クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

問題解決・疑問解決 自転車全般

フラットペダルで効率の良いペダリングを考える

更新日:

フラットペダルで効率の良いペダリング

より速く、より遠く、より長く走る為に必要なことはいくつかあるとは思いますが、その中で重要なことの1つがペダリングです。

効率の良い理想的なペダリングをすることで、脚への負荷を少なくしつつパワーロスも少なくできるため、より速く、より遠く、より長く走れるようになるわけです。

効率の良いペダリングをするための必須アイテムと言えばビンディングペダルです。ビンディングシューズと一緒に使用することで、ペダルとシューズを固定することができ、ペダルを踏むだけではなく「引き足」と呼ばれるペダルを引くようなペダリングができるようになるので、フラットペダルでは出来ない効率的な走りが出来るようになります。

そんなわけで僕自身もクロスバイクやロードバイクに乗る多くの人がそうするように、ビンディングペダルを使用しています。

しかしながら、僕がメインでスポーツバイクに乗るのはストップ&ゴーの多い街中なので、ペダルが固定されているとストレスに感じる場面も多いため、ビンディングシューズを履いての使用は今現在でほとんどしていません。

ペダルはビンディングペダルのままですが、普通のシューズで乗っているような状態で、フラットペダルと変わりません。

街乗りレベルでは、フラットペダルの方がストレスがなくて良い面が多いのですが、ビンディングペダルとビンディングシューズを使用してのライディングを思うと、いろいろと物足りなさを感じるのも実際のところで「フラットペダルでもビンディングペダルのように乗れたらなぁ」と思うことも少なくありません。

そこで、フラットペダルでもビンディングペダルを使用した時のような効率の良い走りが出来ないものか、考えてみることにしました

ビンディングペダルのペダリングのいろいろ

ビンディングペダルのペダリング

ビンディングペダルと言えば、ペダルを踏む反対側の動作でペダルを引き上げる「引き足」が有名かと思います。

フラットペダルではペダルを踏むしかできませんが、ビンディングペダルではペダルとシューズが一体になっているため、足を引き上げることでペダルを回せるようになり、引き足をすることで無駄の少ない走行が出来るというわけです。

そんなわけで一般的にビンディングペダルでイメージされるのはこの「引き足」だと思ういます。僕自身も「ビンディングペダル=引き足」というイメージしか持っていませんでした。

しかし、いざビンディングペダルのペダリングについて調べてみると、引き足の他にも、「巻き足」や「押し足」などがあります。

「巻き足」とは、ペダルが下に来た時に後方へ引っ張るような動きをするペダリングです。

「押し足」とは、ペダルが上に来た時に前方へ押し出すような動きをするペダリングのことです。

要するに、引き足と同じでペダルの回転方向にペダルを引っ張るような動きをするのです。そうすることで360度無駄なくペダルを回すことができるのです。

まさに「ペダルは踏むものではなく、回すものだ」というロードバイク乗りなら誰でもしっている格言の通り、ペダルをグルグルと回すイメージで乗ることが出来るようになります。

また「踏み足」「巻き足」「引き足」「押し足」それぞれに使う筋肉が異なるため、負担を分散出来るので、踏むだけの一辺倒なペダリングと比べて疲労しづらくなります。

つまるところ、上手なペダリングをマスターすると、長距離でも疲れ知らずで走れるようになれるというわけです。

ここで注目したいのが、引き足以外はフラットペダルでもどうにかなるんじゃないか?という点です。

フラットペダルで「巻き足」と「押し足」を実践してみる

フラットペダルで巻き足と押し足とプラスアルファ

「巻き足と押し足はフラットペダルでも出切るんじゃないか?」と思い、早速実践してみると「あ、意外といけるかも!」というような手応えがありました。

さすがにビンディングペダルの時と同じレベルでは無理ですが、シューズをペダルに押し付けるようなイメージでペダルを回せば、巻き足、押し足を使用してペダルを回す感覚で乗れそうでだということが判りました。

僕の使用しているペダルはSPDのビンディングペダルなので、ほとんどグリップ感は無いのですが、それでもペダルを回すことが出来ます。

ということは、スパイクピンのついたスパイクペダルなど、グリップ力の高いペダルを使用すれば、巻き足、押し足に関しては、ビンディングペダルを使用した状態に近づけるのではないかと思います。

フラットペダルでも「引き足」をどうにかしたい

「巻き足」と「押し足」に関しては擬似的ではありますが、ペダルにシューズを押し付ける感じでペダルを回せばヴィンディングペダルのようなイメージに近づけることが出来ます。しかし「引き足」に関しては、物理的に無理な感じです。

それでも出来る工夫として、引き足のタイミングでの抜重があります。

つまり、引き足をするタイミングの位置ではペダルに足を置くのではなく、ペダルに軽く添える程度にすることで、踏み足側への負担を出来るだけ軽くしてあげるというわけです。

「そんなんで効果があるのかな?」と思えるような小さな努力ですが、実際問題で引き足のタイミングでペダルの上で足を休ませていると、休ませている脚の重さがペダルに乗るわけですから、反対側の踏み足への負担は大きくなります。

小さな違いではありますが、長距離走る際などには違いが出てきそうです。

フラットペダルで効率の良いペダリングを考えるまとめ

フラットペダルで効率の良いペダリングを考える

ペダリングに関しては様々な理論やテクニックが混在している話題でもあるので、僕がここで書いてあることを読んで「違う違うそうじゃなーい」と思われる方もいらっしゃるかと思いますし、そんな無駄な努力をするくらいなら「素直にビンディングペダルにすれば良い」と考える人もいるかと思います。

プロであればもちろんそのようにするでしょうが、あくまで趣味の自転車ですから、いろいろ試行錯誤して遠回りしつつも、自分の乗り方にマッチした新しい乗り方を発見していくのもまた楽しい部分でもありますから、細かい指摘はご容赦いただければと思います。

シティサイクルに乗っている時には考えもしなかったこと、考えても大きな変化が感じられない所為だと思いますが、クロスバイクやロードバイクの場合は、微妙な力加減の違いでもその変化は速度や疲れなど、体感出来ることが多いんですよね。

ちょっとしたこと、小さなことの追求が出来る。そしてそれが体感として答えに返ってくる。スポーツバイクに乗っていて楽しいと思えることの1つですね。

そんなわけで、ペダリングの勉強をしようと、こんな本を買って勉強もしてみることにしました。

-問題解決・疑問解決, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.