*

クロスバイクのescape airのブルホーン化計画(試走)

公開日: ブルホーン, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

クロスバイクのブルホーン化

escape airをブルホーン化したので、早速試走へ。
走行距離は約30km。

2014.10.6追記
コメント欄で指摘いただきまして、このエントリを書いたあと、サドルの高さなどのポジションを変更しています。
記事は「escape airのサドルを高さの見直し

escape air ブルホーン化 試走

ブルホーン化したescape airの乗り心地

ハンドルの高さは角度のきついステムを逆付けしていたフラットバーの時よりは高くなっているものの、バーエンドを持つと、かなり腕が伸びたポジションになって、より前傾姿勢が取れるようになりました。
背中が地面に対して水平に近くなるような感覚です。
ハンドル幅もフラットバーの時は48cm程度でしたが、ブルホーンでは40cmになり、随分狭くなりました。

上記のような感じなので、escape airに跨がった瞬間に、全く別の自転車に乗っているような感覚でした。
ブレーキがバーエンドにあるので、基本的にバーエンドを持つのですが、バーエンドを持つと安定せず、かと言ってバーハンドルの肩口を持つとブレーキがかけられない・・・。

まるでヨチヨチ歩きの子供のようにフラフラとしながらの走行になってしまいました。
シフトチェンジも慣れないフリクション方式のサムシフターになったことや、エアロブレーキでブレーキの位置が全く変わっているため、最初はものすごく不安定な走りをせざるをえませんでした。

この感覚は、初めてescape airに乗った時のような感覚に非常に似ていました。
ということは、慣れの問題で、乗っていればすぐに慣れるだろうと思い試走をスタートしました。

最初はスピードを出さず、ブレーキの位置を確かめながらゆっくりと走行。
停車するのさえフラットバーとは勝手が違います。ハンドルの形を変えるだけでこんなに乗り心地が変わるものかと驚きました。

20kmほど走行すると、不安定な走りも安定するようになり、ブレーキなどの位置も馴染んできて快適な走行ができるようになってきました。まだ少しフラフラするもののこのまま乗り続ければ、何の問題もなく乗れそうです。

走行中に学習した点としては、スピードが落ちた時にバーエンドを両手で持っていると安定しなくなります。
かと言って、ブレーキのあるのはバーエンドなので、いくらスピードが落ちたと言っても手は離せません。
その時は、片手をバーエンドに置いてブレーキをかけられるようにして、もう一方の手をハンドルの肩口に置くと、速度が落ちても安定して走行できる、ということに気がつきました。

ドノーマルのescape airの場合はアップライトなポジションなので、基本的に楽な姿勢での走行ができますが、僕のescape airはステムを逆付けして無理な前傾姿勢をとっていたので、長距離の走行時は結構しんどい思いをしていましたが、ブルホーン化すると、ポジションが変えられるから楽という前評判の通り、持ち方のバリエーションが増えて楽なポジションを選んで走行できそうです。

改良が必要だと感じたのは、ブレーキとシフターを近くに配置するためにバーエンドにシフターを配置していますが、ハンドルを握る際に若干邪魔になる感じです。
かと言って、操作性を考えると、ブレーキとシフターは同じ位置にあったほうが良いのは間違い無いありません。
幸い、シフターの向きなどを調整することで不具合を回避できそうなので、微調整をして対応したいと考えています。
クロスバイクのブルホーン化でシフターの調整

ブルホーン化したescape airのスピード

フラットバーでの平均速度が23km/h程度の道をブルホーン化した後に走行すると20km/hでした(笑)
しかしこれは慣れないブルホーンバーのため、かなり安全運転を心掛けて走行したのと、かなり強風の中での走行だったからなので参考になりません。

「ロードバイクに乗っている人はサドルには座らない、サドルは腰の位置の固定のためのもの」などと言ったりします。フラットバーの時は全くそれが理解できなかったのですが、ブルホーンバーにすると、体重をハンドル側にかけられるようになるので、なんとなくサドルに座らないという意味がわかるような気がしました。
サドルに体重をかけるではなく、ペダルの上に立つ感じで自転車を漕げるため、スピード維持が非常に楽になりました。

2014.10.6追記
コメント欄で指摘いただきまして、ブルホーンバーであろうと体重はハンドル側にはかけないのが基本のようです。
骨盤を立てて、背筋と腹筋で状態を支えて、ハンドルには手を添える感じが正しい乗り方のイメージとのこと。
実際、そのような乗り方を意識すると随分と乗車時の感覚が変わりました。

このまま乗り続ければ、きっと平均速度は速くなるものと思います。

ブルホーン化したescape airのシフター

ブルホーン化したというよりは、トリガー式のラピッドファイヤーからサムシフターへ交換したというような感想になりますが、当然、ラピッドファイヤーと比べると、操作性は悪くなります。

慣れの問題もあると思いますが、ラピッドファイヤーに比べると、サムシフターは不便なのは間違いないので、そのうち、今までラピッドファイヤーでおこなっていたこまめなシフトチェンジはしなくなるのではないかと思います。

しかしながら、走行前は不安だったフリクションの操作も、思いのほか簡単な操作でシフトチェンジできるので、それほど気にしなくて良さそうです。中途半端にシフトするとカチャカチャとギアとチェーンが干渉してしまいますが、その場合は微調整で回復出来ますし、慣れてくれば狙ったギアにも入れられそうで、少なくとも道路を走る点では特に不便はなさそうなレベルです。

ブルホーン化したescape airのブレーキ

ブルホーン化に際して、一番の不安要素だったのがブレーキでした。
しかし、Vブレーキの調整機能や取り付け位置などを工夫した上で、アジャスタで調整すれば特に問題は無い感じです。

制動力はフラットバーの時のブレーキと比べるとさすがに劣るようですが、安全上は特に問題ない感じです。

ブルホーン化したescape airで坂道

フラットバーとの違いを一番実感したのが、実は坂道でした。
過去にバーエンドバーを取り付けていた時期もあるので、違いは無いだろうと思っていましたが、大きく違いました。

バーエンドバーの時は、坂道を上る際、バーをつかんで手前に引き寄せる感じでしたが、ブルホーンバーの場合は、ハンドルの上に体重を預ける感じです。

クロスバイクのブルホーン化でバーエンドバー
つまり、フラットバー+バーエンドバーの時は、立ち漕ぎすると、体重が後ろに流れるので、それを抑えるために、バーを使って身体を引き寄せつつペダルを踏むという感じですが、ブルホーンバーの場合は、重心が常に前にあって、自重をかけつつペダルを踏むことができるため、坂道での走行はものすごく楽になったと思います。

今までしんどい思いをして登っていた坂道を、グイグイとスピードアップして登っていけるくらいの差があったのには正直驚きました。

ブルホーン化したescape airのまとめ

ブルホーン化すると、全く別の自転車になったかのようで、最初に乗った時点では戸惑いもありましたが、すぐに運転にも慣れ、快適なサイクリングができるようになりました。
慣れてしまえば、乗りやすさや、見た目などの点で、ブルホーン化して非常に良かったと思えると思います。

ブルホーン化するメリット

見た目がカッコいい(私観)
坂道が楽になる
手を置く位置が豊富になる
ハンドル周りがすっきりする
重量が軽くなる
深い前傾姿勢がとれるようになる

ブルホーン化するデメリット

ラクチンさや気軽さがなくなる
シフターなどの操作性が悪くなる

ブルホーン化をして満足出来るか出来ないかは、デメリットの部分を許容出来るか出来ないかに依るかと思います。
僕の場合は、このあたりは承知の上でのブルホーンバーへの換装だったので、おおむね満足ですが、もしも不便さが我慢出来ないようであれば、せっかくのブルホーンバーをやめてフラットバーに戻す事にもなるのではと思います。

これからブルホーン化を検討している方は、このあたりをどう感じるかを考えてからブルホーン化を考えてみると良いかもしれませんね。
以上、ブルホーン化したescape airで試走してみた感想です。

ブルホーン化に関する記事はこちらにまとめてありますので参考にしてください。

Comment

  1. 匿名 より:

    こらこら。
    かっこ悪いし、まずハンドルとの落差を出さないかい?
    ステムの角度もかっこ悪すぎる。
    あとちゃんとポジション出せてますか?
    異常なほどサドルの低いセッティングだなと。
    低身長の方ならごめんなさい。

    あとハンドルの上に体重を預ける感じと書いていますが、まずその乗り方が間違いですよ。
    ドロップハンドルでも同じですが、骨盤を立てたまま、背中を丸めて乗ります。
    なので、肘は自然と少し曲がり手はハンドルに添えているだけぐらいの感覚です。
    その姿勢のままハンドルから両手を離しても大丈夫にするために、基本的に姿勢は腹筋と背筋で支えます。

    • escape air より:

      すみません。
      コメント&ご教授ありがとうございます。
      その他のコメントと前後してしまうと思いますが、とりあえず順を追って返信させていただきます。

      ポジションに関してはご指摘の通り、これから・・・かなという感じです。
      サドルの高さですが・・・もう少し上げられるのかな、とは思っているんですが、足がつかなくなるので安全を考えて、とりあえず足の着く範囲の高さにしてるのです。慣れればもう少し高くしてみようと思ってますがどこまでいけるかなぁ・・・

      乗りの説明ありがとうございます。10回ほど読んで頭にしっかりと入れておきます。
      前屈みになった状態で、両手離しができるのですねえ。腹筋と背筋で支えるイメージで乗ってみようと思います。難しそうですが楽しそうでもありますね。

  2. 名無し より:

    上り坂でのフラットバーとブルホーンの比較イラスト、フラットバー側もアヘッドステムの分突き出さないときちんと比較できないような気がします。
    結果はそこまで変わりませんが……。

    • escape air より:

      名無し様 言われてみると確かにですね。サーバー移転などでバタバタしておりましたので、落ち着いたら手を加えたいと思います。有り難うございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑