*

バス停に停車中の路線バスが居た時に自転車が走るべき場所はどこ?

公開日: 道路交通法・ルール

バス停に停車中の路線バスが居た時の対処法

自転車で車道を走っていて迷うことの一つに、バス停に停車中の路線バスが居た時の対処法。

右側から追い越すべきか、左側から追い越すべきか、それともそのまま後ろで待つべきか、その正しい対処法について迷ってしまうことが多いです。

他人の走りを見ていても、路線バスが右ウインカーを出しているにも関わらず、右側から追い越そうとしていたり、ヒヤヒヤする場面に出くわすことも多いです。

路線バスの後方で待つのが最も安全だとは思いますが、もう少しハッキリとルールを明確に知っておきたいと思ったので、自転車に乗っている時に、バス停に停車中のバスに出会ったら、どうしたら良いのかについて調べてみました。

停車中の路線バスが居た時の対処法

基本は右側から追い越す

停車中の路線バスを自転車で抜く方法
停車中の路線バスが居た際の自転車での基本的な対処法は、停車中のバスの右側を通行して追い越すというのが、道路交通法的には正しいようです。

自転車も車両扱いなので、自動車やバイク、原動機付き自転車と同じルールで通行することになります。

路線バスが右側ウインカーを出したら追い越し禁止

路線バスが右側ウインカーを出したら追い越し禁止
但し、路線バスが右側ウインカーを出して、発進の合図を出したら、バスの右側からの追い越しは禁止

乗合自動車発進妨害の罰則
【道路交通法第31条の2】
停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自動車が発進するため進路を変更しようとして手又は方向指示器により合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした乗合自動車の進路の変更を妨げてはならない。

右側追い越しの問題点

・後方から来る車や対向車線の車の危険性がある
・バスが複数台並んだ時に追い越しに時間がかかる
・加速が遅い自転車では危ない

左からの追い越しは・・・NG!

バスの追い抜きは左側はNG
停車中のバスの左側からの追い越しはNG。
乗り降りする人と接触する可能性が大きく非常に危険。
特にバスはお年寄りや子供などの利用も多く、ちょっとした接触でも大事故になる可能性が高い。
無闇に歩道に上がるのもNG。

停車中の路線バスが居た時の推奨対処法

停車中の路線バスが居た時の推奨対応
停車中の路線バスが居た時に自転車には、バスが発車するまで後方で待機というのが最も推奨される対処方法のようです。

右側から追い越すと言っても、バスの死角に入りやすいですし、追い越し始めはウインカーが出ていなくても、追い越している途中でウインカーが出てしまう場合もあります。そのような危険を避けるためには、バスの後方で発車するまで待機、というのが最も安全と言えるのでしょう。

実際、僕が車道を走っている時にも、同様に感じますし、参考にさせていただいた資料などでも待機を推奨しています。

その他の推奨としては、自転車から降りて歩道を歩く、というものもありました。

バス停に停車中の路線バスが居た時の対処法まとめ

バス停に路線バスが停車している時には、道路交通法的には右側を追い抜くのが正しいようですが、そもそも何故疑問に思ったかと言うと、自分が追い抜こうとする時でも、誰かが追い抜こうとしている様子を見ている時でも「危ないなぁ、大丈夫かなぁ」という不安があったからでした。

仮に、右側から追い抜こうとしている最中に、路線バスが右ウインカーを出しても、お互い気付けないかもしれませんし、追い越ししている最中にバスが加速しはじめると、バスの前に出ることは難しいでしょうし、幅寄せされて右側の車線に追いやられる危険も考えられます。

そう考えると、やはり後方で待機、というのが最も安全な方法になります。

しかしながら、一車線の道などを走っている時に、路線バスに出くわすと、バス停の度に足止めを食らうというストレスもありますから抜き去りたくなるものですが、焦らずゆっくり、安全運転に心掛けて通行するように常に意識はしておきたいものですね。

参考リンク

第1回 京都市自転車走行環境整備ガイドライン部会 協議資料
-KEEP LEFT- 自転車は車道の左側
自転車の路肩走行指導強化に向けて

Comment

  1. 参考になりました より:

    ありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑