*

自転車で出かける際の距離と所要時間の目安

自転車で出かける際の距離と所要時間の目安

クロスバイクやロードバイクに乗る前は、自転車に乗って移動する距離と言えばせいぜい片道10km以内くらいの感覚でした。

ところが、クロスバイクやロードバイクが、いわゆる普通の自転車とは全く違う乗り物であることに気が付くと、片道30km〜50kmくらい(人によっては100km以上も!)の場所であれば、自転車で言ってみようかなぁと思うようになります。

そんなわけで、どこかへ出かける用事があったりすると、Googleマップなんかを見て、自転車で行ける場所かどうかを調べたりするのが当たり前になったりするのです。

今まで電車でしか行ったことの無かった場所も、調べてみると電車よりも遥かに早く辿り着ける場所だったりして、そんな発見をしてしまうと、ますます自転車が楽しくなり、いろいろな場所へと行ってみたくもなります。

さて、いろんな場所へ行けるかな?と思った時に、気になるのが所要時間です。地図を見る限り行けそうなのは判るけど、一体どれくらいの時間が掛かるかが判らない・・・。

ってことで、僕自身の経験や、身の回りの自転車愛好家達の話などを参考に、自転車で出かける際の距離と所要時間の目安についてまとめてみます。

自転車で出かける際の距離と所要時間

自転車で出かける際の距離と所要時間

平均速度は20km/h〜25km/hくらい

MAX50km/hを越えるようなスピードで飛ぶように走る人は別として、一般的なところで無理の無い走りをした場合、自転車での平均速度は20km/h〜25km/hくらいに落ち着くんじゃないかと思います。

実際に走っている感覚からすると30km/h前後で軽快に走ることも多いので、もっと平均速度は速くてもおかしくないのにと思ったりもするのですが、信号等で停まったりしていると、一気に平均速度は落ちてしまい20km/h〜25km/hくらいになってしまいます。

平均速度からは所要時間は計算できない

さて、僕の自宅から職場までの距離がザックリで26kmくらいです。
毎度毎度で平均時速が22km/hくらいなので、所要時間を計算すると1時間10分くらいかな?などと考えます。

僕の場合、電車を使って通勤すると約1時間なので、自転車でもう一踏ん張り速く走ることができたら1時間を切って、電車通勤をするよりも速くなる!とついつい期待してしまいます。

電車通勤をやめて自転車通勤に切り替えられるかどうかは、電車通勤よりも早く辿り付けることが条件だったりするので、僕にとって1時間を切るか切らないかというのは非常に大きなポイントなのです。

ところがどっこい、現実はそんなに甘くはありません。

26kmの距離を走るのに実際に掛かる時間は約1時間50分で、1時間を切るどころか、あわや2時間台に突入してしまいそうな感じです。

平均速度から計算した時間よりも時間が掛かる理由

平均速度が20km/h〜25km/hくらいなのに26kmの距離を走るのに2時間近く掛かってしまう理由は、信号があるから

要するにノンストップで26km走れば1時間ちょっとで到着できますが、途中で信号待ちなどで時間をロスしてしまうため2時間近く掛かるというわけです。

例えば僕の場合、自宅から職場までの間に交差点は50箇所ほど、信号機はもっと沢山あります。仮に半分の信号に引っ掛かりそれぞれ1分待つ必要があれば、それだけで30分程度はロスしてしまうことになります。

自転車で出かける際の距離と所要時間の目安

自転車で出かける際の距離と所要時間の目安

自転車で出かける際の距離と所要時間の目安は交通環境や個々人の速さでも変わると思いますが、概ね以下のような感じになります。

市街地を走る場合

● 1km = 4分
● 10km = 40分
● 15km = 1時間
● 30km = 2時間

上にも書いていますが、市街地はとにかく信号が多く、ひたすら足止めを喰らうことになってしまうのでどうしても、自分自身のイメージよりも時間が掛かってしまいます。

1つの目安として1kmで4分と思っておくと大きなズレは無いと思います。

また速く走れない理由のほとんどは信号が理由なので、もの凄く速い人でも、貪脚の人でも市街地の場合は所要時間にほとんど差が出なくなります。実際に走る速さよりも、信号に引っ掛かるか引っ掛からないかの方が時間に大きく影響するというわけです。

郊外を走る場合

● 1km = 3分
● 10km = 30分
● 30km = 1時間30分
● 50km = 3時間〜4時間
● 100km = 7時間〜8時間

想定しているのは、ちょっと長閑な田舎の道路。
信号の感覚も市街地ほど短くなく、上手く行けば数キロくらいはノンストップで走れるくらいのイメージだと所要時間は上記のような感じになるのではと思います。

サイクリングロードなどを走る場合

● 1km = 2分〜3分
● 10km = 20分〜30分
● 30km = 1時間〜1時間30分
● 50km = 2時間30分〜4時間
● 100km = 6時間〜7時間

想定しているのは、サイクリングロードのような平坦に続いて信号や停止指示がほとんど無い場所です。

速い人だと100kmを4時間を切るようなスピードで走ってしまうようですが、普通の人が無理の無い速さで走ったとするなら100kmで6時間くらいが1つの目安になるんじゃないかと思います。

自転車で出かける際の距離と所要時間の目安まとめ

自転車で出かける際の距離と所要時間の目安まとめ

自転車に限らずで乗り物と速度は切っても切り離せない話題で、誰しもが興味のあるところだと思います。

1つの目安として、1kmで3分、15kmで1時間、100kmで6時間あたりが頭に入っていると、どこかへ自転車で出かける際の、平均的な所要時間の目安として使えるのではと思います。

ちなみに1km走るのに掛かる時間を平均速度で考えると、平均30km/hで走れた場合は2分、平均20km/hで走れた場合は3分になります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑