クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

問題解決・疑問解決 自転車全般

自動車メーカーのロゴ入り自転車ってどうなの?FERRARI / HUMMER

更新日:

今でこそロードバイクとクロスバイクの違いくらいは分かるようになった僕ですが、ロードバイクやクロスバイクに興味を持つ前までは、ロードバイクやクロスバイクの違いはおろか、マウンテンバイクやシティサイクルの違いさえよく解っていませんでした。

そんな当時の僕にとって、ちょっと特別な存在の自転車だったのがFERRARI(フェラーリ)やHUMMER(ハマー)などの有名自動車メーカーのロゴが入った自転車でした。

スーパーカーを製造するメーカーのロゴが入った自転車なので、なんだか性能も凄いと思ってしまいがちですが、いろいろ調べてみると、特別に性能が良い自転車というわけではないようです。

それは一体何故なんでしょう?というのが今回のお話です。

憧れの有名自動車メーカーのロゴ入り自転車

自動車メーカーのロゴ入りの自転車を調べると、FERRARIやHUMMER、FIAT、AlfaRomeo、CHEVROLET、CORVETTE、JEEPなど、そうそうたる自動車メーカーのロゴ入り自転車が販売されています。

それらの自動車メーカーの自動車は庶民ではおいそれとは手が出せない価格のものが多いですし、子供の頃から知っているようなスーパーカーだったりするわけです。

そんな憧れの自動車メーカーのロゴが入った自転車ですから、さぞかし値段も高くて、性能も良いに違いないと思っていたのでした。

興味を持って調べてみるとそれらの自転車の値段はだいたい30,000円〜60,000円のものが多いようです。

今でこそハイエンドなロードバイクの価格も知っているので別段驚く価格ではありませんが、クロスバイクに興味を持った当時の僕は「自転車は10,000円前後で買うもの」という認識でしたから、30,000円〜60,000円という価格は自転車の価格として信じられないほど高いと思えるものでした。

なので自動車メーカーのロゴ入りの自転車について調べた時にも「高級自動車のロゴが入っている自転車はやっぱり高級だなぁ」と思っていました。

自動車メーカーのロゴ入り自転車って実際どうなの?

自動車メーカーのロゴ入り自転車の一つとして有名なFERRARI(フェラーリ)のロゴ入り自転車を例にしてみようと思います。

FERRARIのロゴ入り自転車のスペックを検証

17165-02-tilt01_690-600
FERRARIなどのスーパーカーのロゴ入り自転車を販売しているサイトの情報を基にスペックを検証してみました。

参照したのは Ferrari R7016-Claris と呼ばれるモデルでFERRARI(フェラーリ)のロゴ入りフレームのロードバイクです。

見た目は上記の写真のようにフェラーリカラーでペイントされていて、なかなかスポーティなロードバイクのように見えます。

スペック

● フレーム材質:アルミ。
● コンポーネント:SHINMANO Claris フロント3段 リア8段 24段。
● 重量:11.4kg
● 本体価格:¥95,000

比較対象として同じようなスペックの自転車を考えるとGIANTのエントリーロードバイクDEFY4あたりになると思いますが、こちらはSHINMANO Clarisのフロント2段仕様で¥85,000となります。

FERRARIのロゴ入り自転車の実売価格はもっと安いようなのでFERRARIのロゴ代をプラスして考えれば、妥当と言える価格と性能と言えるでしょう。ごくごく標準的な価格のようです。

サイクリストが自動車メーカーのロゴ入り自転車にあまり興味を示さない理由

上記のスペックを見る限り、価格とスペックのバランスはそんなに悪いものではないようですし、デザインもFERRARI風なので悪くはないんじゃないかなとも思います。しかし世の中のサイクリストと呼ばれるような人達が自動車メーカーのロゴ入り自転車にあまり興味を示さないという現実があります。

理由は人それぞれいろいろあるかと思いますが、個人的なところで言えば、採用されているフレームがどういったスペックなのかが分からないというのが大きいような気がします。

クロスバイクやロードバイクの性能を左右するものとして最も重要視されているのがフレームで、ジオメトリと呼ばれる各種寸法は、ロードバイクとクロスバイクでも大きく違いますし、メーカーによっても大きく違います。

GIANTとかPINARELLOとかTREKとか自転車メーカーの製品であればメーカーページで詳しいスペックが確認できるのですが、自動車メーカーのロゴ入りで販売されている自転車の場合、そもそもどこのメーカーで作られているのがよく分からないというのが、サイクリストの選択肢から漏れてしまう大きな理由になっているのではと思います。

そんなところで、ロードバイクやクロスバイクを買うのであれば、よくわからないメーカーの自転車を買うよりも、有名な自転車メーカーのスポーツバイクを購入した方が失敗が無いというのが大きな理由かなと思います。

まぁ、そもそも多くのサイクリストにとって10万円以下のロードバイクのスペックはそれなりというのは周知事実なので、その時点で選択肢からは外れてしまうといのがあるかと思います。

逆に言えば、GIANTなどの大手自転車メーカーがきちんと開発したフレームで自動車メーカーのロゴ入り自転車を販売すれば、きっとサイクリストたちの中での評価も違ったものになるはずです。

スペック的には高性能というわけではない

一般的な感覚からするとFERRARIなどのスーパーカーを製造する自動車メーカーのロゴが入っているだけで、その自転車もすごく性能が高い自転車だと思いがちですが、スペックを見れば価格相応で、特別素晴らしいスペックというわけではありません

いわゆるライセンス契約というもので、自転車自体はその自動車メーカーが製造しているわけではなく、ロゴの使用の許諾を得て製品化しているというもので、自動車メーカーのロゴが入っているからと言って、そのメーカーが開発しているというわけではない、ということですね。

自分の好きな自転車を選ぶのが正解

僕の場合は、自転車メーカーにこだわりたいこともあり、自動車メーカーのロゴ入りの自転車を選択することはありませんが、その自動車メーカーのファンだったりする場合は、購入する候補として考えても良いかなと思います。

例えば、その自転車を、お店などのディスプレイとして使いたいなどを考えれば、同じ値段で中途半端なロードバイクを買うよりも、有名自動車メーカーのロゴ入りのロードバイクを購入した方が断然、見栄えが良くなると思います。

要するに、サイクリストが自動車メーカーのロゴ入り自転車を選択しないからと言って選択しないというのはナンセンスで、最終的には自分が欲しいと思った自転車を選択するというのが一番正しいと言えるでしょう。

自動車メーカーのロゴ入りで本格的なスペックの自転車もある

自動車メーカーのロゴ入り自転車の全てがライセンス契約でロゴだけが入った自転車かと言えばそうというわけでもなく、自転車メーカーとコラボレーションしたり、開発に関わったりする中で作られた自転車ももちろん存在します。

FERRARIつながりなら自転車メーカーのCOLNAGOとカーボンフレームの共同開発をしたCOLNAGO for FERRARIのCF8というモデルがあり、これはフレームだけでなく、コンポーネントやホイールも本格的な仕様になっていて車体価格が200万円近くで、自動車と同じく庶民にはなかなか手が出せませんえ。

またFERRARIだけでなく、多くの自動車メーカーが本気仕様のロードバイクを開発しています。そのあたりについては下記の記事でまとめていますので興味の有る方は是非読んでみてください。それぞれのメーカーが本気を出したなかなかカッコ良い自転車をリリースしています。

参考 → 自動車メーカーが作るロードバイクまとめ

以上、自動車メーカーのロゴ入り自転車についてでした。

-問題解決・疑問解決, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.