自転車保険(自転車損害保険)の補償内容と特徴まとめ

自転車保険は加入の義務化や賠償額の高額化の流れもあり、自転車に乗る人であれば、自転車保険への加入の必要性が高まってきています。

その中で、保険会社各社も自転車に乗車中の事故や怪我、に備えるための自転車保険を販売するようになりました。

そこで、保険会社各社が販売する自転車保健の補償内容や特徴についてまとめてみました。

主な補償内容をまとめています。保険の種類や契約内容によって補償の対象や内容が異なる場合がありますので、詳細については各保険会社のページでご確認ください。

au損保 Bycle

au損保 Bycle

補償内容の特徴

● 自転車保険 人気ランキング1位
● 自転車事故以外の交通事故も補償
● ロードサービス付き(50km年4回)
● 「家族タイプ」なら家族も補償
● 示談サービスあり

参考  公式ページ

ロードサービス付き、自転車事故以外の補償もあり、示談サービスありながらも保険料が安いので、一般的な個人賠償責任保険に加入していたとしても、ロードサービス目的で加入する人も多い保険です。

コース

ブロンズコース

● 本人タイプ 月々340円
● 家族タイプ 月額680円
● 本人・親族タイプ 月額570円

● 個人賠償責任 2億円
● 入院保険日額 8,000円

シルバーコース

● 本人タイプ 月額590円
● 家族タイプ 月額1,280円
● 本人・親族タイプ 月額1,030円

● 個人賠償責任 3億円
● 入院保険日額 12,000円

ゴールドコース

● 本人タイプ 月々1,130円
● 家族タイプ 月額2,010円
● 本人・親族タイプ 月額1,680円
● 個人賠償責任 3億円
● 入院保険日額 12,000円

Bycle S

70才~89才のシニア世代向けの自転車保険。
通常のBycle「ブロンズコース」の対象年齢が74歳までになっているため、シニア世代の自転車保険をカバーするための保険かと思います。

基本的にはブロンズコースと同じような補償内容ですが、保険料金が高く設定されています。

● 月々710円
● 自転車事故以外の交通事故も補償
● ロードサービス付き(50km年4回)
● 個人賠償責任 2億円

関連記事

ZuttoRide サイクルライド保険

ZuttoRide セーフティーライド会

自転車のロードサービスや、盗難保険などを展開するZuttoRideグループの自転車保険。
セーフティーライド会の会員が加入できる自転車保険。

セーフティーライド会は、サイクリングの健全なる発達とその普及に努めるとともに、サイクリング及びヘルメットの着用推進や交通安全の啓蒙活動を行う団体です。(入会費・年会費無料)。入会することで、会員限定の自転車保険や、ロードバイクなどのレンタルサービスの「CycleTrip BASE」利用料が割引になるなどの特典が得られます。

参考 セーフティーライド会公式ページ
参考 サクルライド保険公式ページ

コース

ミニ

● 本人タイプ 月々165円〜
● 賠償責任最大1,000万円+ケガの補償
● 入院保険日額 3,000円〜
● 自転車搭乗中に生じた賠償事故を補償
● オプションでロードサービス(40km年2回)月払185円(税込)

スタンダード

● 本人タイプ 月々236円〜
● 家族タイプ 月々326円〜
● 日常生活賠償保険金額3億円
● 入院保険日額 3,000円〜
● 示談交渉サービス
● 自転車事故・日常生活における賠償事故を補償
● オプションでロードサービス(40km年2回)月払185円(税込)

シニア

70歳以上のシニア世代が対象の自転車保険。

● 本人タイプ 月々712円
● 日常生活賠償保険金額3億円
● 入院保険日額 7,000円
● 示談交渉サービス
● 自転車事故・日常生活における賠償事故を補償
● オプションでロードサービス(40km年2回)月払185円(税込)

関連記事

東京海上日動 eサイクル保険

東京海上日動 eサイクル保険

● 自転車事故・日常生活における賠償事故を補償
● 示談交渉サービス

参考 公式ページ

コース

Aプラン

● 本人タイプ 月額490円
● 夫婦タイプ 月額690円
● 家族タイプ 月額1,000円
● 日常生活賠償保険金額1億円
● 入院保険日額 5,000円

Bプラン

● 本人タイプ 月額380円
● 夫婦タイプ 月額500円
● 家族タイプ 月額690円
● 日常生活賠償保険金額1億円
● 入院保険日額 3,000円

Cプラン

● 本人タイプ 月額190円
● 夫婦タイプ 月額310円
● 家族タイプ 月額500円
● 入院保険日額 3,000円

ローソン 自転車保険

ローソン 自転車保険

参考 公式ページ

コース

お手軽プラン

● 本人タイプ 年間3,320円
● 夫婦タイプ 年間3,840円
● 家族タイプ 年間4,660円
● 個人賠償責任補償無制限
● 入院保険金日額 1,500円

充実プラン

● 本人タイプ 年間5,220円
● 夫婦タイプ 年間7,080円
● 家族タイプ 年間9,910円
● 個人賠償責任補償無制限
● 入院保険金日額 4,000円

全日本交通安全協会・損害ジャパン サイクル安心保険

損害ジャパン サイクル安心保険
全日本交通安全協会と損保ジャパンが販売する自転車保険。

● 自転車事故以外の交通事故も補償
● 家族も補償(自転車事故に起因した賠償事故において)
● 示談サービスあり
● 年齢制限無し

参考 公式ページ

コース

プランA 基本プラン

● 年間 1,670円
● 日常生活賠償保険金額1億円

プランB 個人向けプラン

● 年間 2,690円
● 入院保険日額 3,000円
● 日常生活賠償保険金額1億円

プランC 家族向けプラン

● 年間 4,370円
● 入院保険日額 6,000円
● 日常生活賠償保険金額1億円

交通傷害ワイド補償コース(傷害総合保険)

プランD 基本プラン

● 年間 2,30円
● 日常生活賠償保険金額3億円

プランE 個人向けプラン

● 年間 4,290円
● 入院保険日額 6,000円
● 日常生活賠償保険金額3億円

プランF 家族向けプラン

● 年間 7,140円
● 入院保険日額 6,000円
● 日常生活賠償保険金額3億円

損保ジャパン UGOKU

損保ジャパン UGOKU

損保ジャパンが販売する自転車保険。

● 日常生活賠償保険
● 示談サービス
● 家族全員の補償

参考 公式ページ

自転車保険としては、かなり手厚い補償が受けられる。

● 月額 980円
● 自転車事故賠償保険金額無制限
● 示談サービス+弁護士費用
● ロードアシスタンス+宿泊移動費用

三井住友海上 ネットde保険@サイクル

三井住友海上 ネットde保険@サイクル

三井住友海上が販売する自転車利用者のリスクに備える保険です。

● 自転車事故、その他日常生活の事故を補償
● 示談交渉サービス

参考 公式ページ

コース

Aコース

● 本人タイプ 年間6,150円
● 夫婦タイプ 年間8,050円
● 家族タイプ 年間11,260円
● 配偶者対象外タイプ 年間9,360円
● 傷害入院保険金日額 8,000円
● 日常生活賠償保険金額 3億円
● 傷害通院保険日額 3,000円

Bコース

● 本人タイプ 年間4,070円
● 夫婦タイプ 年間5,170円
● 家族タイプ 年間7,340円
● 配偶者対象外タイプ 年間6,320円
● 傷害入院保険金日額 6,000円
● 日常生活賠償保険金額 3億円
● 傷害通院保険日額 1,000円

Cコース

● 本人タイプ 年間3,090円
● 夫婦タイプ 年間3,810円
● 家族タイプ 年間5,530円
● 配偶者対象外タイプ 年間4,810円
● 傷害入院保険金日額 6,000円
● 日常生活賠償保険金額 3億円

セブンイレブンで入る自転車保険

セブンイレブンで入る自転車保険

参考 公式ページ

● 本人タイプ 年間3,220円
● 夫婦タイプ 年間3,980円
● ご家族タイプ 年間5,890円
● 日常生活賠償保険金 3億円
● 自転車事故入院保険金日額 8,000円

楽天損保 サイクルアシスト(傷害総合保険)

楽天損保 サイクルアシスト(傷害総合保険)

● 楽天ポイントが使える・貯まる
● 入院保険日額 2,500円
● 日常生活賠償保険金額1億円
● 年間 3,000円〜

参考 公式ページ

総合保健センター 自転車の責任保険

総合保健センター 自転車の責任保険

参考 自転車の責任保険公式ページ

コース

充実コース

● 年間 5,000円
● 賠償責任保険金額1億円

基本コース

● 年間 3,600円
● 賠償責任保険金額3億円
● 入院保険日額 3,400円

東京地評

● 賠償保険金額1億円(自転車走行中に怪我をさせた、物を壊したとき)
● 年間5,200円
● 家族全員
● 入院保険日額 6,000円

参考 東京地評 自転車保険公式

自転車保険以外の保険

自転車保険以外でも、自転車の事故や怪我も補償の対象になる保険があります。

こくみん共済(全労済)

● 日常生活に起因する偶発的な事故により、第三者に法律上の賠償責任を負った場合の損害を補償
● 第三者に対する損害賠償:最高3億円

参考 公式ページ

TSマーク付帯保険

TSマーク付帯保険

自転車の点検整備をするだけで加入できる自転車向け保険。
自転車安全整備店(自転車安全整備店検索)で、自転車の点検整備(有料)を受けることでTSマークを貼付してもらうことができます。

青色と赤色があり、赤色の方が補償が厚くなります。

参考 公式ページ

青色TSマーク

賠償責任補償 1,000万円
死亡若しくは重度後遺障害 一律30万円
入院(15日以上) 一律1万円

赤色TSマーク

賠償責任補償 1億円
死亡若しくは重度後遺障害 一律100万円
入院(15日以上) 一律10万円

自転車保険に関する記事一覧

更新日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.