クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

道路交通法・ルール

自転車の交通違反で受講料5,700円の自転車運転者講習が義務化に

更新日:

平成27年6月1日から、交通の危険を生じさせる違反を繰り返す自転車の運転者に対して、自転車運転者講習が義務化されました。

自転車の悪質なルール違反には罰則がある

自転車運転者講習

ルールを守らずに危険行為を繰り返す自転車運転者は自転車運転者講習が義務化されています。

危険行為の項目に関しては下の方で解説しますが、ざっくり説明すると、信号無視や酒酔い運転などの特に悪質と思われる14項目で、これらの項目の違反を3年以内に2回以上繰り返す自転車運転者に対して、自転車運転者講習(有料)が義務づけられています。

自転車運転者講習とは

政令で定める14項目の危険行為を3年以内に2回以上行った自転車運転者に命じられる講習で、受講命令に違反した場合は、罰則(5万円以下の罰金)の対象となる。

自転車運転者講習の内容

● 講習時間は3時間。
● 手数料は5,700円。
● 対象は14歳以上

重要視したい項目

● 信号無視
● 遮断踏切立入り
● 指定場所一時不停止等
● 歩道通行時の通行方法違反
● 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
● 酒酔い運転

警察庁が作成した自転車運転者講習の資料(現在は削除)では、14の項目のうち上記の6項目を、イラスト入りで強調して解説していたので、これらの違反が特に重要視されているのだと思います。自転車にとって事故が多いのも上記の項目になるかと思います。

自転車運転者講習対象:14項目の危険行為

信号無視(道路交通法第7条)

自転車運転者講習 信号無視

信号は守りましょう。
3歳の子供でも知っていることですが、赤信号は停まれです。ちなみに自転車の死亡事故のほとんどは信号無視によるものだそうです。

通行禁止違反(道路交通法第8条第1項)

自転車運転者講習 通行禁止違反
Photo via:道路標識一覧

通行止めや車両通行止め、自転車通行止めの場所や、歩行者専用路側帯を通行してはいけません。どうしても通りたい場合は自転車から降りて通行しましょう。(通行止め以外)自転車の場合は降りてしまえば歩行者扱いになります。

ただ、自転車の場合、多くの場所で歩行者と同じ扱いを受けていることが多く、車両通行止めの標識があっても補足で「自転車は除く」と書かれている場合がほとんどなので、実際問題で引っかかることは少ないかとは思いますが、上記の標識はしっかりと覚えておきましょう。

歩行者用道路における車両の通行義務違反(道路交通法第9条)

自転車運転者講習 歩行者用道路における車両の通行義務違反

歩行者用道路は一部の例外を除いて原則通行ができません。通行したい場合は自転車から降りましょう。

通行区分違反(道路交通法第17条第1項、第4項、第6項)

自転車運転者講習 通行区分違反

自転車道が設けられた道路の場合は歩道や車道ではなく自転車道を走りましょう

路側帯通行時の歩行者の通行妨害(道路交通法第17条の2第2項)

自転車運転者講習 路側帯通行時の歩行者の通行妨害

路側帯を走行する際は、歩行者が優先です。妨げにならないようにしましょう。

路側帯・・・歩行者の通行のため、歩道のない道路の路端寄りに設けられた帯状の部分

遮断踏切への立ち入り(道路交通法第33条第2項)

自転車運転者講習 遮断踏切への立ち入り

遮断した踏切の中へは入らない。これも保育園児でも知っていることかと思いますし確実に死にます。

交差点での優先道路通行車妨害など(道路交通法第36条)

自転車運転者講習 交差点での優先道路通行車妨害

優先道路を走っている車両の通行の妨げにならないようにしましょう。

優先道路:道路標識等によって優先道路が示されている道路。
標識が無い場合は、道幅が大きい道路が優先される。

交差点右折時の通行妨害など(道路交通法第37条)

自転車運転者講習 交差点右折時の通行妨害

右折車、直進車、左折車に対する進行の妨げにならないようにしましょう。自転車は道路の左端を走行して二段階右折するのが基本。

環状交差点での安全進行義務違反など(道路交通法第37条の2)

自転車運転者講習 環状交差点での安全進行義務違反
環状交差点では、環状交差点内を通行している車両等が優先されるので、これらの車両の通行の妨げをしない。
環状交差点の交通方法

一時停止違反(道路交通法第43条)

自転車運転者講習 一時停止違反

一時停止の場所では止まりましょう。住宅街などでよく見かけるマークですが、守られていませんね。ちなみに踏切も直前で一時停止は必須です。こちらも守られていませんが。

歩道通行時の通行方法違反(道路交通法第63条の4第2項)

自転車運転者講習 道通行時の通行方法違反

自転車が自転車が通行可能な歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行し、歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しましょう。

制動装置(ブレーキ)不良自転車の運転(道路交通法第63条の9第1項)

自転車運転者講習

整備されたブレーキを装備した自転車に乗りましょう。一時期流行したノーブレーキピストなどは取締対象です。

酒酔い運転(道路交通法第65条第1項)

自転車運転者講習 酒酔い運

自転車でも飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。を徹底しましょう。残念ながら僕の住んでいる街の駅前の居酒屋の前には客の自転車が沢山並んでいます。自転車でも飲酒運転です。

安全運転義務違反

自転車運転者講習 安全運転義務違反

傘差し運転や、スマートフォンや携帯などのながら運転、親子自転車など許された仕様以外での二人乗り、無灯火などが対象になります。この決まりが出来た当初はイヤフォンはグレーゾーン的な扱いを受けていましたが、今は禁止されるようになっていると思います。こちらも残念ながら守られていませんね。

個人的な考えなど

現状ではまだまだ無法状態の自転車ですが、自転車が絡む事故も多いですから、自動車やバイクなどと同じように、違反した場合は厳しく取り締まられる時代が来るのかもしれません。

改定された直後はそれなりに話題になりましたが、実際問題であまり真剣に取り締まっている様子はないというのが現状で、悪質な交通ルール違反をする自転車を見掛けない日はありません。

個人的には、危険な思いをすることが多い、信号無視、一時停止無視、無灯火、逆走、傘さし運転については、徹底して取り締まって欲しいと思ったりしますが、警察はいつ本腰を上げて対策をしてくれるのでしょうかねぇ。

関連情報

自転車運転者講習制度(警視庁)
自転車運転者講習(警察庁)

関連記事

自転車マナーと交通規則やルールに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-道路交通法・ルール
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.