*

自動車メーカーのロゴ入り自転車ってどうなの?

公開日: 問題解決・疑問解決, 自転車全般

自動車メーカーのロゴ入り自転車

今でこそロードバイクとクロスバイクの違いくらいは分かるようになった僕ですが、ロードバイクやクロスバイクに興味を持つ前までは、ロードバイクやクロスバイクの違いはおろか、マウンテンバイクやシティサイクルの違いさえよく解っていませんでした。

見た目の違いはもちろん理解できていましたが、性能についてはDURA-ACEやXTRなどコンポーネントにグレードやジャンルがあることを知りませんでしたし「全部一緒」くらいに思ってました。

そんな当時の僕にとって、ちょっと特別な存在だったのがFERRARIやHUMMERなどの有名自動車メーカーのロゴが入った自転車でした。

しかし、ロードバイクやクロスバイクに興味を持ち、いろいろ調べてみると、そういった自転車は、サイクリストと呼ばれる人達が乗っているロードバイクなどと比較すると性能が良いものではないということで、そのメーカーのファンとかでは無い限り、ちゃんとした自転車メーカーのものを買うべし!というような意見が多く見つかったのでした。

そして僕自身もロードバイクやクロスバイクについて知るにつれ、それらの自転車に興味をもつことが少なくなりました。

それは一体何故なんでしょう?というのが今回のお話です。

憧れの自動車メーカーのロゴ入り自転車

自動車メーカーのロゴ入りの自転車を調べてみると、FERRARIやHUMMER、FIAT、AlfaRomeo、CHEVROLET、JEEPなど、そうそうたるメーカーのロゴ入り自転車が販売されています。

それらの自動車はおいそれとは手が出せない価格のものが多いですし、子供の頃から知っているようなスーパーカーだったりするわけです。

そんな憧れの自動車メーカーのロゴが入った自転車ですから、さぞかし値段も高くて、性能も良いに違いないと思っていたのでした。

興味を持って調べてみると値段はだいたい30,000円〜60,000円のものが多く、当時の僕からすれば、自転車は10,000円前後で買うものという認識でしたから、自転車の価格として信じられないほど高く「さすがは高級自動車のロゴが入っているだけのことはある」と思っていました。

しかも21段や24段変速という、普通のシングルギアのシティサイクルと比べると、格段に多いギア数にも驚かされたりしたものでした。

自動車メーカーのロゴ入り自転車って実際どうなの

自動車メーカーのロゴ入り自転車の一つとして有名なFERRARIのロゴ入り自転車を例にしてみようと思います。

FERRARIのロゴ入り自転車のスペックを検証

17165-02-tilt01_690-600Photo via:http://www.gic-bike.com/product/ferrari/r7016-claris/
FERRARIなどのスーパーカーのロゴ入り自転車を販売しているサイトの情報を基にスペックを検証してみました。

参照したのは Ferrari R7016-Claris と呼ばれるモデルでFERRARIのロゴ入りフレームのロードバイクです。

スペック

フレーム材質:アルミ。
コンポーネント:SHINMANO Claris フロント3段 リア8段 24段。
重量:11.4kg
本体価格:¥95,000

同じような構成の自転車の代表的なものと言えばGIANTのエントリーロードバイクDEFY4あたりになると思いますが、こちらはSHINMANO Clarisのフロント2段仕様で¥85,000。

実売価格はもっと安いようですしFERRARIのロゴ代をプラスして考えれば、妥当と言える価格と性能かもしれません。

サイクリストが自動車メーカーのロゴ入り自転車にあまり興味を示さない理由

上記の情報を見る限り、下位グレードではあるものの、ロード用コンポーネントが搭載されていますし、デザインもFERRARI風なので悪くはないんじゃないかなとも思いますが、世の中のサイクリストと呼ばれるような人達が自動車メーカーのロゴ入り自転車にあまり興味を示さないのは、きっとフレームがどういったモノなのかの判断ができないからだと思います。

クロスバイクやロードバイクの性能を左右するものとして最も重要視されていると思われるのはフレームで、ジオメトリと呼ばれる各種寸法は、ロードバイクとクロスバイクでも大きく違いますし、メーカーによっても大きく違います。

その大切なフレームの情報がほとんど無いのが、自転車にある程度詳しくなってくると少々引っ掛かってしまうポイントだったりするのです。

例えばこのフレームの開発に実際にFERRARIが関わっていたとしても、自動車メーカーが作るフレームよりも、自転車メーカーが作るフレームの方が絶対に良いモノを作れると思うので、本格的にスポーツサイクルに乗りたいと考えた時には、名の知れた自転車メーカーのものを選ぶようになるわけです。

つまりは、餅は餅屋という感じですね。

ただそれは、いわゆるスポーツサイクルとして、バリバリ走りたい時に関わってくる問題で、それ以外であれば特に気にする問題でもないのかな、というのもあります。

例えばFERRARI他、その自動車メーカーのファンであるとかF1ファンである、気に入って欲しいと思ったのであれば、それはそれで正しい選択だと思うのです。

例えばどこかのお店や部屋のインテリアなどで使用したりする場合には、同じ価格帯のエントリークラスのロードバイクを飾るよりも、こういった有名な自動車メーカーのロゴ入り自転車の方が見栄えやアクセント的には栄えるようにも思います。

FERRARIのロゴ入りの本格的な自転車もある

自動車メーカーのロゴ入り自転車の全てがそうというわけでもなく、いわゆる自転車メーカーとコラボレーションしたり、関わったりする中で作られた自転車も存在します。

COLNAGO for FERRARIPhoto via:http://www.colnago.co.jp/ferrari/index.html

FERRARIつながりなら自転車メーカーのCOLNAGOとカーボンフレームの共同開発をしたCOLNAGO for FERRARIのCF8というモデルがあり、これはフレームだけでなく、コンポーネントやホイールも本格的な仕様になっていて車体価格が200万円近いなど。

またFERRARIだけでなく、多くの自動車メーカーが出している本気仕様のロードバイクについては自動車メーカーが作るロードバイクまとめにまとめてあり、それぞれのメーカーが本気を出したなかなかカッコ良い自転車をリリースしています。

上記の本気の自転車の場合でも、やはりフレーム開発には自転車メーカーが関わっているのが当たり前で、自動車メーカーであっても、ちゃんとした自転車を作るにあたっては、自転車メーカー無しでは無理だということなのかもしれません。

自動車メーカーのロゴ入り自転車と言ってもいろいろなんですね。

Comment

  1. 神彪 より:

    返信有り難うございますm(__)m

    私は自転車は全部で7台所有しています。
    その内、3台は自動車メーカーの自転車を所有しています。
    フェラーリ折り畳み自転車、ハマーマウンテンルック車(650B)、ハマー折り畳み自転車の3台所有していますがどれも街中を走る分には特に問題はありません。
    自動車メーカーの自転車は評価がすこぶる悪いみたいですが本当にその自転車に乗ってそう評価してるのかとちょっと疑問に思いました。
    確かに、山道やレースとかは無理ですが街中で近場を走るだけならアリだと思いますよ?
    街中を走るだけで壊れるならそれは自動車メーカーの自転車が悪いのではなく自転車そのものが不良品ですから(笑)

    • escape air より:

      神彪様
      7台!凄いですね。僕等は環境的に1台しか持てないので羨ましい限り。
      恐らくですが、自動車メーカーのロゴ入り自転車の評価が低いのは、いわゆるレーサーと比較しての評価が一般化してしまったのかなと思います。
      どちらかと言えば街乗りには、レーサーよりも、シティサイクルなどの方が向いていると思います。

  2. 神彪 より:

    返信有り難うございますm(__)m
    7台といっても5台は安物ですけど(笑)
    それに独身だから気ままにやってますよ(笑)
    管理人様は御結婚なさってて子育て大変ですね。
    私はアラフィフで再来年五十路になるんですが未だに独身です。
    彼女はいるんですが(笑)

    自転車を知り尽くしてる人から見ると自動車メーカーの自転車はあまり需要性がないのかなと思いました。
    私は普段はブリヂストンのノルコグかルイガノTR1を乗ってます。(笑)

    貴方様のブログを見つけてからというもの毎日閲覧しています。
    御結婚なさってて子育て大変ですが頑張って下さい。 
    陰から応援していますm(__)m

    • escape air より:

      自転車に限らずで全てにおいて、何を選択するのかは用途が最も大切な判断基準だと、自転車に乗るようになって再認識しました。

      何事も一丁一旦あるもので、無い物ねだりもあるので、今の現状で楽しむ事をモットーとしております。

      今後ともよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑