クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

ライト 自転車用品

加速度センサー付きの自転車テールライト・ブレーキライトまとめ

投稿日:

加速度センサー付きの自転車テールライトまとめ

最近気になっている自転車アイテムは加速度センサー付きのテールライトです。

物体の動きを感知する加速度センサーを自転車の動きに反応させられるもので、ブレーキランプとしての役割を果たせるようになるというものです。

個人的にかなり気になっている種類の製品なので加速度センサー付きのテールライトについて調べてみました

加速度センサー付きのテールライト

加速度センサーがテールライトに付くと一体何がどう変わるのか?

例えば、従来までのテールライトでは、点滅パターンを設定するくらいしか変化が出せません。それでも後方から来る自動車などに存在を認知させるには十分と言えば十分なのですが、残念ながら自動車やオートバイのようにブレーキランプの役割を果たすことはできません。

その問題を解決してくれるのが加速度センサー付きのテールライトというわけで、自転車が減速したのを感知して、減速時にライトを一段明るく点灯させるなどして後続車に減速したことを知らせることができブレーキランプの役割を果たしてくれるのです。

より安全性なサイクリングができるようになるアイテムとして個人的に興味津々な加速度センサー付きのテールライトなのです。

加速度センサー付きのテールライトのまとめ

加速度センサー付きのテールライトを探してみました。

Rapid X2 Kinetic | CAT EYE

おそらく加速度センサー付きのテールライトの中ではもっとも知名度が高いと思われるのがキャットアイのapid X2 Kineticかと思います。

センサー感度がかなり敏感なようで、少しの減速や悪路の振動などでも反応してしまうようで、明るく点灯する時間が長くなるためバッテリーの持ち時間に不安があるようです。

Mars30 | Xeccon

販売当初はかなり話題となった人気商品だったと思いますが、レビューから判断するとバッテリーが持たないなどでかなり評判が悪いようです。価格が安いのが魅力ですがちょっと残念ですな製品になってしまっているようです。

実態がよくわからない中国ブランドの中でちゃんとブランドサイトまで立ち上げている数少ないメーカーですので改良されることを期待したいですね。

Rotlicht | LUPINE

ルパンというライトメーカーのロートリヒトと呼ばれるテールライト。ドイツ語で赤いライトという意味だそうです。

テールライトにしてはちょっと高めの価格ですが、その分高スペックなセンサーが使われていると思われ高評価なレビューが多いです。
ドイツ製というのも信頼できるポイントかもしれません。
デザインがもう少し良ければなぁというところです。

Aero-X | GUEE

台湾の自転車アクセサリーブランドのGUEEが製造しているAero-X。
今現在も販売されているようですが、日本国内での取り扱いは少ないようです。

NB600-J | nubeam

加速度センサーだけでなくウインカー機能や盗難防止機能も付いたテールライト。

ウインカーはワイヤレスリモコンボタンで手元で操作できるようになっています。

自転車の場合、車幅が無いのでウインカーが役立つかどうかは微妙ですが、ブレーキランプとウインカーという自転車に不足しているものを補えるテールライトです。

Rayo | Hauteworks

クラウドファンディングのkickstaterに登録されたラヨと呼ばれるテールライト。
クラウドファンディングとは言いつつも、既に海外の展示会などでも出品されていて、ほぼほぼプロダクトとして完成されていて、プロモーションも兼ねてのクラウドファンディングへの出品と思われます。

日本のクラウドファンディングであるMAKUAKEにも日本での代理店を担う(株)ヤベツジャパンによって出品されていますが、kicksteterMAKUAKEともに早々にサクセスしています。

実は、デザインの良さや加速度センサー付きのライトとしては比較的安かったということもあり、僕もRayoを支援してみました

出荷は海外が4月くらいで、国内は6月くらいになるようなので届いたらまたレビューしてみたいと思います。

加速度センサー付きのテールライトの実際

冒頭にも書きましたが、自転車のテールランプの弱点はブレーキランプの役割を果たせないというところにあります。

ブレーキに反応するように設計されたテールライトもありますが、基本的には配線が必要だったりして取り付けが面倒なのが実際のところで、バッテリー式のライトが主流の今現在で付け外しが面倒という時点で、使用したいなぁという気持ちは失せてしまいます。

そんなわけで加速度センサー付きのテールライトに候補が絞られるわけですが、いろいろな使用レビューを見ていると、ブレーキと完全に連動するわけではなく、ちょっとした減速や振動などにも反応してしまったりすることの方が多いようです。

それでも後続車に注意を促すという役目は果たしてくれそうですが、2018年2月時点での加速度センサー付きのテールライトは機能的というよりは目新しさが先行した製品と言えるのかもしれません。

ただ、このあたりの精度は技術の進歩とともに改良されていくものでしょうから、将来的にはブレーキライトとしてしっかりと機能するようなものになっていくのではないかと期待したいですね。

密かにRayoの精度に期待しているのですが、どうなることでしょう。

以上、加速度センサー付きのテールライトについてまとめてみました。

-ライト, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.