クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ブルホーン 自転車メンテ・改造

クロスバイクをブルホーン化した結果の乗り心地の変化など

更新日:

クロスバイクをブルホーン化した結果

GIANT社のクロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化したので約30kmのテスト走行へ行ってきました。

乗り心地や操作性の変化などがあり、快適に乗るためにはいくつかの修正が必要なことがわかりました。以下その感想やまとめです。

クロスバイクのブルホーン化とテスト走行

乗り心地に関しては改良と調整が必要

ブルホーン化したクロスバイクの乗り心地はフラットバーの頃と比べると、まるで別の自転車に乗っているかのような大きな違いがありました。

良い悪いではなくポジションが大きく変化するため、快適な乗り心地にするためにはいろいろと改良や調整が必要だということがわかりました。

坂道は楽になった

クロスバイクのブルホーン化でバーエンドバー

フラットバーとの違いを一番実感したのが坂道でした。過去にバーエンドバーを取り付けていた時期もあるので、違いはそれほど無いだろうと思っていましたが大きく違いました。

バーエンドバーの時はバーをつかんで手前に引き寄せる感じでしたが、ブルホーンバーの場合はハンドルの上に体重を預ける感じです。

つまり、フラットバー+バーエンドバーの時は、立ち漕ぎすると重心が後ろになるので、バーを使って身体を引き寄せつつペダルを踏むという感じでしたが、ブルホーンバーの場合は、重心が常に前にあって、自重をかけつつペダルを踏むことができるため、坂道での走行はものすごく楽になったと思います。

今までしんどい思いをして登っていた坂道を、グイグイとスピードアップして登っていけたのには驚きました。

スピードの変化は?

フラットバーの時に平均速度が23km/h程度で走れていた道をブルホーン化した後に走行すると平均速度は20km/hでした(笑)

しかしこれは慣れないブルホーンバーのため、かなり安全運転を心掛けて走行したのと強風の中での走行だったので参考になりません。

後日あらためて走った結果、数キロは速度アップできるようになりました

フリクション方式のシフトレバーについて

ブルホーン化に伴ってシフトレバーはトリガー式のラピッドファイヤーから無断階のフリクション方式のシフトレバーに交換したため、操作性は少なからず悪くなりました。自動車で例えるならオートマとマニュアルくらいの違いがあるかも知れません。

頻繁にシフトチェンジをする人にとっては多少なりにストレスに感じる部分かと思います。

とは言いつつも、ラピッドファイヤーが登場する以前はみんなフリクション方式のシフトレバーを使用していたわけで、慣れれば同じ様にシフトチェンジが出来るものと思われます。

ブレーキの互換性など

クロスバイクをブルホーン化するのに一番大きな不安要素だったのがブレーキの効き具合でした。

互換性についてはメーカーに確認してみたところ一応はミニVブレーキには対応しているとの返事をいただいていたのですが、安全に関わる部分なので不安でした。

いざ乗ってみた結果としては、きちんと調整しさえすれば特に問題は無く使用できそうです

制動力はフラットバーの時のブレーキと比べるとさすがに劣るようですが、安全上は特に問題ないレベルで制動します。

クロスバイクのブルホーン化の修正点とポイント

フラットバーとは同じ感覚では乗れない

ハンドル位置 手のポジション

シフトレバーとブレーキレバーをバーエンドに配置しているため、手のポジションはかなり遠くなります。実際に乗ってみると見た目以上に遠く感じますし、腕が伸びて突っ伏したような状態で乗らなくてはいけなくなったため、ステムの長さを短くするなどで対応が必要そうです。

ハンドル位置を近くにするための方法としては

● ステムを短くする
● サドルを前に出す
● シートポストをセットバックの無いタイプにする

などになるかと思います。

ブレーキレバーの向き

クロスバイクのブルホーン化でシフトレバーの調整

ブレーキレバーとシフトレバーをバーエンドにまとめて配置していますが、ハンドルを握る際に若干邪魔になる感じがありました。この問題はシフトレバーの向きを外側に開いてハの字になるようにセットすることで回避できそうです。

ブルホーン化したクロスバイクのテスト走行まとめ

クロスバイクをブルホーン化すると全く別の自転車になったような乗り心地で、最初に乗った時点では戸惑いもありました。

しばらく乗るとその変化にも慣れましたが、現時点ではしっかりとポジションを調整しないと快適なサイクリングをするのは難しそうなので、今後はそのあたりを調整していく必要がありそうです。

ざっとテスト走行してみた感じで、ブルホーン化するメリットやデメリットもなんとなく理解できたので内容をまとめてみると下記のような感じです。

クロスバイクをブルホーン化するメリット

● 見た目がカッコいい(私観)
● 坂道が楽になる
● 手の位置が豊富になる
● ハンドル周りがすっきりする
● 重量が軽くなる

ブルホーン化するデメリット

● ラクチンさや気軽さがなくなる
● シフターなどの操作性が悪くなる

クロスバイクをブルホーン化をして満足出来るか出来ないかは、デメリットの部分を許容出来るか出来ないかに依るかと思います。

僕の場合は、このあたりは承知の上でのブルホーンバー化だったので、おおむね満足ですが、もしもこの点が我慢出来ないようであれば、せっかくブルホーンバー化したとしても、すぐにフラットバーに戻す事になるのではと思います。

これからブルホーン化を検討している方は、このあたりをどう考えるかを検討してからブルホーン化に踏み切るかどうかを決めるのが良いと思います。

以上、ブルホーン化したクロスバイクでテスト走行してみた感想でした。

関連記事

クロスバイクのブルホーン化に関する記事は下記にまとめていますのでブルホーン化に興味のある方は参考にしてみてください。

-ブルホーン, 自転車メンテ・改造
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.