*

クロスバイクをブルホーン化して変わったことの要点まとめ

公開日: ブルホーン, 自転車メンテ・改造

クロスバイクをブルホーン化して変わったこと

クロスバイクのESCAPE Airのハンドルをフラットバーからブルホーンに換えた結果、見た目は勿論のこと、性能面や乗り心地でも思っていた以上にいろいろ変化がありました。

クロスバイクをブルホーン化するとどうなるのか、その違いをまとめてみたいと思います。

ポジションが変わりました

クロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化してポジションが変わった

ハンドルが変わったのでポジションが変わります。
フラットバーの時には深い前傾姿勢をとりたいがために、角度のきついステムを逆付けしたりしてハンドル位置をなるべく低くしようとしていましたが、そんなことをしなくてもより深い前傾姿勢がとれるようになりました。

乗車姿勢としては、骨盤を立てて腹筋で支えて、というようないわゆるロードバイク的な自然な前傾姿勢が実現できた感じがします

実は僕がクロスバイクをフラットバーからブルホーン化する際に最も期待していたのがこの点でした。なんとかしてクロスバイクでもロードバイク的な乗り方が出来るようになれば・・・と考えたわけです。

ブルホーン化はにはデメリットもあるわけですが、この問題をクリアできたことで他のデメリットを帳消しにして有り余るくらいのメリットをブルホーン化することで感じることが出来ています。

背筋と腹筋の筋肉痛が出た

ポジションが変わって、使う筋肉が変わったせいだと思いますが、自転車に乗った後に、背筋と腹筋が筋肉痛になりました。

フラットバーの時には長距離を走っても背筋と腹筋に筋肉痛が出ることはありませんでしたが、これもロードバイクの乗車姿勢に近い乗り方が出来ているせいかもしれません。

シフトチェンジの操作性

クロスバイクをブルホーン化してシフター

ブルホーンバーのシフター

ブルホーンバーに取り付けるシフターの選択肢はいくつかありますが、よく選択されるのが次の二つ。

ハンドルの先に付けるバーコントローラー
ハンドルやコラムに付けるシフトレバー

いずれにしても、操作感覚はラピッドファイヤーとは全く違います
特に、僕が選択したのは、フリクションと呼ばれる、無段階のシフターなので、一段一段正確に切り替わるラピッドファイヤーとの違いは顕著です。

ラピッドファイヤーはシフトレバー1つで狙ったギアへ確実に変速できるデジタル的なモノとするならば、フリクションは自分の感覚で狙ったギアに変速するアナログ的なモノだと言えると思います。

当然、ラピッドファイヤーに比べると不便ではありますが、あくまでラピッドファイヤーとの比較で変速性能が落ちると言うだけの話で、昔の人は全てフリクションでやってたわけですから全く使えないモノというわけでは当然ありません。

街中を適当に走行することだけを考えるのであれば、もともと頻繁にシフトチェンジするような乗り方はしないと思いますので、慣れの問題以外は全く問題ないと思います。

下調べの段階では「10速や11速だと位置調整がシビア」だとか「面倒」などの評判が多く、使用するまで不安もありました。実際に使用してみると、ラピッドファイヤーに比べれば不便で面倒なのは間違いありません。逆に言えばラピッドファイヤーが素晴らし過ぎるとも言えると思います。

シフトチェンジのシビアさに関しては一昔前の7速などと比べれば10速、11速での変速はシビアになっていると思いますが、コンマミリの微調整が必要・・・というモノでは全くありませんし、適当に変速してもどこかのギアにハマりますから実用上で不便に思うことはあまりありません。

繰り返しますが、シティライドで、変速にこだわりがなければ問題が無い、というお話で、シビアシフトチェンジを行ないながらの走行がしたいと思う場合にはそれなりの熟練が必要だと思います。

シフターの調整

シフト調整に関しては、一段一段正確な調整が必要なインデックス方式とは違い、あっけにとられるほど簡単に調整が終わります。
ローのレバーの位置さえ決めてワイヤーさえ張れば終了です。

ブレーキの性能

ブルホーンバーのブレーキの性能

ブルホーンバーのブレーキ

フラットバーからブルホーンバーへ変更する際に、最も気掛かりだったのがブレーキです。

というのもクロスバイクのESCAPE AirのVブレーキとブルホーンバー用のブレーキレバーとの間には互換性があるかどうかが不明だったためです。

後日メーカーに確認したところ、僕が使用しているプロファイルデザインのエアロブレーキに関してはキャリパーブレーキ用に設計されたブレーキレバーではあるものの、ブレーキケーブルアジャスターを使用すればVブレーキとの互換性はあります、との回答を得られてホッとしています。

制動テストについては「エアロブレーキでVブレーキは引けるのかをテストしてみた」で実験しています。

持ち手のヴァリエーションが増えた

持ち手の位置を変えられる自由さ

クロスバイクをブルホーン化してポジションチェンジ

フラットバーからブルホーンバーへ換装すると、ハンドルの持ち方のバリエーションを増やせます。
特に角の部分を持つとドロップハンドルの持ち方とほぼ同じになり、フラットバーを持つよりも手や腕の間接に無理の無い姿勢でハンドルを持つことができるようになるらしく、長時間のライディングの際に疲労度が違ってくるようです。

僕の場合はそれほど長距離を走らないのでその恩恵は感じられていませんが、持ち手の位置を変えられると、アップライトな姿勢や前傾姿勢を深くとれたり、その時の走行状態や気分に応じて好みの体勢がとれるので、自転車に乗る楽しみ方に幅が持てるようになったのも良い点だと思います。

ブレーキ位置によって基本的なポジションが決まる

持ち手の位置のバリエーションが増えはしますが、走行中は基本的にはブレーキのある場所に手を置くようになると思います。

スピードがアップした

クロスバイクをブルホーン化してスピードアップ

フラットバーからブルホーンバーにしてスピードがアップしました。

ポジションが変わって、より効率的に力を動力に変えることができるようになったのか、深い前傾姿勢が取れるようになり空気抵抗が減ったおかげなのか、とにもかくにも確実にスピードがアップしました。

フラットバーの時は長時間維持できるようなスピードは24km/h〜27km/hくらいだったのですが、同じような感覚で漕いでいるにも関わらず30km/h程度のスピードが出るようになりました

個人的な感覚からすると、空気抵抗の減少も大きいとは思いますが、ポジションの変化で効率的に力を伝えられるようになったことが最も大きな要因ではないかと思います。

重量が増えた

クロスバイクをブルホーン化して重量が増した

ブルホーン化した後では重量が増えました。
要因としてはフラットバーよりもブルホーンバーの方が素材が多いため重量が重い。それに加えて素材がカーボンからアルミになったことや、シフターなども重くなったことが主な要因だと思います。

お尻の痛みがなくなった

クロスバイクをブルホーン化してお尻の痛みがなくなった

ブルホーン化に伴って、ESCAPE Air純正の白いサドルをやめて別のサドルに換装したため、フラットバーの時との正確な比較はできませんが、サドルが薄くなりクッション性が低くなったにも関わらず、走行中のお尻の痛みがほとんどなくなりました。

新しいサドルが身体にフィットしているという感じがするので、サドルとの相性が良かったというのが痛みが無くなった要因としては大きいでしょうが、ハンドルが変わってポジションが変化したことで、お尻への負担が減ったこともあると思います。

クロスバイクをフラットバーからブルホーン化して変わったことのまとめ

クロスバイクをブルホーン化したまとめ

ブルホーン化したクロスバイクの特徴

クロスバイクのESCAPE Airをフラットバーからブルホーンバーにしたことによって、クロスバイクの最大の利点である気軽に乗れるスポーツバイクというところが消えて、ロードバイク的に、乗る前の準備をしっかりして・・・というような自転車になった気がします。

例えば、近所のスーパーや書店まで買い物に出かける、といったような日常使い的な用途であれば、明らかにフラットバーの時の方が便利で使いやすいクロスバイクであったのは間違いないと思います。

しかしながら、僕の場合は20km〜40km程度の走行がメインで、30kmを越えてくるとフラットバーだと少々しんどいと思えるような距離でしたが、ブルホーンバーにすると、それほどしんどいとは感じなくなりました。そんなことからブルホーンバーはフラットバーよりも長距離向きな自転車だと思います。

つまりは、クロスバイクがロードバイクとマウンテンバイクの中間の自転車であるならば、ブルホーンバーの自転車はクロスバイクとロードバイクの中間のような自転車になり、クロスバイクをロードバイク寄りに改造、カスタマイズしたいと考えている僕の狙いとしては、しっかりと目的を叶えるものとなりました。

正直なところ、フラットバーからブルホーンバーに換装した当初は、しばらく乗ったらまたフラットバーに戻してしまおうかと思ったりしたのですが、ポジションを調整して、乗り馴れてくるとフラットバー以上に快適に乗れるようになり、ブルホーンバーに換えて良かったなあと思えるようになり、すっかり気に入って乗っています。

2014.10.19
55kmほど走って来たので感想です。
フラットバーよりもブルホーンバーの方が、明らかに楽に走れるようになったと思います。
55kmを長距離とは言わないとは思いますが、普段の僕の走行距離からすると長距離で、ストップ&ゴーの多い都心でそのくらいの距離を走ると後半は少々疲れ気味で惰性で走っている感じがありました。
しかし、今回は目的地に辿り着いてもまだまだ走れる感じで遠回りして帰ろうかなと思うくらいの余裕がありました。
サイクリングロードなど条件の良い道を走れば100kmも楽に走れるかもしれません。

ブルホーン化がお勧めできる人

スピードアップしてより軽快に走りたい人、愛車の見た目を個性的にしたい人、クロスバイクからさらに一歩進んだ感じの自転車の変化を楽しみたい人などにはブルホーン化はお勧めできる改造だと思います。

・クロスバイクにこだわりたいけどスピードをもっと出したい人
・見た目をもっと個性的にしたい人
・クロスバイクから一歩進んだ乗り心地を体感したい人
・クロスバイクで長距離をもっと乗りたい人

ブルホーン化がお勧めできない人

ご近所へのちょっとした用事に使えるお気軽自転車としてクロスバイクに乗っている人や、現状よりも不便にしたくない人などはブルホーン化せずにフラットバーのままの方が良いのではないかと思います。

・自転車を気軽に乗り続けたいたい人
・正確な変速にこだわりたい人

以上、フラットバーからブルホーンバーに換装した感想でした。

ブルホーン化に関する記事はこちらにまとめてありますので参考にしてください。

Comment

  1. […] さらにその後、escape airのハンドルをブルホーンバーに換装しました。 escapa airをブルホーン化しちゃおうか計画(下調べ) escape のブルホーン化した姿を黄金比で考える escape airのブルホーン化の仕様について escape airのブルホーン化のパーツ購入 escape airのブルホーン化へ換装 escape air ブルホーン化 試走 escape air ブルホーン化して見た目を気にしてみる escape airのサドルの高さの見直し escape airをフラットバーからブルホーンにして変わったこと […]

  2. […] さらにその後、escape airのハンドルをブルホーンバーに換装しました。 escapa airをブルホーン化しちゃおうか計画(下調べ) escape のブルホーン化した姿を黄金比で考える escape airのブルホーン化の仕様について escape airのブルホーン化のパーツ購入 escape airのブルホーン化へ換装 escape air ブルホーン化 試走 escape air ブルホーン化して見た目を気にしてみる escape airのサドルの高さの見直し escape airをフラットバーからブルホーンにして変わったこと […]

  3. […] その影響か、同じような感じで自転車をこいでいても、速度が3km/hくらいは速いスピードを維持できるようになりました。 詳しくは「escape airをフラットバーからブルホーンにして変わったこと」 […]

  4. urime より:

    このサイトの記事を参考に(ほぼ同じパーツを買わせていただきました!ワイヤー等買ってないけど大丈夫かな・・・)ロードバイクのブルホーン化に挑戦してみます!自分でダメだったらちかくのあさひかイオンバイクでやってもらうことにします!とても参考になる記事ありがとうございました!

    • escape air より:

      urime様
      コメントありがとうございます。参考になったようなら何よりです。
      元がロードバイクであればブレーキはキャリパーでしょうから、ブレーキレバーもそのままいけると思われるので、頑張ってください。きっと良い経験になるかと思います!

  5. Enjoy d より:

    自分もクロスバイクでVブレーキなのですがescapeさんとあまり変わらないようにしたいと思ってるのですがやはり今のVブレーキで使ってるワイヤーをそのまま使うことは出来ないのですかね

    • escape air より:

      Enjoy d様
      一概に言えない部分もあると思いますが、フラットバーからブルホーン化しようと思うとワイヤーの長さが足りなくなるので基本的には使えないと思った方が良いかと思います。
      アウターケーブル、インナーケーブルともに換えなければいけないと思いますが、このあたりは消耗パーツでもあるので1500円もあれば揃えられるものですので、新調されたほうが良いのではと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑