*

ロードバイクのフレームに組み込める電動モーターVIVAX assist

公開日: コンポーネント, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

電動モーターVIVAX assistPhoto via:http://vivax-assist.com/en/produkte/vivax-assist-4-0/vivax-assist_4-0.php
普通の自転車でヒイコラ言いながら登るような坂道でもスイスイと登ることができるようになる電動アシスト自転車は、一度乗ると手放せなくなるほど自転車の世界を変える装備。

一般的には電動アシスト自転車と言えば、ママチャリやシティサイクルを思い浮かべてしまいますが、2015年末にはYMAHAから電動アシスト付きのロードバイクYPJ-Rが登場して話題にもなりました。

スポーツサイクルと電動アシストとは相反するもののようにも思えますが、グループライドなどに出かけた時に、体力の劣る人でも、グループライドで遅れをとらずに走れるようになるので、体力の無い人にとって電動アシスト自転車は、自転車の楽しみの世界を広げてくれる大切なアイテムとして需要が出てくるのではと思ったりもします。

なかなかナイスなアイディアだとは思うのですが、ロードバイクのフレームがカッコ良くても、電動アシスト自転車特有のクランクと、バッテリーが搭載されて、なんだかとってもカッコ悪い自転車になってしまっては台無しです。

何かもっと、さりげなく、出来れば搭載していると気付かれないような電動アシスト自転車は無いものかと調べてみるとVIVAX assistというロードバイクのフレームに組み込めるタイプの電動モーターを発見。

有名な製品のようで、世界最大の自転車イベントであるユーロバイクなどにも出展していてすでに10年も歴史があるようです。

ロードバイクのフレームに組み込める電動モーターVIVAX assist

160201_2Photo via:http://vivax-assist.com/en/
VIVAX assistは、バッテリーまで含めた重量が1.8kgで、本体はシートチューブに収納出来てしまうほどコンパクトな電動モーターなのです。

電動モーターVIVAX assistのスペック

■ドライブユニットはスタンダードタイプとレースタイプの2種類から選択。
■リモコン制御 ワイヤレスタイプ有 オプション €139
■出力:200w
■バッテリー:リチウムイオン電池
・6Ahタイプ 稼働時間:60分 重量:850g
・9Ahタイプ 稼働時間:90分 重量:1,250g オプション €199
・ボトルタイプ 6Ah 稼働時間:60分 重量:950g オプション €399
■適合サイズ:シートチューブ 31.6 mm か 30.9 mm
■専用シートポスト アルミ/カーボン/cane creak
■重量:1.8kg バッテリー含む

■基本セット €499(約65,000円 2016.2.2現在)
■一番高いセット €3,665(約480,000円 2016.2.2現在)

■公式サイトからカスタムオーダーもできる

ぱっと見で電動モーターが仕込まれているなんて全く分かりませんね。
その割にすごくグングン回ります。
メカニカルドーピングが心配されるのも頷けます。

【関連】Femke van den Driessche選手のメカニカルドーピング関連の動画のまとめ|Escape airと自転車ライフ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑