*

ブルホーンバーの種類と特徴

公開日: ブルホーン, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ブルホーンバーの種類と特徴

クロスバイクのブルホーン化に必須のパーツと言えばブルホーンバー。
当たり前ですが、ブルホーンバーがなければブルホーン化はできません。しかしブルホーンバーと言っても、調べてみると、いくつかの種類があり、どれを選択するかによって、最終的なイメージも随分変わってきます。

そこで、ブルホーンバーの種類と、それぞれの印象について書いてみようと思います。

ブルホーンバーの形状種類

スタンダードタイプのブルホーンバー

ブルホーンバーの種類スタンダードタイプ

最も一般的なブルホーンバーの形状と思われるタイプ。
コの字型をしたハンドルの手前部分からバー先端付近まではフラットな形状で、バー先端部分に角度が付いているもの。

角の部分が短いモノと長いモノなどサイズは様々ですが、このタイプのブルホーンバーは、小径車で多く使用されているイメージがあります。

またハンドルとフレームのトップチューブのラインが揃って綺麗に見えるため、ホリゾンタルなフレームの自転車とも相性が良いと思います。

フラットタイプのブルホーンバー

フラットタイプのブルホーンバー

ハンドル手前部分から先端まで起伏のないフラットなタイプ。
このタイプのブルホーンバーは角の部分が基本的に短いモノが多く、角の先端には何も付けずに、シフターとブレーキレバーはハンドル手前部分に取付ける際に使用することが多いかと思います。

シンプルなシングルギアの自転車や小径車などは、ブルホーンバーの先端にブレーキレバーやシフターがあるとアンバランスに見えてしまうので、このタイプのブルホーンバーが似合うと思います。

ホリゾンタルなフレームの自転車でもフレームのトップチューブとハンドルのラインが揃って綺麗に見えるのでおすすめだと思います。

肩下がりタイプのブルホーンバー

肩下がりタイプのブルホーンバー

ハンドル中央部分から少し外側のあたりから肩下がりになったタイプ。
フラットタイプとは違いスポーティな印象のブルホーンバーで、クロスバイクのESCAPEなどスローピングタイプのフレームの自転車との相性が良いと思います。

このタイプのブルホーンバーには先端にエアロブレーキやシフターなどを配置すると全体的なバランスが取れると思います。

エアロタイプのブルホーンバー

エアロタイプのブルホーンバー

エアロ設計されたブルホーンバー。
戦闘機のような見た目でカッコ良いですが、普通のフレームに取付けてしまうとハンドル部分だけが浮いてしまう可能性がありますが、逆にエアロフレームの自転車であれば、ガッツリとコーディネートできるのではないでしょうか。ブレーキも当然エアロタイプを選択するのが良いと思います。

このタイプのブルホーンバーだと形状が独特なため、バーテープは巻かないことが多いようです。

ブルホーンバー選びのポイント

ブルホーンバー選びのポイン

ブルホーン化した時に自転車が美しく見えるためのポイントとして、トップチューブとハンドルのラインが揃っていることが大切です。

なので、ホリゾンタルなフレームの場合は、肩下がりの無いフラットなタイプのブルホーンバーを選択するのが定番だと思います。

また、ブルホーンバーの取付け角度も、フラットな部分が地面と平行になるように取付けるのが基本ではありますが、先端のライズ部分などをトップチューブと角度を合わせて取付けると見た目が美しくなります

ブルホーンバーの幅と太さ

ブルホーンバーの幅と太さ

ブルホーンバーの幅

ブルホーンバーのハンドル幅はドロップハンドルとほぼ同じ程度で、420mm〜380mm程度の中から選択できます。

ハンドル幅が狭くなると、シュッとした見た目になりますし、狭い場所などを走行する際に有利ですが、ハンドル操作がシビアになるので、速度が乗るまでの間はふらつくことが多くなるかもしれません。

ちなみにクロスバイクのフラットバーハンドルの場合は560mmくらいが標準で取付けられているので、それを考えると随分が狭いのが分ります。

ブルホーンバーの太さ

ブルホーンバーの太さは大きく分けると2種類です。

まずクランプ径が25.4mm か31.8mm(26.0mm)かで判断します。
クランプ径の太さで対応するステムやパーツが変わるからです。

クランプ径が25.4mm

クロスバイクのESCAPEなどに最初から装備されているフラットバーはクランプ径が25.4mmのものが殆どで、ステムも25.4mm対応のものになっていると思います。

またクランプ径が25.4mmであれば、にぎり径が22.2mmのものがほとんどで、フラットバーで使用していたシフターやブレーキレバーをそのまま流用することができます。

そのため、ハンドル周りがシンプルに見えるとカッコ良いシングルギアの自転車や小径車などではこちらのハンドル径を選択することが多いと思います。

クランプ径が31.8mm

クランプ径が31.8mmのものは、一般的なロードバイクなどのドロップハンドルで採用されている太さと同じで、ブルホーンバーもどちらかと言えば31.8mm径のものが多いように思います。

クランプ径が31.8mmになると、クロスバイクで最初に装備されていると思われるステムでは固定することができないため、新たに31.8mm対応のステムを準備する必要があります。

逆に31.8mm対応のステムの場合、アジャスターが同梱されていることが多く、25.4mmのクランプ径のハンドルでも固定できるものが多いです。

クランプ径が31.8mmのハンドルのにぎり径は23.8mmになっているものがほとんどで、この場合、クロスバイクのフラットバーで使用していたシフターやブレーキレバーは使用できなくなるため、新たに準備する必要があります。

シフターやブレーキレバーを選ぶ際には、にぎり径が大きく関わってくるので、購入する際には対応した径を確認しながら買い間違えのないように注意する必要があります。

たとえば、バーエンドに取付けるサムシフターは代表的なメーカーとしてダイアコンペかマイクロシフトがあるのですが、マイクロシフトはフラットバー用なので対応しているにぎり径が22.2mmだったりします。

備考

基本的にはクランプ径25.4mm/にぎり径22.2mmとクランプ径31.8mm/にぎり径23.8mmになっているものが多いと思いますが、メーカーによってクランプ径25.4mmでもにぎり径23.8mmというものも存在しますし、その逆もあるようです。

また、クランプ径が26.0mmのものもあるので、ブルホーンバー購入時は必ず確認するようにした方が良いと思います。

ブルホーンバーの種類と特徴のまとめ

以上、つらつらとブルホーンバーの種類と特徴や個人的な印象などを書いてみましたが、クランプ径やにぎり径での制限はあるものの、組み合わせ自体にはルールは特にないので、それぞれが好きなパーツを使って組み上げるのが最も正しいと思います。

● フラットタイプはホリゾンタルフレームか小径車に似合う
● スローピングフレームは肩下がりタイプが似合う
● クランプ径とにぎり径の太さでシフターやブレーキレバーが変わる

ブルホーン化に関する記事はこちらにまとめてありますので参考にしてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑