*

ロードバイクの車重は10kg以下などスポーツサイクルを購入する際の指標となりそうな目安まとめ

公開日: まとめ, 自転車全般

10kg以下な スポーツサイクル

クロスバイクやロードバイクのスペックなどを判断する時に、一定のレベル以上(俗に言う恥ずかしくないレベル)の目安となる指標のような数値を時々耳にすることがあります。

例えば、本格的なロードバイクの入り口として最低限クリアしておきた車重は10kg以下。など非常にザックリとした数値ではありますが、クロスバイクやロードバイクを購入する際や、自転車について語ったり、話を聞いたりする時に、一応の知識として知っておくと、損はしないかもしれない指標のような数値を集めてみました。

※年代や個人で異なる情報も多々含まれると思われます。
※僕が自転車を見たり聞いたり調べたりした結果の感覚的な数値です。

本格的なスポーツサイクルの入門機の値段

本格的なスポーツサイクル

ロードバイクの値段

ロードバイクは10万円以上が一つの目安になっているようです。
10万円以上になるとコンポーネントなど主要なパーツにSORAあたりが搭載されはじめるくらいの価格からだと思われま、入門機として取り扱われているロードバイクの価格がだいたい10万円前後〜というような感じかと思います。

ちなみに、フレームがカーボンかアルミかでも価格差は大きくなりますが、コンポーネントのグレードによる価格帯は、僕のザックリとした価格の感覚だと下記のような感じです。

SORA・・・10万円〜15万円
TIAGRA・・・13万円〜18万円
105・・・18万円〜25万円
ULTEGRA・・・25万円〜
DURA ACE・・・35万円〜

クロスバイクの値段

クロスバイクはGIANT ESCAPE R3などのスポーツサイクルの入門機として十分な性能があると考えられるものが基準となっていて、だいたい5万円〜6万円以上のものを購入するようにすれば、スポーツサイクルのようなもの、クロスバイクのようなものを買ってしまうことは無いかと思います。

本格的なスポーツサイクルの車重

本格的なスポーツサイクルの車重
車重を最も左右するのはフレームの素材なので、フレームがカーボンかアルミかなどでも基準は変わってくると思われますが、ロードバイクの場合は8kg以下、クロスバイクの場合は10kg以下のものが、一般的に見て「おっ。軽いね!」と思われるくらいの重量になるのではないかと思います。

ロードバイクの方がクロスバイクよりも軽くなっているのは、現在のロードバイクのフレームの主流がカーボンなのに対して、ロードバイクはアルミが主流、という点などの差が大きいと考えられます。

フレームの他に車重に大きな違いが出るものとして、ホイールやコンポーネントが考えられます。どちらもハイグレードなものと一般的なものとでは500g以上差が出ることも珍しいことではありません。

このあたりも一般的にロードバイクには高いグレードのものがインストールされていますし、クロスバイクなどはそこそこのものしかインストールされていないためその点でも重量差が出るものと思われます。

本格的なコンポーネントのライン

本格的なコンポーネントのライン
ロードバイクの場合は、市民レースに出る、などが本格的な趣味なのかどうかのラインとなると思いますが、レースによっては105以下だと参加できない場合もあるそうで、本格的に乗る場合には105以上、というのが基準になりそうです。

クロスバイクの場合は逆に105以上のものが搭載されているモデルはほとんどなく、コンポーネントに関して考える必要はあまりないのかも知れません。

本格的なホイールの価格のライン


自転車の性能を一気に変えてしまうホイールの一つの判断基準として価格があり、レース等へ参加して本格的に楽しみたい、という場合は、10万円以上のホイールが自ずと選択肢になると思います。

10万円を越えるクラスのホイールになれば「お、なかなか良いホイールを買ったね」などと一目置かれることもあるかも。

スポーツサイクルで無理なく出せるスピード


無理なく走れる範囲のスピードの目安として、ロードバイクが30km/h、クロスバイクが20km/h程度だと思います。

スポーツサイクルで走れる超異距離

スポーツサイクルで走れる超異距離
よく見かける走行距離などを参考にすれば、スポーツサイクルは100km〜、クロスバイクは50km〜ではないでしょうか。

ただし走行距離に関しては、個人差は非常に大きく、クロスバイクでも100kmくらいは余裕と答えるひとも案外多いです。

タイヤのサイズ


一般的なタイヤのサイズはロードバイク、クロスバイクいずれも700Cと呼ばれるサイズで、異なるのはタイヤの幅。

ロードバイクは23C、クロスバイクは28Cあたりが標準として装備されているようです。

なのでクロスバイクをカスタマイズする際に、タイヤのサイズをロードバイクの標準サイズである23Cに変更する等は、よく行なわれています。

まとめ

スポーツサイクル
ロードバイクとクロスバイクの違いは?などの疑問は初心者の頃にありがちで、実際に詳しく解説しようとすると専門的な内容になってしまいがちではありますが、こういった一般的と思われる指標からも違いは見えて来るように思います。

また、このような情報を知っておくことで、目的や予算に応じた選択もしやすくなるのではないかと思います。

他にもまだまだあるとは思いますが、気が付き次第追記していこうと思います。

・ロードバイクの値段は10万円〜
・クロスバイクの値段は6万円〜
・軽いと言われるロードバイクの重量は8kg以下
・軽いと言われるクロスバイクの重量は10kg以下
・本格的なコンポーネントは105〜
・本格的なロード用ホイールの価格は10万円〜
・無理なく出せるロードバイクのスピードは30km/hくらい
・無理なく出せるクロスバイクのスピードは20km/hくらい
・無理なく走れるロードバイクの距離は100km/hくらい
・無理なく走れるクロスバイクの距離は50km/hくらい
・ロードバイクのタイヤのサイズは23C
・クロスバイクのタイヤのサイズは28C

※年代や個人で異なる情報も多々含まれると思われます。
※僕が自転車を見たり聞いたり調べたりした結果の感覚的な数値です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑