*

自転車タイヤ23Cと25Cどっちが良いかを調べて分かったこと

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造

ロードバイクやクロスバイクのタイヤ23Cと25Cどっちが良いか

一般的なロードバイクには700x23Cと呼ばれるサイズのタイヤが採用されることが多いと思います。しかしここ数年の様子を見ていると25Cの方が転がり抵抗が少ないという説もあちこち聞かれるようになりました。

実際に25Cのタイヤで走るプロの選手やチームも多いようです。

僕自身は23Cタイヤを使用していますが、時折25Cタイヤを奨められたりするため、タイヤの25C化については全く興味が無いというわけではありません。

しかし、クロスバイクに乗りながらロードバイクに憧れている僕としては、せっかくクロスバイクの標準である28Cから23Cに変更した経緯から、タイヤが太くなるなるのには抵抗があり「本当に太くなっても大丈夫なの?」などという疑いの気持ちも少なからずあるのです。

というわけで、クロスバイクやロードバイクのタイヤで快適に走行しようと思うとき、23Cタイヤが良いのか、それとも25Cタイヤが良いのか、自分の中でもイマイチ理解し切れていない感じもあるので、その理由などについていろいろと調べた結果をまとめてみました。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは23Cと25Cのどっちが良いのについてよく言われていること

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは23Cと25Cのどっちが良い

25Cタイヤが増えている背景

● ワイドリムのホイールが増えた
● 同じ体重同じ空気圧にした場合に太いタイヤの方が転がり抵抗が少ない

25Cタイヤを試した主な感想

● 乗り味がマイルドになった
● あまり違いが分からなかった

25Cタイヤにするデメリット

● 重量が増えることがある
● ロードバイクのフレームによってはクリアランスの問題がある

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは23Cと25Cのどっちが良いのについてのまとめ

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは23Cと25Cのどっちが良いの

好きなタイヤを履けばいいじゃないってことかと思います

流行りなのか他に理由があるのかは良くは分かりませんが、25Cタイヤを採用しているプロ・プロチームも多いのは事実としてありますし、ワイドリムのホイールが多くなった昨今では、自然な流れとしてタイヤが太くなる傾向にあるようです。

また、走行性能を追求した際に、同じ体重で同じ空気圧であるならば、23Cよりも25Cの方が接地面積が小さく転がり抵抗が少なくなる云々の理屈もなんとなく理解でき、そういった点も重視されて25Cタイヤが採用されはじめているのかもしれません。

ただ、個人的に腑に落ちないのは、同じ体重で同じ空気圧であるならば・・・というところで、通常はタイヤが太いと体重に対する適正な空気圧は下がるわけです。

すると23Cと25Cを同じ空気圧にして比較するってことは25Cの方が適正な空気圧よりも高めの空気圧が入った状態、あるいは23Cが適正な空気圧よりも低い状態となるわけですよね?

それはそれで比較の方法として正しいようにも思いますが、もしも体重に合わせた適正な空気圧で比較した場合は、きっと23Cの方が25Cよりも転がり抵抗は少なくなるんじゃないかと思うのですがどうなのでしょう。

つまりは視点を変えれば理屈は後からいろいろと付けられて、解答は変わってくるってことなのかなと思うのです。

そんな風に穿った考え方をしている人が多いかどうかは分かりませんが「25Cが良いぜ!」説には懐疑的な人も少なからず居るようで「ワイドリムとワイドなタイヤを売りたいメーカーなどの思惑が混じってるんじゃないのか?」などという大人な事情があるのではないかという意見も散見されました。

とまぁ、それぞれの考え方や視点でいろいろと意見が分かれていて、総合すると「25Cタイヤの方が転がり抵抗が低いのか!じゃあ25Cタイヤに換えてしまおう!」などという感じでタイヤを25Cに換えてしまった方がハッピーになれるかと言うと、そういうことではないようです。

当たり前と言えば当たり前ですが、最適なタイヤは、自分が一体どんな乗り方をしているのか、どんな乗り味を求めているかによっても変わってくるものです。

要するに用途に応じた適切なタイヤを選択するべきで、25Cタイヤが増えているからと言って25Cに変更すれば良いというわけではないのですね。

25Cタイヤにすると幸せになれるかもしれない人

● 平坦な道をひたすら走る事が多い人
● スピードよりも快適さな人
● とりあえず25Cで走りたい人
● 下り坂でもブレーキをかけない人
● 23Cだと細くて不安な人
● 溝や段差が恐い人

25Cタイヤにすると不幸になるかもしれない人

● 何はともあれスピードな人
● クライマーな人
● ストップ&ゴーが多い環境で走る人

なにはともあれ、25Cタイヤにすることの特徴としては、段差や凸凹に対して23Cほどシビアに考えなくて良い点や、空気の量が増えるため振動などが少なくなると言った点で乗り心地が快適になるという点があり、ロングライドなど長距離走る人などには、23Cと比べて疲れづらいなどでおすすめになるようです。

なのでその逆である、快適さよりも「走り優先!スピード優先!」なんて人は23Cなどの細いタイヤの方が幸せになれるようです。

また、タイヤが太くなるとタイヤ自体が重くなる場合が多いので、漕ぎ出しが重く感じられ、ストップ&ゴーを繰り返すような環境では多少なりにマイナスに働くかもね、と言った感じです。

ちなみに僕も愛用している評判の良いコンチネンタル グランプリ4000S2はスペック値よりも若干太めのようなので、25Cにもしてみたいと考える人にとっては、ある意味一石二鳥的なタイヤかもしれません。

追記

コメント欄にて参考意見をいただきましたので追記しておきます。

● クライマーで体重が軽い人は21Cなど更に細いタイヤでもOK!
● 25Cでもコースによっては選択肢として有り! 様子に何処をどのように走るかで調整としてタイヤの太さや空気圧を選択するということも大切なのですね。
● 街乗りストップ&ゴー対策としてはタイヤの太さの他、カセットスプロケットのギアを大きいものに換えて漕ぎ出しを軽くするのも根本的な改良になるようです。カセットスプロケットに関しても用途や走り方に最適な組み合わせで選ぶべきなのでしょう。
● チューブも転がり抵抗に影響するため、チューブレスだと性能は向上する可能性アリ。

などなど、追求すればやはりモノやセッティングをどこまで用途や乗り方に添わせられるかがポイントになるようです。なるほど。

Comment

  1. 千駄木 より:

    たびたびすいません。
    アンチなわけではないので許してください。

    クライマーで体重が軽めな人だったら、さらに細い21cも選択肢になりますね。

    スピードの維持は少し重さのあるディープリムなホイールの方が楽。ホイール軽いと足を止めると慣性的に減速し易い。
    25c、スピード維持と空気のボリュームによるグリップの良さがコースによってはレース向きなことも?!

    街乗りだったら25cで、ストップ&ゴーの漕ぎだしについてはタイヤの重さではなく、2枚くらい軽い歯をセッティングした方がバランス取れるかも。ゴーの軽さとストップのグリップもある。

    前回、ラテックスチューブの話しましたが、チューブレスはもっとよさげです。
    専用ホイールとかちょと初期投資高いですけど。チューブもロスになるので無い方が理想です。
    そしてチューブがないぶん空気のボリュームもさらに上がりグリップもいいです。
    転がり抵抗少ないわ、グリップ効くわ、パンクもゆっくりでメリット多いです。
    ただ勝手が違うので慣れるまでがデメリットかも。タイヤ固くてハマらんとか。
    初期投資などの価格もね。

    なんかかき回してしまってごめんなさい。
    でも、熱心な方のようでしたので、こんな見解もあるという提案をして、またブログのネタにしていただけたら幸いです。
    不快だったら削除してください。

    • escape air より:

      千駄木様 とんでもございません。ノミの心臓のためコメント欄で傷つくこともありますが、こうしていろいろと勉強させてもらえることが多く、かなり成長させていただいていると思っているので大変有り難いです。
      なるほど、用途に応じてセッティングから換えてしまえば良いわけですね。
      チューブレスタイヤについても興味のあるところです。交換が大変・・・というところで躊躇していますが、実際問題でそれほどパンクしないので試してみる価値はありそうですね。
      いただいたコメントを参考に記事にも反映させたいと思います。有り難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 千駄木 より:

    IT技術者ロードバイク日記にGP4000S2のサイズと空気圧の転がり抵抗の具体的な数値があるのを見つけたので記しておきます。

    http://rbs.ta36.com/?p=22220

    • escape air より:

      千駄木様 ありがとうございます。IT技術者さん細かで丁寧ですよね。
      結局結論は、用途でその用途に適したタイヤを見つけるのが大切ってことですね。そのためにはいろいろ試さねば・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑