クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ブルホーン 自転車メンテ・改造

クロスバイクをブルホーン化するために僕が購入したパーツ

更新日:

クロスバイクをブルホーン化するためのパーツ購入

愛車のクロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化するために、僕が実際に購入したパーツ類を紹介しておきます。

ブルホーンバー:PROFILE DESIGN エアウィング OS

ブルホーンバー:PROFILE DESIGN エアウィング OS

ブルホーンバー選定基準

肩下がりしているブルホーンバー

ホリゾンタルなフレームの場合はブルホーンバーは肩下がり無しのストレートなものを選択するとトップチューブとブルホーンバーのラインが揃って綺麗に見えると思いますが、クロスバイクのESCAPEシリーズの場合、トップチューブは右肩上がりになっているスローピングタイプのフレームなので、肩下がりしたタイプのブルホーンバーを選びました。

肩下がりしたタイプのブルホーンバーを選ぶことにより、前傾姿勢も深くすることができますし、フレームとの見た目のバランスも良いと思います。

クランプ径が31.8mmのブルホーンバー

クロスバイクのESCAPEシリーズの場合、純正で取付けられているステムの径は25.4mmになっていて、これはフラットバーの標準的な径と同じになります。

しかし、ブルホーンバー全体で見た場合には、オーバーサイズと呼ばれるドロップハンドルなどで採用されている31.8mm径のモノがほとんどで、選択肢の多さで選ぶと必然的にクランプ径は31.8mmのものになります。

またクロスバイクのESCAPE Airもフレームは太めなので、それに合わせて太いハンドルの方が似合うとの判断もあり31.8mmのブルホーンバーを選択しています。

PROFILE DESIGN 3/ONE エアロブレーキレバー

クロスバイクをブルホーン化するためのエアロブレーキ
PROFILE DESIGN 3/ONE エアロブレーキレバー

ブルホーンバーのバーエンドに付けるタイプのブレーキレバーです。
購入当初はVブレーキとの互換性が無いものと思っていましたが、プロファイルデザインに確認したところ、アジャスターを使用すればVブレーキにも対応しているとの回答をいただいたので、ブルホーンバーでも安心して使えるブレーキレバーになります。

詳しくは「クロスバイクのブルホーン化で使用するエアロブレーキはミニVブレーキと互換性ありだゾ」で解説しているので参考にしてください。

ブレーキレバー選定基準

バーエンドに取り付けるタイプのブレーキレバー

以前、フラットバーにバーエンドバーを取付けた時の経験から、運転中の手の位置は基本的にはブレーキのある位置に固定されるということが判っていました。

ブルホーン化するにあたり、常にブルホーンの先端部分を持って走りたいという気持ちがあったために、ブレーキレバーはバーエンドに接続するタイプを選びました。

機能面とともに、取り付けた時のシンプルさなどは個人的に一番カッコ良いと思います。

また、ブルホーンバーと同じプロファイルデザインの製品を選択することで、全体的な統一感とか、ブレーキレバーとハンドルバーとの互換性の問題もクリアできます。

FF-R エアロブレーキレバー [159A] ブラック
FF-R エアロブレーキレバー 159A ブラック
  • FF-R
  • 価格 : ¥ 2,780
  • 商品ランキング : 110,059 位

シフトレバー:ダイアコンペ ENE サムシフター

クロスバイクをブルホーン化するためのシフター
ダイアコンペ ENE サムシフター 左右セット

シフトレバー選定基準

ブレーキ近くに取り付けられる

シフトレバーをどうするかは随分悩んだポイントではありますが、シフトレバーとブレーキレバーは近くに有った方が絶対に良いという判断で、ブレーキレバー近くに配置できるサムシフターを選択しました。

23.8mmのハンドル径対応

ダイアコンペ ENE サムシフターはフリクションと呼ばれる無段階のシフトレバーです。つまり現在では一般的なラピッドファイヤーに代表されるような、レバーを引けばカチっカチっと一段づつ切り替わるインデックス方式のシフターとは違います。

素人的にどちらが便利かと言えばインデックス方式の方が判りやすくかつ使いやすいのですが、インデックス方式のサムシフターはmicroSHIFT [ マイクロシフト ] SL-A10 フラットバーロードバイク サムシフターくらいしか選択肢がありません。

デザイン的にはダイアコンペよりも、マイクロシフトの方が好みだったのですが、対応径が22.2mmということで、フラットバーと同じ細いハンドル径のものにしか対応していないため、フリクション方式のダイアコンペのサムシフターに決定しました。

フリクションについては、シフトチェンジの際に、自分の感覚を頼りにおこなわなければならず、ラピッドファイヤーに慣れた身としては面倒に感じてしまうかもしれません。

しかし、ラピッドファイヤー登場以前の昔の自転車は全てフリクション方式だったことを思えば全く問題の無いシステムですし、ラピッドファイヤーよりも無段階のフリクションの方が良いと考える人も少なからず居るようです。

感覚的にはラピッドファイヤーはオートマチック、フリクションはマニュアルと言った感じですね。

その他

シフトレバー選定の余談としては、SHIMANOのWレバーなども魅力的でしたが、ダウンチューブに取り付けようと思った際には台座が必要で、その台座を使用した場合に、思い描く取り付け方ができるかどうかの不安もあったため、安全策をとって候補から外しました。

Wレバーを使ってコラムマウントと一緒にコラムに取付ける方法も魅力的で、最終段階まで悩みましたが、バーエンドを持つことを基本としたかったので、ブレーキとシフターの距離が大きくなるため却下しました。

DIA-COMPE(ダイアコンペ) ENE サムシフター SL/BKφ26
ダイアコンペ ENE サムシフター 左右セット
  • DIA-COMPE(ダイアコンペ)
  • 価格 : ¥ 11,934
  • 商品ランキング : 130,306 位

シマノ デュラエース ケーブルアジャスター SMCB90 STANDARD

クロスバイクをブルホーン化するためのアジャスタ
シマノ デュラエース ケーブルアジャスター SMCB90 STANDARD

エアロブレーキレバーはコンパクトVブレーキにも対応していますが、基本的にはキャリパーブレーキ用としての製品のため、そのまま取付けると多少なりに問題が発生します。

例えば、フラットバーに使用されているブレーキレバーはブレーキ手元にケーブルアジャスターが有りますが、エアロブレーキの場合はケーブルアジャスターは存在しないので、そのままブレーキを調整しようと思うと、かなりシビアな調整が必要になります。

そのの問題を回避するために、ケーブルアジャスターを噛ませる必要があります。これを使用することでケーブルの微調整が簡単に行なえるようになります。

また調整によってはVブレーキが開放できなくなる可能性もあるとのことだったので、クイックリリース付きのアジャスターであるSM-CB90 を採用しました。フロント用とリア用で2個必要になります。

シマノ SM-CB90 ケーブルアジャスタークイックレリーズ機能付(1個入り) ブレーキ用 ISMCB90
SHIMANO(シマノ) SM-CB90 STANDARD SM-CB90
  • シマノ(SHIMANO)
  • 参考価格 : ¥ 1,839
  • 価格 : ¥ 1,480
  • 商品ランキング : 8,472 位

その他のパーツ

クロスバイクをブルホーン化するためのパーツ

その他、クロスバイクをブルホーン化する際に必要な、ブレーキインナーケーブル、シフターインナーケーブル、ブレーキアウターケーブル、シフターアウターケーブル、バーテープなどを購入しました。

シマノ ロード用SUS ブレーキケーブルセット ブラック Y80098019
SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット Y80098019 ブラック
  • シマノ(SHIMANO)
  • 価格 : ¥ 1,598
  • 商品ランキング : 1,247 位

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ [カーボンタイプ] BT-03 ブラック
OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ カーボンタイプ BT-03 ブラック
  • OGK KABUTO(オージーケーカブト)
  • 参考価格 : ¥ 1,620
  • 価格 : ¥ 1,193
  • 商品ランキング : 44,800 位

クロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化するためのパーツ購入まとめ

クロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化する際の下調べの段階で、ブルホーン化にもいろいろなパターンがあることがわかり、どのタイプのブルホーンバーにするのか?、シフターやブレーキはどの場所が最適か?、選択するパーツは?など沢山悩みました。

いろいろ吟味した結果、最終的にはブルホーンバーのバーエンドにブレーキとシフターを配置する方式に決定しそれのためのパーツを買い揃えたというわけです。

クロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化する際に考慮したポイント

ブレーキとシフターは近くに配置する

ブレーキとシフターの位置によって、乗り心地や操作性に影響が出るため、かなり迷いましたが、実際に配置した時の状態をイメージして考えてみた結果、ブレーキレバーとシフトレバーはなるべく近くに有った方が操作性が絶対に良いと思われたので、絶対に優先したいポイントでした。

ブレーキレバーとシフトレバーはバーエンドに配置

ブルホーン化するのであれば、バーエンドを持つのを基本としたかったので、ブレーキレバーとシフターはバーエンドに配置することにしました。

記事中にも書いていますが、かつてフラットバーにバーエンドバーを取付けた結果、基本的な手のポジションはブレーキレバーのある位置になるためで、仮にバー手前にブレーキを配置してしまうと、バーエンドを持つ機会が極端に減ってしまいます。

なるべくシンプルなパーツを選択

ロードバイクのドロップハンドルで標準的なSTIやブラケット付きのパーツを選択することもできましたが、ブルホーンバーの場合にはやたらと存在感が出てしまいます。

ブルホーンバーの場合はシンプルなハンドル周りにすることでより魅力的になると思うのでシンプルなパーツを選ぶようにしました。

ブルホーン化に関する記事はこちらにまとめてありますので参考にしてください。

-ブルホーン, 自転車メンテ・改造
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.