*

ShimanoのVブレーキは前後で違うなど

公開日: ブレーキ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ ,

150926_2

自転車のブレーキの種類は大きく3種類。
ロードバイクなどで多く使われているキャリパーブレーキ。
シクロクロスなどで多く使われているカンチブレーキ。
クロスバイクなどで多く使われているVブレーキ。

僕の愛車であるクロスバイクのescape airにもVブレーキです。
既にBR-R573という、Shimanoのロード用Vブレーキ(105グレード)に換装してはいるのですが、ブレーキ換装時に悩むことがいくつかあったので、当時悩んだことを改めて調べ上げてハッキリさせておこうと思います。

ロード用Vブレーキとマウンテンバイク用

Vブレーキと言えば、ロードバイクではなくマウンテンバイクなどのオフロード用というイメージがありますが、ロード用のVブレーキも存在します。

ロード用は、シクロクロス用に比べて、ブレーキアームの長さが短く、ショートアームと呼ばれているものになり、ブレーキアームの長さが短くなると、制動力が弱まります。スピードの出るロードバイクなどで、ガッツリ効いてしまうブレーキだと逆に危険だったりするわけです。

クロスバイクの場合はVブレーキながらも、このショートアームのブレーキが採用されている場合が多いようで、僕の愛車であるクロスバイクのescape airもショートアームのブレーキが装備されていました。

愛車を改造・カスタマイズする際、ロード寄りかマウンテ寄りかで、チョイスするパーツが変わってきます。ロード寄りの改造・カスタマイズを目指すのであれば、ショートアームのブレーキを選択してください

ちなみに、Shimanoのロード用Vブレーキは

BR-R573 (105グレード)
BR-R463(Tiagraグレード)
BR-R353(SORグレード)

の3種類で、いずれもコンパクトなショートアーム。



ブレーキにはフロント用とリア用がある

Vブレーキにはフロント用とリア用があります。
商品紹介写真などで見ても、その違いが判らないため、僕は同じものと思っていました。

愛車のクロスバイクのescape airのブレーキを換装する際に、さんざん悩んだのもこの点。

Amazonに出品されている商品には、親切に商品名に(フロント用)、(リア用)の文字があったため、フロント用とリア用があることに気が付くことができました。

本当に違いがあるのかと、今でも疑問に思う点ではありますが、型番と思われる記号をよく見ると・・・

BR-R573 ブラック フロント用 EBRR573FX11SLP
BR-R573 ブラック リア用   EBRR573RX11SLP

というような感じで型番の一部がF(Front)とR(Rear)になっているのでした。細かい!こんなん買い間違えますって!

ちなみに同じ商品のシルバーとブラックのの差は

BR-R573 シルバー EBRR573FX11SSP
BR-R573 ブラック EBRR573FX11SLP

S(Silver)とL(える?)の違いです。

ブレーキシューがカードリッジタイプと一体型

ブレーキシューには、ゴム部分だけを交換するカードリッジ式のものと、取り付け金具が一緒の一体型があります。

詳しくは、自転車のブレーキシューの買い間違えを防ぐ方法
でまとめてあります。

全てのVブレーキで、両方のシューを使えるかと言うと、そうではなく、互換性のあるものでないと使用できません。この点でも買い間違え必須です。

Comment

  1. ツキノワひぐま より:

    V-ブレーキの前用と後ろ用の違いをお教えしましょう。
    あらかじめセットされている、ブレーキカートリッジの向きです(進行方向の矢印がついてますよね)。それ以外の違いはありません。カートリッジを左右入れ換えると、前用が後ろ用に、後ろ用が前用になります。なので間違って前用2組買ってしまっても、1組のカートリッジを左右入れ換えて、後ろに使えばよいのです。

    • escape air より:

      ツキノワひぐま様
      コメントありがとうとざいます。 えーーーーっ!?というような感じですが、見た目で違いがよく判らなかったのも合点がいきました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑