*

道路交通法が改正されて自転車運転者講習がスタートして3ヶ月の様子

公開日: 道路交通法・ルール

自転車運転者講習

2015年6月に改正道路交通法がスタートして、飲酒運転や信号無視など危険なルール違反を繰り返す自転車運転者を取り締まれるようになり、違反を繰り返した運転者に対して自転車運転者講習を義務づけられるようになってから3ヶ月経ちました。

改正道路交通法がスタートする前後はテレビ等のメディアでも一斉に取り扱われて話題にもなりました。

それから三ヶ月、自転車マナーが向上したような、相変わらずなような、そんな気もしないでもないですが、改正道路交通法施行の後にどんな変化が起きたのかなどを、個人的な感想も含めてまとめてみようと思います。

初の自転車運転者講習適用は7月に大阪で

自転車運転者講習
初めて自転車運転者講習の受講命令が出たのは大阪。
前輪にブレーキがない自転車を繰り返し運転した大阪市大正区の男性会社員(29)に対し、改正道交法に基づく安全講習の受講命令が出たのが最初の適用でした。
7月15日に検挙され31日に二度目の検挙で適用となったようです。

ソースによれば、案の定とでも言うべきでしょうか、ブレーキ問題で槍玉に挙りやすいピストバイクに乗っていたようです。
安全講習、初の受講命令=ブレーキない自転車運転-大阪

改正道路交通法がスタート後の事故

自転車運転者講習事故
改正道路交通法がスタート早々の6月10日に千葉市稲毛区で当時大学生の男(19)が運転していた自転車にはねられて東京都内の女性(77)が死亡するという事故がありました。
こちらも、槍玉に挙りやすいスポーツタイプの自転車に乗っていたとのこと。
自転車で死亡事故、容疑の19歳を書類送検 千葉

改正道路交通法は事故減に効果があったのか?

改正道路交通法がスタートとして、みんなそれなりに安全運転を意識するようになったものと思われますが、その結果、事故が減ったのかどうか・・・

大阪日日新聞の記事「自転車事故 今月も犠牲者 改正道交法 施行3カ月(2015年8月24日)」によると

6月以降も1カ月ごとの事故件数は千件前後で推移し、大きな改善は見られない。自転車が絡んだ事故で亡くなった人も前年同期の2倍以上

とのことで、施行前と比べて大きな変化はないようで、事故抑止に対しての効果はあまり無いのかもしれません。

ちなみに、死亡事故は、やはり信号無視によるものが多いそうです。

但し、わずか3ヶ月間でのデータなので誤差の範疇かと思います。長い目でみて、みんなの交通マナーや法律を守る意識が高まれば、自ずと事故は減るのではないかと思われます。

改正道路交通法の取り締まり対象

自転車運転者講習取り締まり
改正道路交通法の取り締まり対象は、危険行為とみなされる14の項目でしたが、実際問題でまだまだ街中を走る自転車の危険行為は自動車のように厳しく取り締まられていない状態だと思います。

範囲が広範囲に渡ることや、曖昧で判断出来ない部分も多いのが原因だと思いますが、そんな中で、酒酔い運転などが取り締まり対象として強化されているような印象を受けます。

<自転車危険行為>酒酔い運転など6人登録(河北新報)酒運転と自転車事故防止 県警チーム取り締まり強化(愛媛新聞)
酒に酔い自転車、書類送検の男に異例の罰金命令(読売オンライン)

夜間の方が警察の見回りも多いですし、職務質問なども多くなります。飲酒検問なども夜間に行なわれることが多いので、警察としても自動車等の取り締まりと同じ流れ出取り締まりできるため効率的だからではないかと思ったりします。

信号無視などは「青だった」「いや、赤だった」の押し問答になることも多いでしょうが、酒酔い運転の場合は問答無用でアウトですから、その点でも取り締まりしやすいのでしょう。酒酔い運転は危険行為の中でも悪質なものなので、積極的に取り締まってもらって良いと思います。

改正道路交通法で曖昧な、ながら運転への対応

自転車運転者講習曖昧なながら運転
改正道路交通法の施行とともに話題になったのが、イヤホンや携帯電話などを使用して運転する、いわゆる「ながら運転」への取り締まりについてでした。問い合わせする先によって判断が違ったり曖昧さを残したままで、混乱を招いたりもしていましたが、その曖昧さを解消する動きも出て来ているようです。

例えば、栃木県の公安委員会では、イヤホンや携帯電話などの「ながら運転」を県道交法施行細則で禁止して、2015年9月1日から罰金の対象にするようです。

自転車「ながら」運転、9月1日から罰金 栃木

ちなみに道交法施行細則でイヤホンや携帯電話の使用は2015年6月の改正道路交通法施行以前から禁止している地区も多く、神奈川県、千葉県、埼玉県、新潟県、茨城県、長野県、愛知県、長崎県、高知県、徳島県などが禁止しているようです。

ちなみによくある疑問の一つの片耳イヤホンに関しても、禁止している場合がほとんどです

改正道路交通法施行の後に売れるようになったもの

雨がっぱ

改正道路交通法で傘差し運転も安全運転義務の点で取り締まり対象になっているため、傘差しをやめて雨ガッパを買う人が増えているようです。

雨がっぱ:大売れ 道交法改正、自転車の傘差し「アウト(毎日新聞)

印象として、確かに改正道路交通法が施行された後に、カッパを着用して運転している人が増えたような気がします。
売れているのはポンチョタイプのようです。

傘固定器具

自転車のステム部分等に取り付ける傘を固定する為の器具への問い合わせも増えているようです。使用に関してはグレーな部分で、上記のイヤホンや携帯電話の使用を禁止している地区では、固定器具の使用を控えるように促すようにしているようです。

自転車に傘固定「さすべえ」大丈夫? 問い合わせ相次ぐ 大阪だけの特異現象、大阪府警は「使用控えて」 (1/3)

自転車用保険

改正道路交通法が施行される前後で、自転車による事故でも高額な賠償金が請求される判例があったため保険会社などもそれに乗じて積極的に営業をかけているようなので、いままで無保険で平気だった自転車への保険への感心も高まっているとのこと。

<話題の焦点>=道路交通法が改正、自転車保険の注目度高まる(Kabutam 2015年08月03日)
自転車保険、契約ペース倍増 賠償金の高額化など背景に(朝日新聞 2015年7月13日)

改正道路交通法施行の後の個人的な印象

自転車運転者講習個人的な印象
改正道路交通法が施行されて三ヶ月。
個人的な感想、印象としては、まだまだ傘差し運転や信号無視、無灯火、逆走などには遭遇しますし、本気で取り締まり対象とされているような感じも受けません。

ただ、タバコの路上喫煙禁止の時と同じで、ルールが出来ると、多くの人がそのことを意識することによって少しずつ改善されてくるものだと思います。

最初こそ巡回して取り締まる人も居ましたが、お構い無しに吸う人が多数だったにも関わらず、そのうち周りの人から白い目で見られるようになってきました。

そうすると罰則を厳しくしなくても、自然と喫煙所で吸う人の数が多くなり、歩きタバコをしてはいけないような雰囲気が形成され、喫煙マナーは一気に改善されたように思います。そのおかげで今では一部の人しか、歩きタバコはしないような感じです。

それと同じ流れで、自転車の場合も、傘差し運転や信号無視をすれば、周りの人から白い目で見られ気まづい思いをするようになれば、徐々にマナーは改善されていくものと思っています。そういう意味ではまだ施行されて三ヶ月ですから、全体のマナーがよくなってくるにはもう少し時間が必要なのかもしれません。

というわけで今後も自転車の交通マナーについて観察していきたいと思いますし、僕も自転車に乗る一人として、安全運転をしっかりと意識したいと思います。

関連記事
受講料5,700円!道交法改正で自転車運転者講習が義務化!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑