*

スピードアップに効果があったクロスバイクの改造・カスタマイズはこれだ!

公開日: スピードアップ, 自転車全般

クロスバイクのスピードアップに効果のある改造

僕が愛車のクロスバイクのESCAPE Airの改造・カスタマイズを重ねる理由は大きく二つあります。

1つは見た目の向上、そしてもう1つは性能の向上です。

性能の向上に関しては、スピードアップに期待して改造、カスタマイズすることが圧倒的に多いです。やはり乗り物にとって速度の追求は永遠のテーマなのかもしれません。

というわけで、僕がクロスバイクの改造・カスタマイズをしてみて、実際にスピードアップに効果があったと感じた改造、カスタマイズについてまとめてみようと思います

参考程度に速度も記載しておきますが、ご存知の通り自転車のエンジンは人なので、改造、カスタマイズをしたからと言って、記載してあるスピードが出るようになるワケでもありませんし、このスピードしか出ないワケでもありません。分かっていると思いますが念のため。

ちなみに、クロスバイクのESCAPE Airの6〜7万円という完成車価格を考えた場合、個人的には適正な改造費用は車体か価格の約50%である3万円程度だと思っていますがこのエントリーでは予算は度外視しています。。

限られた予算で改造、カスタマイズをお考えの方はクロスバイクのescape airを予算3万円で速度アップさせる改造が参考になると思います。

クロスバイクのスピードアップに効果が感じられた改造・カスタマイズ

コンポーネント一式変えたらスピードアップした

コンポーネント一式変えたら速度アップ

コンポーネントを一式換装するとスピードアップしました。
コンポーネントを換装しようと思ったのはスピードアップのためではなく、元々はシフトチェンジがもっさりした感じだったのをもっとキビキビした動作にしたかったのと、8速から10速化(11速化)することで、ギアの歯数の繋がりをスムーズにしたかったからでした。

コンポーネントを換装しても、結局エンジンは一緒なので、スピードにはあまり影響がないと思っていたのですが、平地走行で20km/h前後だったスピードが23km/h程度にアップするなどで、意外にもスピードアップの効果も大きかったです。

コンポーネント一式交換で500g程度の軽量化ができることや、シフトチェンジがズムーズになったり、クランクなどの剛性の違いでペダルを踏んだ力が効率的に推進力に変換されているおかげかもしれません。

コンポーネントを一式換える改造、カスタマイズは敷居が高いのが難点ですが、走行時の快適さがまるで別の自転車のようになるので、改造のおすすめ度はかなり高いです。

ただし、改造費用は新しいクロスバイクがが買える程度は必要になるところをどう考えるかだと思います。例えば自転車屋さんに相談してもおそらく「やめておいた方が良い」というような返事をもらうこともあると思います。

クロスバイクはクロスバイクとしてそのままにしておいて、ロードバイク的な乗り方をしたければ、新しくロードバイクを買うべきだというのがほとんどの自転車屋さんの考え方だと思われます。

オリジナルコンポ → shimano 105コンポ
速度アップ 2〜3km/h
費用3万円〜7万円程度(グレードに依る)
おすすめ度 ★★★★★

ビンディングペダルへの換装したらスピードアップした

ビンディングペダルへの換装したら速度アップ

ビンディングペダルへの換装したらスピードアップしました。
と言っても、ビンディングペダルしてもMAXスピードには大きな変化はない感じですが、加速と長時間の速度維持に関して絶大な効果があるために、平均速度は確実にアップするはずです。

加速に関してはトップスピード近くまで短時間で加速できるようになります。バイクや車で言う所の「アクセルを踏む込む」感じでグングン加速が可能になるというわけです。

前を走る自転車に対して追い越しをかける際や、路肩に駐車してある車を避ける時に、後ろの車に追い越しをかけられないように一気に加速する際などで非常に有効です。

速度アップ 1km/h
費用 4,000円〜10,000円
おすすめ度 ★★★★☆

タイヤを23C化したらスピードアップした

タイヤを23C化したら速度アップ

一般的にはタイヤを細くすることで転がり抵抗や空気抵抗が少なくなることから、スピードアップに効果があると言われています。

個人的な感想としては、タイヤを細くすればそれで良いというわけではなく、どのタイヤを選択するかでも変わってくると思います。タイヤの性能ってメーカーや種類でかなり違いがあるのですよね。

なので、タイヤの性能を判断しつつ、自分にとって調子の良いタイヤを選ぶのがベストだと思いますが、実際問題でものすごい数のタイヤが存在しますから、そんなに多くのタイヤを乗り比べられるわけもなく、ネット等の評判を頼りにするのが一番だと思います。

ちなみに、僕がネットの情報や口コミ情報をもとに選択したタイヤはコンチネンタル グランプリ4000Sと呼ばれるものです。

価格は前後で11,000円程度で一般的なタイヤと比べると高価なタイヤになりますが、タイヤの中では比較的軽い(200g程度)タイヤで、耐パンク性やグリップ力の高さなどで、多くのサイクリストから高い評価を得ているタイヤす。
タイヤ選びに関してはこれさえ選択しておけば間違いないとまで言われていたりします。

タイヤは回転部分の外側になる部分のため、重量は非常に重要です。ホイール等でも軽量化はホイール外周であるリム部分がどれだけ軽いかが重要になったりする部分ですから、この部分が軽量化されれば、スピードアップにはかなり効果がある部分だと思われ、実際、走りの軽さに感動するレベルで違いが体感出来ると思います。

ちなみに、タイヤを細くするとパンクしやすくなる、などと言われますが、普段から空気圧もしっかり管理して、段差がある場合には抜重などしながら走行すれば、28Cと同じような乗り方でも問題無いように思います。

つまり、空気圧をしっかりと管理して丁寧な乗り方さえしていれば、28Cの時とほとんどパンクのリスクは変わらないんじゃないかというのが個人的な感想です。逆を言えば、空気圧や段差を気にせずに乱暴に乗るような人は、どのタイヤでもパンクしやすいってことでもあります。

オリジナル28C → 23C
速度アップ 2km/h
費用 5000円〜12,000円
おすすめ度 ★★★★☆

ホイールを交換したらスピードアップした

ホイールを換装したら速度アップした

クロスバイクのESCAPE Airの純正ホイールは、重量だけを見れば1,850グラム程度ということで、ロードバイクの入門用ホイールの定番であるShimano R501よりも300g程度も軽く「安いけどそこそこイケるんじゃない?」と思わせるホイールです。

なので、僕もそれを信じて交換を後回しにしていたのですが、その後Fulcrum Racing 3へ交換したら、全く別モノで、もっと早く換えておけば良かったと思うくらいの差がありました。

ホイールを交換した際のレポートは「クロスバイクのホイールをロード用ホイールに換えてみた結果」で詳しく書いているので参考にしてください。

25kmくらいの距離を走行した歳の交換前と交換後の速度比較は、交換前で平均速度が19km/hくらいだったのが交換後には23km/h程度にアップ

条件の良い道での速度比較は、交換前で32km/h程度だったのが、交換後には40km/hオーバー&37km/h程度を維持できるようになるなど効果の大きさを実感出来る改造、カスタマイズだと思います。

ちなみに、クロスバイクのESCAPEシリーズやBianchiのカメレオンテ、GIOSノミストラルなど、クロスバイクのホイールをグレードアップしようと思った時の定番中の定番であるホイールと言えば、Shimano WH-6800かと思います。

クロスバイクの車体価格とのバランスも良く、高性能なホイールなので、僕自身もクロスバイクのホイールの交換を相談されたとしたら、お勧めするホイールです。

オリジナル → Fulcrum Racing 3
速度アップ 3km/h〜5km/h
費用 30,000円〜
おすすめ度 ★★★★★

ハンドルをカットしてハンドル幅を詰めるとスピードアップした

ハンドルをカットしてハンドル幅を詰めると速度アップした

一般的なロードバイクに装備されているドロップハンドルの幅は400mm〜440mm程度だと思います。それに対してクロスバイクのフラットバーハンドルの幅は約560mm程度で幅広になります。

ハンドルをカットしてハンドル幅を短くすることでスピードアップを図ります。ハンドル幅が狭くなると、必然的に脇がしまった乗車姿勢になり、空気抵抗を減らすことができるため、結果としてスピード維持がしやすくなるというわけです。

但し、ハンドルが短くなればなるほど、ハンドルの動きに対してのタイヤの動きは敏感になる、俗にいうクイックな状態になってしまうので、バランスを取りづらくなるだけでなく、操作性も大きく変わるので、カット幅には注意が必要です。

一気にカットしてしまうのではなく、数センチ単位で徐々に短くしていくのが推奨です。また、フラットバーハンドルを切り詰めるのは、シフターやブレーキなどのスペースを確保しなければいけないので460mm程度が限度になると思います。

オリジナル 560mm → 460mm
速度アップ 1km/h
費用 2,000円〜
おすすめ度 ★★★★☆

ブルホーンバーにしたらスピードアップした

ブルホーンバーにしたら速度アップした

クロスバイクのハンドルをブルホーン化したことによって、より自然なポジションで前傾姿勢を深くすることができ、ロードバイクに乗っているのに近いポジションが出せるようになりました。

その影響か、同じような感じで走行していても、3km/hくらい速いスピードを維持できるようになりました。

ブルホーン化による変化については「escape airをフラットバーからブルホーンにして変わったこと」でまとめていますが、スピードアップの要因としては、アップライトなポジションから深い前傾姿勢がとれるようになったことで空気抵抗が大幅に減ったことじゃないかと思います。

速度アップ 3km/h
費用 2,5000円〜
おすすめ度 ★★★☆☆

クロスバイクのスピードアップ その他

クロスバイクの速度アップ 

改造やカスタマイズ以外でスピードアップに効果がありそうなのモノもまとめてみました。

乗車姿勢を変えたらスピードアップした

改造ではないですが、乗車姿勢が変われば、空気抵抗も変わるため、速度に影響も大きいです。

ロードバイクと比べるとクロスバイクの乗車姿勢は、一般的にかなり上体が起き上がっているアップライトなポジションなので、その分空気抵抗も大きくなります。

なるべくハンドルの内側を持ち、腕を折り畳んで、脇をしめて、体制を低くすることで、空気抵抗が減り、スピードアップ、速度維持が期待できると思います。

空気抵抗は速度が出れば出るほど大きくなっていくので、25km/h以上になると違いは歴然としてきます。

サイクリングに適した服装で乗ったらスピードアップした

自転車のスピードアップを考えた時に、空気抵抗をどれだけ減らせるかが大きなポイントになります。

僕自身、空気抵抗を甘く見ていましたが、速度が出れば出るほど抵抗は大きくなるので、あの細いスポークですら空気抵抗の影響を受けるようになってくるわけで、極限まで考えれば、エアロフレームやエアロスポークなどに行き着くわけです。

その中でも最も空気抵抗が大きいと思われるのが服装です。自転車に乗る時にはサイクルジャージなど、空気抵抗が少ないものに変えれば、その分スピードアップできるのは間違いないでしょう。

抵抗については、プールを思い浮かべてもらえればイメージしやすいと思いますが、服を着たままの状態と水着の状態では全く抵抗が違います。それと同じような状態が自転車に乗っている時に起きているということです。

自分自身を鍛えたらスピードアップした

乗り物の性能は結局のところエンジンです。
とどのつまりは、スピードアップの最も近道はエンジンである自分自身を鍛えることだと思います。

例えば、技術的なところであれば、ポジションをしっかりと出して、ペダリングやシフトチェンジのタイミングなどのスキルをアップさせたり、体力的な面では、体幹を鍛えるなど、やるべきことは沢山あると思います。

毎日乗り続けるというのも、自転車に必要な筋肉が鍛えられ、体力もついてくるので確実にスピードアップするための1つの方法だと思います。

下手にパーツを換えるよりも、こうしてエンジンを鍛えた方が、よりスピードアップに繋がるというのは異論がないところだと思います

以上、クロスバイクのスピードアップに効果のあった改造、カスタマイズについてのまとめでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑