*

クロスバイクのサドルの高さを考える

公開日: サドル周り, 自転車メンテ・改造

クロスバイクのサドルの高さの考察

クロスバイクのサドルの高さについて考えてみたいと思います。

というのも、今でこそ両足が地面に着かないようなポジションになっているものの、それはブルホーン化してポジションを変更したからで、それ以前は両足がギリギリ地面に着く程度の高さになっていました。

それはGIANTストアで最初に調整してもらった高さだったことや、僕自身、自転車のサドルの高さは両足が着く程度だと思っていたからでした。

何故ならば、足が着かないような高さだと停車した際に自立出来ず転倒してしまいます。クロスバイクに乗り始めた当初の僕は停車時はサドルから降りるという発想は無く、今まで自分がママチャリでしてきたようにサドルに座ったまま停車するものだと思っていたのでした。

しかしその後ポジション調整をしてサドルをもう少し高い位置に調整したことからも実際は適正なポジションよりも低い位置にサドルの高さを設定した状態で乗り続けていたわけです。

そこで、いろいろなメーカーのカタログ用の写真を見て、一般的なクロスバイクのサドルの位置はどの程度になっているのか調べてみました。

クロスバイクのサドルの高さ

クロスバイクのサドルの高さ

いろいろな自転車メーカーのクロスバイクの写真をヒントにイラスト化してみたものです。

多少の差はあるものの、どのメーカーのクロスバイクも同じような位置にサドルがセッティングされていて、サドルの方がハンドルよりも少し高くなっています。

僕がクロスバイクを購入した当初のサドルのポジションもだいたいこれくらいの高さだったと思います。

ロードバイクのサドルの高さ

ロードバイクのサドルの高さ

ロードバイクも同じようにいろいろなメーカーのロードバイクを参考にイラスト化してみました。

ロードバイクの場合はこのような感じになり、クロスバイクと比べると、サドルとハンドルの高低差が大きくなっているのが判ります。

この高低差こそがロードバイクで前傾姿勢を可能にするポイントになると思います。

ロードバイクのサドルの方が高い?

ロードバイクはサドルとハンドルとの高低差が大きいので、ロードバイクの方がクロスバイクよりもサドルが高くセッティングされているように思えます。

しかしロードバイクとクロスバイクのサドルの高さを比較してみると・・・

ロードバイクのサドルの方が高い?

実はロードバイクもクロスバイクもサドルの高さはそれほど違いがなかったりします。

当然と言えば当然で、サドルに跨がってシューズを脱いでカカトでペダルを踏んだ時に足がまっすぐ伸びるくらいというサドルのポジション出しの基本通りに設定すれば、ロードバイクであろうと、クロスバイクであろうと同じ高さになります。

違うのはハンドル位置の高さで、クロスバイクよりもロードバイクの方がハンドルの位置が低くなっているため高低差が出てより深い前傾姿勢が取れるますし、クロスバイクの場合はよりコンフォートなアップライトなポジションとなるのです。

このあたり、フレームサイズの大きさに迷ったら小さなサイズを買えば良いというフレーム選びのセオリーにも関連するところですが、フレームサイズが小さい方が、より低い位置にハンドルをセッティング出来、調整に幅を持たせられるというわけです。

クロスバイクのサドルの高さまとめ

クロスバイクのサドルの高さまとめ

ポジションの事など全く考えも知らなかったクロスバイクを購入した頃の僕は、ロードバイクのように深い前傾姿勢を取りたいがために、無理矢理にサドルを高くしていた時期もありました。サドルは高ければ高いほど良い!などという間違った価値観を持っていたりもしました。

しかし、自転車を効率よく走らせるためにはポジションをしっかりと出して、無理の無い姿勢で乗る事が大切なわけで、ロードバイクであろうとクロスバイクであろうと同じようなサドルの高さになるのは当然のことですし、そうでないと長距離を走り続けるなんてこともできません。

そんなわけで、今現在では無理の無い高さに調整して自転車を走らせています。

最初にクロスバイクを買ったGIANTストアでちゃんと調整してくれていればこんな遠回りもしなくて良かったのですが、今にして思えば、初心者でも乗りやすいようにやや低めのサドルで調整をしてくれていたのかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑