*

ロードバイクやクロスバイクの重量は10kg以下が良いなど性能の目安

公開日: まとめ, 自転車全般

ロードバイクやクロスバイクのスペックの指標の目安

クロスバイクやロードバイクのスペックなどを判断する際に、一定のレベル以上(俗に言う恥ずかしくないレベル)の目安となる指標のような数値を時々耳にすることがあります。

例えば、本格的なロードバイクの入り口として最低限クリアしておきた車重は10kg以下なんてことがよく言われます。

非常にザックリとした数値ではありますが、クロスバイクやロードバイクを購入する際や、自転車について語ったり、話を聞いたりする時に、一応の知識として知っておくと、損はしないかもしれないスポーツバイクの性能判断に使える指標となる目安をまとめてみました。

※年代や個人で異なる情報も多々含まれると思われます。
※僕が自転車を見たり聞いたり調べたりした結果の感覚的な数値です。

本格的なロードバイクやクロスバイクの入門機の価格の目安

本格的なスポーツバイクの入門機の値段
Photo via: シノベ写真事務所

ロードバイクの価格の目安

本格的なロードバイクの価格の目安は10万円以上が一つの目安です。

10万円以上になるとクランクセットなどコンポーネントの主要なパーツにシマノのロード用コンポーネントのエントリーモデルであるSORAが搭載される価格になり、本格的なロードバイクに乗りたいと思えば、このあたりのグレードからスタートすることになります。

フレームがカーボンかアルミかでも価格は異なりますが、コンポーネントのグレードによる価格帯は下記のような感じです。

SORA・・・10万円〜15万円
TIAGRA・・・13万円〜18万円
105・・・18万円〜25万円
ULTEGRA・・・25万円〜40万円
DURA ACE・・・35万円〜60万円

クロスバイクの価格の目安

クロスバイクで本格的なモデルと言えば、絶対的な存在としてGIANT社のESCAPE R3があり、本格的なスポーツバイクの入門機の代名詞的な存在にもなっています。

コストパフォーマンスの良いGIANT社のエントリーモデルであるESCAPE R3の価格が5万円〜6万円程度となるため、本格的なクロスバイクを購入しようと思うと、必然的に5万円〜6万円以上のモデルとなります。

実際問題でそれ以下の価格のクロスバイクなどは、見た目がスポーツバイクに似てはいるものの、性能的には全く違う、いわゆるルック車と思って間違いありません。

僕自身も初めてクロスバイクを購入する際はそのあたりが全く解っていませんでしたが、いろいろ解るようになってくると、クロスバイクのESCAPE R3くらいからようやく「まぁ許せるかな」程度のコンポーネントが搭載され始めます。

つまりそれ以下の場合、子供用の軽快車などと同じようなパーツ構成だったりして、つまりは普通のシティサイクルと同じような自転車になるのです。

本格的なロードバイクやクロスバイクの重量の目安

本格的なロードバイクやクロスバイクの重量

乗り物は重量が軽ければ軽いほど有利になるため、ロードバイクやクロスバイクでも性能を推し量る目安として重量は定番的な指標になっています。

軽ければ漕ぎ出しが楽になったり、坂道でも有利になったりで、軽ければ軽いほど文字通り軽快になるので、世の中には軽量マニアと呼ばれるような人がいるくらい、ハマればなかなか奥の深い世界でもあります。

重量を最も左右するのはフレームの素材なので、フレームがカーボンかアルミかでも軽いと呼ばれる基準は変わってくると思われますが、ロードバイクの場合は8kg以下、クロスバイクの場合は10kg以下であれば、一般的に「軽いね!」と思われるくらいの重量になるでしょう。

最近はカーボンフレームの技術が進歩したりしてロードバイクでは6kg台になるモデルもあり、UCI(国際自転車競技連合)の規定では6.8kg以下の自転車だとレースに出場できなくなるため、逆に重りを付けて走るなどというケースも出てきました。
クロスバイクでもカーボンフレームを採用していれば8kg台のモデルもあるかと思います。

ロードバイクの方がクロスバイクよりも軽くなっているのは、現在のロードバイクのフレームの主流がカーボンなのに対して、ロードバイクはアルミが主流であったり、使用されているコンポーネントのグレードがロードバイクの方が高く、重量も軽いという点で差があるからと思われます。

本格的なロードバイクやクロスバイクのコンポーネントの目安

本格的なロードバイクやクロスバイクのコンポーネント

ロードバイクやクロスバイクの場合、性能を判断するのに最も重要なのがコンポーネントです。

本格的に乗ろうと思えば思うほどコンポーネントは上位グレードが欲しくなるもので、市民レースなどに出たりすると、周りはDURA ACEかULTEGRAしかいなかったりするほどです。

また、レースによってはコンポーネントのグレードに縛りがあり、シマノのロード用コンポーネントである105以上でないと参加できない場合もあるそうです。

そんなことからも本格的に乗る場合には105以上が良いということが言えそうです。

しかし、実際問題で105以上じゃなければ駄目からと言われると、個人的には「さぁどうでしょう」というような感じで、105よりも下のグレードであるTiagraやSORAでも現行のモデルだと必要十分な感じもします。

特にクロスバイクの場合はかなり安物のパーツが使われていたりもするのでSORAが装着されていれば、それだけで充分と言えるレベルだと思います。

また購入時に気をつけたいのが、「105搭載モデル!」などと謳っているのに、スペックをよくよく見るとブレーキやフロントディレーラーだけで、メインのクランクセットは全く別の種類などということが多々あります。

安いからと言って飛びつかず、相場から比べて安い場合は、コンポーネントのパーツのグレードなどを確認してみるようにした方が良いでしょう。

本格的なロード用ホイールの価格の目安

本格的なロード用ホイールの価格

ロードバイクやクロスバイクのカスタマイズのパーツとして最も重要な存在なのがロード用ホイールですが、ホイールも価格によってその性能が大きく違ってきます。

10万円以上のホイールを使うと世界が変わるなどと一般的によく言われてたりするので10万円が1つのラインの目安になると考えられます。

実際問題で、本格的なホイールを選択しようと思うと10万円を越える価格帯のものしかありません。

ちなみに本格的なロード用ホイールとして代表的なホイールはFulcrumのRacing ZeroDURA ACEのWHR9100などになるかと思います。

10万円を越えるクラスのホイールになれば誰もが知っているホイールになると思うので「お、なかなか良いホイールを買ったね」などと一目置かれることもあるかもしれません。

但し、クロスバイクの場合には10万円を越えるようなホイールは本体の価格とのバランスを考えてもオーバースペックなので逆にバランスが悪くなると思われます。

クロスバイクなどのホイールとしてはFulcrumのRacing5や定番であるULTEGRAグレードのWH-6800あたりがおすすめです。

ロードバイクやクロスバイクで無理なく出せるスピードの目安

ロードバイクやクロスバイクで無理なく出せるスピードの目安

ロードバイクやクロスバイクで無理なく出せるスピードの目安として、ロードバイクで30km/h、クロスバイクで20km/hくらいと言われています。

ロードバイクとクロスバイクの速さの違いは車体重量だったり、コンポーネントの違いだったり、乗車姿勢の違いなどが大きく影響している結果だと思います。

実際問題でクロスバイクを改造、カスタマイズしてコンポーネントやホイールをロードバイクと同様のグレードにして、空気抵抗の少ない姿勢で走ったりすれば、クロスバイクでもロードバイク並みの30km/hくらいで走れるようになります。

ロードバイクやクロスバイクで走れる超異距離の目安

ロードバイクやクロスバイクで走れる超異距離の目安

ロードバイクとクロスバイクの違いを説明するために、ロードバイクは長距離を速く走る為の自転車で、クロスバイクは街乗り向きな自転車などと言われます。

なので長距離を走行する場合はクロスバイクよりもロードバイクの方が圧倒的に適していると思われ、これくらいの距離であれば難なく乗れるよ!というような距離ロードバイクは100km〜、クロスバイクは50km〜あたりが1つの目安になると思います。

ただし、走行距離に関しては、個人差は非常に大きく、また自転車に乗れば乗るほど走行距離も長くなってくるので、クロスバイクでも100kmくらいは余裕と答える人も多いですし、ロードバイクになれば200kmとか300kmという途方もない距離を走る人も出てきます。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのサイズの目安

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのサイズの目安

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクは一般的なシティサイクルと比べるとタイヤ幅が細くなっています。

ロードバイクは23C、クロスバイクは28Cと呼ばれるサイズのタイヤを履いていることが多く、この数字が小さいほど細いタイヤになります。

一般的にはタイヤの幅が細くなると、空気圧が高くなり設置面積が小さくなるので、転がり抵抗が少なくよく走るようになると考えられているので、クロスバイクであっても、23Cにカスタマイズする人も多いです。

また、最近は23Cと28Cの中間である25Cタイヤの方が23Cタイヤよりも転がり抵抗が少なくなるなどの実験結果もあり、ロードバイクでも25Cを選択する人も多いようです。

ロードバイクやクロスバイクを購入する際に指標となりそうな数値のまとめ

ロードバイクやクロスバイクを購入する際に指標となりそうな数値のまとめ<

ロードバイクとクロスバイクの性能の指標として一般的に言われているような数値をいくつか挙げてみました。

ロードバイクとクロスバイクの違いは?などの疑問は初心者の頃にありがちで、実際に詳しく解説しようとすると専門的な内容になってしまいがちではありますが、こういった一般的と思われる指標からもロードバイクとクロスバイクの違いは見えてくるように思います。

これらの目安にこだわる必要は全くありませんが、このような基本的な情報を知っておけば、ロードバイクやクロスバイクを購入使用と検討をする際にもきっと役立つと思います。

● ロードバイクの値段は10万円〜、クロスバイクの値段は6万円〜
● 軽いとロードバイクの重量は8kg以下、クロスバイクの重量は10kg以下
● 本格的なコンポーネントは105〜
● 本格的なロード用ホイールの価格は10万円〜
● ロードバイクのスピードは30km/hくらい、クロスバイクは20km/hくらい
● ロードバイクで走れる距離は100km、クロスバイクは50kmくらい
● ロードバイクのタイヤのサイズは23C、クロスバイクは28C

※年代や個人で異なる情報も多々含まれると思われます。
※僕が自転車を見たり聞いたり調べたりした結果の感覚的な数値です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑