*

自転車のトレインとドラフティングと無言で後ろに貼り付く人への注意

公開日: 交通安全・危険防止, 自転車全般 ,

160608_1

本日もせっせせっせとペダルを踏んでサイクリングに汗を流していました。
すると何やら背後に気配を感じます。

振り向くと僕のすぐ後ろにピッタリと張り付いて走るロードバイクの姿が。

しばらく走っても、僕を追い抜くでもなく、そのまま後ろに張り付いたままです。いわゆるスリップストリーム、いや、ドラフティングを実践しているサイクリストの出現です。

甲州街道のような、市街地を走っていても意外とよく遭遇する、勝手にトレインを組んでドラフティングをはじめてしまう自転車です。

鼻歌でも歌いながら気楽にサイクリングしていたい僕としては、自分の前後に誰かが居ると、いつも以上に神経を使って走らなくてはいけなくなりるため、サイクリングに集中出来なくなってしまうので、こういった感じで後ろにピッタリと張り付かれるような状態はあまり好きではありません。

なので、そんな時にはなるべく早く追い抜いてもらうようにスピードを落としてのんびり走るようにしています。

下手にスピードを上げると、一緒にスピードを上げてきて、いつまで貼り付いたままになってしまうので、さっさと追い抜いてもらうのが一番手っ取り早いんです。

ところでこのスリップストリーム、いや、ドラフティングは乗り物の世界ではよく出て来る言葉の一つですので、改めて調べてみることにしました。

スリップストリームって何?

スリップストリームって何?

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツサイクルに興味がある人がスリップストリームについて知らないワケは無いので、サラリと説明すると、高速走行する車などの後ろは空気抵抗が小さくなるので、何も無い状態と比べると楽に走れるようになります。

また、空気が押しのけられて気圧が低くなるため、気圧が低い方向へ引っ張られる力が働くので、そういった現象を利用して走るテクニックのことで、詳しくはwikipediaでも参照してもらえれば良いかと思います。

普通に走るよりも少ないエネルギーで同じ速度が出せるため、カーレースはもちろん、オートバイや自転車などの乗り物競技では、スリップストリームを利用するのが当たり前、むしろスリップストリームを利用しないと勝てないと言われるほど重要なものだったりするようです。

自転車の場合のスリップストリーム(ドラフティング)

自転車の場合はドラフティングと呼ぶ

自転車の場合はスリップストリームとは言わずに、ドラフティングと言うようなので以下、ドラフティングと改めます。

draft、つまりは「牽引する」という意味で、自転車が直列に並んで走る様子が前の自転車が後ろの自転車を引いているように見えるからとか。

また、直列に隊列を組んで走る様子は列車のようになることから、トレインなどと呼ばれていてます。

ロードバイクのレースや競輪などを見ていても、トレインを組んだり、前を走る選手のすぐ後ろに付いてドラフティングをしている姿が頻繁に見られます。

ちなみにトライアスロンは、ドラフティングはルールで禁止されているようす。トライアスロンの精神は「自分との闘い」ということで、誰かの力を頼って楽をしながら走る行為=ドラフティングはトライアスロンの精神に反するというのが理由として大きいようです。また、公正で安全な競技運営もできなくなるというのも理由としてあるようです。

自転車の場合はドラフティングの車両間隔

ドラフティングに重要なのは、前を走る自転車との間隔。
距離が近ければ近いほど、効果は大きくなるようです。

自転車の場合はドラフティングの車両間隔
ドラフティングをする歳のトレインの間隔ですが、前を走る自転車の後輪の後ろ端と、後ろを走る自転車の前輪の前端の距離が30cm~1mくらいで走ったりするのが一般的なようです。

ドラフトゾーン

ドラフト
ドラフティングの効果が得られる範囲をドラフトゾーンと呼び、トライアスロンではドラフトゾーンの範囲を、後輪の後ろ端から左右に1メートルずつ、後ろに5メートルの範囲と定めて、この範囲の中に留まることを禁止しています。

【参考】トライアスロンの競技規則について

ドラフティングの豆知識
・空気抵抗を抑えてエネルギーの温存ができる
・前の車両に近づくほど効果があがる
・トレインは先頭の人の負荷が大きいけど多少の恩恵もある
・トレイン時の安全確認は先頭の人の責任が大きい
・トレインは練習が必要

公道でのトレインやドラフティング

トレインやドラフティングは信頼関係が前提になっている

ドラフティングは基本的にはレースなどでチームや選手間など、お互いに信頼関係がある場合に行なわれ、日頃から練習しているからこそ安全に行なわれるもののようです。

急ブレーキはかけない、危険があれば知らせるなど、相手との信頼関係とルールが無ければ、追突や、障害物などで転落の危険もあるわけで、後ろの人は前の人に命を預けているようなものなのでしょう。

なのでレースや、時折公道でも見られるトレインなどでは、信頼関係があり、安全への意識が高い中で行なわれているというのが前提で、闇雲に誰彼構わずくっついてドラフティングしているわけでは無いものと思われます。

公道には自動車やバイク、他の自転車や歩行者も居ますし、ゴミが落ちているなど不意に出くわす危険も多いですから、より一層そのあたりには神経を配っているはずです。

個人的にはドラフティングは恐くて無理

クロスバイクを購入した当初は、とにもかくにも「速ければ偉い!」というような考えに取り憑かれていたりしたので、当然のようにドラフティングにも興味がありました。

自転車仲間の「トラックの後ろに付くと楽に超速いスピードで走れるぜ」なんて言葉を真に受けて、チャレンジしようとしたこともありました。

またある時は、乗用車にピッタリと付いて走るロードバイクを見て「よくあれで追突しないな」と不思議に思いながらも「じゃあ俺も」とチャレンジしようとしたこともありました。

またまたある時は、目の前を走るロードバイクの後ろにピッタリと貼り付いて走ってやろうと考えたこともありました。

が、いずれにしても僕には出来ませんでした。
いや、だって、車間距離をちゃんと取らないと危ないですもん。

まして、そのようなことをする際には、かなりスピードを出さなくてはいけないわけで、スピードを出そうと必死になればなるほど周りが見えなくなってしまうのに、そんな中で、車や自転車の後ろにピッタリと貼り付くなんてことは、僕には到底無理と思ったわけです。

前後にピッタリ貼り付く状態で自転車が居て、それなりスピードが出ている状況を考えると、常に神経を張っていなければならず、しっかりとした連携も必要になってくるものと思われます。

そんな状態で自転車を楽しむなんてことは僕にはできそうにありません。「自由になりたーい!」と早々に離脱してしまうことでしょう。

なので僕はトレインも組まないですし、ドラフィティングを実践しようとも思いません。

やってしまいがちなマナーの悪い危険な行為

無言でトレインしてドラフティング
公道でのトレインについては、賛否両論いろいろあるようですが、恐らく賛成派であろうサイクリストと呼ばれる方々からも不評な行為があります。

それは、誰かの後ろに黙って付こうとする行為
後ろに付かれた人は「人様を風よけにして楽してんじゃねぇ!」というようなことで不評なのではなく、単純に危ないから。

後ろの存在に気が付かないままで走り続けていると、何かのタイミングで急ブレーキを掛ければ追突される可能性もありますし、障害物があったりするとさらに危ないです。

特に公道を走っているのは自転車だけではないので、何があるか判りません。危険を避けようとしてブレーキを掛けたら後ろから追突なんて全くシャレになりません。

なので誰かの後ろに付こうとする際には、せめて「トレイン組んで良いですか」などと一声かけて確認するのがお互いの安全のためにも必要なことなのでしょう。

それをしないで、黙って後ろに貼り付くという行為は、お互いの安全を全く考えていない行為だからこそ嫌われているというわけです。

自転車のトレインやドラフティングについてのまとめ

そんなわけで、公道でトレインを組んだりドラフティングをする際には、いつも以上に安全運転を心掛けて自転車に乗る必要があり、自身や他人の安全を考えれば、無闇に人の後ろに貼り付くなんてい行為も控えるべきだということが判りました。

トレインやドラフティングは実践しなくても知識としてあると自転車をより一層楽しめるようになる

トレインやドレフティングを実践しなくても、そういうものがある、ということを知っておくと、自転車をより一層楽しめるようになるものと思います。

例えば、レース観戦などをしていても、トレインやドラフティングについて知っていれば、順位だけでなく、全体的なレースの流れの中での駆け引きや、トレインから抜け出すタイミングなども面白く観られるようになったりもしますよね。

おまけ 似たような言葉だけど意味が全然違う言葉

サイクルトレイン

サイクルトレインの字だけ見ると、まさにトレインを組んだ自転車のような感じがしますが、自転車を積み込みできる電車やサービスのことを指します。

ロードトレイン

ロードトレインの字だけ見ると、まさにロードバイクのトレインのような感じがありますが、オーストラリアなどで輸送のために走っているコンテナを何台も繋げた大型トラックのことを指すようです。つまり道路の列車という意味です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑