マナー

改正道路交通法で自転車の危険行為の取締は行われているのか?と自転車指導警告票について

更新日:

自転車の危険行為の摘発

2015年6月に改正道路交通法が施行されて、自転車でも悪質な違反があれば処分の対処となり、悪質な違反が重なれば講習を受けなければいけないようになりました。

改正道路交通法が施行されてから数年が経った今現在、相変わらず信号無視や逆走する自転車は多いですが、それでも施行当初よりは幾分マナーが向上したように感じる今日この頃です。

施行された当初はニュースでも取り締まりされている様子が報道されたりしていたようですが、実際どのレベルで取り締まりが行われているかはよく分からない部分もありますよね。

実際問題で、僕自身取り締まりを受けたことは無いですし、取り締まりを行っている場面にも出くわしたことがありません。

そんなわけで、改正道路交通法が施行されてしばらく経つ今現在、自転車の危険行為の取り締まり状況は一体どんな感じなのかを調べてみることにしました。

自転車の危険行為の摘発数

自転車の危険行為の摘発数

検挙件数

平成26年(2014)8,070件
平成27年(2015)12,018件 ★改正道路交通法施行
平成28年(2016)13,820件

警察庁の自転車の交通指導取締り状況の資料によれば、改正道路交通法が施行の前後の数字の変化を見ると、指導警告票交付件数や検挙件数は一応増えているようです。

検挙内容

信号無視 6,809件
しゃ断踏切立入 3,890件
一時不停止 824件
乗車・積載違反(二人乗りなど) 576件

信号無視の検挙数が多いのは、全体での違反数も圧倒的に多いものと思われるので納得ですが、意外と多いのが、しゃ断踏切立入です。

その背景として、重大事故に繋がる違反ほど取り締まりが強化される傾向にあると思われるので、重大事故に繋がってしまうような信号無視、しゃ断踏切立入 、一時不停止などがは積極的に取り締まりが行われているのではないかと想像できます。

自転車指導警告票

自転車指導警告票

悪質と思われる自転車の違反をした際に警察から手渡されるもの。
「自転車指導警告カード」と呼ばれる黄色い票で各種違反内容が書かれてるいて、その時に違反したと思われる内容にチェックが入った状態で渡されます。

特に法的な効力は無いようですが「お前がやった行為は違反行為だから今後は気をつけろよ」というような警告を意味し、違反が刑事罰に繋がりますよということを周知させるのに活用されているようです。

改正道路交通法が施行される以前から自転車指導警告票はあったようですが、取り締まった自転車の全ての違反者を講習で捌くのは無理があるんでしょうね。

しかしながら違反を見過ごす訳にもいきませんし、全てを捌けるわけではない。そこで違反者に対して警告的なアクションが出来て交通マナーの向上にも繋がるようなツールとして自転車指導警告票が活用されているという感じなのでしょう。

指導警告票交付件数

平成26年(2014)1,728,060件
平成27年(2015)1,850,828件 ★改正道路交通法施行
平成28年(2016)1,579,541件

上記の自転車の交通指導取締り状況を見ると、結構な枚数が発行されているのが判ります。

えーと。
2016年で1,579,541件
158万枚!
1日あたり3,000枚を配っている計算です。

僕自身はまだこの指導警告票を見たことがありませんが、当然この交付されるということは違反をした人だということですね。しかもみんながみんな交付されているわけではないので、物凄い数の違反が日々行われてる事になります。

各自治体や学校機関などへも依頼して自転車指導警告票の情報を活用した交通安全教育の推進を計っているようですが、自動車並みにルールを守るのが当たり前になるような日はまだまだ先のようです。

自転車指導警告票をもらって「あぁ違反なのか」と納得して気をつけてくれるなら良いのでしょうが、twiiterのタイムラインなどでも意味がないから大丈夫!というような感覚のツイートをしている人も少なからずいて意識の低さが目立ちますね。個人的にはそんな甘くて紙と無駄な労力を浪費するくらいなら、即罰金で良いと思いますけどねぇ。

自転車指導警告票の情報を活用した交通安全教育の推進について(依頼)(文部科学省)

自転車の取り締まり強化は大賛成

自転車の取り締まり強化

自転車は免許が必要ないので、小学生や中学生などの免許を持たない人に対してルールを理解させるのは難しいなどの声もあります。

しかしながら、そう言った心配はもっとマナーが向上してからの話だと思います。
だって今の時点では信号を守るとか、酔っ払い運転をしないなど、ごく当たり前のレベルですらも守られていないわけですから、せめて当たり前のことが守られるくらいにはマナーアップして欲しいなと思います。

罰則なしでマナーが改善されないのであれば、罰則化になるのは仕方のないことだと思いますし、あまりに目に余る無法状態ですから、ここらで本格的に取り締まっていく時期なのだと思います。

自転車乗りの最悪だと思うマナー違反については下記の記事でまとめています。

何もそこまで・・・という声も聞かれた自転車の取り締まりですが、厳罰化すればするほど自然とマナーは向上していくでしょうし、きちんと守っている人にとっては自転車に関する風当たりや環境が良くなることでもあるので、ルールを守っている人にとっては反対する理由もありません。

ルールを守ることの大切さやルールは守るべきことだということが自転車に乗る人の間でも広く知られていけば良いなと思います。

-マナー
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.