でも簡単に整備出来てしまいます。

ちなみに僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airに装備されているVブレーキはオリジナルのモノから換装してBR-R573-Lを装備しています。いわゆるコンパクトVブレーキやミニVブレーキと呼ばれるもので、マウンテンバイクなどで使われているVブレーキよりもアームの短いVブレーキになります。ちなみにBR-R573-Lのグレードは105でロード用のカテゴリになります。


GIANT ESCAPEの改造、カスタマイズ系のブログを見ていると、マウンテンバイクのカテゴリであるXTのVブレーキに換装している人も多いようです。

Vブレーキの調整方法

ブレーキワイヤーを調整する

Vブレーキの調整方法

ワイヤーが外れて解放されている状態です。
ワイヤーを新しく張り替えた際や、ブレーキを再調整する場合の最初の状態で、ここからブレーキの調整がスタートします。

Vブレーキの調整方法 仮止め

最初にVブレーキを手で押さえて、ブレーキシューがリムに付いた状態で矢印部分にブレーキワイヤーを挟んで仮留めします。
この時点でブレーキアームから手を離してもブレーキシューはリムに密着した状態です。

Vブレーキの調整方法

ブレーキをギュッギュッと強く締めます。
ワイヤーを張った直後は緩みの部分があるので、こうすることでワイヤーが伸びてリムからブレーキシューが離れてちょうど良い具合になったりします。

ワイヤーを張った直後であれば、この作業を数回繰り返す必要があります。

既にワイヤーが伸びている場合は、ギュッギュッとやってもブレーキシューがリムから離れない場合もあるので、ワイヤーを仮留めする段階で、ブレーキシューが少しだけリムから離れた状態で仮留めするのが良いと思います。

ブレーキシューとリムとの隙間

ブレーキシューとリムとの隙間(クリアランス)は左右合わせて2mm程度が適正らしいので、付くか離れるかギリギリのあたりで仮留めしておくのが良いかもしれません。

ブレーキワイヤーの微調整はアジャスターを使う

Vブレーキの調整方法 アジャスター

微調整をするのはワイヤーを引っ張るだけでは難しいのでアジャスターを使って調整します。フラットバーの場合はブレーキの手元にアジャスターが付いているので、それをクルクルと回転させることで微調整ができます。

ブレーキシューの角度を調整する

ブレーキシューの角度を調整する

タイヤとブレーキシューを上から見た時に、タイヤに対してブレーキシューが併行になるようにセットすると、ブレーキを掛けた際に「キー!」と鳴ってしまうこともあるので、それを避けるために上から見た際にハの字気味になるようにセットするのがポイントです。

手で微調整をすることも出来ますが、ブレーキシューチューナーと呼ばれる専用のガイドを使用すると簡単に調整できます。

片効きを調整する

ブレーキをかけてみて、左右どちらかだけのブレーキシューがリムに当たる場合は片効きになっているので、調整を行ないます。

Vブレーキの調整方法 ネジ
Vブレーキの側面にあるネジを回して調整します。

Vブレーキの片効きを調整する<
ネジを緩めるとVブレーキが内側へ動き、ネジを締めるとVブレーキが外側へ開こうとします。左右のVブレーキのネジを90度程度回転させてバランスが良くなるように調整します。目安としてのブレーキシューとリムとの隙間(クリアランス)は左右均等でそれぞれ1mm程度です。

行ったり来たりでイライラしてしまう作業ですが、コツがつかめれば、それほど難しいものであはりません。コツは慌てず少しずつ調整すると言う点です。ネジは一気に回し過ぎないように注意しましょう。
Vブレーキの片効き調整(サイクルベースあさひ)

作業が完了したら、仮留めしてあるワイヤーをしっかりと本締めすることも忘れずに。

ブレーキの戻りが悪い場合

ブレーキの調整が出来たものの、いざブレーキを掛けてみると、ブレーキシューがリムにくっついたまま戻らないような状態になることがあります。

戻らなくなってしまう原因はいくつかあると思いますが、まずはブレーキワイヤーの取り回しに無理があり、抵抗が大きくなっている可能性があるので、アウターワイヤーやブレーキの可動部分など、抵抗が大きな部分をグリスアップしたり注油したりするなどで滑りを良くすると改善される場合があります。

またブレーキのスプリングが弱っている可能性もあるので、フレームのブレーキ取り付け位置には3つの小さな穴が空いていて、ブレーキの効きを調整することができます。ブスプリング自体のテンションを戻そうとするのも一つの方法かもしれませんが、破談してしまう可能性があるので要注意。

Vブレーキの調整についてまとめ

Vブレーキの調整についてまとめ
ブレーキ部分は安全に走行する為に最も重要なパーツの一つなので、走行前点検でブレーキの効き自体は必ず確認しておきたい部分。また、少しでも様子がおかしい、異音がするなどの問題が生じた場合は、すぐに確認すべき部分です。

そんな時に、自分自身で調整をできるようになっておけば、万が一の時にも慌てずに済むわけです。また、ブレーキシューの交換も割と頻繁に行なうメンテナンスなので、いちいちサイクルショプにお願いするのも余計なメンテナンス費が掛かって勿体ないと思うのでブレーキの調整くらいは自身でやるべきメンテナンスの1つだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑