クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車用品

自転車ライフで必須じゃないけど有れば自転車ライフが快適になる自転車用品

投稿日:

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクを初めて購入する際には自転車本体の他に、空気入れやライト、鍵などの自転車用品を買わなくてはいけません。

それらの自転車必需品を考えると、クロスバイクやロードバイクの購入予算はだいたい自転車本体価格+30,000円程度と考えていれば間違いない感じです。

今回はそんな必須アイテムの他にも、快適な自転車ライフを送るために購入しておた方が良いと思う自転車用品を紹介しておきます。

自転車スタンド

自転車スタンド

日常使いの場合は自転車スタンドは必要

クロスバイクやロードバイクに乗る目的がスポーツ用途としてひたすら乗ることであれば、自転車スタンドを使うような場面もそれほどないので自転車スタンドは必要ありません。

しかし、日々の移動手段としてクロスバイクやロードバイクに乗る場合には、買い物などでお店などに立ち寄りたい時など自転車スタンドがなければ駐輪場所にも困ることになるので、自転車スタンドは装備する方向で考えた方が良いと思います。

スタンドが無い場合の駐輪は基本的に壁に立て掛けるスタイルになりますが、お店に都合良く立て掛ける壁があるわけではありません。適当な駐輪場所がなければ、ひたすら置き場所を探すことになりますし、コンビニなどに立ち寄るたびに、いちいち置き場所を考えるのは面倒なものです。

通勤通学でクロスバイクやロードバイクを使うのであれば、それこそ毎日のことなので自転車スタンドは絶対に有った方が良いでしょう。

自転車からほとんど降りない場合は自転車スタンドは不要

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクにはスタンドが付属していません。

そもそもロードバイクなどはレース用の自転車なのでレースに必要のない装備品は基本的に省かれています。またロードバイクに乗るような人も、基本的にはひたすら自転車に乗り続けるような乗り方をするので、スタンドが無くても困るようなことがほとんどないのです。

実際問題で、僕も最初は自転車スタンドをクロスバイクに取り付けていましたが、家を出てから目的地に到着するまでほとんど自転車から降りないような乗り方をしているため、自転車スタンドは不要と判断して取り外しましたし、それで困るようなこともほとんどありません。

自転車から降りて休憩することがあったとしても、自転車から離れることが無いので、その時だけ壁などに立て掛けておくなどすれば自転車スタンドが無くても大丈夫というわけです。

なので、スポーツ用途でロードバイクやクロスバイクに乗ろうと考えている人にとっては自転車スタンドは必要ないと思われます。

自転車の乗り方を考えてスタンドの装備するしないを考える

僕の場合、クロスバイクを購入した当初は「自転車にはスタンドが必須」と思っていたので、クロスバイクを購入したGIANTストアで最初からスタンドを付けた状態で納品してもらいました。

しかし僕の乗り方では、結局スタンドは不要なモノだと判ったので、すぐに取り外してしまいましたが、乗り方によっては、不要だと思ってスタンドを装備しなかったけれど取付けた方が良かったというような、僕と反対の結果にもなることもあるかと思います。

まずは自分がどのようにクロスバイクやロードバイクに乗るかを考えて、スタンドを付ける付けないを考えてみると良いかもしれません。

それでもまぁ、スタンドを付けない方がよりスポーティに見えるというのは間違いのないところなので「必要なのは判るけど、できるなら付けたく無いな・・・」と考える人も多いかと思います。

そんな人のために携帯出来たり、取付けても目立たない自転車スタンドもありますので下記の記事でまとめています。

参考 → 携帯できるロードバイク・クロスバイク用自転車スタンド

自転車用工具

自転車用工具

自転車の改造カスタマイズだけでなく、日頃のメンテナンスをする際にも少なからず必要になるのが自転車用の工具です。

自転車屋さんにメンテナンスなど全てを任せてしまうのであれば、自転車用の工具は無くても良いのですが、改造カスタマイズを繰り返すつもりであるならば、一通りの工具は持っておいた方が絶対に良いと思います。

自転車用工具を一式購入となると「セットで購入した方が良いのかな?」と悩むことになります。自転車の工具の購入を考えた時、セットで購入すべきかバラで購入すべきかというのが頻繁に議論となるわけですが、個人的にはバラでの購入がおすすめです。

僕の場合、自転車工具は最初にセットで購入したのですが、セットには使わない工具も多いですし、いろいろと無駄が多いと感じています。

自転車用工具を買うポイントは、メンテナンスなどで使用頻度の多い六角レンチやドライバーなどはPB SWISS TOOLSなどの信頼性の高い工具にして、滅多に使わない工具は安物で間に合わせるというのが、最も無駄が無い揃え方なのかなと思います。

自転車用をセットで購入すべきかバラで購入すべきかについては下記の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

参考 → 自転車用工具はバラで買うかセットで買うかどちらが良い?

メンテナンススタンドまたはディスプレイスタンド

メンテナンススタンドまたはディスプレイスタンド

クロスバイクやロードバイクを室内保管するのにはディスプレイスタンドは必須になると思いますが、室内保管をしない場合でもメンテナンススタンドかディスプレイスタンドは持っておいたほうが何かと便利です。

僕の場合は愛車のクロスバイクは室内保管ではなく、屋外の駐輪場に保管していますが、それでもチェーンの清掃や注油などのメンテナンスをしたい時などには、ディスプレイスタンドを使用することになります。

僕は後輪のハブを挟むタイプのメンテナンススタンドと、フレームを引っ掛けるタイプのディスプレイスタンドを持っていますが、チェーン清掃、注油程度のメンテナンスであれば、ディスプレイスタンドの方が面倒ではないため、実際にはディスプレイスタンドばかりを使用しています。

それぞれのメンテナンススタンドおよびディスプレイスタンドについてのレビューは下記の記事で解説しています。

参考 → ミノウラのディスプレイスタンドDS-30 BLTの購入レビューとDS-30CFB

室内保管用の縦置きスタンドについては下記の記事でおすすめの縦置きスタンドについてまとめています。

参考 → ロードバイクやクロスバイクの室内保管は縦置き型ディスプレイスタンドがおすすめ!

サイクルウェアやヘルメット

サイクルウェアやヘルメット

クロスバイクやロードバイク用のウェアがあると自転車が楽しくなります

ガチガチのロードバイクに乗る人のようなピチピチなレーシングスーツではなくても、自転車に乗るのに適したカジュアルなウェアがあったりするので、一度試してみることをお勧めします。サイクルウエアを一度着ると、それ以外の服装では乗りたくなくなるくらい快適さがあるんです。

僕も最初はサイクルウェアなんて必要無いと思っていましたが、今では自転車に乗る時にはそれなりの服装で乗るようになりました。サイクリングを快適に楽しむためには今や欠かせないアイテムなのです。

というのもそれなりに速度の出るクロスバイクやロードバイクの場合、空気抵抗は速度維持に大きな障害になります。つまり空気抵抗を減らすことが速度維持にとって非常に重要なわけですが、最も大きな抵抗となっているのが服装になります。

サイクルウェアがピチピチなのも空気抵抗を少なくする目的があり、サイクリングに適した服装にすればするほど自転車を快適に乗れるようになるというわけです。

ヘルメットについても同様で、ヘルメットを被ることで得られる安心感は非常に大きいです。自転車の交通死亡事故のほとんどは頭部へのダメージとも言われているので、ヘルメットを被るだけで重大事故を避けられるということでもあります。

ヘルメットの装着はロードバイクやクロスバイクなどの自転車だと法律上の義務はありませんが、ヘルメットを着用しておいた方が良いというのは間違いのないところです。サイクルウェア同様に、最初は着帳することに対して抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまえば逆にヘルメットを着床しないで乗ることが怖くなってしまうと思います。是非、自転車でもヘルメットを着用するようにしましょう。

おすすめのヘルメットはOGKのKOOFUです。ガチガチなローディー向けのデザインではなくカジュアルなテイストなので、ライトなロードバイクユーザーや、クロスバイクに乗っている人には最適のヘルメットと思っています。

OGKのKOOFのレビューは下記のきじでまとめていますので参考にしてください。

参考 → 街乗りクロスバイクのヘルメットはOGKのKOOFU(コーフー)に決めて大満足

自転車用グローブ

自転車用グローブ

サイクルグローブも用意しておいた方が良いアイテムの一つです。
ロードバイクやクロスバイクで意外と多いのが落車や転落で、思わぬ怪我をしてしまいがちです。

転倒時にはほぼ確実に手をつこうとするので手は確実に怪我をしてしまいます。その際にサイクルグローブをしているかしていないかで怪我の度合いは大きく変わるものと思われます。

また、サイクルグローブをしていれば、滑り止めにもなるので、少ない力でしっかりとハンドルをホールドできるようになります。不意に荒れ地などに突入した場合、ハンドルから手が滑ってしまうということもよくあることなので、サイクルグローブをしていれば、事故を未然に防ぐ予防にもなるでしょう。

あと、意外と気になるのが地面からの振動で、短い距離を走る場合にはそれほど気になるものではありませんが、長距離になればなるほどジワジワとダメージが蓄積されてくるので、サイクルグローブを装着して振動を和らげるという工夫をしてみるのが良いでしょう。

怪我の防止、滑り止め、振動軽減など、サイクルグローブは快適な自転車ライフを送るには必要不可欠なアイテムです。

裾用バンド

ロードバイクやクロスバイクでは裾がヒラヒラとするチノパンなどを履いていると、裾がチェーンに巻き込まれてれてしまったりします。そこで裾を汚してしまわないようするためにバンドで裾口を留めるためのゴムが裾用バンドになります。

多くの裾用バンドは反射材が使用されていて、夜間の視認性アップにもつながるという一石二鳥的なアイテムになっています。

自転車用バッグ

自転車用バッグ

ロードバイクやクロスバイクの場合、ママチャリのようにハンドルに買い物袋を下げたりは出来ません。正確には出来ないことはないですが、かなりフラフラするのと、カッコ悪いので、やめたほうがよいでしょう。

なのでロードバイクやクロスバイクで荷物の持ち運びをする際には、バックパックやメッセンジャーバッグなどを使用するのが定番です。

自転車用のバッグはいろいろなメーカーから、いろいろなタイプのバッグが出ていて、それぞれに一長一短だと思うので、自分がどのように自転車に乗るのか?どれくらいの荷物を持ち運ぶのかを考えて、自分の自転車ライフに添った自転車用バッグを選ぶのが良いと思います。

バックパックと汗の問題

自転車でバックパックを背負うと背中部分がどうしても蒸れてしまうので、ドイター deuter レース EXP エアーというバックバッグがおすすめです。特許を取得している機構で背中とバッグが密着せずに空気が流れて、背中が汗でビチョビチョになるという問題を解決してくれています。

ドイター レースエアーにつてのレビュー(旧モデル)は下記の記事で解説しているので参考にしてください。旧モデルですが、現行モデルと同じ機構を備えているので基本的には同じです。

参考 → 自転車用リュックは背中が汗で蒸れないドイターのRace EXP Airがおすすめ!

以上、クロスバイクやロードバイクを購入した後に、必要ないけどあると自転車ライフが格段と快適になると思われるアイテムについてまとめてみた結果です。

-自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.