クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車用品 買い物・店舗

ヨドバシカメラのスポーツ自転車専門ストアでパーツを買う

更新日:

ヨドバシカメラのスポーツ自転車専門ストア

僕はクロスバイクやロードバイクのパーツを購入する時は実店舗ではなくインターネットで購入することが多いです。

最もよく利用するのはAmazonではありますが、Amazonだけでは見つからないこともあるので、他によく利用するのショップとして、サイクルベースあさひ、それからヨドバシカメラあたりになります。

Amazon ← わかる
サイクルベースあさひ ← わかる
ヨドバシカメラ ← え?

という方もいるかもしれません。メラ屋さんで自転車のパーツを購入するってちょっと不思議ですよね。

ヨドバシカメラはもともとはカメラ機材などを扱うお店でしたが、時代とともに家電やパソコンなども扱うようになった大手電器量販店で、首都圏を中心に展開している大手家電量販店です。東京では知名度と評価が高いお店ですが、地方には店舗が少ないので意外と知らない人も多いかもしれません。ちなみに大手電器量販店としては業界4位(2016年現在)となります。

近年はネット販売でも力を入れていて、無料配送、当日配送など、Amazonに対抗しうる唯一のオンラインショップとしても評価が高いのです。カメラや家電製品はもちろんですが、生鮮品を除いた日曜雑貨等も豊富に取り扱っています。そしてもちろん自転車用品も取り扱っているのです。

「え?どうせ大した事ないんでしょ?」と思うかもしれませんが、意外と品揃えも良く、Amazonやあさひで見つからなかったメーカーのパーツなども見つかったりして重宝することが多いので、この機にヨドバシカメラの自転車専門ストアを紹介しておこうと思います。ネットショップなら地方の人でも利用できるので是非利用してみてください。

ヨドバシカメラのスポーツ自転車専門ストア

ヨドバシカメラのスポーツ自転車専門ストアPhoto via:http://www.yodobashi.com/ec/feature/130012/index.html?gclid=CN_WjKTqkc0CFQqkvQodvrAOtg

2015年の後半あたりシティサイクルやママチャリを取り扱うイメージの強いサイクルベースあさひもスポーツバイクに特化した店舗を展開しはじめて話題になりましたが、ヨドバシカメラにも「スポーツ自転車専門ストア」として自転車用品の特集ページが組まれています。

そんなわけでヨドバシカメラのスポーツ自転車専門ストアの特徴について調べてみました。

日本全国配達料金無料

通常のヨドバシカメラのオンラインショップと同じく無料で配達してくれます。

Amazon等に対抗するためだと思われますが、購入するパーツの値段に関わらず送料無料は細々とした買い物の多い自転車用品を購入する人にとっては非常に有り難いサービスです。

しかも首都圏など店舗のある地域であれば、当日配送などもしてくれる場合もあって「すぐ欲しい!今すぐ欲しい!とにかく欲しい!」という時には、かなり重宝しています。

ただ、Amazonもプライム会員以外は2,000円以下の購入の場合の無料配送をやめたり、無料配送の場合でもAmazonに出展してい!マーケットプレイスの店舗の場合、やたらと高い送料が金額に乗っていたりで実質送料無料ではなかったりするので、ヨドバシカメラもそのうち改訂されるかも、などと懸念されていたりします。

自転車保険付帯と防犯登録ができる

ヨドバシカメラで購入した自転車には、ヨドバシ・ドット・コム会員向けの無料の「ヨドバシファミリー安心補償」と有料の「TSマーク付帯保険」を付帯させることができます。

ただ、実際問題で無料の保険は気休め程度なので一般的なTSマーク付帯保険に入っておいた方が安心です。

ちなみに、組立て調整は自転車安全整備士・自転車技師の資格保有者が整備をしてくれるようですが、有名自転車メーカーのほとんどが対面販売を基本としていることもあり、完成車をインターネットで購入しようとすると、必然的に選択肢が少なくなるので、もっぱらパーツや道具の購入に利用した方が良いと思います。

スモールパーツもあるよ

ヨドバシカメラのショップではクランクやディレーラーなどの部品と部品が集まって構成されたパーツの中で使用されているボルトなどの小さな部品(スモールパーツ)も見つかります。

このあたりのスモールパーツはAmazonなどでは取り扱いの少ないのですよね。Amazonの場合だと、在庫を保管するために倉庫保管料金が必要だったり、送料の関係もあり、価格の安い小さな自転車用パーツはほとんど取り扱われないか、商品の値段よりも高い送料を払う必要があるのです。

整備中にボルトを失くしてしまったり、パーツを傷めてしまったなどの場合など、スモールパーツを取り寄せできるのは非常に助かります。

ポイント還元

価格はAmazon等と比べると高い場合がほとんどですが、ヨドバシカメラで買い物をすると10%のポイントが還元されるので、ポイントで相殺するとほぼ同じ価格になるようです。

表示価格が高くてもポイントと送料までを考えると金額が逆転する場合もあるので、その辺りを細かくチェックして利用するのも良いかと思います。

配達が速い・店舗受け取り可

ヨドバシカメラの店舗のある都内であれば、当日配送が可能してくれることもあります。

せっかく配達してもらっても仕事等で受け取れない場合もあると思いますが、商品が店舗にある場合は店舗での受け取りを指定することもできます

基本的には夜10時まで受け取り可能となっていて、秋葉原店、梅田店、博多店に至っては、ほぼ24時間受け取り可能ということで「どうしても今日中に受け取りたい!」「飲み会の後に受け取りに行きたい!」などの場合などに良いと思います。

つまりは、お仕事で日中留守にしていて、平日に注文しても宅配便でもなかなか受け取る事ができなくて週末まで待つしかないような人にとっては、非常に有り難いサービスです。

ヨドバシカメラ吉祥寺店の自転車コーナーに行ってみた

ヨドバシカメラ吉祥寺店

ちょっと野暮用、というかカメラを買いに行く用事があったので、素材撮影も兼ねてヨドバシカメラ吉祥寺店へ行ってみました。

以前までは無かった自転車コーナーがB1に設けられており、フロアの1/3ほどを使用してママチャリ、シティーサイクル、子供用自転車などを中心にして、普通の自転車屋さんでは到底真似の出来ない規模で豊富に自転車を揃えていました。

そして少し奥に入った特設フロアのようなところにはロードバイクやクロスバイクが陳列されており、FELTなどの有名メーカーの完成車なども展示してありました。そしておそらく自転車整備士と思われる方も常駐しているような感じで、とても家電量販店とは思えないくらいの自転車屋さんっぷりでした。

パーツ類や自転車用品なども豊富な取り扱いがあり、必要な自転車用品は全て揃ってしまいそうなくらいに陳列してありました。

店舗内での写真はさすがに撮れないので残念ながら掲載できていませんが、興味の有る方は是非足を運んでみても良いかと思います!僕も今後は利用回数が増えそうなそんな雰囲気のある自転車コーナーでした。

それぞれのショップの使い分け

ヨドバシカメラで自転車を買う

冒頭にも書きましたが、僕の場合はクロスバイクやロードバイク用品を買うのはほとんどAmazonです。ですが、価格が安い自転車用品などは後から送料がやたらと高く上乗せされたりもするので、実際に店舗で購入したほうが安くなるという場合もかなりあります。

しかもここ数年のAmazonはマーケットプレイスなどに出店している中国企業の粗悪品で溢れていて、まともな商品を見つけるのに苦労してしまうという使いづらくなっていて、多くのユーザーから不満の声が噴出しています。

その点、ヨドバシカメラはバイヤーが居て、バイヤーが選択した製品が販売されていますから、買った時点ですでに壊れているような粗悪品やいい加減なメーカーの製品は基本的に取り扱われていないという安心感があります。

Amazonやヨドバシカメラの他にも、サイクルベースあさひを利用したり、ヤフーショッピングなども利用する事があります。

もちろん実店舗もよく利用します。

たとえばデュラグリスなど元々そんなに高くない自転車用品でどこのショップに行っても手に入るような自転車用品は実店舗の方が送料が無い分安く手に入ることも多いです。

あとヘルメットなど実際に着用しないと失敗する可能性が大きい自転車用品も実店舗で買った方が良いですね。

それぞれに一長一短だとは思うので、一概にどこで自転車用品を購入するのが良いかは、購入するパーツやキャンペーンなどによっても変わってきます、同じ自転車用品を買うにしても、大きく価格が違うことも珍しくなく、それぞれで比較して購入するのが良いのだと思います。

-自転車用品, 買い物・店舗

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.