クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

フォーク 自転車メンテ・改造

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法2 クラウンレースを外す

更新日:

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法の解説の工程2。

フォークをフレームから取り外したら、次はフォークコラムの根本に圧入されているクラウンレース(下玉押し)を取り外す作業になります。

クラウンレース(下玉押し)をフォークから外す

クラウンレースをフォークから外す

フォークコラムの根本に圧入されているクラウンレース(下玉押し)を再利用するために取り外します。

フォーク交換作業の中にはいくつかの難所がありますが、その中の一つが圧入されたクラウンレースを取り外す作業になります。

専用工具:クラウンレースリムーバー

クラウンレースをフォークコラムから取り外すための専用工具があります。

それほど高い工具ではありませんが、使用頻度が少ない工具ですし、他の道具でも代用できるため今回は購入しませんでした。

クロスバイクの改造カスタマイズでは専用工具の代わりにDIY工具で代用してしまうことも多いですが、通常は専用工具で作業した方が確実で簡単な作業になる、というのは説明するまでもありませんので、少しでも不安のある方は専用工具を使用することをおすすめします。

代替えDIY工具:カッターナイフと金槌

カッターナイフと金槌

専用工具を使用せずにクラウンレースを取り外すにはカッターナイフと金槌を使用します。

フォークコラムの根本にカッターの刃を押し当てて、その上から金槌で叩いてクラウンレースを浮かせるという方法です。

作業前にいろいろな人の方法を参考にしてみましたが、すんなり外れる人もいれば、なかなか外れずに思い切って叩いたら外れたという人もいて、それぞれな様子です。

個人的には思い切り叩く方法は、カッターの刃が折れたりすることも考えられるので危険だと思います。ここはコツコツ派で文字通りコツコツ叩いて作業を行う方法をおすすめします。刃が衝撃で折れて飛ぶほど力強くは叩かないですが、念の為アイプロテクターも装備しておきましょう。

1.カッターの刃(切っ先)をコラムの根本に押し当てる
2.カッターの刃の背中を金槌でコツコツと叩く
3.フォークを裏向けて、反対側も同じように作業をする
4.以下繰り返し

実践

クラウンレースを外す

何度かコツコツと叩いていると、刃先がスッとクラウンレースとコラムの間に入り込みました。

刃の腹の部分をクラウンレースに押し当てるのではなく、切っ先を押し当てて叩くのが良いようです

一度刃が食い込んでも一気に外そうとせずにフォークを回転させながら全体的にバランス良くにクラウンレースを浮かせるように作業します。

ドライバーを差し込む

ある程度クラウンレースが浮いてきたら、今度はマイナスドライバーを隙間に差し入れて叩くようにします。焦ったり無理をしたりして作業しないように気をつけましょう。

焦ってしまうとクラウンレースを曲げてしまう可能性もありますから、同様にフォークを回転させながらクラウンレースを外していきます。

クラウンレースを外す

圧入されているコラムの根本の段差がある部分から外れると後はするりと外れます。

なかなか外れないという人も多かったので、作業前に苦戦することをある程度覚悟していましたが、今回の作業では、すんなり外れてくれました。

万が一クラウンレースが外れず、無理をして外そうとした結果、クラウンレースを曲げてしまった場合は、元に戻すのは難しいと思った方が良いでしょう。曲がったまま使用するのは精度が出ていないのでヘッドパーツを痛めてしまうことにもなるのでやめましょう。

GIANT社のESCAPEなどであれば、GIANTストアにパーツを注文して取り寄せることもできるようです。数百円のものなので、クラウンレースを取り外すのが無理な場合は直接注文するという方法でも良いと思います。

要するに規格サイズさえ合っていれば良いものなので、メーカーや自転車屋さんに確認すれば適合するクラウンレースのサイズを知ることが出来ると思います。

フォークの重量

フォークの重量

GIANT社のEscape Air純正のフォークの重量(コラムカット済み/クラウンレース無し)で864gでした。恐らく完成車の重量を考えると2019年モデルのESCAPE R3も同程度か、やや重たい程度の重量と思われます。

カーボンフォーク

TNIのVブレーキ対応のフォークの重量(コラム未カット/クラウンレース無し)で706gです。

フルカーボンフォークだと400gを切るものもあるので、カーボンフォークとして考えるとかなり重量のあるカーボンフォークですが、いわゆるアルカーボン(アルミとカーボンを使用したフォーク)であれば、標準的かやや重たいくらいになると思います。

Vブレーキ対応フォークに交換したいと思うと他に選択肢もないので良しとします。それでもオリジナルからは約160g程度の軽量化になりましたから軽量化のコストパフォーマンスとしては悪くないと思います。

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法1 フォークを外す

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法3 ヘッドパーツの取り外し

-フォーク, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.