自転車保険 自転車全般

自転車保険と個人賠償責任保険の違い

更新日:

自転車保険の加入の必要性が高まっていて、損害保険各社から自転車保険がいろいな自転車保険が販売されるようになりました。

自転車での事故にも高額な損害賠償命令が出るなどしているため、万が一の場合にも備えて自転車保険にも加入した方が良いのは間違いありませんが、自転車保険の加入を検討する前に、個人賠償責任保険に加入していないかどうかを確認した方が良いでしょう。

というのも、個人賠償責任保険でカバーされる補償は、一般的な自転車保険でカバーされる範囲とほとんど同じなため、個人賠償責任保険に加入していれば、自転車保険に加入する必要がないと考えられるからです。

個人賠償責任保険と自転車保険

個人賠償責任保険の加入の有無が自転車保険の加入検討のポイント

まず「自転車保険への加入は必要なのか?」というそもそもの問題についてですが、元々は交通弱者として扱われていた自転車でしたが、ここ数年は自転車が起こした事故でも高額な賠償金を支払う命令が出されるようになりました。

なので、自転車であっても保険に入っていた方が安心でしょう。

しかし、みんながみんな自転車保険に加入した方が良いかと言えばそうではありません。自転車保険に入らなくても良い人も意外と多いのです。

自転車保険に加入しなくても良い場合の代表例は、個人賠償責任保険に加入しているかどうかになります。

もしも個人賠償責任保険に加入していれば自転車保険への加入の必要はありません。

というのも自転車の事故で誰かに怪我をさせたり、他人の自動車などを傷つけた場合、自動車保険の特約などである個人賠償責任保険に加入していれば、自転車の事故などでも基本的な補償がされるからです。

個人賠償責任保険とは

個人賠償責任保険でカバー出来る事故

個人賠償責任保険は自動車保険や火災保険の特約として加入する事が多い保険です。

適用範囲は意外と広くて、自動車事故などの怪我などに限らず、日常生活のトラブルである「お風呂場の水が溢れて階下の人に迷惑をかけた」とか「子供が遊んでいて他人の家のガラスを割った」などのトラブルでも補償される保険です。

例えば、子供が自転車に乗っていると誰かの自動車を傷つけてしまったりすることもあると思いますが、そう言ったケースでも補償してくれるような保険です。

僕が加入している都民共済などでも、生命保険のこども型には「第三者への損害賠償」への補償が付いています。

この保険があれば自転車に乗っていて、停車している自動車などに突っ込んだとしても、修理代金などは保険で補償されるというわけです。

相手が自動車やオートバイなどの対物だけでなく対人でも補償されるので、相手に怪我をさせた場合は保険を適用することができます。

個人賠償責任保険の特徴

個人賠償責任保険の大きな特徴トとして、世帯主が加入していればその家族も保障されるという点です。

自転車保険だと、基本的には自分一人のための保険になってしまい「自分自身も自転車に乗るけど、子供も自転車に乗るんだよね・・・」という場合、家族対応のプランに加入する必要があり、保険料金もそれなりに高くなってしまいます。

しかし、個人賠償責任保険の場合は、被保険者の条件が「生計を共にする同居の親族」となっていることが多く、世帯主が個人賠償責任保険に加入していれば、保険加入者の子供が自転車で事故を起こしたとしても、保険が適用されるというわけです。

● 自動車保険や火災保険の特約として加入する事が多い
● 日常的なトラブルに対応
● 加入していれば家族全員にも適用される場合が多い
● 自転車保険の補償内容は基本的には個人賠償責任保険と同じ

個人賠償責任保険で補償される範囲

個人賠償責任保険では下記の内容が補償対象になることが多いようです。

● 自転車などで他人に怪我を負わせた
● お店などで商品を壊した
● 他人の車に傷をつけてしまった
● ペットが他人に噛み付いた
● 水漏れで階下の家具を損傷した

など、日常生活で十分考えられる事故やトラブルにも対応していて、しかも家族にも対応しています。

自動車保険や火災保険に加入している人は既に個人賠償責任保険に加入している場合が多い

自動車に乗っている人の多くは任意の自動車保険に入っているかと思いますが、個人賠償責任保険はほとんどの自動車保険には特約として個人賠償責任保険の特約を付けていることが多いと思われます。

また、自動車に乗らない人でも火災保険などに加入していれば、やはり特約として個人賠償責任保険保険が付いている場合が多いです。

なので、自転車保険に加入を考えている人は、今現在で加入している自動車保険や火災保険などの保険内容を調べてみるのが良いと思います。

実際問題で各保険会社の自転車保険の内容を確認してみると、自転車保険は個人賠償責任保険が基本になった商品ということが判ります。

個人賠償責任保険に加入していない場合は自転車保険への加入を検討した方が良い

しかし、もしも個人賠償責任保険に加入していないのであれば、すぐにでも自転車保険の加入を検討した方が良い、ということでもあります。

特に「自動車を持っていない」「独身」などの場合は、自動車保険には加入しないでしょうし、不動産を契約する際の火災保険では、個人賠償責任保険の特約を付けない場合も多いと思うので、そのような人の場合は無保険の可能性も高いので一度確認してみるのが良いと思います。

個人賠償責任保険には単体では加入できない

なぜ、個人賠償責任保険単体ではなく、火災保険や自転車保険への加入を検討した方が良いのかと言うと、現状として、個人賠償責任保険は、安価な掛け金に対して保障が厚いこともあり、単体での加入が出来ないからです。

個人賠償責任保険に加入しようとする場合は、自動車保険や火災保険などのオプションになっていることが多いので、それらの保険と一緒に加入する必要があります。

実は、そう言った加入条件の縛りを外したのが自転車専用保険ということになります。

自転車保険とは

個人賠償責任保険を自転車用にアレンジした保険

自転車保険の内容を精査すれば、そのほとんどが個人賠償責任保険です。

個人賠償責任保険との違いは、自転車ならではのアレンジを加えて保険商品としての価値を出しているところかと思います。

保険商品によっては説明文を自転車目線に変えただけでそのまま個人賠償責任保険という場合もあります。

なので、どうせ自転車保険に加入するのであれば、個人賠償責任保険でカバーされる範囲だけでなく、自転車に乗る人にメリットがあるような補償内容が伴った自転車保険を選択した方が良いでしょう。

この記事を最初に書いた2015年3月頃だと自転車ならではの付加価値のある自転車保険は少なかったですが、2021年4月現在で、ロードサービス付きや盗難保険付きの保険なども増えていて、ロードサービス目的に自転車保険に入る人も多いようです。

自転車保険の基本的な内容

● 交通事故全般の怪我や入院などの費用の補償
● 物損事故、対人事故、単独事故などの場合の賠償費用の補償
● 示談の代行

自転車保険には、一般的な事故での損害を補償するものや、盗難や破損などを補償するものなど、いろいろなタイプがあります。自転車保険については下記のページで概要を解説していますので、参考にしてください。

360度カメラ リコーシータ

自転車保険

ICAN ホイール・フレーム クーポン

Amazonタイムセール

自転車・自転車用品

Amazon 自転車用品

-自転車保険, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.