*

ロードバイクやクロスバイクは縁石の段差に注意しないと転倒の危険アリ

公開日: 交通安全・危険防止, 自転車全般

自転車の事故が話題になる中で、また死亡事故が起きたようです。
今回の事故は、自転車マナーや整備云々の話ではなく、自転車に乗る人なら誰でも加害者になってしまう可能性のあるケースだと思うので、まとめさせていただきました。

千葉県船橋市自転車死亡事故詳細

高校生の自転車にはねられ女性死亡 船橋市
千葉県船橋市で、48歳の女性が高校生が乗る自転車にはねられ死亡した。
5日午後6時前、船橋市宮本の病院に勤める48歳の女性が、ゴミを出しに駐車場に出たところ、突っ込んで来た15歳の男子高校生が乗る自転車にはねられた。女性は頭を強く打ち、6日朝に病院で死亡した。
駐車場前の道路は、緩やかな下り坂だったが、男子高校生は警察に対し、「下り坂の車道を走っていたが、後ろから来た車をよけようとして前輪を縁石に乗り上げてしまい、バランスを崩して女性に突っ込んでしまった」と話しているという。警察が当時の状況を詳しく調べている。(11/06 14:22)
http://www.ytv.co.jp/press/society/TI20191289.html

「また自転車の無謀運転か・・・」と思いながら記事を読み進めると、縁石でバランスを崩したとあります。

151106_5Photo via:http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00307723.html

ニュース映像のキャプチャ画像。
この画像を見た瞬間「あぁ・・・」と思ったのは僕だけではないと思います。

日頃から自転車に乗る方ならすぐに理解できると思いますが、マウンテンバイクなどのタイヤが太い自転車であれば、なんとなしに乗り越えられる縁石でも、ロードバイクやクロスバイクなどの細いタイヤの自転車はもちろん、この程度の段差があれば、シティサイクルでもタイヤが引っかかり、ハンドルを取られてしまうことがあると思います。

事故現場付近

現場の道路の様子。
追い越し禁止の一車線。

緩やかな坂道でスピードが少し出ていたかもしれませんし、それがこの事故の最大の原因の一つだとも思われます。
しかし、この細い道で車道を走れば、後ろの車は嫌でも気にしなければいけないでしょうから、否が応でもスピードを出してしまいがちな道かもしれません。

ストリートビューを見る限りでも、細い道のわりに交通量が多い道のようですし、事故の起きた午後六時くらいとなると、辺りはだいぶ暗くなっていたで、それで段差が見えなかったのかもしれません。

後ろから車が来たので、追い抜かせるために、自転車を左に寄せたか、歩道に上がろうとした際に、縁石の段差にタイヤが引っかかり、バランスを崩したその先に、不幸にも被害者の方が居た・・・。

気をつけたい縁石の段差

151106_8
日頃自転車に乗る身として、この事故は他人事ではないな、と思わざるをえない事故だと思います。

というのも、荒れた道の縁石やアスファルトとの境目などは、思わぬ段差があり、古い道を走る時などは、いつも緊張を強いられます。

東京で言えば、青梅街道や、甲州街道(環七から西)などがそれだったりしますが、怒濤の交通量の中、荒れた車道を走るのは命の危険を感じることも多いです。

実際問題で、僕が街乗りでビンディングシューズを着用しなくなったのも、そういった問題があり、安全面を優先してのことでした。

今まで転倒したことは幸いにもありませんが、段差でハンドルを取られてバランスを崩しそうになったことは何度かあります。

もしもバランスを崩して車道側に倒れたりしていれば、後続車に跳ねられてもおかしくありませんし、逆に歩道に転倒した際に、今回の事故のような感じで歩行者が居れば、ぶつかって加害者になっていた可能性もあるわけで、決して他人事ではない事故だと感じました。

段差には斜めに入るべからず

自転車に乗り初めの頃にやってしまいがちなのが、段差に対して浅い角度で侵入してしまうというミス

浅く段差に侵入すると、空気圧が高めのタイヤや細いタイヤの場合、段差を捉えきれずに段差に添ってスライドしてしまったりして、ハンドルを取られてしまうことがあります。

ハンドルを取られないようにするためには
・段差には極力侵入しないこと
・侵入する際には速度を落とすこと
・なるべく侵入角度が大きくなるように正面から侵入する

など、注意する必要があります。

ほんの少し意識するだけでも、危険を避けられることででもあるので、今回の事故のような悲惨な結果を招いてしまわないように、縁石の段差などには注意をしつつ自転車に乗る習慣をつけたいと思います。

Comment

  1. コオイチ より:

    このニュースに対する自転車乗りから見た考察、良かったです。

    私はこのニュースを見て真っ先に「後から来た自動車」の過失について考えました。普段から自転車に対する自動車の意識があまりにひどい、と思っていますので・・・。ギリギリの間隔で追い越したり幅寄せしたりあおったり、こういうのが今回の事故の根底にあるのではないかと・・・。ゆるい下り坂ということで30km/hくらいは出ていたのではないかと思いますが、この車道幅ではこの坂で追い越しすべきではないと考えます。有る程度の車間をとって自転車にプレッシャーをかけるべきではないと思うんですよね。私が自動車側ならそうしますし、自転車側だったら逆にあえて左側には寄りません。安全に抜いてもらえる場所までは申し訳ないですが自動車の前を走らせてもらいます。

    どのニュースも高校生の過失ばかりをクローズアップするばかりで「後から来た自動車」に対するものが全く出てこないというのが気にかかって仕方がありません。接触していなくてももしかすると自動車にも過失がある可能性もあると思います。この機会に自動車のほうの意識についてもクローズアップしてもらえればと思うのですが、自転車の過失とか賠償責任とかそんな視点ばかりなのが残念です。

    • escape air より:

      コオイチさま
      この事故に関しては、自転車の過失というよりも、不運に不運が重なった事故だと思います。ここまで不運が重なることは無いにしても、タイヤをとられて転倒するなどは、全国のあちこちで起きていることではないでしょうか。
      注目すべきポイントは、そういう事故を招くような道が全国のあちこちにあることなどかもしれませんね。
      ニュース記事を書く視点としては、昨今の事情などもあり、自転車の過失をクローズアップしたり、賠償云々の話にしてしまうのでしょうけど。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑