*

自転車メンテナンスの必需品である工具類を上手に収納したい

公開日: 自転車全般, 道具・工具

151020_1

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクを快適に乗り続けるために必要なのはメンテナンス。

その全てをお店にお任せしてしまえば一番楽で確実とは思うのですが、簡易的なメンテナンスや調整などは自分でも出来た方が断然良いのは間違いありません。

さて、メンテナンスをしようと思うと欠かせないのが工具。
自転車のメンテナンスにはメンテナンスをする箇所やパーツによって使用する工具も細かく分れていて、なんでもかんでも自分でメンテナンスしようとすると、必然的に工具類が増えてきます。

というわけで、増えてきた工具類を上手に収納する方法についてです。

自転車メンテナンスに欠かせない工具はどんどん増えていく

151020_3

ドライバーやレンチなどの工具は、自転車以外でも何かと使う機会があったりするので、日常生活においても必要不可欠なものだと思います。

なので、それらの工具を所有すること自体に問題はないのですが、あれもこれもとやっているうちに、いつしか工具類はどんどん増えていき、気が付くとガチャガチャと嵩張るようになってきます。

最初は小さな工具袋に収まっていたものが、次第に納まりきらなくなり、部屋の片隅で無造作に積まれるようになってくると、重いしガチャガチャするし、目的の工具を探し出すのも一苦労になってきます。

大きな工具だけならそれでも良いのですが、ボルト類やアクセサリ類も自転車の場合は多いので、ゴチャゴチャに管理していると、あれこれ行方不明になったり、同じ物を二度買いしてしまったりで、良い事は一つもありません。

収納について不便を感じるようになってくると、工具を整理する工具箱のようなものがあると非常に便利です。

工具箱ならリングスターが良いと思う理由

151020_4

さぁ、工具箱を買うぞ!となった時に選んだのがRING STAR(リングスター)というメーカーの工具箱。

釣りをする人たちの間ではよく知られたメーカーで、釣り具箱などが有名だと思いますが、釣り具箱の他にも工具箱などを製造していて、いろいろなサイズが揃っていて、かつ手頃な値段で、お勧めメーカーです。

個人的な趣味で言えば、工具箱はガレージなどにある金属製のしっかりとしたものが好きなのですが、いかんせんマンション住まい。鉄製の工具箱を部屋の中に持ち込めば、フローリングを傷だらけにしてしまうため却下。

そこで選択肢に挙がったのが、ポリカーボネート樹脂製の工具箱。
ポリカーボネート樹脂製の工具箱と言えば、リングスターでしょってことです。

購入したのは、リングスター スーパーボックス グレーSR-530。

品番のSR-530の530は、ワイドのサイズで530mmということです。
ちなみにサイズは幅530mm / 高さ253mm / 奥行220mm。

大きすぎず、小さすぎずの程良いサイズです。

151020_5
中身は二層式になっていて、上段は間仕切りのあるトレイ。
間仕切りはある程度自由に入れ替えることができます。

151020_6
上部のトレイを外したところ。
高さもあり、いろいろなモノが収納出来ます。

151020_7
いろいろなモノを収納したところ。
白い半透明のツールボックスは同梱されてきたもので、ボルト、コラムスペーサー、ミッシングリンクなど、細々としたパーツ類を収納するのに便利です。

工具の他に、予備チューブや予備タイヤ、ワイヤーなどのストックも十分収納出来るスペースがあります。

もう少し高さのあるタイプのものも有りましたが、あまり深いと目当ての工具などをまた見つけづらくなってしまうので、このくらいが丁度良いと思っています。

RING STARの工具箱の良いところ

丈夫で軽い

車のバンパーなどで使用されているポリカーボネート樹脂製(高耐衝撃性コーポリマー樹脂)なので、とにかく丈夫。

作業する歳の腰掛けなどとして使用しても全く問題ありません。丈夫でありながら軽量なのも魅力の一つ。

金属のようにフローリングを傷つけたりもしないですし、汚れた場合も拭き取れば簡単に汚れが落ちます。

スタッキングできる

もっと大きなサイズのものや、高さのあるタイプもありますが、個人的にはこれくらいのサイズが丁度良いと思っています。

予備タイヤやパーツ、メンテナンス道具など全てを収納しようと思うと駄目ですが、これくらいのサイズの方が、中身をすぐに確認出来て、目当てのパーツを見つけることができます。

収納出来ない場合は、同サイズのものを購入すれば、スタッキングできるので、部屋の中で嵩張ることもありません。

安い

丈夫で使い勝手が良いくせに、価格は数千円から。
非常に良心的な価格。

よく使う工具はツールロールが便利

151020_8

自転車専用の工具は、滅多に使わないものも多いため、工具箱にいれておけば良いですが、ドライバーや六角レンチなど、日頃からよく使う工具類は、持ち運びが便利なようにツールロールにまとめています。

ツールロールだと、持ち運びと取り出しが楽なので、種類の多いドライバーの類は工具箱に入れておくよりもずっと使い勝手がよくなります。

151020_9

小さなポケットで仕切られていて、よく使うドライバーやスパナなどの工具をまとめて収納出来ます。

ツールボックスは工具が少なくて緩いと、丸めた時に納まりが悪くなります。工具を詰め込むと不思議と納まりがよくなるものなので、工具が少ないうちは必要ないかもしれません。

自転車メンテナンスに必要不可欠な工具類を上手に収納したいまとめ

151020_10

冒頭にも書きましたが、クロスバイクのescape airに乗るようになり、自転車のメンテナンスを自分でするようになってから、あれこれと工具類を購入するようになり、気が付くといろんな工具が増えてしまいました。

最初はブティックなどで貰う、厚手のビニール袋にひとまとめにして入れておいたのですが、工具が増えてくると、目当ての工具を探すのが大変になり、それ自体がストレスになっていました。

そんな必要性にかられて購入した工具箱ですが、ゴチャゴチャになっていた工具類を一つにまとめることができ非常にスッキリした気分で自転車のメンテナンスに取りかかることができるようになりました。

工具箱は子供の頃のおもちゃ箱のようなワクワクが一杯の箱です。
工具類の収納方法に悩んでいる方は、工具箱の使用がお勧めです。

これから自転車メンテナンス用の工具を揃えようと考えている人は、まず六角レンチを購入すれば良いと思います。自転車に使われているボルトのほとんどが六角ボルトですので、自転車メンテナンスには欠かせない工具です。

以上、自転車のメンテナンスに必要不可欠な工具類の収納奉納についてのまとめでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑