*

放置自転車対策のまとめとか

公開日: ルール・マナー, 自転車全般

放置自転車対策

交通の妨げになったり、美観を損ねたり、対策費用に膨大なお金が掛かるなど、何かと問題が多く、社会問題でもある放置自転車の対策などについてまとめてみました。

放置自転車に対する一般的な行政の対応

放置自転車の移動・保管・処分

自転車放置禁止区域などに置かれた自転車に対して警告の札などを付けて、一定期間移動されなかった自転車を放置自転車とみなして移動させて、所定の保管場所で一定期間保管(概ね1〜3ヶ月)した後に処分する。

保管場所の問題などもあり、撤去したくても撤去できなかったり、保管場所の確保のために処分に移行するまでの保管期間を短くするなどで対策される場合もある。

自転車放置禁止区域

主に駅前などの交通の往来が多い場所での放置自転車は通行障害や景観を損ねるなどの問題が多く、一時的な駐輪自体を禁止する地域。即時撤去などを行なう場合もある。

即時撤去とは

自転車放置禁止区域に停められた自転車は即時撤去するなどの自治体もある。
つまり、一時的な駐輪でもNGとなる。
しかし、撤去強化地域の外での放置自転車が増える等の現象が起きたりする。

放置自転車の引き取り手数料

放置自転車としてみなされて移動後、保管されている自転車を引き取るためには防犯登録の確認などで照会した後、持ち主本人であると確認された場合に返却となる。その際、保管手数料(概ね1,000円〜3,000円)が必要となる。

放置自転車の中には盗難自転車が放置されている場合も珍しくなく、この場合は、盗難届が出されていると保管手数料を免除する自治体もある。また、保管期間中に防犯登録で持ち主を照会する自治体もある。

放置自転車の処分

一定期間保管した放置自転車で引き取り手が無かったものに関しては、再生可能なものはリサイクルして販売されたりする。

放置自転車に対する主な対策

駐輪場の増設

放置自転車の根本的な原因は、駐輪場の不足という面を考慮しての対策される。

問題点

・自転車駐輪場内の放置自転車も多い
・駅から遠い駐輪場は利用率が低い

自転車利用者への呼びかけ・啓蒙活動

駐輪禁止の看板やポスター、該当での呼びかけによる放置自転車禁止の呼びかけ。シェアサイクリングの導入なども。

結局のところ撤去の徹底がベスト

放置自転車対策

自転車駐輪場を増やすとか、立て札などでの啓蒙するなどの方法もありますが、やはり最も効果があると思われるのは即時撤去のようで、放置自転車対策で調べてみると、いろいろ対策した結果、即時撤去の強化などの対策を実施する自治体が多いように思います。

割れ窓理論のようなもので、自転車が駐輪されていない場所には駐輪しづらいですし、逆に放置自転車があれば「駐輪しても良いのかな」という気がしてしまうものです。

実際問題で、ちょっとした用事があって吉祥寺へ愛車のクロスバイクで出かけた際に、駅周辺に全く自転車が無かっために、近辺に駐輪するのを諦めて駐輪場を探して駐輪したことがありました。もしも放置自転車が多数停まっていれば、傍に停めたかもしれないですし、確実に放置自転車には効果のある対策だと思います。

保管料ってどうにからなんのかな

撤去された自転車を取りに行くと、保管料として数千円を払う必要がありますが、引き取らない場合は何の費用もかかりません。

ルールを守って粗大ゴミとして自転車を捨てると処理費用を取られますし、だったら撤去してもらってそのまま処分された方がお得!というような考え方も出て来るんじゃないかと思われます。

必要な自転車をずっと放置するなんてことはまずないでしょうから、基本的には放置しっぱなしな自転車は、必要がなくなった自転車か、盗難自転車の乗り捨てかと思われます。

真面目に受け取りに行くと保管料を取られるのに、不法投棄でも無視すれば一切取られない。なんだか変なお話です。

それなら、防犯登録などから本来の持ち主はある程度特定出来るでしょうし、自動車の罰金と同じような感じで、撤去された自転車に対して強制的に撤去料を徴収するようなシステムがあれば、要らなくなったからといって放置していく人も減るんじゃないかなと思うのです。

実現できれば、撤去費用などで自治体が持ち出すお金の料もも少なくなるでしょうし、放置自転車を減らせるような気がします。

まとめ

なにはともあれ10年以上前と比べれば、随分減った印象のある放置自転車ではありますが、まだまだ放置自転車の問題は大きいようで、自転車に乗る際には、意識を高く、しっかりとルールを守って運転することを徹底したいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑