自転車全般 補給食

井村屋スポーツようかんプラスは自転車に乗りながらでも食べられる羊羹だ

更新日:

井村屋スポーツようかんプラスを食べる

井村屋スポーツようかんプラスが自転車に乗る時にも食べやすいというウワサを聞いたので、どんなものかと購入してみたのでレビューしたいと思います。

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車で長距離を走行する際にエネルギー不足にならないように、合間合間でエネルギー補給をするためのサイクリスト必携アイテムの一つが携行食です。

途中でエネルギー切れを起こしてしまうとハンガーノックと呼ばれるガス欠状態になることがあります。ガス欠になると身体を動かそうと思っても思うように動かせなくなってしまうので、道中でガス欠にならないようにしっかりと携行食でエネルギーを補給することがロングライドでは大切なのです。

そんなガス欠防止対策としの携行食の代表と言えるのが意外にも羊羹なのです
俗にスティック羊羹などと呼ばれているもので、コンビニなどで売られている小さな羊羹も同じです。

カロリー補給食と言えば羊羹でなくてもカロリーメイトやスニッカーズが有るじゃないかと思うかもしれませんが、ロードバイクやクロスバイクに乗るサイクリストにスティック羊羹が評価されているのは、コンパクトで携帯するのに便利かつ高カロリーな食べ物という理由のほかに、喉が乾いた状態でも口の中に残らないという点などが多くのサイクリストから携行食として好まれているようです。

さて、そんな羊羹の中でもロードバイクやクロスバイクに乗るサイクリストの中で評判の良い羊羹と言えば、スポーツ用途でのエネルギー&ミネラル補給を前提に製造されている井村屋のスポーツようかんかと思います

そのスポーツようかんを食べやすく改良したものが井村屋スポーツようかんプラスなのです。

井村屋スポーツようかんプラス

井村屋スポーツようかんとスポーツようかんプラス

井村屋スポーツようかんプラスとは、肉まん、あんまんで有名な井村屋が製造販売しているスポーツでのエネルギー補給を目的として開発したスポーツドリンクならぬ、スポーツ栄養食なのです。

井村屋スポーツようかんが一体どんなモノなのかをサックリと説明すると下記のような感じです。

井村屋スポーツようかんとスポーツようかんプラス

井村屋スポーツようかんとスポーツようかんプラスの比較

井村屋はスポーツようかんをシリーズ化して製造しています。
バリエーションは大きく分けて通常のスポーツようかんと、スポーツようかんに改良を加えたスポーツようかんプラスの2種類になります。

二つのスポーツようかんの棲み分けとしては

スポーツようかん

登山などで休憩しながらのエネルギー補給に適している

スポーツようかんプラス

マラソンや自転車などの運動しながらエネルギー補給に適している。

マルチデキストリンやパラチノースが含まれていて、よりスポーツ用途に適した成分になっているようです。

マルチデキストリン
多糖。消化しやすく吸収しやすい。

パラチノース
消化吸収速度が緩やか。
パラチノース|三井製糖

 スポーツようかんスポーツようかんプラス
価格540円540円
重量(1本)60g40g
エネルギー171kcal113kcal
たんぱく質1.8g1.4g
脂質0.2g0.1g
炭水化物40.5g26.5g
ナトリウム79mg
54mg
カリウム17mg9mg
マグネシウム10mg6mg
カルシウム23mg13mg
食塩0.2g0.14g


井村屋スポーツようかんプラスを食べてみた

井村屋スポーツようかんプラスを食べる

井村屋スポーツようかんはロングライドをするような自転車乗りの間では有名な補給食で、レースに出場したりロングライドをしたりしないような僕でも、井村屋スポーツようかんの名前は耳に入ってくるほどです。

特に井村屋スポーツようかんプラスは、非常に食べやすいということで、僕の身の回りのサイクリストからも評判の良い補給食として支持されています。

さて、井村屋スポーツようかんプラスが一体どんな風に食べやすくなっているのか、モノは試しということで購入して食べてみることにしました。

開封

井村屋スポーツようかんプラスを開封

井村屋スポーツようかんプラスの5本入りを購入しました。
パッケージを開けるとスティック状のようかんが5本並んでいます。
細長いスティック状の羊羹で、スティックの重量は一本約40gです。

携行しやすいサイズ

井村屋スポーツようかんプラス大きさ

井村屋スポーツようかんプラスの一本の大きさをiPodと比較してみました。
遠近法で分かりづらいかもしれませんが、長さは長さ12cm程度でiPod touchとほぼ同じサイズです。幅は2cm程度で厚みは1cm程度です。

この大きさであれば、ロードバイクやクロスバイクに乗る際にもサイクルウェアの後ろポケットに入れても嵩張らずに2本〜3本くらいは余裕で持ち運べそうです。

井村屋スポーツようかんプラスの最大の特徴は片手だけ開けられる個包装

井村屋スポーツようかんプラスを指で押し出して食べる

井村屋スポーツようかんプラスの食べ方はスティックの真ん中あたりを親指でギュッと押すだけです

親指で押し込むと、上記の写真のように個包装の先から羊羹がニュッと出てきます。

親指で押し出せばそのまま食べられるというもので片手だけでエネルギー補給ができるようになっています。

つまり、エネルギーを補給しようとする際に、自転車を止めなくても良いわけで、時間をロスすることなくエネルギー補給ができるためレースなどで重宝されているというわけです。

同じような理由から、自転車レースだけでなく、マラソン選手などもレース中に立ち止まることなくエネルギー補給できるのでスポーツようかんプラスを評価する人も多いようです。

井村屋スポーツようかんプラスを押し出す

片手だけで綺麗に個包装の中のようかんを全て押し出すことが出来るのです。

さらに感心したのが、スティック羊羹と言えば、パッケージを剥がすと手がベタベタしてしまうというイメージでしたが、スポーツようかんプラスは全く手を汚さずに最後まで食べ切ることができます。

上記は井村屋スポーツようかんプラスを押し出してみた動画です。
それほど強い力で推さなくても中身を押し出すことができます。
ロードバイクやクロスバイクなどの自転車で走行中にも片手で食べることが出来るというのも納得です。

井村屋スポーツようかんプラスの味は?

井村屋スポーツようかんプラスは甘さ控えめな羊羹で、一般的な羊羹のように、食べた瞬間に口の中が甘さ全開になるような感じではありません。

確かに羊羹ですから甘いのは甘いですが、甘過ぎない甘さで疲れた身体には程よいと思います。そしてやや塩っぽい感じがするのもミネラル補給を前提としたスポーツ用の羊羹らしい特徴かもしれません。

食感は意外となめらかで口溶けも良く、例えば喉の乾いた状態で食べても口の中に残る感じはなく、水分補給一発ですっきりできるのではないかと思います。

スポーツ中に失われるミネラルなどの補給が出来るということで、スポーツドリンクの羊羹版とでも言えば良いかもしれません。

スポーツようかんプラスの難点

非常に良く考えられたパッケージではあると思いますが、諸刃の剣でもあります。

親指で押した程度で中身が出るパッケージなので、リックサックの中に入れたりしておくと、何かでギュッと圧力がかかった拍子に中身が飛び出してしまうという事故は十分に考えられます。

あくまでサイクルウェアの背中のポケットなど、圧力のかかる心配が無い場所に入れて携行した方が良いと思います。

井村屋のスポーツようかんプラスを食べてみた感想

井村屋のスポーツようかんプラスについて、知り合いのサイクリストから「良いよ」と評判は聞くものの、コンビニなどで購入出来るスティック羊羹と一体何が違うのか、正直なところ半信半疑な気持ちもありました。

また、価格も一本100円程度ですから、コンビニで買えるものと比べても若干割高です。果たしてそれだけの違いや価値があるのか、その辺りの疑問も解決したくて試しで購入してみたのでした。

そもそもスポーツの携行食に羊羹という発想自体が僕の中に無かったものですから「スポーツに羊羹?何それ?有り得ない」と思ったものでしたが、いざ食べてみると、意外と美味しく、控えめな甘さと塩っ気は「スポーツに羊羹って有りだわ」と納得してしまうものでした。

いわゆるスポーツドリンクを日常で飲んだ時には、ちょっと塩っぱくて味が濃いと感じてしまいますが、スポーツ中に飲んだ場合にはとても美味しく感じるのと同じような感じでスポーツようかんはスポーツ中に食べるとより一層美味しく感じるのではないかと思います。

そして、スポーツようかんプラスの一番の特徴でもある片手で取り出せるパッケージは、手がベタベタになったりもせず、自転車に乗ったままでも簡単に押し出して食べることができ、パッケージとしてものすごく画期的だな商品だと感心するしかありません。いや、ほんと良く出来ています。

のんびりサイクリングで休憩がてらどこかに立ち寄って、腰を落ち着けて食べるような時は、普通のスティック羊羹などでも十分だとは思いますが、レースなど一刻も早く前に進みたいと思うような情況では井村屋スポーツようかんプラスのような補給食が重宝するはずです。

-自転車全般, 補給食
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.