*

受講料5,700円!道交法改正で自転車運転者講習が義務化!

公開日: 道路交通法・ルール

平成27年6月1日から、交通の危険を生じさせる違反を繰り返す自転車の運転者に対して、自転車運転者講習が義務化されます。

自転車の交通マナーの悪さが話題になることは今に始まったことではありませんが、そろそろ度を超した無法運転をする自転車の運転者に対して、厳しく取り締まりしていきますよ。という時代になっていきそうです。

平成27年6月1日の道交法改正のポイント

危険行為として定められたルールを守らずに、危険行為を繰り返す自転車運転者に対して、自転車運転者講習が義務化されるようになります。

危険行為の項目に関しては具体的に下記に記しますが、信号無視や酒酔い運転など14項目で、これらの項目の違反を3年以内に2回以上繰り返す自転車運転者に対して、自転車運転者講習(有料)が義務づけられるというもの。

自転車運転者講習

自転車運転者講習とは

政令で定める14項目の危険行為を3年以内に2回以上行った自転車運転者に命じられる講習で、受講命令に違反した場合は、罰則(5万円以下の罰金)の対象となる。

講習の内容は

講習時間は3時間。
手数料は5,700円。
対象は14歳以上

重要視したい項目

警察庁が作成した自転車運転者講習の資料では、14の項目のうち

信号無視
遮断踏切立入り
指定場所一時不停止等
歩道通行時の通行方法違反
制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
酒酔い運転

の項目を、イラスト入りで強調しているので、これらの特に重要視されているのだと思います。実際問題で、自転車にとって身近で事故が多いのが上記の項目になるかと思います。

このあたりになれば、自動車等の免許を持っていなくても、常識的に守らなきゃいけないルールであることは知っていて当然かと思うので、免許制云々はあまり問題ないのかもしれません。

自転車運転者講習対象:14項目の危険行為

信号無視(道路交通法第7条)

自転車運転者講習 信号無視
信号は守りましょう。

通行禁止違反(道路交通法第8条第1項)

自転車運転者講習 通行禁止違反
Photo via:道路標識一覧
通行止めや車両通行止め、自転車通行止めの場所や、歩行者専用路側帯を通行してはいけません。

歩行者用道路における車両の通行義務違反(道路交通法第9条)

自転車運転者講習 歩行者用道路における車両の通行義務違反
歩行者用道路は徐行して、歩行者の妨げになる場合は停止しましょう。

通行区分違反(道路交通法第17条第1項、第4項、第6項)

自転車運転者講習 通行区分違反
自転車道が設けられた道の場合は自転車道を走りましょう。

路側帯通行時の歩行者の通行妨害(道路交通法第17条の2第2項)

自転車運転者講習 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
路側帯を走行する際は、歩行者を優先して妨げにならないようにしましょう。
路側帯・・・歩行者の通行のため、歩道のない道路の路端寄りに設けられた帯状の部分

遮断踏切への立ち入り(道路交通法第33条第2項)

自転車運転者講習 遮断踏切への立ち入り
遮断した踏切の中へは入らない。

交差点での優先道路通行車妨害など(道路交通法第36条)

自転車運転者講習 交差点での優先道路通行車妨害
優先道路を走っている車両の通行の妨げにならないようにしましょう。
優先道路:道路標識等によって優先道路が示されている道路。
標識が無い場合は、道幅が大きい道路が優先される。

交差点右折時の通行妨害など(道路交通法第37条)

自転車運転者講習 交差点右折時の通行妨害
右折車、直進車、左折車に対する進行の妨げにならないようにしましょう。
道路の左端を走行して二段階右折に近いルートを走行するのが基本。

環状交差点での安全進行義務違反など(道路交通法第37条の2)

自転車運転者講習 環状交差点での安全進行義務違反
環状交差点では、環状交差点内を通行している車両等が優先されるので、これらの車両の通行の妨げをしない。
環状交差点の交通方法

一時停止違反(道路交通法第43条)

自転車運転者講習 一時停止違反
一時停止の場所では止まりましょう。

歩道通行時の通行方法違反(道路交通法第63条の4第2項)

自転車運転者講習 道通行時の通行方法違反
自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行し、歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しましょう。

制動装置(ブレーキ)不良自転車の運転(道路交通法第63条の9第1項)

自転車運転者講習
整備されたブレーキを装備した自転車に乗りましょう。

酒酔い運転(道路交通法第65条第1項)

自転車運転者講習 酒酔い運
自転車でも飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。を徹底しましょう。

安全運転義務違反

自転車運転者講習 安全運転義務違反
傘差し運転や、スマートフォンや携帯などのながら運転、許された仕様以外での二人乗り、無灯火などが対象になるのではないでしょうか。

個人的な考えなど

ついに、なのか、ようやくなのか、今まで無法状態だった自転車も、自動車やバイク、原付などと同じように、違反した場合は厳しく取り締まられる時代が来るのかもしれません。

かもしれません、というのは、3年以内に2度以上の違反をした自転車の運転者の本人確認をどうやってやるんだろう?とか、集めた違反者の情報をどうやって管理するんだろう?などと思うことや、どこまで本気で取り締まってくれるのだろう?という疑問があったりして、抑制目的のカタチだけの法律になってしまわないか、少し不安に思うからです。

しかし、改正道路交通法が施行されるようになれば、今まで、自転車を道路交通法違反で取り締まると、免許制ではないため、即前科、裁判所、というような問題があったのが、いわゆる青色切符などと同じような扱いで、違反を取り締まれるようになり、受講するための手数料と言う名の、実質罰金が科せられるようになるわけですから、徹底して取り締まって欲しいものです。

個人的には、危険な思いをすることが多い、信号無視、一時停止無視、無灯火、逆走については、本当に徹底して取り締まって欲しいと思ったりしますが、どうなることでしょうか。

関連記事
自転車の信号無視で大阪府警が取り締まりを実施して赤切符を交付
道路交通法が改正されて自転車運転者講習がスタートして3ヶ月の様子

関連情報

自転車運転者講習制度(警視庁)
自転車運転者講習(警察庁)

Comment

  1. 田能久 より:

    こんばんは、
    2015 6/1 改正道交法 施行初日、あっちこっちの交差点で お巡りさんが立って啓蒙のためのティッシュ配ってました。NHKのニュースにも取り上げられてましたが「自転車くらい気軽に乗りたい」なんてツイートも紹介されてたりして。
    きっとそういう人はルールを守って安全に自転車に乗る事と、気軽に自転車に乗る事は両立しないんだろうな。

    • escape air より:

      コメント有り難うございます。
      昨日の天気は雨でしたが、相変わらず傘差し運転も多かったですねえ。
      気軽さのはき違えでしょうか。ルールを守って安全に走れば、ストレスも少なく気軽に快適に走れるもののはずなのですけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑