*

後悔しないおすすめサイクルコンピューターの選び方とその理由

公開日: サイコン, 自転車メンテ・改造

サイクルコンピューターを買うなら高機能モデルがおすすめ

2017年版で再投稿しています。
サイクルコンピューターは僕が自転車ライフを楽しむ上で絶対必要なモノの1つです。

で、どうせサイクルコンピューターを買うのであれば、高機能モデルを買った方が良いですよというその理由をおすすめのサイクルコンピューターの紹介とともにまとめています。

サイクルコンピューターはクロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクには必須とも言えるアイテムで、サイクルコンピューターを装備しておけば「速度」や「走行距離」「走行時間」など自転車に乗るのに重要と思われる情報を走りながらに確認できるようになります。

サイクルコンピューターは速度や走行距離を把握するために使用するだけでなく、サイクルコンピューターから得られる情報から自分の走り方や、その時々の自分の状態を把握できたりもするので、サイクルコンピューターの有る無しではスポーツバイクに乗る動機や楽しみが全く違ってくるのです。

サイクルコンピューターを初めて購入しようとした時、シンプルで安価な初心者向けのサイクルコンピューターや、高機能で高価なサイクルコンピューターまで様々なモデルが存在するので、一体どのサイクルコンピューターを買えば良いのか迷ってしまうと思います。

かつての僕も、沢山の種類のモデルの中からどのサイクルコンピューターを買えば良いのか全く見当がつかず、ケイデンスや心拍数が計れる本格的なモノは必要無いだろうと判断して、速度と走行距離が表示される簡易なモデルを購入しました。

ところが、後々になって多少高価でも、もっと高機能なサイクルコンピューターを購入しておけばよかったと後悔してしまいました。

そんな僕自身の失敗から、サイクルコンピューターの購入を検討している人に対しては高機能なモデルをおすすめるようにしています。

以下、サイクルコンピューターは高機能モデルがおすすめな理由についてまとめてみましたのでサイクルコンピューターの購入の際の検討材料としてご参考にしていただければ幸いです。

僕が安いサイクルコンピューターを買って後悔した理由

安いサイクルコンピューターを買って後悔した理由

僕が初めて買ったサイクルコンピューター

僕が初めて買ったサイクルコンピューターは、サイクルコンピューターではお馴染みのCATEYEというメーカーの、ストラーダ ワイヤレス サイクルコンピューター CC-RD300Wというモデルでした。

ワイヤレスでコンパクトさが売りな中級モデルのサイクルコンピューターです。
このサイクルコンピューターで表示出来るのは

● 走行距離
● 走行時間
● 最高速度
● 平均速度
● 現在の速度
● 時計

などで、一般的な使い方をする範囲ではサイクルコンピューターとしては基本的な情報が全て表示される感じです。

価格的にも高機能なサイクルコンピューターは2万円近くしてしまうのに対して、このサイクルコンピューターは5000円前後でリーズナブルで買いやすかったのも選択理由の1つでした。

サイクルコンピューターの表示は速度と距離があれば十分?

僕がサイクルコンピューターを購入する際に決めていた条件はワイヤレスタイプであることでした。

センサーと本体がワイヤーで繋がっているサイクルコンピューターは価格が安いのですが、せっかくスポーティーなクロスバイクの見た目がワイヤー1つでゴチャゴチャした印象になるのが嫌だったのです。

こだわっていたのはその点だけで、サイクルコンピューターに表示される情報については速度と走行距離さえ表示出来れば充分と考えていました。

高機能なサイクルコンピューターで表示出来るペダルの回転数を表示するケイデンスや心拍計などの情報はレースに出るわけでもないので不要と思っていからです。

速度や走行距離にはやがて興味が無くなる

サイクルコンピューターを購入してから一年ほど経つと、速度や走行距離などの数値を気にすることが次第に少なくなりました。

購入した当初は、速度の変化に一喜一憂したり、走行距離を毎度リセットしてその日の走行距離を必ずチェックしたり、日々増えていく積算走行距離を見て悦に浸ってみたりしていたのですが、速度や走行距離などの情報はそのうちどうでも良くなってきてしまうのです。

と言うのも、スマートフォンの自転車アプリでも速度や走行距離は確認できます。それに加えてGPSを利用して走行ルートも記録できるわけで、スマートフォンアプリと比較すると、サイクルコンピューターのメリットは「バッテリーが長持ちする」「昼間でも視認性が良い」くらいしかありません。

スピードメーターとして現在速度が確認できるというのは楽しいし便利なのですが、経験を積んでくると体感的にだいたいの速度が分かるようになるため、サイクルコンピューターい表示される速度にはやがて興味を示さなくなってくるのです。

それでもサイクルコンピューターが無ければ物足りないというのもあり、必ずサイクルコンピューターは装備するようにしてはいますが、最近はただ惰性で装備しているだけの状態です。

せっかく購入したサイクルコンピューターをただの飾りにしてしまわないためには、高機能なサイクルコンピューターを買う必要があったのです。

● 距離や速度はそのうち興味がなくなる
● 距離や速度はスマフォアプリでも代用出来る

サイクルコンピューターは高機能モデルがおすすめな理由

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD430DW] スピード+ケイデンス+心拍センサー セット

速度や距離よりもケイデンスや心拍計の情報の方が重要

速度や走行距離などの情報は最初こそ楽しいのですが、スポーツバイクに乗る際にはあまり意味が無い情報なのです。

というのも、ロードバイクやクロスバイクに乗っていると「どうすれば速く走れるようになるのか?」とか「どうすれば、長い距離を疲れずに走れるようになるのか?」というようなことを考えるようになります。

それはロードバイクやクロスバイクに乗る人であれば誰しもが一度はぶつかる壁で、ただ乗るだけではなくしっかりと考え、効率的に乗らなければけして速くなることが出来ないということが解ってきます。

そうすると、サイクルコンピューターから得たい情報は、速度や走行距離ではなく、ケイデンス(ペダルの回転数)や心拍数などのトレーニングや効率的に乗るための指標に使える情報になってくるのです。

僕は心拍計のMIO Alphaを使って心拍トレーニングをしてみようと考えた時にこのことに気が付いたのですが、ケイデンスや心拍数などの情報と、速度や走行距離などの情報とでは、情報の質が全く違うのです。

心拍数で運動負荷を調整できる

ケイデンスや心拍計はその時その時の体調や追い込み加減など、トレーニングの負荷を知ったり調整したりするのに必要な情報として利用出来るのに対して、速度や走行距離は単なる数値でしかないのです。

例えば、速度は道路状況や環境に影響されてしまいます。同じ道で同じ距離を走っても追い風なら速くなりますし、向かい風であれば遅くなります。

周りの条件で結果が変わるので、速度が速いから頑張ったとか、速度が遅いからダメだったとは一概に言えずトレーニングの指標として利用することができません。

しかし、心拍数は運動負荷によって数値が変化するため心拍数から運動負荷を知ることが出来ます。追い風でも向かい風でも同じように負荷をコントロールしながら走ることが出来るようになるのです。

心拍数を計測しながら走れるといことは、体調管理や負荷の掛け過ぎを防止するのにも役立ち、日頃のトレーニングやサイクリングの中身を大きく改善するヒントにもなるのです。

負荷を調整しながら走ればロングライドも楽になる

さらにはケイデンスが80の際に心拍数が120を越えないようにするなどの基準で負荷を調整しながらシフトチェンジをすることで、足と身体への負担が少ない走り方ができるようになり、楽に長距離を走るということも可能になるのです。

例えば、平地では重たいギアでケイデンス80を維持できたとしても、坂道でケイデンス80を維持しようとすると負荷が大きくなり、そのままケイデンスを維持し続けると心拍数が高くなり息切れしてしまいます。

そこで軽いギアを使うことで負荷を調整し、心拍数を上げずに、つまりは負荷を一定に保ちつつ、ケイデンスを維持しながら走り続けるようなことが出来るようになります。

こんな感じで心拍数や負荷を意識しながら走れるようになれば、自転車に乗る際のモチベーションや目的意識にも大きく影響します。

ケイデンスや心拍数の情報は、たとえ上級者になったとしてもずっと必要な情報なので、ケイデンスや心拍計機能のついた高機能モデルのサイクルコンピューターを買っておけば、その後もずっとフル活用することができるというわけです。

サイクルコンピューターを購入するのであれば絶対に高機能モデルがおすすめなのはそんな理由があるのです。

心拍トレーニングって何?

心拍トレーニングとは心拍数をヒントにしトレーニングの負荷を判断するトレーニング方法で、心拍トレーニングでは個人個人の体力に応じたトレーニングが出来るようになります。

例えば、僕が一昔前の考え方では、マラソンや持久走の速い人は、体力があるだけでなく苦しさにも耐える根性がある人で、遅い人は苦しいとすぐに諦めてしまう根性の無い人というような評価をされていました。

僕は野球部に所属していて全員が列になって延々とグラウンドを走ることがありました。体力のあるチームメイトは余裕で走っているその横で、体力の無い僕は息も絶え絶えで必死でついていくしかありませんでした。皆から遅れればダメなヤツだという評価になってしまうからでした。

しかし、体力には個人差があり、みんなが同じ速度で走れるわけではないのいうのは、今となっては当たり前のこととして理解されるようになってきたと思いますが、昔はそうではありませんでした。

体力が無い人を無理矢理に速い人と同じペースで走らせようとすれば、当然途中で潰れてしまいますし一歩間違えば事故にも繋がります。

そこで、個人個人で限界点や負荷の具合を見極める為の基準として心拍数が注目されるようになり生まれたのが心拍トレーニングというわけです。

心拍数を基準にすれば、それぞれの運動負荷の程度を知ることができ、みんなが同じメニューを同じ時間でこなすのではなく、体力に応じた運動量で運動負荷を調整することができるようになります。

また、負荷をコントロールすることで、筋力アップや体力アップなど目的に応じた効率的なトレーニングが可能になるのです。

違うメニューでも負荷が同じであれば、みんな同じように頑張ったという評価も出来るようになるというわけです。

最近では腕時計タイプの心拍計でいろいろなタイプの心拍計があり、日常生活から心拍トレーニングやちょっとした運動の時の負荷の目安などを知ることが出来ます。価格もそれほど高くないのとちょっとオシャレなデジタル時計にも見えて、調べていると欲しくなってしまいます。

● ケイデンスや心拍計の方が重要
● ケイデンスや心拍計はトレーニングにも使える
● ケイデンスや心拍計は体調管理、運動負荷の管理に使える

高機能なサイクルコンピューターを買わないと後悔する

ガーミン(GARMIN) EDGE 520J 日本語版 GPSサイクルコンピューター(単体)004402

僕自身もサイクルコンピューターを購入する前には、いろいろな自転車系のブログやニュースサイトを見ておすすめのサイクルコンピューターについて調べたりしました。

その際にも「安いサイクルコンピューターを買っても、結局、ケイデンスなどの情報を知りたくなるので、最初から高機能なサイクルコンピューターを購入するのが良い」というようなことを書いている記事をいくつか見た記憶があります。

当時の僕は「僕が乗るのはクロスバイクだし、高価で高機能なサイクルコンピューターなんて必要ない。速度と距離を知ることが出来ればそれで充分」と全く気にしていませんでした。

ところが、それらの記事に書かれてあった通り「もっと高機能なサイクルコンピューターを買っておけば良かった」と思い始めるようになり、先人達の教えには素直に従っておけば良かったと後悔するようになります。

しつこいようですが、スポーツバイクにきちんと乗ろうと思えば思うほど、速度や走行距離だけの情報では満足できなくなってきます

きっとそれらの記事を書いた方々も、同じように後悔したからこそ、最初から高機能なサイクルコンピューターがおすすめという記事を書いたのだと今になって解るのです。

ケイデンス機能があるサイクルコンピューターを選ぶ

高機能なサイクルコンピューターと、そうでないサイクルコンピューターとの境界はケイデンスが計測できるかどうかになるかと思います。

ケイデンスが計測できれば、心拍計と併せて使用することで、負荷を調整しながらトレーニングが出来るようになります。

心拍計が備わったサイクルコンピューターもあり、同じ画面で心拍数が確認出来るというメリットはありますが、サイクルコンピューターは専用の心拍計を装着する必要があったりして意外と面倒なので、僕は心拍計は別に用意して使用しています。

心拍計付き腕時計mio alpha

僕が使用している心拍計はMIO Alphaで心拍計付きの腕時計です。

手軽に心拍数が計測できるほか、設定した負荷の心拍数をLEDのライトの色で知らせてくれるなど便利な機能が備わっています。

心拍数に関してはそういったアイテムを活用した方が、自転車以外での場面でも活用することができるなど、汎用性も高く、よりお手軽だと思います。

● 機能は沢山あっても困らない
● 高度計やマップが備わったモデルもある

高機能なサイクルコンピューターを買っておけば間違いない

高機能なサイクルコンピューターを買っておけば間違いない

サイクルコンピューターに限った話ではありませんが、自転車用品は「安物買いの銭失い」になってしまうモノが多いです。

下位グレードで充分だろうと思って買ってみたものの、自転車のことが理解できてくるのに従って次第に満足出来なくなってしまい、結局はグレードの高いモノを買い直すというパターンが非常に多いのです。

サイクルコンピューターもまさにその典型的なアイテムで、初心者向けの中途半端な機能のモデルを購入すると、後から必ずケイデンスや心拍計の機能が付いた高機能なモデルのサイクルコンピューターが欲しくなります。

高機能なサイクルコンピューターはそこそこの値段になるので初心者にとっては多少の勇気が必要になる価格だと思いますが、最初から高機能なサイクルコンピューターを購入しておけば、ずっと使い続けることができ、買い直しのロスにもならないので、結局はお得になると思います。

サイクルコンピューターの有名メーカー

サイクルコンピューター様々なメーカーから発売されていますが、信頼度やサポート面から考えても有名メーカーのものがやはり色々と安心かと思います。

海外メーカーではガーミンが超有名で、高機能、高性能を誇るトップメーカーです。しかし価格が高いこともありやや高嶺の花というのが正直なところです。

しかしながらガーミンの製品は地図と連携して標高などの地形情報も扱えるため、ヒルクライムなど高低差を詳しく知りたい人などにとってはGARMINのサイクルコンピューター一択となるようです。

お手頃なところでは、定番で安心の日本のメーカーであるCATEYEキャットアイ、それから海外有名メーカーのPOLARポラールVDOが挙げられます。

他にも自転車用ライトで有名なLEZAYNEなどもサイクルコンピューターを取り扱うようになり、GPS内臓でルート表示などもしてくれるなど、機能的にも充実しているようです。

おすすめのサイクルコンピューター

おすすめのサイクルコンピューター

スマートフォンと連動したサイクルコンピューター

最近のサイクルコンピューターの動向として、サイクルコンピューターの代わりにスマートフォンアプリを利用する人も増えてきているようで、スマートフォンをサイクルコンピューターとして利用する人も多いようです。

実際問題でスマートフォンのサイクルアプリを利用すると、より多くの情報を扱えますし、位置情報もGPSでバッチリ追跡できてロガーとしても非常に便利ですが、スマートフォンの場合はバッテリーの問題や、日中での視認性の悪さなどの問題があるため、日常使用でスマートフォンは後から確認する為のロガーとして使用して、基本的な情報はサイクルコンピューターを利用した方が現実的だと思います。

そんな中でスマートフォンと連動したサイクルコンピューターも増えていてCATEYEのパドローネスマートなどがおすすめになります。

GPS付きサイクルコンピューター

一般的なサイクルコンピューターはホイールに付けた磁石とセンサーでホイールの回転数を計り、速度や走行距離を算出するため、磁石やセンサーなどを自転車に取付ける必要があります。

GPS付きのサイクルコンピューターだと、このセンサーと磁石が不要になり、ロードバイクやクロスバイクからパーツを取り去れるので、スッキリとさせることが出来ます。

僕自身GPS付きのサイクルコンピューターを愛用していますが、センサーを使用したものと比較しても走行距離や速度に大きな差はありません。むしろ走行ルートを記録したログを確認すると、蛇行した場所等もしっかりと記録されていて、センサーモデルよりもきちんと計測できるのかもしれません。

GPSを受診するまで少し時間が掛かることや、トンネルなどではGPSを拾えないことなどの残念な部分もありますが、走行ルートを記録するロガーとしては抜群に良いと思うのでGPS内臓モデルもお勧めです。

ケイデンスが計測できるモデルが安価でおすすめ

サイクルコンピューターには、グレードに応じて、ケイデンスのみ計れるものや、ケイデンスと心拍数の両方が計れるものなどいろいろありますが、心拍計付きモデルだと2万円を越えてくる感じで、心拍センサーの着脱が面倒だというレビューも多いです。

個人的には心拍数はmio Alphaなどの心拍計のついた腕時計を利用した方が、自転車に乗らない時にも使用できて良いのではないかと思います。


バックライト付きモデル

昼間しか乗らない人にとってはあまり関係ありませんが、僕は夜中に乗ることが多いので、バックライト付きというのは必須条件です。

バックライトがあると、夜中のサイクリングでも圧倒的に視認性が良くなります。全てのモデルに搭載されていても良いんじゃないかと思うくらいなので、夜に走る可能性のある人は、バックライト機能のあるモデルかどうかの確認は絶対にしておいた方が良いでしょう。

● スマホと連動するとログを管理しやすい
● GPS内臓だと走行ログが性格
● 夜間走行するならバックライト付き

憧れのガーミンのサイクルコンピューター

どうせ買うならデザインも良くて高度まで計れてしまうGARMINも良いかも!
ってことでサイクルコンピューター選び、想いっきり悩んじゃってください!

Comment

  1. […] 前述した自転車ブログの記事を書いた方々も、きっと同じように、最初から高機能なサイクルコンピューターを買っておけば良かったと後悔したからこそ「最初から高機能なサイクルコンピューターを買った方が良い」というような内容の記事を書いたのだろうと、容易に想像ができます。 なので、ロードバイクやスポーツバイクに乗るのであれば、サイクルコンピューターが無いよりは、有った方が絶対に良いわけで、どうせ装備するのであれば、ケイデンスや心拍数が測れるより機能的なものを購入した方が良いと、僕は思うのです。 そうすると「ケイデンスを意識してクロスバイクのescape airに乗ってみたいなぁ」などと考えるようになり、せめてケイデンスが計測出来るサイクルコンピューターを買っておけば良かったと、後悔するまでには、そんなに時間は必要ありません。 クロスバイクのescape airにサイクルコンピューターを装備しておけば、「速度」とか「走行距離」を確認できるので、クロスバイクのescape airに乗る動機や楽しみが得られるようになる素敵なアイテムです。 [紹介元] サイクルコンピューターを買うなら高機能モデルを買った方が良い理由 | E… […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑