*

自転車乗りの視点から車社会の問題を考えるドキュメンタリー映画『Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ』

公開日: DVD・映画, 自転車関連・アイテム

Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ

自転車乗りの視点から車社会の問題を考えるドキュメンタリー映画Photo via:http://www.bikes-vs-cars.com/

Bikes vs Cars は世界中の都市を埋め尽くす車社会が抱える地球温暖化や地球資源などの問題を描いた映画です。

BIKES vs CARS – English Subtitles from WG Film on Vimeo.

Bikes vs Cars depicts a global crisis that we all deep down know we need to talk about: climate, earth’s resources, cities where the entire surface is consumed by the car. An ever-growing, dirty, noisy traffic chaos. The bike is a great tool for change, but the powerful interests who gain from the private car invest billions each year on lobbying and advertising to protect their business. In the film we meet activists and thinkers who are fighting for better cities, who refuse to stop riding despite the increasing number killed in traffic. 公式サイトより引用

上記は公式サイトの映画の概要を説明した文章ですが、英検5級の英語力である僕が訳してみると

自転車は車社会が抱える問題を解決するための方法の一つとして、近年注目されていたりして昨今の自転車ブームにも繋がって来るかと思うのですが、そういったことから自転車乗りの視点から車社会の問題を考えると言う新しい発想で作られた映画ということで、個人的には非常に興味のある映画です。
勘違いしてしまいそうですが、自転車に乗っていると車が邪魔でしょうがないから車社会を見直して、自転車にとって良い環境を目指そう!というような内容の映画ではなく、あくまで車社会の抱える問題に切り込んで行く映画かと思います。
汚染や騒音、渋滞などはますま酷くなる中で、それらの問題を解決する手段として自転車は素晴らしいツールです。しかし車から得られる巨大な利益を守る為に、自動車産業を守る為に毎年多くのロビー活動や広告費が使われています。
映画では、交通死亡事故が増えているにもかかわらず、より良い都市づくりのために自転車に乗ることをやめない活動家や思想家たちのお話です。

というような感じです。

Bikes vs Cars 基本情報

ジャンル:ドキュメンタリー
時間:1時間 27 分
製作会社:A WG Film production
公開:2015年

監督:Fredrik Gertten
プロデューサー:Margarete Jangård、Elin Kamlert

Bikes vs Cars SNS

BIKESvsCARS_01_newPhoto via:http://www.bikes-vs-cars.com/
公式サイト
facebook
twitter

Bikes vs Cars 公開情報

動画共有サイトvimeoでレンタル&購入が行なえます。
日本語字幕はありませんが、英語等の主要な言語での字幕は付けられます。

日本での公開は1月31日(日)渋谷アップリンク FACTORY(1F)にてプレミアム上映がされるようです。

Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へについて

自転車目線から車社会の問題を考える作品ということで、個人的に非常に興味のある映画です。渋谷の上映会にはさんかできそうにないので、ネットでの動画配信で試聴しようか思っています。

あくまで自転車目線というだけであって、自転車乗りにとって良くない環境だから、車社会を見直して自転車乗りにとって良い環境を作ろう!というような内容ではなく、もっとグローバルに車社会の問題を追求する内容の映画かと思います。

サンパウロ、ロサンゼルス、コペンハーゲン、トロント、ボゴタ、ベルリン、ムンバイ、モスクワ、パリなどのいろいろな都市の自転車と車の状況が確認できるのも興味深いですが、自転車乗りにとって環境が悪いと言われる日本や、自転車が主たる交通手段のイメージのある中国などの都市も含まれていればなぁ・・・。

あと海外の事情がよくわからないので全く問題無しの行為かもしれませんが、トレーラーの映像を観ると、自転車が車道の真ん中を堂々と走っていたりして、日本の間隔からすると「おいおいおい!」となってしまうシーンがチラホラあって、そっちの方が気になってしまいました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑