*

頼れるパナレーサーのミニフロアポンプBFP-AMAS1

ミニフロアポンプBFP-AMAS1
クロスバイクやロードバイクに乗っていると楽しくて快適で気持ち良いことが多いですが、時にはアクシデントに見舞われることもあります。

自転車のアクシデントで最も身近と思われるのがパンク。というわけで、パンクに備えて携帯しておきたいものの一つが空気入れ。

荷物を少なくしたい僕は、超小型のair boneを携帯していますが、使いやすさと大きさは比例するものでして、小さければ、一度に入れられる空気の量も少なくなり何度もポンピングしなければいけなかったり、チューブが無いので、慣れないうちはバルブを痛めてしまうこともあるかもしれません。


少々大きくても、もしもの時に使いやすい方が良い!と考える人にお勧めしたいのがパナレーサーのミニフロアポンプのBFP-AMAS1です。

Panaracer ミニフロアポンプ BFP-AMAS1

ミニフロアポンプBFP-AMAS1
全長340mm
チューブ付き
重量:200g程度
最大許容充填可空気圧 800KPA
英・米・仏式バルブ対応口金付き
浮き輪・ポール用のアダプター付属
フレーム取付用アタッチメント付属

ポンプとしての必要と思われるものはエアゲージ以外は全て揃っていると思われるこのスペックで実売価格が1500円前後というリーズナブルさがステキなミニフロアポンプなのです。

よく売れているモデルだと思われ、ママチャリなどを扱う量販店などの自転車用品コーナーなどでも、置かれていることが多いです。

Panaracer ミニフロアポンプ BFP-AMAS1の使い方

ミニフロアポンプBFP-AMAS1の使い方
フレーム取付用アタッチメントは長めのネジで固定する方式で、太めのフレームにも対応(直径24~38ミリ)できるので、トップチューブやシートチューブ、ダウンチューブなどにも取り付けられると思います。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1ポンプ
ポンプのボトム部分にはフットステップが付いていて、実践で使うと、かなり調子が良いです。個人的にはかなり高ポイントな機能です。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1把手
ポンプの把手部分。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1ポンピング
スライドして横向きになり、ポンピングがしやすくなります。こちらもかなりポイントが高い機能です。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1ヘッド部分
ヘッド部分。このままでは仏式バルブには空気は入れられません。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1 仏式バルブ
仏式バルブに対応させるには、ヘッド部分に収納されている金具を使用します。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1ヘッドセット
レバーを立てた状態で金具の細い部分をヘッドにセットします。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1バルブにねじ込む
バルブに刺してねじ込んで行きます。
ポンプのヘッド部分に金具をセットする前に、バルブにねじ込んでも良いかもしれません。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1空気が抜ける
そのままでは空気が抜けてしまいます。
レバーを倒すと空気が入れられるようになります。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1バンドで固定
空気を入れ終わったら金具を収納して落ちないようにバンドで固定します。

ミニフロアポンプBFP-AMAS1自転車に取り付け
自転車に取り付けたイメージ。
それなりに存在感はあります。

Panaracer ミニフロアポンプ BFP-AMAS1を使った感想

過去に一度だけパンクした経験があるのですが、その際に携帯していたのがこのPanaracer ミニフロアポンプ BFP-AMAS1でした。

初めてのパンクだったので、かなり焦った気持ちの中での作業でしたが、この頼もしいミニフロアポンプのおかげで、スムースに空気を入れることができ、無事に帰還することができました。

個人的には自転車のフレームの装備は増やしたくないので、バックパックに入れて携帯していたりします。バッグに入れる場合にはそれほそ嵩張ると思うほどの大きさではありません。

今現在は冒頭にも書いたようにairboneというミニサイズの携帯ポンプをメインにしていますが、なんだかんだでこれくらいの大きさのポンプが使い勝手がかなり良いように思います。

ちなみに同タイプの携帯ポンプで評価が高いのはTOPEAKのロード用モーフのようです。エアゲージも付いていて、最大160psiまで入れられるミニフロアポンプです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑