クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ホイール・タイヤ 自転車メンテ・改造 自転車用品 自転車通販 買い物・店舗

海外自転車通販サイトのwiggleウイグルでロード用ホイールを購入してみた

更新日:

ロード用ホイールを海外通販のwiggleで購入

僕の愛車であるGIANT社製のクロスバイクESCAPE Airのホイールをロード用ホイールに交換すべくホイールを検討している時に、海外の自転車用品販売サイトであるWiggle ウイグルで購入すると日本で購入するよりも安い場合があるとの情報を発見。

さっそく調べてみた結果、僕の欲しかったflcrum Racing 3が確かに日本で買うよりもかなり安かったため、海外通販でドキドキの個人輸入をしてみました。

以下、初めて海外の自転車販売サイトWiggleについての情報とホイールを注文してみた顛末をまとめています。

海外自転車通販のwiggleにつていの情報と利用のポイント

海外自転車通販のwiggleでロード用ホイールを買ってみた

超有名な海外自転車用品販売サイト

Wiggle ウイグルはロードバイクやクロスバイクに乗る人であれば誰しもが知っている、イギリスを拠点とする海外自転車用品販売サイトです。

何でもかんでも安いわけではありませんが、個人輸入となるため円高時には利用価値が非常に高くなるのと、セール品は半端なく安くなることで有名です。

ホイールやフレーム、時には自転車本体など、それなりに価格のする自転車用品であれば、日本国内で購入するよりも相当安く購入できることもあり、ロードバイクやクロスバイクを趣味にする人にとっては要チェックな海外通販サイトなのです。

Wiggleの利用方法については下記の記事で詳しく解説しています。

海外通販のWiggleウイグルで自転車用品パーツの購入方法と受け取りまでの流れ

日本のショップと同じ感覚で買える

海外のから何か欲しいものを購入して個人輸入することはインターネットが登場してから随分ハードルが下がりましたが、それでも多くの人にとって最初の障壁になるのが言葉の問題かと思います。

大抵の販売サイトの場合、商品説明はもちろんインターフェイスも英語だったりするので、その時点で海外の販売サイトから購入を諦める人も多いでしょう。単純に安いからというだけではな、なかなか利用できないというのが実際のところです。

その点、Wiggleは海外(イギリス)の販売サイトですが、日本語でホームページが作られているので、日本のショップから購入しているのとほとんど変わらない感覚で購入出来るため、海外からモノを購入している感覚が全くありません。

つまり、日本のショップでモノを購入できる人であれば、Wiggleからの購入も全く問題なくできるというわけです。

高価なパーツを買うなら海外通販を活用したい

僕が愛車であるクロスバイクのESCAPE Airのために購入しようと決めたホイールはflucrum Racing 3と呼ばれるミドルクラスのロード用ホイールです。

どうせ同じモノを買うのであれば一円でも安い方が良いわけで、いろいろなお店で価格比較した結果、最安値は海外通販のWiggle ウイグルでした。

僕がflucrum Racing 3の購入を検討していた2014年初旬頃は日本での実売価格が7万円前後だったのに対してWiggleでは6万円を切るくらいの価格で1万円以上も安く購入できました。このように為替レートのタイミング次第では日本で買うよりも相当安く購入できるようになります。

値段の高いモノほど差益が大きくなるので、ホイールや自転車本体などある程度の価格が高くなるようなものを購入する際には、必ず海外通販サイトの価格と為替レートはチェックしておいた方が良いでしょう。

僕の目安としては総額で3万円以上のものを購入する際には必ずチェックするようにしています。

円高になればなるほどお買い得になる個人輸入

円高の時ほど利用価値が高くなる

今現在(2018年8月)の為替レートでは1ドル=110円程度なので、個人輸入のメリットがあるかどうかのラインについては微妙なところですが、2011年〜2012年頃の1ドルが70円台という超円高の頃には日本での価格と海外での価格に大きな開きがあり、海外の通販サイトを介して個人輸入するというのが大ブームになったことがありました。

当時は定価で10万円を超えるようなDURA-ACEのホイールが5万円台になるなど、かなりお買い得感があり、サイクリストたちの間では安くパーツを購入できる方法としてWiggleを利用するというのは半ば常識的なレベルになっています。

1ドル=100円よりも円高になればお買い得感の目安

海外から個人輸入してお買い得感が得られる為替レートの目安としては1ドル=100円が基準になると思います。1ドル=100円よりも円高であれば、バーゲン価格などでなくても日本で買うよりも安い物が多く見つけられるようになってきます。

Wiggleで自転車ホイールを買ってみた

海外通販で購入したクロスバイクのロード用ホイールの箱

購入から配達までの日数の目安

iggleで自転車用品を買うと10日〜20日くらいで届きます。
Wiggle公式ページでは購入すると約10日ほどで到着すると書かれていますが、注文したモノや通関の都合で時間が掛かる場合があります。

Wiggleで自転車用ホイールを購入した時の実際の流れは

● 12日の夜中 購入。
● 13日のお昼 Wiggleから「注文を受け付けました」メール。
到着予定が20日〜21日とのこと。
● 到着 19日

注文から約1週間で配達されたので、今回は予定よりも早く届きました。
その後も何度か購入しましたが平均的に一週間くらいで届く感じです。

関税が加算されます

税関で8%分の関税が加算されました。
日本の消費税分ですね。
ものにもよりますが1万円を超すような買い物には関税が掛かります。
関税以外に郵便局の手数料が200円必要でした。

このあたりの金額も考えて購入しないと「日本で購入したほうが安かった!」なんてことにもなりかねません。関税は落とし穴になりやすい部分なので海外通販で個人輸入をする際には注意したいポイントです。

関税などの商品代金以外に必要なお金についての情報は下記にまとめてあります。

Wiggleなど海外通販で買い物する時は輸入関税に気をつけよう

Wiggleの梱包など

Wiggleから届いたクロスバイクのロード用ホイールの箱を開封

海外通販でありがちな箱はボロボロで汚れた状態や潰れたで届いたりしますが、これは発送元が原因ではなく荷積みの際に汚れてしまうのが原因ですから、よほど酷い状態で商品自体に問題がある状態になっていない限りは諦めるしかありません。

Wiggleの梱包はいたってシンプルで、Amazonの梱包に近いイメージです。

Wiggleから届いたクロスバイクのロード用ホイール

箱から取り出すとこんな感じです。
お店が商品を仕入れた時のような状態で、通常のショップで購入した時にはあまり見られないような商品説明のタグなどが付いていたりします。

Fulcrum Racing3について

クロスバイクのロード用ホイールの白いハブ

購入したFulcrum Racing3についても少し書いておきます。
購入の決め手になった理由の1つである白いハブが特徴的です。
残寝ながらfの赤いマークはシールです。このあたりで10万円以上のホイールと差が付きます。

Fulcrum Racing3の付属品

クロスバイクのロード用ホイールを10速用にする

クイックリリースと10速用のスペーサーが付属しています。
Fulcrum Racing3は11速対応ホイールなので10速のコンポーネントに使用する際にはスペーサーを使用して調整します。

海外自転車通販のWiggleでロード用ホイールを購入してみた感想

初めて購入する際には、アカウントを登録しなくてはならず、情報入力が面倒ですが、それは日本のショッピングサイトでも同じ事。

登録してしまえば意外なほど簡単に買い物ができます。
商品到着までもそれほど時間が掛からないので、実際に海外からモノが届けられて関税の書類等に目を通すまでは海外から購入している感覚はまったありませんでした。

僕はWiggle以外でも海外通販を利用することが多いのですがAmazon.comなどに比べると英語の障壁が無い分、圧倒的に利用しやすくなっています。

個人輸入なので、一般的な輸入と同じく為替レートには影響されますが、価格は円安時でもそれなりに安く購入出来るように調整されているようで、多少の円安でもお買い得感が損なわれないようになっている感じです。セール品などであれば円安時でも日本で買うよりもかなり安く買えるものも見つかることがあります。

例えば僕が購入したFulcrum Racing3の上位モデルのFulcrum Racing ZEROなんかも時々セール品として販売されることがあり、8万円台で購入出来ることもあります。

そんな感じでのWiggleはお買い得感満載なので、少し高いパーツを購入する際や、まとめ買いをする際には必ずチェックするサイトの1つになっています。

以上、海外自転車通販サイトのWiggleを利用してみた感想でした。

-ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造, 自転車用品, 自転車通販, 買い物・店舗
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.