*

クロスバイクの改造やカスタマイズを人に相談すると反対される理由

公開日: カスタマイズ考, 自転車メンテ・改造

クロスバイクの改造やカスタマイズを人に相談すると反対される理由

クロスバイクでもっと速く、もっと快適に走れるようにしたいと考えた時に思い浮かぶのは、クロスバイクのパーツを交換するような改造、カスタマイズで、興味のある方も多いかもしれません。

しかし、いざ改造やカスタマイズをしようと計画し、自転車に詳しい方々や自転車屋さんに相談すると、かなりの確率で「そんな無駄なことはやめて素直にロードバイクを買った方が良い」というようなアドバイスを頂くことになります。

クロスバイクの改造やカスタマイズ無しでは、僕の自転車ライフは有り得ないわけですが、もしも僕に同じような相談が来ても、きっと多くの方々と同じように「速く走りたいとか快適に走りたいというのが目的なら、ロードバイクを買っておけば良い」と答えてしまうかもしれません。

何故、クロスバイクを改造、カスタマイズしようとすると反対されてしまうのでしょうか?その理由などについて考えみたいと思います。

クロスバイクの改造やカスタマイズを人に相談すると反対される理由

クロスバイクはロードバイクにはならない

クロスバイクとロードバイクの違い

クロスバイクをロードバイク寄りに改造・カスタマイズしようと考える人の多くは、よりスポーティーな走りを追求したいと考えるからだと思います。

かく言う僕もその中の一人で、クロスバイクに最初から付いていた安物パーツを1つ1つ交換してロードバイク寄りの性能になるように改造・カスタマイズを繰り返してきました。

しかし、クロスバイクとロードバイクは同じスポーツバイクではありますが、全く違う乗り物です。

なので、クロスバイクにロードバイク用のパーツを付けていけば、最終的にはロードバイクのようなクロスバイクは出来上がりますが、ロードバイクにすることはできません。クロスバイクはどれだけ弄ってもクロスバイクでしかないのです

つまり、自転車にロードバイクのような走りを求めるのであれば、クロスバイクを改造・カスタマイズするのではなく、ロードバイクを購入した方が正しいというわけです。

だから、クロスバイクを改造・カスタマイズする理由が、ロードバイクのように軽快に走る自転車にしたいという理由であれば、素直にロードバイクを購入した方が、近道で在り確実に幸せになれる道なのです。

クロスバイクはクロスバイクの魅力がある

クロスバイクをいくら弄ってもロードバイクにならないからと言って、クロスバイクがロードバイクよりも劣っているというわけではありません。

確かに、速く走るという点を考えればクロスバイクはロードバイクより劣っていると言えるかもしれませんが、クロスバイクにはクロスバイクの魅力があります。

気軽に乗れたり、ゆっくりとサイクリングを楽しむなどの点で考えれば、ロードバイクよりもクロスバイクの方が優れていると僕は思います。

クロスバイクをロードバイク風に改造・カスタマイズしていくことも一つの自転車ライフの在り方だと思いますが、クロスバイクやロードバイクの用途の違いやそれぞれの魅力に気付くことで、自転車ライフに幅を持たせられるようになると思います。

逆に言うならば、クロスバイクをロードバイク寄りに改造・カスタマイズするということは、気軽に乗れるなどのクロスバイク本来の長所を無くしてしまうということでもあり、その点は、改造・カスタマイズに手を付ける前に知っておいた方が良い部分でもあります。

クロスバイクを改造・カスタマイズする費用で新しいロードバイクが買える

クロスバイクを改造・カスタマイズする費用で新しいロードバイクが買える

クロスバイクの改造・カスタマイズにはお金がかかります。

改造・カスタマイズの取っ掛かりとしては、グリップやペダルあたりが難易度が低くて良いと思います。

グリップやペダル程度の改造・カスタマイズであれば大した出費ではありませんし、それだけでも快適さは変わりますし、自分だけのオリジナル自転車という感じが出ますから、自転車弄りの楽しさを知るには十分だったりします。

問題なのは、その楽しさにハマってしまうと、もっともっと改造・カスタマイズしたいという欲求が出てきます。

そうすると、なかなか引き返すタイミングが見つからなくなり、どこまでも改造・カスタマイズを繰り返すことになっていくのです。

それほど高いパーツを選んでいない僕の場合でも、今までにクロスバイクの改造・カスタマイズに掛けた費用は、クロスバイクのESCAPE Airを買った値段の数倍は費やしていると思います。

改造・カスタマイズには、パーツだけでなく工具なども必要になってきますから、さらに金額は大きくなります。

改造・カスタマイズを繰り返せば、オリジナリティ溢れる自転車となりますが、客観的に見れば、それは安物アルミフレームのクロスバイクにあれこれと好き勝手にパーツを取り付けた自転車でしかありません。

例えば、僕のクロスバイクにはシマノの3番目のグレードである105をインストールしていますが、実際問題で20万円も出せば、105を装備したカーボンフレームのロードバイクが手に入ります。

つまり、クロスバイクを改造・カスタマイズをする費用で、クロスバイクの他に、もう少しグレードの高いロードバイクも購入できていたのです。

また、クロスバイクのESCAPE Airも所詮10万円以下のクロスバイクですから、純正パーツは全て安物パーツです。改造・カスタマイズをして取り外した純正パーツを別の何かに流用したいと思えるほどのパーツはありません。

改造・カスタマイズをしなければ、それらのパーツもクロスバイクの用途としては十分な働きをするものと思われますが、一度外してしまえばゴミ同然です。

それであれば、クロスバイクは純正パーツのままの状態をキープしておいて、改造・カスタマイズに費やす予定のお金を、ロードバイクを買う資金として考えた方が無駄が少ないのです。

そんなわけで、クロスバイクを改造・カスタマイズのであれば、余計な事はせずにロードバイクを買いなさいという答えになってくるのです。

クロスバイクとロードバイクの二台持ちが出来る

ロードバイクを買ってもクロスバイクは無駄にならない

クロスバイクを改造・カスタムするつもりのお金があるなら、ロードバイクを購入する予算にまわした方が良い、というアドバイスを聞いても、クロスバイクを買ったばかりだと、せっかく買ったクロスバイクが無駄になってしまうと感じてしまうかもしれません。

せっかく買ったクロスバイクを無駄にはしたくない、だけどロードバイクには興味が有る。だったらクロスバイクを改造して、ロードバイクのようにしてしまえばいいじゃないか!そうすれば無駄が少なくて済む、という感じです。

しかし、クロスバイクを買った後にロードバイクを買ってもクロスバイクが無駄になるということはありません

何故ならば、クロスバイクとロードバイクは、同じスポーツバイクでも全く用途の違う乗り物です。

10万円程度の入門機と呼ばれるレベルのロードバイクだと、クロスバイクとの差は少ないかもしれませんが、20万円クラスのそこそこグレードの高いロードバイクになると、クロスバイクとの差をハッキリと感じられるはずです。

クロスバイクは日常使いで街乗りや、ちょっとそこまでの気軽なサイクリングで使用して、ロードバイクは本格的にサイクルジャージを着込んでストイックに走り続けるような用途としてハッキリと使い分けが出来るのです。

ロードバイクに乗ろうと思うと、服装などもそれなりの服装になってきます。
より快適により速く走るためには乗る前にいろいろと準備が必要になり、どんどん気軽な乗り物ではなくなってきます。

Gパンにサンダル履き、みたいな気軽な服装でロードバイクに乗るなんて考えられなくなってくるわけです。

また、車体価格も高くなってきますから、コンビニですら気軽に立ち寄れなくなってしまいます。

それに対してクロスバイクは気軽に乗り回せます。
Gパンにサンダルでも違和感はありません。コンビ二にだって気軽に立ち寄れます。近所をフラフラ散歩するノリでサイクリングを楽しめるのです。

ところが、改造・カスタマイズを重ねていくと、クロスバイクであっても、どんどん気軽さがなくなってきます。

ロードバイクとの用途の差別化がしづらくなってしまうため、中途半端なポジションになってしまうのです。

クロスバイクの改造・カスタマイズをしているような人が、ロードバイクを購入した後に、クロスバイクを元の仕様に戻す、というようなケースが多いのも、クロスバイクとロードバイクの用途を明確に分けたいからだと思われます。

なので、クロスバイクを買ったにも関わらず、ロードバイクが欲しくなった場合は、クロスバイクを改造・カスタマイズしてロードバイク寄りにしようとするのではなく、素直にロードバイクを購入した方が、いろいろと無駄が少なくなるというわけです。

クロスバイクの改造・カスタマイズの是非のまとめ

クロスバイクの改造・カスタマイズの是非

クロスバイクを入門用として購入し、次第にスポーツバイクの楽しさが理解出来るようになると、もっと速く、もっと快適に乗りたいと考えるようになります。

速く走るためにはクロスバイクよりもロードバイクの方が適していますから、必然的にロードバイクが欲しくなります。

俗にロードバイク欲しい病などとも言われたりしますが、せっかく買ったクロスバイクもまともに乗らないうちにすぐにロードバイクを買うなどということはなかなか出来ることではありません。

そこでクロスバイクの改造・カスタマイズをして、少しでもロードバイクのように速く快適に走りたいと考えたりするわけです。

しかし、単純にロードバイクに憧れてロードバイクに乗りたいからクロスバイクの改造・カスタマイズを行なおうとするのであれば、その費用で新しいロードバイクを買った方がハッピーになれるというのが多くの方の意見かと思われます。

だから、クロスバイクの改造・カスタマイズを相談しても「無駄だからやめておきなさい」と言われてしまうのです。

さんざんクロスバイクの改造・カスタマイズをしてきた僕自身もそう思います。
ロードバイクに乗りたいのであれば、ロードバイクを手に入れるしか目的は叶えられません。

追記 それだけじゃない自転車ライフ

最初からベストな選択はできない

クロスバイクの改造・カスタマイズの是非

クロスバイクを改造・カスタマイズしようと誰かに相談すると、やめておきなさいと言われる理由についてまとめてみましたが、この結論に辿り着いたのは、クロスバイクにある程度の期間乗ってみて分かったことがあるからであって、別にそれが全ての答えというわけではありません。

例えば、僕が誰かの忠告に従って、愛車のクロスバイクのESCAPE Airの改造・カスタマイズをせずに、ロードバイクを買ったとします。

しかし、その時点で僕が出せるロードバイクの予算は15万円あたりだと思います。
そしてその15万円の予算でロードバイクを選んでるうちに予算をオーバーして20万円前後のロードバイクを手に入れることになると思います。

そのあたりの価格帯で考えられるスペックはカーボンフレームで105とTiagraの混合コンポーネントになるでしょう。ホイールはSH-501あたりになると思います。

上記のスペックは初心者にしてはかなり頑張ったロードバイクになると思いますが、いろいろとスポーツバイクのことが解ってくると、ULTEGRAやDURA ACEにしたくなったり、もっと良いホイールやフレームにしたくなったりで、結局カスタマイズしてしまうことになっていたはずです。

つまり、改造・カスタマイズの次元が違うだけで、クロスバイクと同じ道を行くことになるのです。

今でこそ、コンポーネントの種類や自分の乗り方や求める走りに適した装備が何であるかを、ある程度判断できるようになっていると自負していますが、クロスバイクに乗り始めて間もない人がそんな選択や判断ができるわけがないのです。

それを考えれば、本気のロードバイク選びで失敗しないための下地作りとして、クロスバイクの改造・カスタマイズが役に立つのであれば、それはそれで価値があることだと思います。

盆栽だって自転車の楽しみ方のひとつ

クロスバイクの改造・カスタマイズ

自転車に乗る時間よりも、自転車弄りの方がメインになってきたりすると、その状態を揶揄して「盆栽」などと言ったりします。

僕自身、子育て中ということもあって思うように自転車に乗る時間を作れないこともあり、どちらかと言えば乗るよりも盆栽に時間を費やしているような状態です。

人によっては乗ってナンボ!という考え方の方もいらっしゃり、盆栽状態になっていると厳しい意見をいただくこともあります。しかし、自転車弄りも自転車の楽しみ方の一つですし、自転車ライフのカタチとして有りだと個人的には思います。

例えば、プロのロードレーサーの方々は、乗ってナンボ!の世界の頂点に位置する人達だと思いますが、その方々が乗っている自転車をメンテナンスしたりしている方々は、弄ってナンボ!の世界の頂点に位置する人達だと思うのです。

要するに、走る部門でプロがいれば、メンテナンス・カスタムする部門でもプロがいます。

そういうものだと思いますし、狭い枠の中に限定されないで、いろんな楽しみ方があって然るべきだと思うのです。

そんなわけで、自転車に乗るのも楽しいですが、それと同じくらいに改造・カスタマイズするのも楽しいものですから、とどのつまりは人に何と言われようとクロスバイクの改造・カスタマイズをしたいと思うのであればやってみれば良いと思います。

自転車を弄ることでいろいろと自転車について知る事も増えてきますし、知れば知るほど楽しいものになってきます。

その辺りの楽しさを考えれば、無駄ではないどころか、その楽しみはプライスレスなわけですからいくら改造・カスタマイズでロードバイクが買えるくらいの費用がかかろうと安いものだと思います。

まとめのまとめ

クロスバイクの改造・カスタマイズ

クロスバイクの改造・カスタマイズに対して否定的な考えをもっている方々も沢山いらっしゃいますし、その意見も、すごく尤もな意見だったりします。

判りやすいところで言えば、素人の弄った自転車だと危ないというところだったりします。

しかしながら、自転車には自分自身が乗るものですから自転車弄りをする際にもいろいろと調べてから作業に入るようになります。

実際に僕自身が初めてブレーキ回りを弄った際には乗るのが怖かったものです(苦笑)。そんなこともありますから、きちんと調べるようになり、勉強することで自転車にも詳しくなってきます。

自分で自転車をメンテナンスしたりするようになると、安全に関する意識も自然と高くなるのです。だからやっぱりクロスバイクの改造・カスタマイズは一通りやっておいて良かったなと感じることが多いです。

人にはいろいろな考え方がありますし、目的としていることも異なります。
無駄が無いから正しいだとか、遠回りだから間違っているなどと決められるものではないので、人の意見は大切にしつつ、最終的には自分が一体何をしたいのか?というところにこだわった判断をするのが良いのではないかと思います。

● 楽しむこと
● 安全に気をつけること
● ルールを守ること

この3つを忘れない自転車ライフであれば、それで良しじゃないでしょうか。と僕は思ういます。

Comment

  1. 突然の訪問者 より:

    全部やってみると良いと思います。

    私自身は、クラリスからデュラまでのすべてのグレードのコンポを試した結果、「最下位コンポの良さが際立つな」という結論に至りました。

    どのグレードであろうと、シマノのコンポは「ポンづけ」で動いてしまうため(それはそれで凄いけれども)シマノをいじっていてメンテナンスの技術が上がるかどうかは、やや疑わしいところです。あ、あとパーツ単位で修理ができないのもメンテナンス技術を磨いていけない理由ですねー。ユニット交換ばっかなんだもん(笑)

    対して、カンパは基本的にアホの子なので、色々と考えながら作業する必要があります。最高の整備をしてあげると、超優秀な子に変身するので楽しいです。現行のカンパは、レコード以外、もうだめですけど。超優秀な子の状態を維持するためには、頻繁にメンテナンスをしないといけませんが、それはそれで・・・。年代にもよりますけど、各コンポをバラバラにできるっていうメンテ上の「メリット」があります。

    長文失礼しました。

    • escape air より:

      突然の訪問者様
      コメント有り難うございます。意外な結論ですが、なるほどなーという感じです。
      視点を変えれば優等生過ぎるのも考えもの、というところなのですね。
      僕なんかはまだまだ、そういうことが理解出来るところまでは到底辿り着けていませんが、なんだか楽しい世界が待っているようでワクワクします。
      貴重なコメント有り難うございました!

  2. 乗らないサイクリスト より:

    コスパ的には悪いですけど楽しさはプライスレスですよね。

    サイクリングは頑張りすぎると具合悪くなりますから準備とメンテがメインの私の楽しみです。フロントディレイラーの調整だけで1日のサイクリングが終わる日が多いです。

    • escape air より:

      乗らないサイクリスト様
      メンテナンスやカスタマイズは、やればやるほどで、その度発見があって面白いですね。
      ディレーラー周りの調整は未だになるほどと思う事が多いです。

  3. うーみん より:

    いつも楽しみに読ませていただいてます。
    こんど是非、フラットバーロードに関する考察とか聞きたいです。

    • escape air より:

      うーみん様 リクエストありがとうございます。 近頃フィットネスバイク系のネタが続いてすみません。個人的に興味のあるところでして。。。
      フラットバーについても面白そうですね。近々作文に取りかかってみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑